宮崎の方言はかわいいフレーズ満載!特徴やイントネーションなど徹底紹介!

宮崎にはかわいいフレーズが満載の方言がたくさんあります。今回は宮崎で話題のかわいい方言をたくさん見ていきます。イントネーションの違いから、アクセントなど、他の県とは違った方言がたくさんあります。今回は宮崎弁の特徴も一緒に見ていきます。

宮崎の方言はかわいいフレーズ満載!特徴やイントネーションなど徹底紹介!のイメージ

目次

  1. 1 宮崎の方言が可愛いと話題に!
  2. 2宮崎弁の特徴
  3. 3「じゃかいよー」で分かるイントネーション
  4. 4宮崎の方言「てげ」を解説
  5. 5宮崎弁を使った日常会話・定番フレーズ
  6. 6 物や地名・動物などの呼び方一覧
  7. 7宮崎弁で可愛さアピール!
  8. 8明日から使いたくなる宮崎のかわいい方言

宮崎の方言が可愛いと話題に!

全国各地の方言が話題になっていますが、全国の方言の中でも宮崎県の方言がかわいいと評判になっています。イントネーションが可愛らしかったり、「てげ」などの特徴的な言葉を使うことをから、宮崎県の方言を女の子が使うととても可愛らしく表現されるようです。今回は宮崎県の方言がどのようにかわいいのか見ていきます。

宮崎弁の特徴

宮崎県は九州の南東部にある県ですが、こちらの県は海産資源が豊富で美味しいグルメがたくさんある県です。九州は女の子が可愛らしいと話題になりやすいのですが、宮崎県はイントネーションなどが特徴的でかわいいと言われています。特徴としてはイントネーションがなく、語尾が上がったりする特徴があったりと他の県とは違った特徴があります。

特徴①イントネーションがなく平坦

イントネーションやアクセントがないことでも有名です。イントネーションやアクセントがありませんので、言葉の意味を内容や文脈などから推測して考えます。同音異義語などは、お話の内容によってどちらの意味か決めているようです。イントネーションがなく平坦な方言ですので、特徴があります。

宮崎弁の特徴はイントネーションがないということですが、たとえば「雨」と「飴」では標準語の場合はイントネーションを変えて話すのですが、宮崎弁の場合はイントネーションがないのでどちらがどちらかわからないです。

イントネーションがないためにどちらかわからないので、お話の内容から推測したりしてどちらの意味かを理解しています。宮崎以外の方言だとアクセントやイントネーションを変えて使い分けていることが多いので、宮崎の方言の特徴と言えるでしょう。

特徴②濁点が少なく語尾が優しい

宮崎弁には非常に特徴がたくさんありますが、濁点などもなく、言葉や単語などがとても柔らかく聞こえるというのもあります。「てげ」などの有名な方言などがありますが、基本的には宮崎県の方言では濁点が少ないというのも特徴です。また語尾が柔らかくて優しい感じがあります。語尾を上げて話すので、相手に気持ちも伝わるような印象です。

女の子が使うとかわいいらしく語尾をあげるので、優しい印象を伝えることができます。柔らかい印象を伝えることができますので、宮崎弁は語尾に非常に特徴があります。かわいいものなどを見たとき語尾が上がるので、感情も表現されます。

特徴的なのはイントネーションとして語尾が上がるということです。いろんな単語がありますが、語尾を上げて使う方言などがよくあります。語尾が上がるというのは方言全般に言えることですので一概にも言えませんが、よくある特徴です。

特徴③言葉の種類が豊富

言葉の種類がとても多いので、宮崎方面の人でないとなかなか分かりづらい方言があります。 方言も種類がありますので、 方言の種類によっても微妙に言葉の使い方が違ったりもします。宮崎県の方言の特徴はイントネーションだけでなく、方言の種類が多いというのも特徴的なのです。

物事一つ一つにも非常にたくさんの種類の方言があります。動物の名前から土地の名前、物事の名前など、それぞれに宮崎県独特の言葉がありますので、なかなか知らない人にとっては聞き分けることが難しいでしょう。

鳥肌を「さむさむ」と言い、なんとなく推測する事ができる方言もありますが、削るなどは「こさる」というので知らない人にとっては何の言葉なのかわかりません。このように宮崎の方言は言葉の種類が豊富で、知らないと理解できないものが多いのです。

特徴④「日向弁」と「諸県弁」

宮崎弁は大きく分けて「日向弁」と「諸県弁」があります。どちらも宮崎県で使われている方言ですが、広く宮崎県内で使われているのが「日向弁」で、南西部で使われているのが「諸県弁」です。2種類の方言が宮崎県内ではあり、微妙に違いがあるのです。

