京都・正寿院の御朱印や見学予約は?ハート窓や鮮やかな風鈴と天井が人気!

京都にある正寿院と言えばハート窓や鮮やかな風鈴といった魅力あふれるスポットが点在していることが特徴のお寺となっており、多くの観光客が訪れる観光スポットのひとつです。今回はそんな正寿院で授与できる御朱印などの情報や、見学予約についても詳しく解説していきます。

京都・正寿院の御朱印や見学予約は?ハート窓や鮮やかな風鈴と天井が人気!のイメージ

目次

  1. 1京都・正寿院の魅力を徹底解説!
  2. 2正寿院とは?
  3. 3正寿院の魅力①:幸せを呼ぶハートの窓「猪目窓」
  4. 4正寿院の魅力②:正寿院 夏の風物詩「風鈴まつり」
  5. 5正寿院の魅力③:花と日本の風景をテーマにした「天井画」
  6. 6正寿院の魅力④:地蔵堂に結ばれたカラフルな縁起物「叶紐」
  7. 7正寿院の体験・見学には予約が必要
  8. 8女性に人気の正寿院の御朱印
  9. 9正寿院のアクセス
  10. 10正寿院はこんな人におすすめ!
  11. 11フォトジェニックな正寿院に行こう!

京都・正寿院の魅力を徹底解説!

京都と言えば日本において歴史的建造物が多いスポットであることから海外からも多くの観光客が訪れる都市でもあります。特に神社や寺院が沢山地域が残っているのが特徴のひとつとなっていますが、そのなかのひとつとしてハートの形が人気の猪目窓などがある正寿院も人気を集めているスポットです。今回は京都の正寿院の魅力を紹介していきます。

正寿院とは?

正寿院とは、京都にあるお寺のひとつです。約800年前から存在されていたとされている建造物であることから、京都にある建造物のなかでも長い歴史を持っているスポットでもあります。高野山真言宗に属するお寺となっており、現在は重要文化財として国に指定されている建造物となっているのもポイントです。

水と密接な関係にあるスポット

京都にある正寿院の近くには小さな滝があり、周辺の地域一帯の生活水を担っていたことや鎮守神として弁財天を祀っています。そういった特徴があることから、正寿院は京都にあるパワースポットのなかでも特に水と深い関わりがあるとされていると言われている場所となっています。

指定文化財がある場所でもある

正寿院は先に紹介した通り、国の重要文化財として指定を受けています。しかし敷地内にはその他にも鎌倉時代に作られた木造不動明王坐像や町井指定文化財の本尊十一面観音などがある場所でもあります。後者の本尊十一面観音については50年に一度しか開帳されない仏像となっています。

そういったことから、敷地内には魅力的なスポットが散見されているのが人気を集めているポイントのひとつとなっています。

Thumb京都でパワースポット巡りの最強コースは?恋愛や金運の穴場神社など紹介!
京都にはたくさんのパワースポットがあり、多くの人が訪れる評判の場所です。最強のパワースポット...

正寿院の魅力①:幸せを呼ぶハートの窓「猪目窓」

正寿院の魅力の1つ目として紹介するのが、「猪目窓」です。なんといっても特徴的なのが窓がハートの形になっていることが特徴で、京都にある歴史的建造物のなかではなかなか見ることの出来ないつくりとなっています。そういったことから、SNS映えの写真撮影スポットとしても人気が高まっている場所です。

なぜ窓がハートになっているのか?

京都の正寿院にある猪目窓がハートの形になっている理由としては、古くから伝統的な文様のひとつとしてポピュラーだったことが挙げられます。現代人にとっては可愛らしいハートの形に見えますが、当時の人々はあくまで文様のひとつとしてつくられているのです。

またこの文様は災いを除き、福を招く意味を持っています。一見すると可愛らしい見た目も、実は深い意味を持っているのがこの猪目窓なのです。

春夏秋冬で表情を変える猪目窓

正寿院にある猪目窓の魅力はハートの形が可愛らしい以外にも、その窓から見える景色も評価の高いポイントとなっています。四季折々の変化を見ることが出来るようなつくりとなっており、特に夕方は光が差し込むことによってハート形の影が床に現れる仕組みとなっています。

このハートの影が見える時間帯は「幸せのおかげ」と呼ばれており、シャッターチャンスとなっているので撮影するのであればこのタイミングがおすすめです。

Thumb京都のフォトジェニックなスポットを厳選!穴場な神社やカフェもあり!
神社仏閣が数多く残る京都。フォトジェニックな観光スポットがたくさんあることで知られています。...

