京都で建築物巡り!歴史的な建物だけじゃない有名&人気の現代建築も!

世界的に有名な観光都市京都には歴史的な建築物から現代建築物まで、数多くの有名建築物があります。そんな京都で建築物巡りをしたいという方におすすめの建築物をご紹介したいと思います。自分なりの京都の楽しみ方を見つけたい方にはおすすめです。

京都で建築物巡り!歴史的な建物だけじゃない有名&人気の現代建築も!のイメージ

目次

  1. 1京都は建築物巡りにぴったり
  2. 2京都のおすすめ歴史的建築物その1:京都御所
  3. 3京都のおすすめ歴史的建築物その2:桂離宮
  4. 4京都のおすすめ歴史的建築物その3:宇治橋
  5. 5京都のおすすめ歴史的建築物その4:壬生郷士八木邸
  6. 6京都のおすすめ歴史的建築物その5:寺田屋
  7. 7京都のおすすめ歴史的建築物その6:舞鶴赤レンガパーク
  8. 8京都のおすすめ歴史的建築物その7:清水寺
  9. 9京都のおすすめ歴史的建築物その8:平等院
  10. 10京都のおすすめ歴史的建築物その9:金閣寺
  11. 11京都のおすすめ歴史的建築物その10:伏見稲荷大社
  12. 12京都のおすすめ歴史的建築物その11:醍醐寺
  13. 13京都には有名現代建築も盛りだくさん
  14. 14京都のおすすめ現代建築その1:ザ・リッツカールトン京都
  15. 15京都のおすすめ現代建築その2:TIME’S
  16. 16京都のおすすめ現代建築その3:俄(にわか)ビル
  17. 17京都のおすすめ現代建築その4:NISHINOYAMA HOUSE
  18. 18京都のおすすめ現代建築その5:京都国立博物館
  19. 19京都のおすすめ現代建築その6:京都駅ビル
  20. 20京都のおすすめ現代建築その7:京都タワー
  21. 21今すぐ京都へ建築物巡りに出かけよう

京都は建築物巡りにぴったり

日本でも有数の観光都市として国際的にも知名度の高い京都ですが、実はちょっと穴場的な楽しみ方もあります。それが京都の建築物巡りです。京都には重要文化財や世界遺産に指定されているような歴史的建造物が数多く残されています。

建築の歴史の流れを確認する重要な資料ともなっていますし、歴史上の重要な出来事が数多く起こった場所が今でも生々しい跡を残していたりと、歴史マニアが名所巡りをするのにもぴったりです。

加えてこの京都には、日本の有名な建築家たちがその名作を各地に建築していることでも知られていて、京都全体が建築物の美術館のようなものです。そんな京都でのおすすめの建築物をご紹介します。有名な歴史的建築物から有名な現代建築までご紹介します。

Thumb京都の世界遺産おすすめランキング!スポットの数や魅力もリサーチ!
世界遺産が密集する京都。豪華絢爛な「金閣寺」をはじめ清水の舞台で知られる「清水寺」など、一度...

京都のおすすめ歴史的建築物その1:京都御所

まず最初にご紹介する京都のおすすめ有名建築物は、日本の歴史の要の時期に必ず重要な舞台となってきた京都御所です。京都御苑の中央にある建物で、現在の建築物は江戸末期の1855年に再建されたものです。14世紀ごろから明治2年まで内裏として、つまり天皇の居住地として儀式や公務を執り行ってきた建築物です。

歴史的価値はもちろんのこと日本建築の歴史を語る上では欠かせない建物で、時の為政者たちが自分たちの権力を誇示するために何度も造営が行われてきた建築物です。

その時代ごとの最高の建築技術や最高の美術を用いて造営されてきた建物なので、この京都御所は紫宸殿や、清涼殿、小御所、御学問所、御常御殿といった建築物を通して、平安時代以降の建築様式の変遷を観察することができます。

京都のおすすめ歴史的建築物その2:桂離宮

次にご紹介するのが、日本にある離宮建築では最高傑作ともうたわれている桂離宮です。約7万平方メートルもある広大な敷地の中には、中書院や子書院、新御殿といった美しい歴史建築物が立ち並び、池の周りには書院や茶亭も配置されている日本庭園の美しさをすべて詰め込まれた庭園ともいわれています。