「じゃかいよー」で分かるイントネーション

じゃかいよーとは「だから」という意味です。「じゃかいよー」と伸ばすときは、「だからさあ」というような感じになります。イントネーションによって使っている人の感情が分かります。聞いていればなんとなくわかるものですが「じゃかいよ」が基本形です。意味はそのまま「だから」という意味です。

「じゃかいよー」の場面別イントネーション

友達同士で何度も聞き返されて返事をする時に使う「じゃかいよー」は「だからあー」という呆れた感じの返事になります。または、そうなんだよ、どうにかしてほしい!という風に「じゃかいよー」とだけ返事をする時もあります。なんとなくイントネーションの違いによって、話の文脈によって意味が微妙に変わります。

フランス語を話すような宮崎の方言

「てげひんだれた」などのように、宮崎県以外の人が聞くと外国語を話しているように聞こえたりもします。こちらの言葉は韓国語に似たような言葉があるようで、まるで韓国語を喋ってようにも聞こえるようです。また、フランス語にも聞こえるようなものがあります。宮崎弁の西諸弁はフランス語に聞こえると言うのも話題です。

西諸弁は宮崎に未だに残っている貴重な方言です。こちらをめいっぱい宮崎方言で喋ると、あたかも不思議なフランス語を話しているように聞こえるようです。西諸弁だけでなく、宮崎には言い方によってはフランス語を話しているように聞こえます。

宮崎の方言「てげ」を解説

宮崎県の方言で最も有名な方言ではないでしょうか。宮崎県の方言を聞き慣れていない人からすると外国語に聞こえるとも言われています。てげとは「とても」という意味です。覚えやすくて簡単ですので、宮崎県の方言を知る時の一番最初の言葉ではないでしょうか。女の子が使うとかわいいらしいのも印象的です。

「てげ」の意味・使い方

意味は「すごく」や「とっても」という意味です。とても良いや、とっても好きなどのように「てげ」を使ってより感情を表現する事ができます。宮崎県の方言にはたくさんの種類がありますが、こちらの「てげ」は非常に特徴的です。実は語源は「大概」という言葉で、こちらがなまって「てげ」になったと言われています。

「てげてげ」の意味・使い方

てげてげという言葉もあります。こちらもよく使われる宮崎県の方言ですので、是非とも覚えておくといいでしょう。こちらは二回同じ「てげ」が続いていますが、「そこそこ」という意味です。2回重ねるとマイナスの意味の表現になりますので、一見分かりにくい方言でもあります。

宮崎のかわいい方言①「くんない?」

くんない?も宮崎ではよく使われる方言になっています。これくれないなどの時に「これ君ない?」という風に使います。日常的によく使われる表現ですので、代表的な宮崎方面の一つになっています。お店などでお買い物をしている時に、これくださいと言う場面で使います。宮崎ではよく使われているフレーズになります。

宮崎のかわいい方言②「〜こっせん?」

「〜こっせん」もよく使われる宮崎のかわいい方言の一つです。女の子が使うとかわいいらしいフレーズになりますので、方言のかわいいフレンズとして人気のある言葉です。年齢が上の人よりも比較的年齢の若い人が使う方言になっています。若者言葉のようなものです。「〜こっせん」は「じゃない?」という意味です。

「てっげかわいーこっせん?」のように、相手に尋ねるように言う言葉ですので、可愛らしく表現されるフレーズになっています。こちらの意味は「とってもかわいいんじゃない?」という意味です。かわいいフレーズとして覚えておくのもいいかもしれません。

宮崎のかわいい方言③「こちょばい」

こちらは宮崎だけでなく福岡でも使われたり、全国の各地で使われているところがありますので知っている人も多いのではないでしょうか。ご存知の方も多いかもしれませんが、こちらはくすぐったいという意味で使われている方言です。体をくすぐられて「こそばい」や「こちょばい」などと使います。

こちらもかわいいフレーズですので、女の子が使うと非常に人気がありそうな言葉です。九州の方だけでなく全国でも使っている人がいらっしゃいますので、もはや共通語になりそうな方言の一つでもあります。

宮崎のかわいい方言④「そんげ」

「そんげ」とは「そんな」という意味です。こちらもかわいい表現ですので女の子が使うと可愛らしく表現されるフレーズでもあります。宮崎だけでなく九州で使っている人も多く、他の地域でも使ってる人がいらっしゃいます。「そんげこというたって」など「そんなこと言ったって」という意味で使います。