正寿院の魅力②:正寿院 夏の風物詩「風鈴まつり」

正寿院の魅力の2つ目として紹介するのが、「風鈴まつり」です。こちらは毎年7月ごろから9月ごろにかけて行われている行事で、境内に全国各地で製造されている風鈴を飾ることで見たものを圧巻させます。風鈴の美しい見た目と風によって奏でる美しい音色が納涼を感じさせてくれることから、人間が持つあらゆる感覚で季節を感じることができるお祭りです。

「眼耳鼻舌身」で涼を感じる

京都の正寿院がある地域は避暑地としても有名で、風鈴まつりは納涼を感じさせてくれるお祭りとして現地だけでなく観光客にも人気が高いお祭りとなってます。人間の五感全てで楽しませてくれる風鈴は、石川県の加賀水引風鈴や青森県の花笠風鈴といったあらゆる地域の風鈴が飾られており、見た目も華やかです。

そういった点においても、正寿院の風鈴まつりは夏の風物詩としてだけでなくSNS映えの写真撮影スポットとしてもおすすめしたいイベントとなっています。

風鈴には厄除けのご利益も

今でこそ夏の風物詩として代表的なアイテムである風鈴ですが、もともとはお寺に吊るされている風鐸と呼ばれる青銅製の鈴が原形になったと言われています。この風鐸は音を鳴ることでその範囲を聖域として、災いが起こらないようにする意味を持っていました。

そういったことから風鈴も、風鐸と同じように厄除け・魔除けといった意味合いを持っています。

お土産にもなる「風鈴絵付け体験」

風鈴まつりは五感で楽しむ以外にも絵付け体験を行っていることから、自分だけの風鈴を作製することもできます。こちらは開催している期間中であれば随時受付を行っているので、予約をしていなくても気軽に参加できるのが魅力です。

そういったことから、思い出作りの場所としても正寿院はおすすめしたいスポットとなっています。

正寿院の魅力③:花と日本の風景をテーマにした「天井画」

正寿院の魅力の3つ目として紹介するのが、「天井画」です。こちらは先に紹介したハートの形が可愛らしい猪目窓にある天井に描かれた画のことで、花と日本の風景をテーマにして描かれた160枚ものイラストが連なっていることから迫力のあるつくりとなっているのが魅力です。

色鮮やかな客殿の天井画

客殿の天井に画は本殿にある天井画をモチーフにしていることが特徴です。目を凝らしてみると風神雷神や四神といった日本においてポピュラーな神様や四季をテーマにした舞妓さんのイラストなど個性あふれる画を見つけることができます。

そういったことから、時間を掛けて楽しめる場所として正寿院にある天井画はおすすめです。

江戸時代に描かれた歴史ある天井画

正寿院にある天井画は約100名の日本画家を結集してつくられたことが特徴ですが、実は本堂内陣にある天井画には種字曼荼羅と呼ばれる画があります。これは江戸時代に描かれたものと言われており、歴史を感られる場所としても正寿院の天井画はおすすめしたい場所となっています。

正寿院の魅力④:地蔵堂に結ばれたカラフルな縁起物「叶紐」

正寿院の魅力の4つ目として紹介するのが、「叶紐」です。叶紐とは正寿院において縁起物として親しまれているアイテムのひとつで、表が「口」、裏が「十」という形に結ばれていることが特徴で、合わせることで「叶」という字になることから願いが叶うと言われています。

毎月三日間だけ配布している

叶紐は毎月8のつく日に配布されているアイテムとなっており、どうしても欲しい場合は日にちを合わせてアクセスするようにしましょう。もらった叶紐はお守りとして持ち帰っても良いですし、境内にある地蔵堂に結んでもご利益があると言われています。

そういったことから、ご利益がある縁起物に興味がある人やお土産としても叶紐はおすすめのアイテムです。

正寿院の体験・見学には予約が必要

正寿院を見学したり、定期的に行われている体験教室を参加したい場合に注意しておきたいのは、事前に予約する必要があることです。特に8名様以上拝観したい場合は、スケジュールを組んで行動する決まりとなっていますので、必ずアクセスする前にあらかじめ予約するようにしましょう。

予約する方法は?

正寿院の体験・見学する場合の予約方法は利用したい種類にもよりますが、基本的に電話またはメールで受付を行っています。特に正寿院で行われている体験教室に関してはほぼ全て予約制となっていますので、利用したい場合はあらかじめ予約するようにしましょう。

また数珠づくりなど、特定の体験教室によっては予約を受付していない期間もあります。公式サイトでは予約状況についても逐一更新しているので、予約の際は確認しておくと日程を合わせやすいでしょう。

女性に人気の正寿院の御朱印

京都においてフォトジェニックな雰囲気を楽しめることが魅力の正寿院ですが、実は女性を中心に御朱印もまた人気を集めています。御朱印は全国にあるお寺でも授与しているものですが、正寿院の御朱印はその季節に合わせた花のスタンプが施されていることが特徴です。

このスタンプは、月ごとにデザインが変わるようになっています。そういったことから、何度足を運んでも色んなデザインの御朱印を集められる点が人気が高いポイントとなっています。

