宮崎の焼酎おすすめ11選!麦や芋など地元でも人気の銘柄を一挙紹介!

宮崎はご当地焼酎が多い場所です。また、全国的な焼酎ブームの火付け役も宮崎のある銘柄です。味もよく、健康にもよく、度数が低くて飲みやすく、パッケージもおしゃれで、現在、全国で第一位の人気ぶりです。今回は、宮崎焼酎のおすすめの銘柄などを紹介します。

宮崎の焼酎おすすめ11選!麦や芋など地元でも人気の銘柄を一挙紹介!のイメージ

目次

  1. 1宮崎のおいしい焼酎をご紹介!
  2. 2宮崎の焼酎の人気銘柄3選
  3. 3宮崎のおすすめ芋焼酎4選
  4. 4宮崎のおすすめ麦焼酎4選
  5. 5焼酎のおいしい飲み方は?
  6. 6焼酎女子とは?
  7. 7宮崎の焼酎ランキング上位は?
  8. 8飲みやすい焼酎を探すなら宮崎焼酎!

宮崎のおいしい焼酎をご紹介!

宮崎にはおいしい焼酎が多いといいます。実際、日本でも有数の焼酎酒造の多さです。また、女性もお酒に弱い方にも飲みやすい銘柄も多いです。

今回は、宮崎の焼酎をたっぷりと紹介します。お好みの銘柄を見つけたり、お土産や贈り物にしたり、様々に楽しんでみてはいかがでしょうか。

宮崎焼酎は年間消費量・出荷量ともに日本一

宮崎焼酎は年間消費量・出荷量ともに日本一だといわれています。特に、原料の種類が多く、話題になることも多いようです。

原料には、芋・米・麦・そば、「なつめやし」や「よもぎ」を原料にしたものなどもあります。しかし、イメージとしては、九州ならば他の県でも焼酎は人気の銘柄が多いようです。鹿児島の芋、大分県は麦などです。他のが知られています。

アルコール度数20で飲みやすい銘柄が多数

宮崎の焼酎といえば、普通、20度。中には25度や28度もありますが、実はそれほどアルコール度数が高くないので、女性のファンも多いようです。

強いお酒のイメージですが、焼酎が苦手な方も、何かで割るとさらに飲みやすくなるかもしれません。宮崎県ならではの焼酎の度数は、20度台が多いようです。たとえば、後程紹介しますお刺身に合うと人気の「天孫降臨」は28度です。

一般的な焼酎の度数と日本酒との違い

一般的な焼酎の度数は、焼酎の種類は2種類あり、連続式蒸留酒(甲類)は36度、単式蒸留焼酎(乙類)は45度、しかし、実際には、25度ほどです。

一方、日本酒は、アルコール度数22度未満のものが多いです。基本的には焼酎と日本酒は製法が異なります。日本酒は、酵母に米麹や水、蒸した米で作られます。アルコール度数が高いと酵母が生きられなくなるので、日本酒はアルコール度数が高いですが、原料は米のみということになります。

Thumb宮崎のお土産おすすめ21選!お菓子に雑貨・定番のマンゴーもあり!
宮崎県は南の楽園で海に山にと見どころ満載で食の宝庫としても有名なところです。宮崎県にはマンゴ...
Thumb宮崎空港のお土産おすすめ21選!お菓子にお肉・人気のお酒もあり!
宮崎県には宮崎空港と言う地元のグルメなお土産を購入することができる空港があります。宮崎の玄関...

宮崎の焼酎の人気銘柄3選

焼酎ブームの発端ともいわれている「霧島」は、鹿児島の焼酎の出荷量を抜いて1位になった際の立役者で、真の主役といえます。

「霧島」ブランド抜きに、宮崎の焼酎を語れない、そのような宮崎県の都城市(みやこのじょうし)では、黒霧島を1年分「ふるさと納税」の商品としているそうです。宮崎焼酎の,トップメーカーの看板ブランド「霧島」を紹介します。

「霧島酒造 黒霧島」黒麹のうまみが染み渡る定番焼酎

「霧島酒造 黒霧島」を紹介します。黒霧島、通称「黒霧」は、1998年に誕生しました。「芋焼酎」でありながら、芋のにおいがあまりせず、匂いが気になる人にも人気が出たようです。