宮崎のかわいい方言⑤「いっちゃが」

こちらも宮崎でよく使われる特徴的なフレーズです。宮崎の女の子が使うととてもかわいい表現になりますので、かわいいフレーズとしても人気があります。「いいよ」という意味です。いっちゃがいっちゃがと言って、「いいよ!いいよ!」などと使います。かわいいらしい宮崎弁ですのでこちらも特徴的なのが面白いところです。

宮崎弁を使った日常会話・定番フレーズ

続いて宮崎弁を使った日常会話などの定型のフレーズを見ていきましょう。宮崎弁には非常にたくさんの方言がありますので、特徴的な方言をイントネーションなども正しく、可愛らしく使ってみたいところです。宮崎弁には一体どんな定番のフレーズがあるのでしょうか。日常的によく使うものを見ていきましょう。

お店で注文する時のフレーズ

お店で注文それ時のフレーズはどんなものでしょうか。今度お店で表現される宮崎弁の種類を見ていきましょう。「てげふってー」など、「とても大きい」なとと使います。買い物している時などに使えそうな言葉です。レストランなどでは「これ、何がはいっちょっとや?」と、何が入っているか聞いたりもします。

これくださいという時は「くんない?」と表現されます。こちらもお店などで注文するときなどによく使うフレーズですので、日常的なフレーズと言えるでしょう。「これくんない?」という風に使われます。

告白をする時のフレーズ

女の子が使うととてもかわいいらしい表現が多いのが宮崎弁の特徴です。告白される時にグッとくる言葉として非常に人気があります。「付き合ってくれん?」など、宮崎弁を使って告白するフレーズがとても可愛らしくイントネーションがいいと評判です。また、「〜いっちゃけど」などの可愛らしい語尾を使うのもいいです。

「好きな人おっと?」といった、相手に好きな人がいるかどうか尋ねるフレーズなどもあります。宮崎弁のイントネーションで可愛らしく表現すると相手はぐっとくるでしょう。九州以外の人でもグッとくる方言フレーズになっています。

他にも「好きやっちゃわ」などと言ったりして、相手に好きだという気持ちを伝える時の方言もとても可愛らしいので特徴的です。こちらもイントネーションが可愛らしく、女の子らしく表現することができるので人気のありそうなフレーズです。

物や地名・動物などの呼び方一覧

他にも地面を「じだ」と言ったり、おじさんを「じやん」と言ったりと、他の県の人からすると何て言っているのかわからないような方言がいくつかあります。物事を呼ぶ時の呼び方も非常に種類がたくさんありますので、宮崎県の方言を知らない人はなかなか困ってしまうことでしょう。他にもどんな呼び方があるのか見ていきましょう。

大根は「でこん」と行ったり、かぼちゃを「なんばん」と言ったりします。他にもカエルを「びきたん」と言ったりもします。犬は「いん」で、魚は「びび」といいます。しかしこの「びび」は小さな子供が呼ぶ呼び方でもあります。

しゃもじは「めしげ」と言ったり、冗談を「わやく」と言ったりもします。物事には非常に読み方がたくさんありますので、知っていないとなかなか聞き分けることができないでしょう。知らないと分からない方言の種類がたくさんあります。

宮崎弁で可愛さアピール!

最近はご当地の方言を使って告白するのが可愛らしいとネットなどで話題になっています。女の子が使うと、少し田舎臭かった方言でもとても可愛らしく聞こえるので、印象になるのが方言の面白いところです。宮崎県の女の子と付き合ったら、使ってもらいたい方言などがたくさんあるでしょう。

逆に宮崎県に住んでいる人からすれば宮崎弁がかわいいと日本で評判になっていますので、是非とも宮崎弁で可哀想アピールしてみてはいかがでしょうか。宮崎弁を使って告白してみたり、宮崎弁を使って可愛さアピールをするのが最適です。

宮崎弁を使って告白したりすれば、慎ましい感じや、甘えている感じ、優しい感じなどが伝わります。宮崎弁を使って告白すると、もしかしたら好きだった相手に思いを告げることができるかもしれません。

明日から使いたくなる宮崎のかわいい方言

明日から使いたくなるような可愛らしい宮崎県のフレンズがたくさんありました。宮崎弁のフレーズは非常に種類がありますので、聞き分けるのがなかなか難しいです。九州だけでも色んなフレーズがありますのでなかなか覚えるのが難しいです。イントネーションに特徴的で、女の子が使うとかわいい告白フレーズがあるので面白いです。

関連記事

Original
この記事のライター
tabito

新着一覧

最近公開されたまとめ