平安朝時代に八条宮智仁(としひと)と智忠(としただ)が造営したこの桂離宮は、建築が始まって以来約400年間一度も火災に遭っていないそうです。

桂離宮の書院の中からはどの書院でもこの最高の日本庭園が鑑賞できるようになっています。直線の美しさと曲線の美しさを融合させたり自然のままの美しさをあえて再現するのがこの日本庭園の美の秘訣です。また庭を散策する人たちが楽しめるような工夫がされており、その美しさは世界中の人々を惹きつけます。

京都のおすすめ歴史的建築物その3:宇治橋

続いてご紹介する京都のおすすめ歴史的建築物が宇治橋です。日本三大古橋ともいわれており、その中でもこの宇治橋は大化2年、646年に初めてかけられたといわれている日本最古の橋ともいわれています。

これまでに宇治橋は何度かリニューアルされており、現代のものは1996年に改装されたものです。

安全性をしっかりと考慮されているこの橋は、宇治橋の歴史的なイメージを壊さず周辺の景観にも配慮されたデザインとなっています。上流側に三の間と呼ばれる、少し張り出した場所があります。これはかつてここにあった守護神、橋姫を祀った名残もあり、かの豊臣秀吉が茶の湯の水をくむために使った場所ともいわれています。

京都のおすすめ歴史的建築物その4:壬生郷士八木邸

この京都は幕末の歴史の中心地でもあり、歴史名所巡りに訪れる人も多くいます。そんな人たちにおすすめなのがこの壬生郷士八木邸です。あの新選組の駐屯所跡としても知られています。少し前までは実際に居住している方がいらっしゃったので非公開でしたが、歴史巡りで訪れる人が多く最近見学が可能になりました。

幕末の歴史を語るうえでは欠かせず、ファンも多い新選組の駐屯地なので新選組の名所巡りを楽しむ人達にとっては興奮が止まらない場所でしょう。柱には芹沢鴨が暗殺されたときについたといわれる刀傷もついています。

京都市の中京区にあるこの場所は京都市の指定有形文化財ともなっています。公開時間は午前9時から午後5時までとなっています。見学料金は大人、中高生共に1000円で抹茶と屯所餅付きです。大人はこのチケットのみですが、中高生用には見学のみのチケットもあります。こちらは600円です。

京都のおすすめ歴史的建築物その5:寺田屋

続いてご紹介する京都の歴史的建築物は、幕末の歴史の重要な舞台となった宿屋、寺田屋です。こちらも幕末の歴史が大好きな人達が、名所巡りで必ずといっていいほど訪れる京都の名所の一つです。幕末の薩摩藩士たちの定宿であの坂本龍馬もたびたびここを宿にしていたそうです。

特に坂本龍馬がこの寺田屋で襲撃された事件は有名で、この事件をきっかけに幕末の歴史が大きく動いたといわれており、幕末史跡巡りの歴女たちに大人気です。

本来の寺田屋は、幕末の鳥羽伏見の戦いで長州藩がこの京都に火を放った時に焼失したといわれており、現在のこの寺田屋は再建されたものだといわれています。公開時間は午前10時から午後3時40分までとなっています。料金は一般が400円、学生が300円、中高生は200円です。

京都のおすすめ歴史的建築物その6:舞鶴赤レンガパーク

続いてご紹介するのは、京都では珍しい日本の近代史を語るうえで重要な歴史的建築物、舞鶴の赤レンガパークです。旧日本海軍が使用した赤レンガ倉庫が立ち並び、国の重要文化財にも指定されている場所です。旧日本海軍の倉庫として使用されたもので日本が近代化にすすむ重要な時期に西洋の建築技術が使われています。

明治の時代から大正の時代に建築されたこの赤レンガ倉庫群は、その当時の面影をそのまま残しており、映画やドラマの撮影などにも大人気の場所です。

この歴史的建築物を博物館や記念館、イベント開催の場所としても大人気です。桟橋からはこの赤レンガ倉庫群を見渡すことができる遊覧船などの観光もおすすめです。他にも飲食店やショッピングを楽しめる場所もあり赤レンガパークとして地元の人や建築物巡りの人の憩いの場にもなっている歴史的建築物です。