今やコンビニにも置いてある人気の銘柄のようです。また、地元でのTVコマーシャルでは「トロッとキリッと」のキャッチコピーでおなじみだそうです。

トロッとした部分は甘さをイメージしますが、やはりほんのりとした甘さがあり、しかも後味はキリッとしていて芋焼酎に及び腰な人を一歩前に踏み出させる癖のないお味です。

「霧島酒造 赤霧島」ムラサキマサリが原料の芋焼酎

「霧島酒造 赤霧島」を紹介します。原料には、幻の紫芋と呼ばれる「ムラサキマサリ」が使用されています。サツマイモの種類は多いですが、その中でも紫芋のムラサキマサリはポリフェノールが豊富です。

さらに、ポリフェノールと焼酎麹が融合し、もろみが真っ赤になるそうです。季節限定、春と秋のみの販売ですが、大人気のようです。お味は、黒霧よりもさらっとしているようです。

「霧島酒造 白霧島」地元宮崎の人気銘柄

「霧島酒造 白霧島」を紹介します。白霧島は、2015年に発売された焼酎で「白霧」と呼ばれています。芋ならではの香りは控えめに、甘さはあるので、黒霧に似ています。

キャッチコピー「どしっとほわんと」で、CMには白鵬関が起用されました。本格的な芋焼酎ですが、芋焼酎が苦手な人にも人気のようで、結果、様々な人に愛されています。

番外編「茜霧島」フルーティな変わり種

「茜霧島」を紹介します。「茜霧島」は、1916年から受け継がれ、発展してきた醸造技術で9年かけて開発されたフルーティな霧島です。芋の香りを抑えたシリーズの中でも薫り高く、甘みがあってその甘みは新鮮だといいます。口コミでは、水割りがおすすめだということです。

Thumb霧島焼酎の種類やランクを徹底リサーチ!プレミアム銘柄もあり!
「芋焼酎」といえば、霧島焼酎を思い浮かべる方も多いのでは?特に飲食店でもよく見かけるのは「黒...

宮崎のおすすめ芋焼酎4選

宮崎のおすすめ芋焼酎4選を紹介します。先ほども紹介しました霧島酒造のなかのプレミア「うまいものはうまい」や、最新の「日向木挽BLUE」など、話題の焼酎は何かと喜ばれるでしょう。お土産にも間違いなしです。度数も20度ほどなので、ぜひ一度試してみてください。

「霧島酒造 うまいものはうまい」宮崎土産にもおすすめ

「うまいものはうまい」を紹介します。「うまいものはうまい」は、先ほども紹介しましたが、霧島シリーズの霧島酒造の製品の中でも、しっかりとした味わいの焼酎です。

また、芋の香りも適度にするそうです。ぜひ、ロックで味わってみてはいかがでしょうか。さらには、南国風のパッケージデザインがおしゃれで、季節の食材が描いてあり、珍しいので宮崎のお土産にもぴったりかもしれません。

「雲海酒造 日向木挽BLUE」サッパリした飲みごたえ

「雲海酒造 日向木挽BLUE」を紹介します。発売がつい最近で、度数は20度で飲みやすいと人気です。日向木挽シリーズは既存のシリーズですが、その中でも日向灘黒潮酵母を使用したBLUEはよりすっきりとしているといいます。さらに、口コミでもロックでカボスを加えるとおいしいそうです。

「黒木本店 橘」甘くてやわらかい口当たり

「黒木本店 橘」を紹介します。「橘」は、ほのかな甘さでスッキリとしてますがコクも感じされ、あっさりしすぎないのでおいしい焼酎だということです。

口コミでは、ロックやお湯割りで頂くのが良く、夕ご飯に合うのだそうです。度数は20度で、37度の「たちばな原酒」は度数が高めなので購入する際は注意してください。

「神楽酒造 天孫降臨」お刺身に合う芋焼酎

「神楽酒造 天孫降臨」を紹介します。天孫降臨は、高千穂町の酒造会社が製造しているお酒です。また、度数は25度~28度ですが、さわやかなので、ロックでも美味しくいただけるという口コミがありました。

