都農神社のご利益や参拝方法は?パワースポットなど見どころや歴史も紹介!

宮崎にある「都農神社」はパワースポットとして話題になっている神社です。豊富な自然の中でしっかり祈れば、より大きなご利益・パワーが頂けること間違いなしです。宮崎の「都農神社」の情報をピックアップしました。宮崎観光に行く時には是非寄ってみてください。

都農神社のご利益や参拝方法は?パワースポットなど見どころや歴史も紹介!のイメージ

目次

  1. 1宮崎県の都農神社に行こう!
  2. 2宮崎県都農町にある都農神社とは?
  3. 3都農神社は宮崎県を代表する古社
  4. 4都農神社でパワースポットの雰囲気を体験しよう
  5. 5都農神社で注目の見どころ
  6. 6都農神社を参拝したらお守りを買おう
  7. 7都農神社の御朱印
  8. 8都農神社の基本情報・アクセス情報
  9. 9都農神社で願掛けの参拝をしよう

宮崎県の都農神社に行こう!

宮崎県にある「都農神社」は、パワースポットとして人気のおすすめ観光スポットの一つです。歴史も感じることができ、しっかりとご利益を頂けるスポットとして多くの人が参拝に訪れます。宮崎の「都農神社」について、アクセスや参拝情報、見どころなどの観光情報とあわせて紹介します。宮崎に行ったら是非訪れてみてください。

宮崎県都農町にある都農神社とは?

「都農神社」は、宮崎県児湯郡都農町にあります。周囲は自然に囲まれていて、ゆったりとした時間を過ごせるパワースポットです。見どころも豊富なので一つ一つをじっくり見て回ることをおすすめします。

日向国一宮であり、「一の宮神社」とも呼ばれて地元の人から親しまれている、大変歴史と趣を感じることができる神社であり、人気のパワースポットです。

独特な願掛けの参拝で有名な由緒ある神社

「都農神社」には、他の神社とは少し異なる方法の願掛けができるスポットがあり、見どころとして話題になっています。

珍しい願掛け参拝方法ですが、より大きなご利益・パワーを頂くためには、清らかな心で参拝することが大切です。

都農神社は宮崎県を代表する古社

「都農神社」は、日向国一宮として古くから多くの人に愛されてきた大変歴史のある由緒正しい古社として知られています。

「都農神社」について、事前にさまざまなことを知ってから参拝に行くと普段とは違った目線で見ることができるのでおすすめです。

都農神社の御祭神

「都農神社」は、ご祭神として「大己貴命(おおなむちのみこと)」が祀られています。別名が「大国主命(おおくにぬしのみこと)」であり、都農町一帯の守り神として祀られています。

歴史のある神社であり、代々地元の人が心を込めて「大己貴命」をしっかりとお祀りしてきたことで、今では大変大きなご利益・パワーが頂けるパワースポットとして評判になっています。

都農神社の歴史

「都農神社」の歴史は、神武天皇が即位される6年前に宮崎から東へと行かれる際にこの地に立ち寄り、国土平安や海上平穏、武運長久などを祈願され、鎮祭されたことが始まりであるとされています。

都農町の周辺には縄文時代の遺跡や古墳などがあり、多くの人が昔から住んでいた地域であることが分かっています。その時代の人が守護神としてこの地を崇めていたことも考えられ、かなり古い歴史のある場所であると言われています。

「都農神社」は、大変広い敷地があり、多くの壮大な社殿がある神社でしたが、天正6年(1578年)の大友・島津の争乱の時に火災に遭い、社殿や宝物、古文書などが焼失してしまいました。この時の火災によって創建当時の詳細なことが書かれた文書なども焼失し、神社の歴史の詳しいことは分からなくなってしまったとされています。

ただし、御神体は尾鈴山麓に避難をしたことによって火災から難を逃れました。しかし、その後は小さな祠があったのみで、社殿などが再建されることもなく、荒廃していってしました。

江戸時代となり、元禄5年(1692年)に日向高鍋藩の第4代藩主であった秋月種政によって、「都農神社」は再興され、江戸時代を通じて日向高鍋藩主から大変篤い信仰を受け、藩主自らの参拝も行われました。

そして、享保12年(1727年)には日向高鍋藩の第5代藩主秋月種弘によって鳥居が奉献され、元文元年(1736年)には日向高鍋藩の第6代藩主秋月種美によって社殿の造営が行われ、安政6年(1859年)には篤志家によって社殿の寄進が行われるなど神社の要となる建造物が再興され、次第に活気を取り戻していきました。