京都のおすすめ歴史的建築物その7:清水寺

この清水寺は1200年の歴史を誇る由緒あるお寺です。京都の東側、音羽山に建築されたこの境内には国宝や重要文化財を含む多くの貴重なものが残っています。歴史上何度も火災による消失と再建を繰り返し、現代のものは1633年に再建されたものです。1994年に京都の文化財の一つとして世界文化遺産に登録されています。

建築的に興味深いのが、本堂の前面に張り出すように広がる舞台、いわゆる清水の舞台です。この舞台から見下ろす清水寺と京都の美しさは絶景です。高さは4階建てのビルに相当します。日本古来の伝統工法を使用したこの舞台はその建築技法も有名です。

歴史的建造物の美しさに加えてその舞台から眺める京都の美しさの両方を堪能できる歴史的建築物として京都市民のみならず世界中から観光客が押し寄せる場所ともなっており、京都を建築物巡りで訪れる人たちに大人気です。

京都のおすすめ歴史的建築物その8:平等院

京都の歴史的建築物を語るうえで欠かせないのがこの平等院の鳳凰堂です。日本の国宝にも指定されている平安時代の建築物の名作で時の関白藤原頼道によって建立された阿弥陀堂です。藤原家の華やかな摂関政治時代をしのぶことができる唯一の歴史的建築物として、歴史巡りを楽しむファンの間では欠かせない建築物となっています。

日本の建築史に燦然と輝くこの名作は、その美しさから多くの人の心を惹きつける建築物です。池の中島に建てられたこの鳳凰堂は特にその水面に映し出された姿と共に日本の庭園芸術と建築芸術の融合の集大成としても知られています。

またこの平等院には他にも歴史的な建築物があります。それが、養林庵書院です。ここは江戸時代の前期に建築された檜皮葺の建物です。床の間や襖には狩野派の画が飾られており日本の美を堪能できる建築物の一つです。建築物巡りの定番コースです。

京都のおすすめ歴史的建築物その9:金閣寺

京都巡りでは欠かせない観光スポットともなっているのがこの金閣寺です。正式名称は鹿苑寺というのは有名な話です。一休さんのアニメでも知られている将軍足利義満が1398年に建築した金舎利殿がこの金閣寺です。昭和25に一度放火事件で全焼しています。

しかし今では再建され、またきれいに維持管理もなされており足利将軍時代の黄金の輝きをそのまま現代に再現しています。四季折々の美しさを見せるこの金閣寺は室町建築の粋を集めたもので、黄金の輝きにふさわしい日本庭園、池の水面に映った金閣寺と魅力が沢山あふれている建築物です。

この金閣寺を見ることができるのは、午前9時から午後5時までの間です。料金は大人が400円、小中学生が300円という料金です。駐車場も十分に備わっているのでマイカーでのアクセスも大丈夫です。自家用車なら1時間300円です。

Thumb金閣寺の見どころまとめ!初拝観や修学旅行での必見スポットを徹底ガイド!
京都観光の最大の見どころといえば、やはり金閣寺です。そんな人気の金閣寺ですが、観光スポットと...

京都のおすすめ歴史的建築物その10:伏見稲荷大社

日本各地にある稲荷神社はほとんどが朱色の鳥居と白いきつねがシンボルとなっている神社です。その全国の稲荷神社の総本山がこの京都の伏見稲荷大社です。千本鳥居という朱色に輝く鳥居のトンネルが美しく、京都を代表する撮影スポットとしても有名な神社です。荘厳なこの景色を見るために世界中の人がこの神社を訪れます。

この神社で季節ごとに開催されるお祭りも大人気でこの伏見稲荷神社の魅力がさらに引き立ちます。

この神社が見学のために開放されている時間は午前8時30分から午後4時30分までです。中は広いので見学には2時間ほどを見ておくといいでしょう。神社なので基本的には参拝は無料です。年中無休でいつでも訪れることができます。また参拝者には無料の駐車場もあります。こちらは参拝者専用の駐車場です。

