野沢温泉の外湯めぐりを日帰りで!入浴時の持ち物やマナーも詳しく紹介!

長野の人気の観光スポットである野沢温泉は、13箇所ある外湯をめぐることができるスポットです。13箇所ある温泉は共同浴場なので全て無料!無料で温泉に入ることができるお得な観光地なのです。今回はこの野沢温泉の魅力と各外湯について見ていきます。

野沢温泉の外湯めぐりを日帰りで!入浴時の持ち物やマナーも詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1野沢温泉の外湯とは?
  2. 2野沢温泉は日帰りにおすすめの観光スポット!
  3. 3野沢温泉は料金無料の温泉!
  4. 4野沢温泉外湯の基本情報
  5. 5野沢温泉の有名な13の外湯がおすすめ!
  6. 6野沢温泉外湯の入浴時の注意点やマナーは?
  7. 7日帰りで外湯めぐりを楽しむには?
  8. 8野沢温泉は集印めぐりで楽しもう!
  9. 9野沢温泉にカップルで行こう!
  10. 10野沢温泉の外湯めぐりを満喫しよう!

野沢温泉の外湯とは?

野沢温泉とは長野県にある温泉村です。約100万年前に噴火した毛無山の裾野にある温泉で、信州を代表する温泉街として有名です。温泉帰りは共同浴場があったり、温泉施設があったりと非常に有名です。しかも利用料金無料で楽しめます。世界中の温泉マニアも魅了すると言われている信州の名スポットです。

外湯めぐりのおすすめ情報をご紹介!

野沢温泉には外湯と言われる共同浴場があります。こちらの共同浴場があり、こちらの外湯をめぐる観光が非常に人気になっており、全部で13箇所共同浴場の料金は無料で入ることができるようになっています。野沢温泉のおすすめの観光コースになっていますので、時間を見つけて是非とも野沢温泉で外湯めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

江戸時代から続いている野沢温泉は入浴料金は無料ですが、お賽銭箱が置いてありますのでそちらでお賽銭を寄付したりすることができるようになっています。ぜひとも信州の素晴らしい温泉を維持していく為に料金代わりに寄付してみてはいかがでしょうか。

野沢温泉は日帰りにおすすめの観光スポット!

往復で4時間ほどでアクセスすることができるのですが、朝からアクセスすれば日帰りでも行くことができます。時間が限られてしまいますが、飯山駅からライナーで15分ほどの場所ですので、現地の滞在時間を3時間ほどと考えると日帰りでも行けそうです。

新幹線のお値段は東京駅から飯山駅まで8000円ほどです。往復で1万6000円ですので、新幹線で行ける国内良好としては最適なスポットです。野沢温泉は温泉巡りができる場所ですが、全部で13箇所の外湯をめぐるので、時間配分を考える必要があるのですが。

野沢温泉は料金無料の温泉!

野沢温泉は共同浴場ですので、無料で利用することができます。無料ですので、料金がかかりません。旅の資金も交通費やお土産やお食事代金だけあれば日帰りで観光することができます。ぜひとも野沢温泉に無料の温泉旅行に行ってみてはいかがでしょうか。しかしアメニティなどがないので持ち物などを自分で持っていかなければ行けません。

料金はタオルなどを持参するので持ち物の料金だけになります。持ち物はタオル手ぬぐいと石鹸とシャンプーなどです。温泉はこれだけあれば十分観光を楽しむことができますが、着替えるのが面倒なので浴衣などがあると便利です。

また、新幹線の料金がかかるので、日帰りの観光であれば交通費の1万6000円と、現地のお食事代金などがあれば学生さんでも気軽に観光することができるでしょう。野沢温泉はなんどもお風呂に入ることができるので、ゆっくり湯治をするのもおすすめです!