現在見ることができる社殿は平成19年(2007年)につくられた社殿であり、しっとりとした品のある、無駄な装飾のない社殿となっています。

「都農神社」は、今では歴史を感じることができ、見どころ豊富で、大きなご利益・パワーを頂ける神社として人気であり、多くの人が参拝に訪れるパワースポットとして評判です。

都農神社のご利益

「都農神社」で頂けるご利益・パワーは、ご祭神である「大己貴命」が多くの妃をめとり、たくさんの子どもをもうけたことから、縁結びや子孫繁栄、子授けなどのご利益・パワーが頂けるとされています。

また、医療に関する法を設けてたくさんの人々を救ったため、病気平癒のご利益・パワーが頂けるともされています。

さらには、少彦名命と一緒に力を合わせ、多くの人々次々と国つくりをしたということから商売繁盛のご利益・パワーも頂けると言われています。

都農神社でパワースポットの雰囲気を体験しよう

「都農神社」はパワースポットとして話題になっていて、近所の人はもちろん、県外・海外からも多くの参拝者がご利益・パワーを頂きに訪れます。

「都農神社」の境内の中でも特に大きなご利益・パワーが頂けると評判の見どころスポットを紹介します。澄んだ心で是非境内をゆっくり見て回ってみることをおすすめします。

願掛け詣りの「石持ち神事」

「都農神社」に参拝に訪れた時に、本殿に参拝する前に是非行いたい神事の一つがこの神社の見どころの一つである「石持ち神事」です。

参道にある橋のたもとに「石持ち神事」に使うための石が置かれています。お賽銭を入れ、石の中の一つを選び、それを握りしめながら本殿まで行きます。

本殿でその石をそなえてお参りし、その後本殿の裏手側にある「神の石納所」に石をおそなえし、奉納します。

「石持ち神事」を行うことで、より大きなご利益・パワーを頂けるとされていて、多くの人が行っています。簡単な神事なので、是非「都農神社」に行ってみたら行うことをおすすめします。

自祓所

「都農神社」には、自分で自分をお祓いすることができる「自祓所(じばらいしょ)」があります。

境内の手水舎のすぐ横に、祓い串が置いてあり、それを手にもって左・右・左の順番で大きく振り、お祓いをします。

祓い串を振る際には、「祓へ給い 清め給へ 守り給い 幸へ給へ」と声に出して唱えながら振ります。

自分で自分を祓うので、さらなるご利益・パワーを頂けるパワースポットとして評判です。心を落ち着かせてじっくりと願うことが重要です。

大杓文字

「都農神社」の参拝方法の中でも特に病気平癒にご利益があるとされているのが「大杓文字(おおしゃもじ)」です。

大きなしゃもじでで悩みの元を「メシ取る」の意味合いがあるされていて、大きなご利益・パワーが頂けると話題になっています。

参拝方法は、「大杓文字」を手に取り、自分の身体の悪いところや全身を撫でます。そして、願い事を唱えながら「大杓文字」を振り、鈴を鳴らします。

「都農神社」で是非やったおきたい参拝であり、身体がすっとするパワースポットとして大変人気です。

都農神社で注目の見どころ

「都農神社」は現在はこじんまりとした神社となっていますが、歴史があり、大きなご利益・パワーを頂ける場所として大変人気があります。

「都農神社」に行ったら是非見ておきたい見どころスポットをチョイスしました。ゆっくりと見て回ることでさらに大きなご利益・パワーを頂けることでしょう。

大黒様

「都農神社」の見どころの1つめは「大黒様」です。「撫で大黒」と呼ばれていて、神門に鎮座しています。

「大黒様」は、打ち出の小づちを持ち、大きな袋をかかえたお姿をしていて、商売繁盛や病気平癒、縁結びなどさまざまなご利益が頂ける七福神の神様として知られています。

「都農神社」では、大黒様を撫でることによって、より大きなご利益・パワーを頂けるとされています。願いを込めながら丁寧に大黒様を撫でてみましょう。

白兎

「都農神社」の見どころの2つめは「白兎」です。「撫でウサギ」と呼ばれていて、白い兎がかたどられています。

「白兎」は、大黒様が助けたとされている「因幡の白兎」の神話(エピソード)に基づいていると言われています。

「因幡の白兎」では、サメに肌をはぎ取られて泣いていたウサギを大黒様の助言によって治癒し、元気になったことから「白兎」を撫でると無病息災のご利益・パワーが頂けるとされています。素直な心でゆっくりと撫でてみると良いです。

御神象

「都農神社」の見どころの3つめは「御神象」です。「都農神社」のご神木である楠の木の俣から生まれた木彫りの象です。

命を狙われた大黒様が、母神である櫛名田比売命(くしなだひめのみこと)によって木の俣をくぐって逃げることができたという神話(エピソード)から、この「御神象」は大黒様の化身であると言われて大切にされてきました。