京都のおすすめ歴史的建築物その11:醍醐寺

京都御所の東南方向、東山の山科盆地の東側、笠取の山頂にあるのがこの醍醐寺です。この山の広大な敷地が醍醐寺です。千年以上の歴史を誇るこの醍醐寺には歴史的価値のある建築物が沢山あります。この醍醐寺に収められている仏像や宝物に加えて、境内内に建てられた多くの建築物も世界遺産に指定されています。

その中でも特に有名なのが三宝院という建築物の大半が重要文化財に指定されている建築物です。有名な寝殿造りの表書院はこの三宝院の庭を見渡す絶好の建築物です。かの太閤秀吉が自ら設計をしたといわれており、桃山時代の華やかさ今に伝えています。

そのほかにも国の重要文化財に指定されている五重の塔は高さ38メートルで屋根の上の相輪だけでも13メートルもあります。936年に建築されたともいわれており、京都府で最も古い建築物といわれています。

京都には有名現代建築も盛りだくさん

京都には有名な現代建築も沢山あります。歴史的な建築物が立ち並ぶエリアに新築の建物を建てる場合や近代的な建築物が立ち並ぶ地域であったとしてもその景観を壊さないで、なおかつ独自のスタイルを表現することができる建築デザインはとても難しく、多くの現代建築家たちがこの京都に名作を遺しています。

伝統の町並みにぴったりとマッチしたものから、逆に斬新ながらもその景観を決して壊すことないデザインなど秀逸のものばかりです。

この京都をあえて現代建築物巡りで訪れるのもおすすめです。そんな京都の有名な現代建築物のうちおすすめのものをいくつかご紹介します。

京都のおすすめ現代建築その1:ザ・リッツカールトン京都

まず最初にご紹介する京都の有名な現代建築物がザ・リッツカールトン京都です。世界有数のラグジュアリーホテルグループ、リッツカールトンがこの京都に進出したのが以外にも最近で、このザ・リッツカールトン京都が完成したのは2014年の2月です。平均の客室の広さが50平方メートル超える、京都市内では最大級の広さを誇る高級ホテルです。

その外観のデザインの評判が良いので、多くの人達がこの建物を見学するために訪れるほどで、京都の建築物巡りの新しい人気スポットになっています。

鴨川沿いに建設されたこの高級ホテルは、周囲の環境に合わせた一見地味な外観です。一見地味ながらその京都という古都の品格を守りつつ作り上げられたデザインは細部にわたるデザインが秀逸で、特にエントランスホールの和モダンなテイストのデザインは評判で2015年のある世界的なホテルアワードのデザイン部門の最優秀賞を獲得しています。

京都のおすすめ現代建築その2:TIME’S

続いてご紹介する京都の有名な現代建築物は、日本を代表する建築家安藤忠雄の作品の一つです。関西出身の安藤忠雄はこの京都にも数多くの作品を遺しています。その代表作が、このTIME’Sです。1984年に作られたこの建築物はコンクリート打ち放しの建物が特徴の安藤忠雄の代表作の一つとしても数えらえています。

革新的なデザインが多かった安藤忠雄がこの京都で作ったのが、川テラスです。京都三条小橋の真下を流れるせせらぎ、高瀬川の脇に建てられたこの商業施設には川沿いにテラスがあります。このテラスは川の水位とテラスの距離が近いのが特徴です。

この安藤忠雄が登場する前までは、自然に対抗していかに快適な住空間を作るかということに重点が置かれていた日本の建築文化でしたが、この安藤忠雄がその傾向に一石を投じ自然との融合という日本本来の建築思想への回帰を促した作品の一つです。

京都のおすすめ現代建築その3:俄(にわか)ビル

次にご紹介する京都のおすすめ現代建築も同じく安藤忠雄設計の俄ビルです。京都の老舗のジュエリーショップの本店です。京都市内の旧市街地型美観地区に建築されており、京都の景観対策で義務付けられているデザイン上の制約を忠実に守りつつ安藤忠雄らしさも決して色あせない彼の傑作のひとつといえるでしょう。