正寿院の御朱印帳

御朱印を授与している場所にによっては、その場所でしか購入できないオリジナルデザインの御朱印を販売していることがあります。正寿院においてもオリジナルの御朱印帳を販売しており、女性を中心に人気です。先に紹介した猪目窓と天井画をプリントした可愛らしいデザインとなっているので、お土産にもおすすめのアイテムとなっています。

ご利益がある正寿院のお守りも要チェック

正寿院には御朱印以外にもご利益のあるお守りを販売されており、お土産に最適です。特に人気が高いのは桐箱み入っている水引ゆびわで、こちらは縁起の良いとされている水引でつくられた指輪となっています。良縁を引き寄せるだけでなく、子宝などのご利益もあることから大切に保管することでご利益があると言われているアイテムです。

そのほかにも願い事を書くことでご利益があると言われている抜苦与楽地蔵や、金運や開運のご利益と言われている貝運お守といった縁起物が販売されています。種類が豊富なことから自身の求めるご利益のお守りが選べるのも魅力です。

Thumb京都で御朱印巡りの旅!人気のかっこいい印やレアな限定版をいただこう!
京都は、昔ながらの日本の風情が今なお残り、国内外から多くの人々が訪れる大人気観光都市。ここで...

正寿院のアクセス

京都にある正寿院へアクセスする場合は、電車やバスといった公共の交通機関のほかに、車でもアクセスすることができます。公共の交通機関を利用する場合は大阪または京都方面からアクセスすることができます。まず大阪方面からアクセスする場合は、京阪電鉄の淀屋橋駅から宇治駅まで移動し、京都京阪バスで維中前バス停で降ります。

更にそこからコミュニティバスに乗って奥山田バス停で降りたあと、10分ほど歩いて到着です。宇治駅または維中前バス停からタクシーを利用しても現地までアクセスすることができます。

京都方面からアクセスする場合は?

京都方面からアクセスする場合は、JR近鉄の京都駅からJR宇治駅または近鉄の新田辺駅まで移動します。そこからさらに京都京阪バスを利用して維中前バス停を経由して奥山田バス停で降り、そこから10分ほど歩いて到着です。

別のルートとしては京阪電鉄の祇園四条駅から中書島駅を経由し、宇治駅まで移動します。そこから京都京阪バスを利用して維中前バス停からコミュニティバスを利用し、最寄りの奥山田バス停から徒歩で到着です。

車でのアクセス方法は?

車で正寿院へアクセスするルートとしては、公共の交通機関と同じく大阪方面又は名古屋方面からアクセス出来ます。大阪方面の場合は名神高速道路で大仙崎インターチェンジから京磁バイパスを経由して宇治西インターチェンジで降りて、国道を進むと到着です。また近畿自動車道の牧方学研インターチェンジから国道を進んでもアクセスできます。

名古屋方面から向かい場合は名神高速道路の瀬田東ジャンクションまたは東名阪自動車道の亀山ジャンクションを経由し、京磁バイパスまたは新名鉄自動車道で最寄りのインターチェンジを降り、国道を進むと現地に到着です。

正寿院の駐車場

正寿院の敷地内には駐車場を完備していることから、現地には車でもアクセスすることが可能となっています。駐車場は第1駐車場・第2駐車場となっており、収容台数は合わせて60台となっています。時期などによっては混雑するので、利用する場合ははやめの時間帯に利用すると良いでしょう。また、駐車場の料金に関しては無料となっています。

正寿院はこんな人におすすめ!

正寿院は古くから京都に存在するお寺のひとつです。敷地内には猪目窓をはじめとして多数の魅力的なスポットや仏像などを保管している場所でもあります。国の重要文化財としても指定を受けている場所なので、京都の歴史を感じたい人に正寿院はおすすめしたいスポットとなっています。

お祭りを楽しみたい人にも

正寿院は歴史的建造物として有名なお寺のひとつとなっていますが、毎年夏ごろになると夏の風物詩として風鈴まつりが行われている場所でもあります。全国津々浦々から集めた風鈴が境内に飾られている姿は圧巻で、写真撮影スポットとしても人気が高い場所です。

絵付け体験なども行っているので自分だけの風鈴をつくることで思い出作りをしたい人にもおすすめです。

体験イベントを楽しみたい人にも

正寿院は魅力的なスポットやお祭りだけでなく、写仏体験や写経体験といった体験教室も定期的に行われています。古くから存在する文化的な教室だけでなくヨガなど最近流行しているスポーツなど幅広い体験教室も行っており、色んな体験を通して思い出作りをしたい人にもおすすめです。

利用する場合は事前予約が必要となりますので、アクセスする場合はあらかじめ予約しておくとスムーズに利用することができます。

フォトジェニックな正寿院に行こう!

今回は京都にある正寿院の魅力やアクセス方法について紹介しました。古くから歴史のある建造物としておすすめできるだけでなく、ハートの形が可愛らしい猪目窓や天井画といった魅力溢れるポイントやイベントが開催されています。京都に訪れたならぜひ正寿院で現地の歴史や雰囲気を感じてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
amada

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