野沢温泉外湯の基本情報

近くにはスキー場もありますのでスキーをしに来たついでにアクセスしてみるのもいいでしょう。全部で13箇所ありますので1日でも十分楽しむことができるようになります。日帰り温泉を楽しみに行くのも良いでしょう。なんといっても料金は無料で入ることができますので、ものすごくお得な気分になります。

季節によって利用時間が異なる

野沢温泉は利用できる時間が決まっております。野沢温泉の外湯めぐりは4月から11月までの間と12月から3月までの間は利用時間が決まっています。24時間営業ではありませんが、早朝から夜中まで利用することができるようになっていますので観光に非常に優れています。春の期間と冬の期間で利用時間が違いますのでおまちがいなく。

4月から11月の期間は朝の5時から夜の23時まで営業しています。12月から3月までの時間は朝の6時から夜中の23時まで営業しています。どちらも夜中の23時まで営業していますので夜まで温泉を楽しむことができるようになっているのです。

冬の期間は1時間遅れて朝の6時から利用することができますが、それでも早朝からお風呂に入ることができますので非常にお得な温泉と言えるでしょう。野沢温泉の外湯を朝から楽しむことができますので早起きの人にもおすすめです。

利用料金はお気持ちで

信州でおすすめ野沢温泉にはお賽銭箱が置かれていますのでそちらにお金を入れることができるようになっています。基本的には利用料金は無料になっていますので、お金を払わなくても料金は無料で温泉に入ることができるようになっています。しかし是非とも温泉が気に入ったらお賽銭を入れて寄付をしてあげるのがいいでしょう。

各温泉に駐車場はなし

それぞれの温泉は離れた場所にありますが、近くに駐車場がありませんので車を止めることができないようになっています。専用の駐車場がありませんか歩いて巡ることができるようになっていますので、のんびりと浴衣を着てぶらぶらと歩いて温泉に入ってみるのが良いでしょう。街歩きをするのも楽しいのでおすすめです。

100%掛け流しの天然温泉

それぞれの温泉は100%かけ流しの天然温泉です。野沢温泉の外湯は100%源泉を掛け流しでいただくことができますので、気持ちの良いお風呂を楽しむことができるでしょう。熱い源泉のお風呂を思い切り楽しむことができるようになっていますので、野沢温泉で天然温泉を思う存分楽しむといいでしょう。

野沢温泉の有名な13の外湯がおすすめ!

それでは早速野沢温泉の外湯めぐりを見ていきます。13箇所ありますのでそれぞれちょっとずつ入っていって全て回りたいところです。一つ一つのお風呂にゆっくり入るのもいいですが、それぞれの外湯は個性的ですので、まんべんなく全ての風呂に入りたいところです。野沢温泉の外湯めぐりの魅力を見ていきましょう。

野沢温泉外湯その1:大湯

こちらは野沢温泉の代表的な外湯です。野沢温泉のシンボルとも言える温泉で、江戸時代の趣を残している外湯になっています。農民の共同浴場として栄えた温泉として非常に人気のある代表的な外湯ですのでまずはこちらに訪れてみてはいかがでしょうか。単純硫黄泉のお風呂を楽しむことができるようになっています。

お風呂の効果は胃腸病からリュウマチ、婦人病などに効果があるとされています。共同浴場ですので地元の人や観光で訪れている人などと交流することができ、野沢温泉の楽しみを思う存分味わうことができるでしょう。

野沢温泉外湯その2:河原湯

野沢温泉の外湯で人気のあるこちらのお風呂も大湯から歩いたところにありますので、アクセスも簡単です。近くには渓流がありますのでこのように名前が付けられています。皮膚病などにも効果があるとされており、お肌の調子を整えるのにも最適な温泉として人気があります。野沢温泉の外湯の代表的なスポットです。

エメラルドグリーンの緑色の硫黄泉を楽しむことができるようになっています。源泉をそのまま楽しむことができますので、天然温泉思いっきり感じることができるでしょう。野沢温泉の外湯めぐりのおすすめスポットです。

野沢温泉外湯その3:秋葉の湯

こちらも野沢温泉の外湯めぐりで日帰りで訪れたい人気のおすすめ温泉です。大湯や河原湯と比べて住宅街の近くにありますので目立たない場所ですが、穴場の外湯です。観光スポットのおぼろ月夜の館の近くにあります。こちらの硫黄泉で天然温泉を楽しむことができるようになっています。外湯めぐりで訪れたいスポットです。