古くからある京都の町並みにしっかりと溶け込んで全く違和感のない安藤忠雄の建築物というのも大変見ごたえがあります。建築物巡りで訪れるのならがおすすめの建築物です。

京都のおすすめ現代建築その4:NISHINOYAMA HOUSE

続いてご紹介する京都のおすすめ現代建築物はNISHINOYAMA HOUSEです。これは京都の北にある閑静な住宅街に作られた全部で10戸からなる集合住宅です。この集合住宅を設計したのが妹島和世と西沢立衛のユニットデザイングループSANAAです。からの代表作としても有名な建築物です。

この建築物も京都の建築物のデザインに関する規制が敷かれているエリアにあり、屋根は寄棟や切妻屋根、またその傾斜なども厳密に定められており、その範囲の中で建築家たちがしのぎを削っています。

近代的なデザインながら空の上から眺めてみるとそれはまるで、古くからある長屋が集まったかのようなデザインです。制約がある屋根の形が最大限に考慮され京都のルールのなかで自由なデザインを成し遂げたということで有名な建築デザインです。

京都のおすすめ現代建築その5:京都国立博物館

こちらは日本の近代、現代建築の発展を語あるうえでは欠かせない建築物、京都国立博物館です。開館は1897年の明治30年の頃です。赤レンガ造りの本館が印象的なこの建物は、当時の宮内省内匠寮の技師として活躍していた片山東熊が棟梁となっていた建設技官や大工、石工、煉瓦工などが集結して作られた建物です。

日本建築界の草分け的存在の片山東熊が関わった建築物には、赤坂離宮、東京国立博物館の表慶館など。日本の唯一の宮廷建築家ともいえるべき人です。その片山の代表作がこの京都国立博物館です。

17世紀のフランスのバロック様式が取り入れられつつ日本的な趣のある感覚を表現することに成功した現代建築の礎を築いた博物館としても有名です。歴史的建築物としても捉えられており、重要文化財にも指定されています。

京都のおすすめ現代建築その6:京都駅ビル

次にご紹介する京都のおすすめ現代建築が、京都駅ビルです。広大な敷地には5つの広場と4つの特徴的な通路があり、それらの基盤となっているのが京都の平安京の街路網です。

古都京都駅の玄関としてのそのデザインは日本の歴史の玄関口としての役割をイメージとして作られたものです。外国からの観光客が多いこの京都でも近代デザインと歴史的な文化が融合した見事なデザインと称賛されています。

日本の駅ビルにしては珍しく、国際的なコンペで設計が募集されそれに勝ち残ったのがやはり日本を代表する建築家、原広司です。中央コンコースは谷に見立てられており、それが東西に延びていて空を映し出した内部空間と共に自然に溶け込む外観を作り出しています。また細部にわたるディティールも斬新なものばかりで見ていて飽きません。

京都のおすすめ現代建築その7:京都タワー

続いてご紹介するのは、京都のシンボルタワー、京都タワーです。この京都タワーを設計したのが山田守です。日本を代表する建築家で、モダニズム建築を実践した建築家です。曲面や曲線を用いたデザインが魅力的で他の代表作には日本武道館などがあります。

この京都タワーの高さが131メートルです。東京スカイツリーの高さが634メートルであることを考えると物足りないかもしれませんが、このタワーが独特なのはその構造に鉄骨を使っていないことです。厚さが12から22ミリメートルの特殊鋼版シリンダーを溶接でつなぎ合わせて作られた円筒状のタワーです。

構造物として、鉄骨を使わないタワーの中では最大のこの京都タワーは、その眺めも見事です。規制が多くて高層建築物があまり建築されない中で高さ100メートルの場所にある展望室からは古都京都が一望できます。季節で違う京都の顔を楽しめます。

今すぐ京都へ建築物巡りに出かけよう

京都にある有名な建築物についてご紹介しました。歴史的な建築物から現代の新進気鋭の建築家たちの力作まで本当に沢山の有名建築物があることがわかりました。

京都の楽しみ方は名所をただ回るだけではありません。歴史的な事件が起こった場所を見て回る建築巡りもおすすめの観光方法です。次にこの京都に訪れるときには建築物巡りをしてもいいでしょう。日本が世界に誇る建築物の数々を見ることができます。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