さらに、お湯割りもおいしいそうです。お刺身や魚料理とも合うので、お土産にする際にはお魚好きな人に一言添えて手渡してみてはいかがでしょうか。

「天孫降臨」のネーミングの由来とは

天孫降臨シリーズには、3種類あります。蔵本限定版、黒麹、白麹の3種類です。天孫降臨とは、宮崎県西都(さいと)市の西都原古墳群で伝わる神話です。

銘柄のネーミングはここに由来しているようです。また、古事記・日本書紀から伝承されている神話・伝説のことでもあります。しかし、調査では、西都市の古墳群には仁徳天皇の娘が眠っているという説が有力だそうです。このような由緒ある場所に因んだ名前の銘柄であります。

宮崎のおすすめ麦焼酎4選

ここでは、宮崎のおすすめ麦焼酎4選を紹介します。宮崎のおすすめ麦焼酎4選です。口コミではロックがおすすめだということです。

宮崎の焼酎は全国的に人気で、全国的な銘柄が多いと考えて良いようですが、その中でも、芋、麦が多いようです。その他、珍しい原料も使われています。

「柳田酒造 駒」二日酔いしにくい健康酒として人気

「柳田酒造 駒」を紹介します。柳田酒造は、宮崎県都城市にある明治35年(1902年)創業の酒造です。

今回紹介します霧島ブランドの霧島酒造も、この都城市のご当地ブランド。ただ、柳田酒造は「麦焼酎」専門の家族経営の酒造のようです。

麦は、大麦を自然蒸留、ろ過、熟成して本格的に造られています。蒸留の際には二度の蒸留、特殊ろ過で有害成分が除去されています。また、都城盆地の霧島山系のきれいな水もお酒に合うということです。

そのため、適量飲むと体にもよく、さらに度数は25度ですが二日酔いもしにくいそうです。テレビで紹介されて焼酎ブームの火付け役となった「駒」はフルーティでスッキリして、まろやか、端麗といったキャッチコピーで人気で、ロック、水割り、お湯割りの順においしいそうです。麦のエキスパートならではのお味です。

「雲海酒造 人夢可酒」ほのかな甘みと染み渡る清らかさ

「雲海酒造 人夢可酒」(ひとむかし)を紹介します。「人夢可酒」は、宮崎県日南市にある「松の露酒造」で製造され、お酒だけでなく手作業で貼られたラベルなどパッケージも魅力的です。麦焼酎は長期間熟成された様々な熟成原酒のブレンドになっているそうです。ロックもおすすめだということです。

度数40・熟成された「黒木本店 百年の孤独」

人気の「黒木本店 百年の孤独」は、英語やコルクのデザインのパッケージが外国の雰囲気がありおしゃれな焼酎です。

それもそのはず、この銘柄はコロンビアの作家の小説名「百年の孤独」からつけられているということ。しかし、お味は本格焼酎。度数は40度ですが、ロックで飲んでみてください。また、ハーフロック、水割りもおすすめです。

人気の理由は、国内産の原料を用いて素晴らしい技術が使われ、ウイスキーのように熟成されていること。伝統技法「かめ仕込み」の厳守を樫樽で熟成されているのだそうです。焼酎の種類は麦で入手困難なほどの人気ぶりだということです。

小説「百年の孤独」とは

焼酎の銘柄名には、壮大な空気感を感じるものが多いようです。ここでは、「百年の孤独」に由来する小説を紹介します。

小説「百年の孤独」は1967年発行のスペイン・ガルシア・マルケス作の長編小説で、世界的なベストセラーです。マコンドという架空の村で起こる奇想天外な100年間の年代記になっています。焼酎を片手に、旅先で読んでみてください。

焼酎好きの中で話題「黒木本店 中々」

「黒木本店 中々」を紹介します。何かと話題の黒木本店の焼酎。今回の記事でも複数取り上げさせていただいております。

「中々」は、ほんのりとした穀物ならではの甘さの芋焼酎なのですが、上品で優しい香ばしいといいます。特に、「キャラメルのような」、甘みに深みがあり、繊細なコクのある風味だということです。

「黒木本店 中々」は、先ほども紹介しました「百年の孤独」シリーズでも特に有名な看板商品で、明治18年の創業時から培われた技術と恵まれた自然の中で、自然循環農法・有機肥料・飼料の原料を用いた製造法で芋焼酎を専門にしているようです。

焼酎のおいしい飲み方は?