野沢温泉外湯その4:麻釜の湯

麻釜通りにある温泉で、麻釜から源泉を引いている共同浴場になっています。こちらの硫黄泉で、神経痛やリウマチなどに効果があるとされており、非常に人気のある温泉です。趣のある外観も印象的です。近くに旅館などがありますので自覚している方にも利用しやすい場所です。目の前は人通りの多い道路になっています。

小さなお風呂ですが利用しやすいので非常に人気のある穴場の温泉になっています。熱い源泉を楽しむことができるようになっていますので、野沢温泉の外湯めぐりで絶対に訪れたい温泉でもあります。

野沢温泉外湯その5:上寺湯

こちらも坂の途中にあるこじんまりとした温泉です。共同浴場になっていますので料金は無料で利用することができるようになっています。静岡の温泉と同じようにシンプルな作りになっていて、こじんまりとしていて居心地のいい外湯になっています。親子で入るのにも最適な野沢温泉の外湯です。

真湯から坂を下ったところにありますので一緒にアクセスするといいでしょう。肌の病気にも効果があるとされており、切り傷やおできなどにも効果があるとされています。他にも糖尿病などにも効果があるとされていますので湯治にもおすすめです。

野沢温泉外湯その6:熊の手洗湯

野沢温泉の外湯で人気のあるこちらの外湯は熊が発見したと言われている古いお風呂です。こちらの温泉はやけどや切り傷などにも効果があるとされており、お肌の調子を整えるのにも最適です。建物もきれいですので非常に使いやすいお風呂と言えるでしょう。建て替えられていますのでお洒落な作りになっています。

野沢温泉外湯その7:松葉の湯

こちらは2階建てになっている温泉で日帰り温泉で是非とも訪れたい場所です。二階建てになっていて、階段を上ったところに浴室があります。建物も綺麗で可愛らしく、写真に撮影して帰りたいような場所でもあります。白濁した硫黄泉を楽しむことができるようになっており、野沢温泉の外湯めぐりでも人気があります。

野沢温泉外湯その8:中尾の湯

こちらは野沢温泉の外湯で一番大きな木造のお風呂になっています。源泉は麻釜で、快適に利用することができると非常に人気のある温泉になっています。リュウマチや皮膚病などに効果があるとされており、大沢温泉の外湯めぐりの中でも非常に人気のあるお風呂です。大きい建物で木造建築が美しい外湯です。

野沢温泉外湯その9:新田の湯

こちらは幕末に開拓された西宮神社の裏の外湯です。リュウマチや糖尿病などに効果があるとされており、日帰りで湯治に訪れるのも最適な温泉になっています。白い建物が印象的な外湯で、野沢温泉の外湯めぐりで是非とも訪れたい温泉です。硫黄泉の温泉で、快適に温泉めぐりを楽しむことができるでしょう。

野沢温泉外湯その10:真湯

こちらは野沢温泉の北側にある温泉施設になっています。共同浴場として非常に人気があり、単純硫黄泉を楽しむことができるようになっています。痔疾に効果があるとされており、野沢温泉の外湯めぐりでも人気のある温泉施設になっています。日帰り観光で訪れたい外湯です。

野沢温泉外湯その11:滝の湯

麻釜の源泉の近くにある木造の建物の温泉です。こちらの温泉も硫黄泉で、快適に楽しむことができるお風呂です。高温の源泉が印象的な温泉で、気持ちの良いお風呂に入ることができるでしょう。こじんまりとした木造の建物ですが、熱いお風呂に入りたい場合はこちらも野沢温泉の外湯めぐりで是非とも訪れたい場所です。

野沢温泉外湯その12:横落の湯

こちらも麻釜から引いている温泉で、皮膚病などにも効果があるとされています。硫黄泉でゆっくり体の疲れも癒すことができるでしょう。横落信号機の下にある温泉で、地下にあるお風呂です。野沢温泉の外湯めぐりでも人気の穴場の温泉ですので、こちらも確実に訪れておきたいスポットでもあります。

野沢温泉外湯その13:十王堂の湯

こちらは野沢温泉の閻魔堂の近くにある温泉です。十王進行が行われていた歴史的な観光スポットの閻魔堂の近くにあります。真っ白い建物が印象的で、麻釜と湯ノ宮から引いている温泉です。野沢温泉の外湯めぐりでこちらも是非とも訪れておきたいスポットです。大湯と同じ効果を味わうことができる温泉です。

野沢温泉外湯の入浴時の注意点やマナーは?

