高千穂神社の歴史や見どころ紹介!パワースポットの気になるご利益は?

高千穂神社は、日本の神話のような光景だと噂の観光スポットである高千穂峡から徒歩20分ほど歩いたところにある神社です。現在高千穂神社は、宮崎県の高千穂にある荒立神社と天岩戸神社の2社とともにパワースポットの神社として有名です。

高千穂神社の歴史や見どころ紹介!パワースポットの気になるご利益は?のイメージ

目次

  1. 1宮崎県の高千穂町にある高千穂神社とは?
  2. 2 1900年の歴史を誇る高千穂神社
  3. 3高千穂神社のご利益
  4. 4 高千穂神社の見どころ
  5. 5高千穂神社では幽玄な神楽にも注目
  6. 6 高千穂神社の基本情報・アクセス情報
  7. 7高千穂でお土産を買うならそらいろチーズまんじゅう!
  8. 8高千穂神社で神秘的な力を感じ取ろう

宮崎県の高千穂町にある高千穂神社とは?

宮崎県の高千穂は、数々の伝説や神話に多く登場する幻想的な原風景を楽しめるパワースポットです。1900年以上の歴史がある高千穂神社は、その高千穂の中で荒立神社と天岩戸神社とともに高千穂のパワースポット三社ということで、宮崎県内外から参拝者が後を立ちません。今回は、そんな高千穂神社のご利益と見どころについて紹介します。

宮崎県を代表する由緒ある古社でパワースポットとしても有名な名所

高千穂神社がパワースポットとして有名な理由の一つが、御祭神にあります。高千穂神社は一之御殿に天孫降臨に登場する六柱が祀られており、御祭神としては六柱の神様を総称する高千穂皇神、二之御殿には神武天皇の兄である三毛入野命とその妻子神九柱である十柱の神様の総称である十社大明神が祀られています。

御祭神が多いため、様々なご利益を得ることができるます。高千穂神社には夫婦円満、友情、家内安全、子孫繁栄など数多くのご利益があります。また、敷地内の夫婦杉では、杉の周りをカップルや友達で3周することで縁結びができたり、祈ると人の世を鎮めると言われる鎮石などパワースポットが点在しています。

Thumb宮崎のパワースポットおすすめ9選!恋愛運や金運アップ祈願へ!
宮崎県と言いますと、毎年多くの観光客が訪れているような人気の観光名所としても知られております...

1900年の歴史を誇る高千穂神社

高千穂神社は、高千穂八十八社の総社として1900年以上の歴史があります。歴史的書物である古事記にも記載があり天孫降臨伝承の地として有名です。天孫降臨伝承を信仰とそれ以外にも高千穂固有の信仰と熊野修験の信仰も合わさって高千穂独自の信仰が根付いています。また、社伝以外に詳しい創建の情報などがなく、謎に包まれた神社です。

高千穂神社の歴史

社伝によると垂仁天皇の時代に社殿を創建したとされています。天孫降臨に関係した神である高智保神(皇神)を祀っている場合は、朝廷による神階授与が行われますが、当時の延喜式神名帳に記載がなく、公式の歴史的書物に出てこない謎の神社です。

高千穂の十八郷内に八十八社神社があり、高千穂神社は高千穂八十八社の総社として崇められていたという記載が社伝に記載されています。高千穂神社は、天孫降臨の伝承とその地に独自の信仰、熊野修験が混ざり合い、独自の信仰が築かれた場所でもあります。

高千穂神社に伝わる伝説

高千穂で信仰される天孫降臨伝承とはどんなものなのでしょうか。天孫と言われるニニギノミコトが天照大神の神勅を受けて乱れた地上を治めるために高千穂へ天降ったとされている伝説です。古事記、日本書紀、風土記にその記載があります。

また、ニニギノミコトは、祖母である太陽神のアマテラスから授けられた三種の神器を持っていたとされています。この三種の神器は、歴代の天皇に継承されてきたとされています。クサナギノツルギとも呼ばれるアメノムラクモノツルギ、ヤタノカガミ、ヤサカニノマガタマが三種の神器に当たります。

三種の神器は、源平の壇ノ浦の戦いにおいて、当時の天皇である安徳天皇が入水の際に持っていたため、現存するものが本物かどうかは定かではありません。特にアメノムラクモノツルギに関しては、現在熱田神宮の御神体としてアメノムラクモノツルギが祀られていますが、本物ではなく形代の剣が祀られています。

高千穂神社のご利益

高千穂神社のご利益は、天孫降臨の際の六柱と神武天皇の兄である三毛入野命とその妻子神九柱とたくさんの神々が祀られているので、ご利益もたくさんあります。

特に家族や人と人との縁に特化しており、夫婦円満、友情、家内安全、子孫繁栄が主なご利益です。また、人と人との縁を深めたい場合は、境内にある夫婦杉を3周することをおすすめします。夫婦杉は縁結びのパワースポットで、夫婦だけでなく友情の縁結びするというご利益があります。