ここでは、焼酎のおいしい飲み方を紹介します。いまや焼酎の本場となった宮崎では、かつては晩酌のことを「だれやみ」と呼び、食前酒として地元の焼酎を楽しんでいたそうです。その晩酌の焼酎は、食前でなくてもよく、いつでも、どんな料理とも合わせて良いので人気です。

大きめの氷でロック

ロックの飲み方を紹介します。ロックは、お酒自体の強さや味などの特徴を味わうのに適しています。

ロックで頂く際は、例えば、溶けにくく、長時間楽しめる大き目の氷で楽しみます。先に氷を入れて、容器が冷えてから焼酎を注ぐのだそうです。もし、冷える間に氷が解けてしまったら、水割りにならないように一度捨てて氷を入れ替えても良いかもしれません。

水割りは先に焼酎をグラスに注ごう

水割りでの飲み方を紹介します。水割りの場合、最初から焼酎と水を注いで混ぜておき、しばらくしてから飲むと、しっかり混ざってまろやかな口当たりになるといいます。これを「前割り」と呼ぶそうです。水の量は、自分の好みになります。さらに、氷も追加して飲むと、冷えて美味しいようです。

お湯割りが美味しくなるコツ

次に、お湯割りの飲み方を紹介します。お湯割りは、温まりたい冬の飲み方ですが、宮崎では焼酎6割、お湯4割、また、焼酎7割、お湯3割が良いと言われています。

水割りは、焼酎から注いだのに対し、お湯割りは、お湯から注ぎ、後で焼酎を注ぎます。アロマテラピーのエッセンスのように、焼酎の香りが湯気と漂っています。

焼酎女子とは?

宮崎でも増えているという焼酎女子を紹介します。焼酎女子は、お花見や会社の飲み会、結婚式、同窓会など飲む機会があれば、焼酎を選ぶ女性が増えているようです。

焼酎女子は、焼酎のお味自体も好きですが、焼酎のラベルなども好きなようです。確かに、パッケージはセンスの良いものばかりです。書体(フォント)も、様々なものがあり、書道の好きな人は特に楽しめそうです。

宮崎の焼酎ランキング上位は?

宮崎の焼酎ランキングでは、先ほども紹介しました霧島酒造の霧島シリーズが高い人気のようです。コンビニでも気軽に購入できる値段とサイズ、また度数の低さが人気のようです。

次に人気なのは、「入手困難」と言われています「百年の孤独」です。先ほども紹介しましたが、パッケージデザインも外国風で、一見、何の商品なのか、化粧品や洋酒にも見えるのですが、人気が高いようです。

その他、今回紹介しました「天孫降臨」、「中々」の他、「黒木本店 野うさぎの走り」なども人気のようです。サイズや値段なども比較して、お土産用、自分用と、選んでみてください。

飲みやすい焼酎を探すなら宮崎焼酎!

宮崎の焼酎情報はいかがでしょうか。焼酎の種類は多いですが、宮崎では麦が多く、お味はほのかな甘みやフルーティなもので、後味はスッキリしているものが多いようです。

その中でも、芋の香りがあまりしないものや、度数が低く20度程度のものが人気です。また、霧島や高千穂の豊かな自然の恵みと長い時間で培われた高い製造技術、長時間熟成など、おいしい焼酎が多いようです。

実際に、現在日本一の焼酎出荷量で、以前の鹿児島県を抜いています。宮崎の焼酎は、度数が低めで飲みやすいが人気の理由で、ロックがおすすめだということです。もちろん、宮崎では焼酎はお魚、お肉、どの様な料理とも合い、水割りやお湯割りもおいしいので、自分に合った飲みやすいものを探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
ISMY

新着一覧

最近公開されたまとめ