野沢温泉の外湯は基本的に管理が徹底されていますので、とても綺麗に利用することができます。料金は無料とは思えないようなクオリティになっていますので、商業温泉施設に訪れているかのような感じです。これだけのものを料金無料で提供できているのが素晴らしいところですが、外湯めぐりにあたっていくつか注意点やマナーなどもあります。

必ず必要な持ち物は「タオル」

持ち物として野沢温泉の外湯では必ず自分でタオルなどを持って行かないといけません。基本的には共同浴場ですのでアメニティの用意などがありません。持ち物としてタオルなどは持参していくのがいいでしょう。何度も使うことになりますので必要ならば余分にタオルを持っておくといいでしょう。持ち物は最低限タオルが必要です。

何回もタオルを使うことになると思いますので、水泳選手が使うような絞るとすぐに乾く速乾性のタオルなどがあると非常に便利です。持ち物として用意しておくのも良いでしょう。外湯めぐりをする時の持ち物は基本的にタオルだけあれば大丈夫でしょう。

コインロッカーはあるけど身軽な格好で

何度もお風呂に入ることになると思いますので身軽な格好を用意しておくといいでしょう。旅館などに宿泊しているならば持ち物は全て旅館に預けておくのがいいでしょう。時間の都合で一箇所あたり10分以内に入らなければいけなかったりもしますので、すぐに着替えることができる格好をしておくのがおすすめです。

必要な持ち物なども絞ってから行くのがいいでしょう。リュックサックなどの荷物が多いと置く場所がありませんので大変です。浴衣などもレンタルすることができませんので宿泊施設で借りたり、自分で持ち物は用意しておくといいでしょう。

持ち物としては浴衣を持っていくことと、体を拭くためのタオルなどを持っておくといいでしょう。石鹸などを置いてありませんので必要な持ち物は自分で用意しておく必要があります。しかし持ち物は簡単なものでも十分です。

かけ湯など基本的なマナーを守ろう

体を洗うところがありませんが、かけ湯などをするときはお風呂にお水が入らないように注意しなければいません。共同浴場になっているので周りの人の迷惑にかからないように注意しながらお風呂を楽しむといいでしょう。シャンプーや石鹸で体を洗う時は、周りの迷惑にならないように注意しながら洗うといいです。

日帰りで外湯めぐりを楽しむには?

全部で13箇所ありますので日帰りでお風呂を楽しむのにはなかなかのタイムスケジュールになります。野沢温泉の外湯を全てのあることは可能ですが、他の場所も観光するならば十分時間にゆとりを持って行くといいでしょう。着替えに時間がかかる人などは一箇所あたり20分や30分ほどかかるとかなりの時間になってしまうでしょう。

できれば一箇所あたり10分以内で待っていき、全部で2時間から3時間程で全て眠ることができれば日帰りでも十分楽しむことができるでしょう。時間配分を見ながら、のぼせないように日帰りで外湯めぐりを楽しまなければいけません。

親子で行く場合の注意が必要です。お子さんが風邪をひかないように子供と一緒に行くときは外湯めぐりする場所を少なくした方がいいでしょう。また、朱印帳購入して朱印めぐりをするならば、朱印めぐりの時間配分を考えておかなければいけません。

入浴時間は5分以内で!