高千穂神社の見どころ

高千穂神社は、歴史があるため境内内や社殿にもパワースポット以外の見どころがたくさんあります。今まで神社についてあまり興味がない人も神話の世界に入り込んで楽しめること間違いなしです。今回は、そんな宮崎が誇る天孫降臨の地として有名な高千穂神社の社殿、狛犬、秩父杉という三大見どころについて紹介したいと思います。

社殿

最初の創建は定かではありませんが、現在の社殿は江戸時代後期に建築され、2004年には重要文化財に指定されています。高千穂神社の本殿は、九州地方南部を代表する大規模な本殿建築ですので、見どころがたくさんあります。特に地方の伝説や祭礼に関連した彫物が多く、地域性が強く出ているのも見どころの1つです。

狛犬

実は、高千穂神社の狛犬も国の重要文化財に指定されています。珍しい鋳鉄製の狛犬があり、それを鎌倉幕府を開いたとされる源頼朝が天下泰平の祈願をし、奉納したとされています現在は本殿内に保管されています。

鉄製の狛犬は、本殿に看板があります。秩父杉近くと鳥居近くにも狛犬がいますが、こちらは異なりますので注意しましょう。また、狛犬について詳しいことを知りたい場合は、秩父杉と狛犬という看板があり、狛犬についても説明がありますので、確認をしてみるとより理解が深まります。

秩父杉

高千穂神社には、縁結びの夫婦杉の他に秩父杉があります。全長55メートルで樹齢800年を超えるため、写真に全てを収めるのが難しいほど大きな杉です。こちらは、源頼朝の代わりに参拝した畠山重忠が自分の手で秩父杉を植えたとされています。史実から推定すると樹齢は830年程度になります。狛犬と共に見どころの1つです。

鎮石

高千穂神楽を楽しめる神楽殿から本殿へ向かう際の道の右側に鎮石は静かに鎮座しています。鎮石を守るように御祭神である三毛入野命が霜宮鬼八荒神を退治したという伝説を彫った脇障子があります。

この鎮石は、パワースポットに詳しい人にとっては、高千穂神社参拝の際に外せない場所です。高千穂神社と伊勢神宮が創建された際に鎮石に用いれた石であると伝えられています。また、高千穂神社の鎮石を鹿島神宮創建の際に贈っており、要石として現存しています。

高千穂神社では幽玄な神楽にも注目

高千穂には高千穂の夜神楽という国の重要無形文化財に指定された神楽があります。毎年11月中旬から2月中旬まで高千穂町内にある20の集落で神楽を奉納します。集落ごとに氏神様を神楽宿である民家や公民館に招き、33番の神楽を一晩かけて奉納します。この夜神楽とは別に高千穂神社境内の神楽殿にて毎晩高千穂神楽を公開しています。

毎夜行われる「高千穂神楽」

高千穂神楽は、高千穂の夜神楽と異なり、毎晩行われますが33番まである神楽を全て公開しているわけではありません。33番のうち4つの代表的な見どころのある舞を見ることができます。手力雄の舞、鈿女の舞、戸取の舞、御神体の舞です。各集落の舞手が交代で奉納を行います。

11月22日と23日は、高千穂神社の神楽まつりが行われていますので、高千穂神楽の奉納はありません。神楽まつりで奉納される歴史ある夜神楽が見どころですので、高千穂神楽以上に楽しむことができます。

参加方法と料金

高千穂神楽は毎日19時から神楽殿にて当日受付をしています。電話やメールにて事前予約はできません。奉納時間は20時から21時までです。小学生以下は無料ですが、中学生以上は料金700円が必要です。20人以上の団体の場合は、1人600円です。

高千穂神楽は、座布団や椅子の貸出はありません。足が悪かったり、座ることが苦手な人は、座布団や椅子の持ち込みしても大丈夫です。ただし、他の見学者の邪魔にならない範囲の大きさのものにしましょう。

高千穂神社の基本情報・アクセス情報

高千穂神社は、車とバスで最寄りまでアクセスすることができます。しかし、GWや夏休み期間などの混雑期に行くと渋滞すること間違いなしです。今回は、避けたほうがいい場所、駐車場情報について紹介します。ご利益をもらうために宮崎県内のパワースポット巡りでアクセスする際も注意することをおすすめします。

基本情報

高千穂神社は、宮崎県の国道218号と国道203号線、宮崎県道50号線が近くに通っています。ひむか神話街道の道の駅高千穂にもほど近く、近くに宿泊施設も多くある場所です。高千穂峡やご利益があると噂の高千穂パワースポット三社の1つである荒立神社とは徒歩20分程度の距離にあります。歴史ある名所が多い地域に高千穂神社はあります。

