日本三大庭園で一番美しいのはどこ?後楽園・偕楽園・兼六園を徹底比較!

日本三大庭園と言えば、水門偕楽園、加賀兼六園、そして岡山後楽園の3つの池泉回遊式庭園。江戸時代に作られた日本三大庭園は人気の観光スポットで、海外からもたくさんの観光客が訪れます。今回は、後楽園、兼六園、偕楽園の見どころや魅力も含めて詳しくお伝えします!

日本三大庭園で一番美しいのはどこ?後楽園・偕楽園・兼六園を徹底比較!のイメージ

目次

  1. 1日本三大庭園の魅力と人気の秘密をご紹介!
  2. 2日本三大庭園のおすすめをご紹介!
  3. 3日本三大庭園が選ばれた理由
  4. 4美しい日本三大庭園①:「後楽園」
  5. 5美しい日本三大庭園②:「兼六園」
  6. 6美しい日本三大庭園③:「偕楽園」
  7. 7日本三大庭園を満喫しよう!

日本三大庭園の魅力と人気の秘密をご紹介!

四季折々の自然と日本古来の美しさを持つ「日本三大庭園」。江戸時代に各地の大名が築いた名園は、今も日本を代表する特別名勝として多くの観光客を惹きつけています。

雪化粧した兼六園、梅の名所としても知られる偕楽園、そして美しい月とタンチョウが舞う後楽園。それぞれ違った魅力や見どころがあります。

今回は、人気の観光スポット「日本三大庭園」のそれぞれのおすすめポイントや見どころ、そして詳しいアクセス方法も含めてご紹介致します。

日本三大庭園のおすすめをご紹介!

花鳥風月の美しさを表現した日本庭園。池を中心に、飛び石や借景に山々を取り入れて自然の雄大な風景をコンパクトにまとめた日本古来の造園方法の一つです。

海外では、この日本特有の庭園スタイルがJapanese gardenとして称賛されており、様々な国で無駄を一切除外し、自然の美を取り入れた日本庭園が愛されています。海外でも大人気の日本庭園ですが、本家日本には、国を代表する3つの美しい庭園があります。

日本三大庭園または日本三大名園とも称される3つの庭園は、石川県、茨城県、そして岡山県の本州の3つの県に位置しています。それでは、早速、日本三大庭園はどんな庭なのか、ざっくりと見ていきましょう。

日本三大庭園とは?

日本三大庭園とは、石川県金沢市にある「兼六園」(けんろくえん)、茨城県水戸市にある「偕楽園」(かいらくえん)、そして岡山県岡山市にある「後楽園」(こうらくえん)の3つの日本庭園をさします。

この3つの庭園は、どれも17世紀に造園された江戸時代の典型的な大名庭園で、池を中心とした池泉回遊式庭園の形をとっています。各地の観光スポットとして絶大な人気を誇っており、特に兼六園と後楽園は、国の特別名勝にも指定されています。

水戸の偕楽園は、世界で二番目に広い庭園として知られており、花の名所としても人気があります。どの庭園が一番おすすめとは一概に言えませんが、それぞれ「雪月花」というテーマを持っていますので、見たいテーマに合わせて観光するのがおすすめです。

日本三大庭園の起源

日本三大庭園以外にも、日本には、様々な大名庭園が残されています。例えば、香川県の「栗林公園」や熊本県の「水前寺公園」などは、全国的にも人気の高いおすすめの観光スポットで、春の桜、秋の紅葉をはじめ、どの季節も美しい姿を見せてくれます。

数ある日本庭園の中で、この3つの日本三大庭園が選ばれたのは、明治時代のこと。元々は海外から日本へやってくる外国人観光客向けに作られたパンフレットの中で、この3つの庭園が紹介されたのがその始まりと言われています。

明治時代、正岡子規が残した手記には「岡山後楽園 日本三公園ノ一」と記録されており、明治20年代前半には、すでに、日本を代表する3つの庭園として認識されていたことが伺えます。

明治28年発刊の「後楽園眞景及詳誌」にも後楽園が日本三公園の一つと記録されています。「三名園」ではなく、「三公園」と記録されていますが、明治時代には、日本庭園の価値は、世界四大公園に匹敵するものだと教育されていたようです。

日本三大庭園が選ばれた理由

日本三大庭園が選定された理由は、この3つ庭園がそれぞれ「雪月花」というテーマを持っていることが由来しています。

「雪月花」は、中国の白居易が残した漢詩「雪月花時最憶君」(季節ごとの美しさを感じるときに君を思い出す)という詩から誕生した言葉で、季節の移ろいや美しさを表現する言葉として日本でも使われるようになりました。

「雪月花」に対応した名前

明治時代に選定されたこの三つの大名庭園は、おそらく、この「雪月花」に基づいて選ばれたと考えられています。金沢の「兼六園」は「雪」、水戸の「偕楽園」は「花」(梅)、そして岡山の「後楽園」は「月」の名所としてそれぞれ人気を集めています。