野沢温泉の外湯めぐりは時間配分を考えていくと一箇所あたり5分以内の方がいいでしょう。一箇所5分以内で囲っていくと全部で1時間ほどでもあることができますが、色や準備などを考えると2時間以上はかかるでしょう。10分で考えると倍の時間になるので、なかなか入浴時間を考えていかないと日帰りの観光ができなくなります。

また、野沢温泉には朱印めぐりという楽しみ方もありますので、朱印めぐりをしているともう少し時間もかかります。入浴時間を5分以内に考えて、効率よく全ての外湯をめぐっていきたいところです。

一人で巡るのが一番効率のいい方法なのですが、友達と一緒に観光している時、男女と一緒に観光している時などはなかなかの時間がかかるでしょう。温泉めぐりに関しては別々でめぐるのも方法の一つです。時間管理が必要な温泉めぐりでもあります。

野沢温泉は集印めぐりで楽しもう!

野沢温泉の外湯を全てめぐると朱印がもらえます。是非とも外湯めぐりて全ての場所を巡って朱印をゲットしてみてはいかがでしょうか。10箇所以上の朱印を集めると岡本太郎のタオルがもらえます。20箇所以上の朱印を集めると手ぬぐいも一緒にセットでもらうことができるようになっています。朱印めぐりもおすすめの観光です。

お土産屋さんや案内所で朱印帳が一冊454円で購入することができるようになっています。まずは朱印帳購入して朱印めぐりに参加するといいでしょう。朱印台は外湯意外にもあるので、全部で27箇所あります。全部巡るのは少し大変ですがおすすめです。

全部で27箇所ありますが、タオルをもらうことができるのは10箇所ですので、外湯のついでにもらって行けばタオルをゲットすることができます。20箇所以上巡るには観光地も廻らなければいけないので大変です。

外湯をめぐってプレゼントをもらおう!

野沢温泉の外湯めぐりでもらうことができるタオルば岡本太郎デザインの「湯」と書かれているタオルです。赤色のタオルと青色のタオルの二つのパターンが用意されております。または、野沢温泉の外湯の名前の入ったタオルがあります。野沢温泉で朱印めぐりをして朱印を集めるともらうことができますのでおすすめです。

外湯巡りで記念を作ることができるだけでなく、岡本太郎のタオルまでもらえてしまうのが素晴らしいサービスです。お風呂に入るだけでなくプレゼントをもらえてしまうので、是非とも信州旅行の記念にしておきたいところです。

野沢温泉の外湯のキャンペーンではありませんが、周辺の旅館に宿泊すると特別に湯めぐりセット貸し出ししてくれたり、朱印帳プレゼントするキャンペーンなどが行われていたりもします。持ち物が減るのこちらもおすすめです。

野沢温泉にカップルで行こう!

カップルで野沢温泉の外湯めぐりをするのはどうなのでしょうか。そもそも野沢温泉は混浴なのでしょうか。野沢温泉は混浴ではなく女性と男性に分かれていますので、カップルでも十分野沢温泉の外湯めぐりを楽しむことができるようになっています。なので男女別々でお風呂に入ることができますので、カップルでの参加もできます。

お子さんと一緒に行く場合はどのようにすればいいのでしょうか。子供と一緒に行く場合は少し注意が必要です。熱いお風呂に入って外に出なければいけませんので、湯冷めして風邪を引いてしまう場合があるからです。

お子さんが風邪を引いてしまう可能性があるので、野沢温泉の外湯めぐりは少ない箇所だけめぐるという形にしておくといいでしょう。全ての魔女を子供と一緒に回るのは大変です。同じようにカップルでも全部は大変かもしれません。

Thumb長野のおすすめ温泉ランキング!温泉街の楽しみ方や人気の旅館など宿泊施設も紹介
温泉の宝庫である長野県。長野県には、源泉、そして、温泉街もたくさんあります。今回は、長野のお...

野沢温泉の外湯めぐりを満喫しよう!

野沢温泉は一人でも利用することができる人気な温泉街でした。温泉街ですので旅館などもあり、日帰りではなく宿泊して帰ることもできるようになっています。時間配分を決めないととなかなか全てをめぐることができませんので、是非とも時間調整をしてみて全部巡ってみてください。野沢温泉の外湯に日帰りでいきましょう!

関連記事

Original
この記事のライター
tabito