住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037

電車+バスでのアクセス方法

高千穂神社は、路線バスなどで高千穂バスセンターまでアクセスすれば徒歩15分で到着できます。福岡方面もしくは鹿児島方面からの場合、熊本駅から予約制のあそ号、たかちほ号という1日2本の特急バスでアクセスできます。宮崎、大分方面の場合は、延岡駅から路線バスでアクセスすると1時間30分でアクセスできます。

宮崎県内を観光したいなら、宮崎交通の路線バスが全線1日無料になる1日乗り放題乗車券が便利です。大人は1800円で、延岡駅前バスセンターから高千穂バスセンターまで3500円ほどかかりますが、それが1800円で乗ることができます。コンビニやホテルなどでも購入できますので、購入できるかどうかは公式サイトを確認しましょう。

以前は高千穂回遊バスが運行されていましたが、2019年3月末で運行終了となりました。今後は、路線バス等を利用する必要がありますので、以前高千穂回遊バスを利用していた人は注意しましょう。

車でのアクセス方法と駐車場

太宰府インターチェンジ、鹿児島インターチェンジからアクセスする場合は、比較的走りやすいルートでアクセスし、松橋インターチェンジから国道218号線へ向かいます。山都町、五ヶ瀬町経由で高千穂にアクセスすると交通量も信号も少なくて楽です。ルート選択を間違えると渋滞したり、走りにくいルートに出てしまうか旺盛があります。

特に県道7号線からアクセスすることもできますが、極力避けたほうがよいという情報があります。すれ違いのできない1車線道路が延々と続くため、渋滞する時期に行ってしまうと大変です。特にお盆とGWは避けましょう。

高千穂神社にも駐車場があります。24時間無料で駐車出来て80台駐車することが可能です。しかし、GWやお盆などの長期休暇はアクセスが集中してしまい、駐車場に入ることが出来ません。おすすめは、平日ですが難しい場合は、早朝がおすすめです。

高千穂神社の駐車場が満車のときは

基本的に高千穂神社の駐車場が満車の場合は、高千穂峡近くにある駐車場を選択することになります。御塩井駐車場、あららぎ駐車場、大橋駐車場が主な駐車候補です。ほかにも混雑する時期には数百台駐車できる無料の臨時駐車場が登場します。繁忙期は、最初から臨時駐車場を目指すことをおすすめします。

御塩井駐車場は、1回500円で40台駐車可能です。高千穂峡に一番近くボート乗り場もあるため、混雑しやすい駐車場です。駐車するなら午前中がおすすめです。他にもあららぎ駐車場は1回300円で50台駐車できます。遊歩道の近くで、あららぎ乃茶屋があり休憩が可能です。坂や階段がありますので、足が悪い人は、御塩井駐車場がおすすめです。

大橋駐車場は、30台駐車でき無料です。ただし、大型バス駐車場も兼ねておりますので、ツアー客が多いです。車よりも人で混雑することが予想される駐車場ですので、駐車場内の運転では人の通行に注意しましょう。また、高千穂峡からも遠く、高千穂神社へ向かう道は階段も多いです。足の悪い方や体力がない人は、他の駐車場を利用しましょう。

高千穂峡のおのころ池の近くには、台数が少ないですがバイク専用の駐車場があります。ツーリングの際に利用すると便利です。また、混雑時の臨時駐車場は、青葉大橋の近くの駐車場とひむか神話街道の反対側エリアに第3押方駐車場です。どちらも無料で200台以上駐車することは可能ですが、高千穂神社へ行くには少し距離があります。

高千穂でお土産を買うならそらいろチーズまんじゅう!

高千穂神社の帰りにお土産で迷ったら、菓子工房そらいろのおひさまチーズまんじゅうか高千穂牧場のプリンがおすすめです。

宮崎のお土産といえばチーズ饅頭ですが、菓子工房そらいろのおひさまチーズまんじゅうは、チーズ饅頭ときんかんを合わせるなど独自路線のチーズ饅頭が販売しているところが見どころです。また、テレビ番組などでも紹介していますので、全国的に人気になりつつあるチーズ饅頭です。

しかも高千穂神社から菓子工房そらいろまでのアクセスは、徒歩3分で車でアクセスすると1分で到着します。駐車場も10台ほどあるようです。手作りで販売数も限界がありますので、確実に欲しい人は電話などで予約をしておくかネットショップで購入することをおすすめします。変わり種のチーズ饅頭が好きな人におすすめです。

高千穂神社で神秘的な力を感じ取ろう

宮崎の高千穂神社は、歴史があり神秘な力に満ちていると言われるパワースポットです。歴史的な見どころも多く、ご利益も多いので誰が参拝しても大丈夫な神社です。高千穂八十八社の総社としても有名ですので、他の神社などを参拝する前にご挨拶をしてみてはいかがでしょうか。アクセス方法を気をつければ素敵な旅になること間違いなしです。

関連記事

Original
この記事のライター
藤沢直

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