観光ガイドブックには、「花の偕楽園」「雪の兼六園」「月の後楽園」という別名でそれぞれの見どころと良さを表現しています。日本の雅や風流を解釈できる、非常にわかりやすい名称がついているのも、この3つの庭園の人気の秘密かもしれません。

4月1日に、新元号「令和」が発表されましたが、万葉集に登場するこの「令和」の原文にも「花」が登場します。古来日本では「花」と言えば「梅」のことを指し、外国からやってきた「梅」は非常に珍しく珍重すべき花であったことが伺えます。

水戸の偕楽園は、そんな「花」を愛でる庭園として知られており、3つの日本三大庭園の中でもっとも大きな面積を誇ります。また、水戸藩を代表する藩主「水門光圀公」が造園したことでも知られています。人気番組「水戸黄門」でもお馴染みです!

回遊式庭園で作られている

日本三大庭園に共通する特徴を一つあげるとすれば、3つの庭園は、池泉を中心とした回遊式庭園であるということです。庭園と言うと、お殿様やお姫さまがお屋敷の中から眺めて楽しむものというイメージがありますが、日本三大庭園は歩いて景色を楽しむお庭です。

池や泉には、太古橋や石橋、あるいは木造の通路などが配されており、歩く場所によって見えてくる景色が変わってくるのも、見どころの一つです。大人の散策デートにもおすすめの観光スポットです。

日本三大庭園を観光するなら、場所によって訪れるべきおすすめのシーズンが異なります。兼六園はやはり冬の雪のシーズン、偕楽園は、2月中旬から3月にかけての梅のシーズン、そして後楽園は新緑が美しいゴールデンウィークからがベストシーズンです。

美しい日本三大庭園①:「後楽園」

ここからは、日本三大庭園の魅力とおすすめポイントを、庭園ごとにご紹介していきます。トップバッターは岡山の「後楽園」。月の庭園として知られる岡山後楽園は、岡山藩池田家が造園した美しい日本庭園です。

岡山藩の第2代藩主の「池田綱政」の時代に建設され、領民にも庭園が開かれいたと言われています。池田綱政が能を好んだということもあり、庭園内には能舞台も設置されています。特に、延養亭からの眺めが素晴らしいのでおすすめです。

後楽園の魅力

後楽園は、元禄時代を代表する名園の一つで、岡山の観光スポットとしても非常に人気があります。観光におすすめの季節は、5月のハナショウブのシーズンと、秋の紅葉シーズン。特に、秋には、月の後楽園にちなんで中秋の名月を愛でる月見イベントも開催されます。

池田綱政によって13年の月日をかけて造営された庭園は、かつては、田園風景などが多く配されていたようですが、藩の緊縮財政により幕末にかけて徐々に芝生が植えられて現在のような形になったと言われています。

新緑と月の美しさが特に秀でており、観光におすすめのシーズンは、初夏と秋の2つとなっています。後楽園観光のビュースポットとして人気の唯心山は、山頂から庭園の全貌を眺めることができるおすすめの場所となっています。

後楽園へのアクセス

岡山の人気観光スポット後楽園の開園時間は、7時30分から18時00分まで、季節によって時間帯が変動しますので、詳しくはホームページにて確認するのがおすすめです。入園料は大人400円、シニア140円、高校生以下は無料となっています。

アクセスは、岡山駅から後楽園直通バス、または「藤原団地」行きのバスをご利用ください。最寄りバス停は、「後楽園前」です。東山行の電車をご利用の場合は、岡山駅から4分ほどの「城下駅」にて下車。ここから徒歩10分ほどの距離にあります。

後楽園には、有料駐車場も完備されていますので、車でのアクセスもおすすめです。岡山インターチェンジから後楽園までの所要時間は約20分。駐車料金は1時間100円です。収容台数は570台です。

Thumb「岡山後楽園」は紅葉や幻想庭園も見もの!入場料や営業時間は?
岡山にある「岡山後楽園」は、有名な日本庭園の一つであり、まったりとした時間を過ごすことができ...

美しい日本三大庭園②:「兼六園」

続いてご紹介する日本三大庭園は、石川県金沢市にある「兼六園」。加賀藩を収めた前田家第13代藩主「前田斉泰」によって名づけられた人気の観光スポットです。

雪の名所として知られる兼六園も、江戸時代初期にその原型が造営され、加賀藩を治めた歴代藩主が趣向を凝らして現在のような美しい庭園へと姿を変えていきました。「神仙思想」を表現したこの庭は、長寿と前田家の未来永劫の繁栄を願って作られています。

日本海に面した金沢市は、豪雪地帯の一つで、兼六園も冬になると雪化粧を施して白と黒の水墨画のような美しい情景を見せてくれます。兼六園観光におすすめのシーズンはやはり雪の季節と言えるでしょう。