「御神象」の身体にはハートマークがあり、撫でると恋愛成就や夫婦円満・子授けなどのご利益・パワーが頂けるとされています。全体をゆっくりと心を込めて撫でてみると良いです。

都農神社を参拝したらお守りを買おう

「都農神社」にはたくさんの種類のお守りが並んでいます。色とりどりで、頂けるご利益・パワーもさまざまなので、自分にぴったりのお守りをチョイスすることができます。

お守り選びに迷ってしまったら、巫女さんに相談してみると良いでしょう。「都農神社」のお守りはプレゼントにもおすすめです。

都農神社で人気のお守り

「都農神社」の人気のお守りの一つに「福徳守」があります。神事などに用いられる神聖な石が入っているお守りです。

黄色で大黒様の絵が描かれています。願いごとをして大切に持っていたら大黒様が願いをかなえてくれるとされています。初穂料は700円です。

また、カード型のお守りや根付がついているお守りなども多く、身に着けやすく、神様の存在を近くに感じられると人気です。

また、絵馬もあり、大黒様の絵馬と可愛らしいハートの「結」の文字が書かれた絵馬があります。願い事を書いて絵馬かけにかけてきても良いですし、お守りとして持ち帰っても良いでしょう。おみくじもあるので、あわせて引いてみることをおすすめします。

都農神社の御朱印

「都農神社」では御朱印を頂くことができます。「都農神社」の御朱印は、中央に「日向国 一之宮 都農神社」の文字、右側に「奉拝」の文字、左側に日付が書いて頂けます。御朱印を頂くことができる時間は、8時から17時までとなっています。時間にはゆとりを持って行きましょう。

「都農神社」にはオリジナルの御朱印帳もあり、深い青色で表には本殿が描かれ、裏側には兎が描かれています。可愛らしいデザインですが、男の人でも持てるシックさもあり、多くの人に評判です。

都農神社の基本情報・アクセス情報

宮崎県にある「都農神社」は緑に囲まれて、心も身体もリフレッシュできるパワースポットとして大変人気があります。

心を穏やかに、しっかりと心を込めて祈ることで、より大きなご利益・パワーを頂くことができるでしょう。参拝に行く前に知っておきたい基本的な観光情報について紹介します。

基本情報

「都農神社」の参拝時間は、6時から17時までとなっています。開門時間・閉門時間が決まっているので、時間内に参拝できるようにしっかりとスケジュールを立てることが大切です。

開門時間内であれば自由に境内に入ることができますが、神聖な場所であることを忘れずに落ち着いて行動するように心がけましょう。

また、初詣などの時期には開門時間・閉門時間が変動することがあるので、事前に調べておくことをおすすめします。

電車でのアクセス方法

「都農神社」に電車を利用してアクセスしようと考えている場合は、JRの「都農駅」で降りると歩いて約25分でアクセスすることができます。

「都農駅」に行くには、JR日豊本線の「延岡駅」からは約45分、JR日豊本線の「宮崎空港駅」からは約60分でアクセスすることができます。

車窓で移り行く四季を愛でながらのんびりとおしゃべりなどをして電車でアクセスするのもおすすめです。

バスでのアクセス方法

「都農神社」にバスを利用してアクセスしようと考えている場合は、JRの「日向駅」または「高鍋駅」からバスに乗り換えて「一の宮神社バス停」で降りると歩いて約3分でアクセスすることができます。

バス停を降りてからはそれほど迷うことなく行くことができますが、念のため事前に地図を準備したり、スマホの地図アプリなどを利用したりしながらアクセスすることをおすすめします。

車でのアクセス方法と駐車場

「都農神社」に車を利用してアクセスしようと考えている場合は、東九州自動車道の「都農インターチェンジ」で降りると約5分でアクセスすることができます。

延岡市内からは約40分でアクセスすることができるので、周辺観光とあわせて行くと良いでしょう。

「都農神社」には、参拝者専用駐車場があります。約140台分の広々としたスペースの駐車場があり、あまり車の運転が得意でない人もゆったりと駐車することができます。無料で利用することができるので、「都農神社」に参拝を考えている人はここの駐車場を利用することをおすすめします。

都農神社で願掛けの参拝をしよう

「都農神社」は、大変おすすめの観光スポットであり、歴史も感じられ、大きなご利益・パワーが頂ける神社として話題になっています。境内にはたくさんの願掛けができるスポットがあるので、一つ一つ丁寧に参拝して回るとさらに大きなご利益・パワーが頂けることでしょう。宮崎観光の時には是非「都農神社」をスケジュールに入れてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