兼六園の魅力

国の特別名勝にも指定されている金沢の兼六園。人気の観光スポットとして知られています。そんな兼六園の最大の魅力と言えば、やはり冬の「雪吊り」の風景。

積雪の重みで庭木が倒れるのを防ぐために施される「雪吊り」は、金沢の冬の風物詩で、兼六園と言えばこの雪吊りの景色と言うほど、イメージが定着しています。

徽軫灯籠(こじとうろう)や唐松崎など、庭園内には他にも様々な魅力があり、四季折々の美しさを堪能できます。海抜53メートルの眺望台からは、庭園zd寝たいと能登半島の絶景を見渡せるのでおすすめです。

兼六園へのアクセス

金沢の人気観光スポット「兼六園」へのアクセスは、公共交通機関を利用する場合は、金沢駅から路線バスの利用がおすすめです。最寄りバス停は「兼六園下」。この他にも、兼六園専用のシャトルバスが運行されています。

金沢駅からタクシーで兼六園へアクセスする場合は約10分。自家用車をご利用の場合は、北陸自動車道の「金沢西IC」から30分ほどです。兼六園には専用駐車場があり、収容台数は約480台。24時間年中無休で営業しています。
 

兼六園は、時雨亭以外は、年中無休で営業しており、季節によって開園時間が変わります。3月1日から10月15日までの3シーズンは7:00から18:00まで、10月16日から2月末日までの冬季は、8:00から17:00までです。

兼六園の時雨亭は9:00から16:30までの営業です。入園料は大人が310円、6歳から18歳までは100円で、6歳以下は無料です。兼六園は早朝開園もあり、この時間帯は無料で入園できるのでおすすめです。

Thumb金沢の兼六園を観光!日本有数の名園の見どころを徹底ガイド!
金沢にある兼六園は日本を代表する観光名所、日本三名園の一つです。兼六園は金沢観光に欠かせない...

美しい日本三大庭園③:「偕楽園」

日本三大庭園、最後にご紹介するのは水戸の偕楽園です。別名「花の偕楽園」で知られるこちらの日本庭園は、約13ヘクタールの広大な敷地に、100種類の約3000本もの梅が植えられている梅林が見事な庭園です。

偕楽園観光におすすめのシーズンは、やはり梅が見頃を迎える2月下旬から3月下旬頃までのシーズン。例年多くの観光客で賑わいます。梅の花は、花を愛でるだけでなく、その香りを楽しむのもおすすめで、昭和9年に認定された6本の名木が観光客を迎えます。

偕楽園の敷地面積は、世界で2番目に広く、その広大な敷地は、江戸時代末期19代水門藩主であった徳川斉昭によって開園されました。徳川御三家の威光を今に伝える素晴らしい庭園の一つです。

偕楽園の魅力

藩士の休息の場として開かれた偕楽園には、徳川斉昭公が自ら設計したと言われる「好文亭」など観光の見どころがいっぱい。特に奥御殿からの眺めが素晴らしく、人気の撮影スポットにもなっています。

空襲で多くの建物が被害を受け、現存する建物はほぼ復元されたものばかりですが、好文亭の見事な調度品は一見の価値ありです。また、白い石から湧水が出る「吐玉泉」(とぎょくせん)は、目の病によく効く霊水と言われています。

偕楽園のこの他のおすめスポットとしては、1000本もの「孟宗竹」が並ぶ巨大な竹林です。表門から左手に立ち並ぶこの竹林は、京都からわざわざ移植されたもので、梅まつりのシーズンにはライトアップも楽しめます。

偕楽園へのアクセス

茨城県の人気観光スポット「偕楽園」へのアクセス方法は、公共交通機関を利用するなら、JR常盤線「水戸駅」から偕楽園行きのバスにご乗車ください。最寄り駅は、「偕楽園」でバス停からは徒歩5分ほどです。

偕楽園の梅まつりのシーズンは臨時バスも運行されますので、アクセスは公共交通機関がおすすめです。自家用車でアクセスする場合は、常盤自動車道の「水戸IC」または、北関東自動車道の「茨木町東IC」から約20分ほどでアクセス可能です。

偕楽園には、収容台数780台の巨大駐車場が整備されており、通常無料で駐車できます。梅まつりの期間は有料となりますので、ご注意ください。

Thumb水戸「偕楽園」のアクセス・入場料・ランチなど!観光の楽しみ方まとめ!
この記事では、「偕楽園」の見所や基本情報などを解説します。偕楽園と言えば梅の花ですが、公園内...

日本三大庭園を満喫しよう!

日本三大庭園の魅力と、それぞれの観光の見どころやおすすめ情報をご紹介致しました。雪の兼六園、月の後楽園、花の後楽園、各庭園ごとに素晴らしい景観が楽しめます。

どの庭園も人気の観光スポットですので、公共交通機関でのアクセスも便利です。これからは、岡山の後楽園がベストシーズンに突入します。日本三大庭園を巡りながら、日本の美に触れる旅をお楽しみください。

関連記事

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