東霧島神社の見どころ紹介!鬼岩階段や神石は人気パワースポット!

「東霧島神社」は宮崎で人気のパワースポットとして話題になっています。境内には鬼がつくったとされる「鬼岩階段」や「神石」などがあり、見どころ豊富でしっかりご利益を頂けると評判です。「東霧島神社」について、情報をピックアップしました。宮崎観光の参考にしてください。

東霧島神社の見どころ紹介!鬼岩階段や神石は人気パワースポット!のイメージ

目次

  1. 1東霧島神社に行こう!
  2. 2宮崎の人気パワースポット「東霧島神社」をご紹介!
  3. 3東霧島神社とはどんなところ?
  4. 4東霧島神社の見どころ
  5. 5宮崎屈指のパワースポット東霧島神社のご利益
  6. 6東霧島神社の御朱印
  7. 7東霧島神社の「水みくじ」が人気
  8. 8東霧島神社のアクセス
  9. 9東霧島神社とあわせて行こう:都城万葉植物園
  10. 10ご利益大のパワースポット東霧島神社に行こう!

東霧島神社に行こう!

宮崎にある「東霧島神社」は話題のパワースポットです。「鬼石階段」や「神石」など、大きなご利益が頂けると評判の見どころスポットがたくさんあり、心を込めて祈ったらより大きなパワーが頂けるでしょう。宮崎の「東霧島神社」について、アクセスなどの観光情報とあわせて紹介します。是非観光のスケジュールに入れてみて下さい。

宮崎の人気パワースポット「東霧島神社」をご紹介!

「東霧島神社」は、宮崎県都城市高崎町にある神社であり、霧島六社権現の一つに数えられている大変歴史と由緒のある神社です。

たくさんの伝説や伝承が残されていて、鬼が一晩でつくったと言われている「鬼岩階段」や「神石」もその一つです。昔から大きなご利益が頂ける神社として地元の人から愛されていて、大切にされてきました。

今ではパワースポットとしても話題で、多くの人が参拝に訪れる宮崎の人気の観光スポットの一つです。

Thumb宮崎のパワースポットおすすめ9選!恋愛運や金運アップ祈願へ!
宮崎県と言いますと、毎年多くの観光客が訪れているような人気の観光名所としても知られております...

東霧島神社とはどんなところ?

「東霧島神社」は、霧島六所権現の一つに数えられていて、平安時代の中期頃につくられたとされている「延喜式」に登場する「霧島神社」が今の「東霧島神社」であると言われていて、大変歴史のある神社の一つです。

「東霧島神社」は、古くから霧島盆地やその周辺をを代表する奉斎山岳信仰の祈りの場所として祀られていて、第5代の孝昭(こうしょう)天皇の時に創建されたのが始まりであるとされています。

その後、山の噴火などによって神殿などは焼失して埋没してしまい、荒廃していました。応和3年(963年)に京都の天台宗の僧である性空上人(しょうくうしょうにん)がこの地を訪れ、埋没していた神殿などを再興しました。

江戸時代になると「東霧島大権現宮」と呼ばれ、開運や長寿、縁結び、病気平癒、安産など多くのご利益が頂ける場所として多くの人が参拝に訪れるようになりました。

今では、宮崎でも有名なパワースポットとして人気があり、多くの人がより大きなご利益を頂きに参拝・観光に訪れます。

東霧島神社の見どころ

「東霧島神社」の境内は自然が豊富で、マイナスイオンを浴びながら静かな気持ちで参拝ができる神社・パワースポットであり、心が洗われると人気があります。

境内には見どころが豊富で、たくさんのご利益・パワーが頂けるスポットがあるので、一つ一つ丁寧に回ってみることをおすすめします。

鬼岩階段(振り向かずの坂)

「東霧島神社」の見どころの1つめは、「鬼岩階段」です。石でできた階段ですが、この階段を振り返らずに願いを心で唱えながら登ると願いが叶うとされていて、別名「振り向かずの坂」とも呼ばれています。

鬼が霧島の神様に願いごとをし、その時の神様との約束により、鬼が一晩で石を積んでつくり上げたという伝説があります。

「鬼岩階段」は見た目以上の急な坂となっていて、石もごつごつとした不揃いな石が積まれています。しっかりと足元に注意をしながら一歩一歩確実に登っていきましょう。

本殿

「東霧島神社」の見どころの2つめは、「本殿」です。大変厳かな雰囲気で重厚なつくりの本殿は、歴史を感じることができ、大変大きなパワーを頂けるパワースポットです。

ローソクと線香があるので、ローソク・線香の順番で火を灯し奉納しましょう。そして、手を合わせて清らかな気持ちで参拝することが重要です。

神石

「東霧島神社」の見どころの3つめは、「神石」です。「神石」は、神裂石・魔石・雷神石・割裂神石などとも呼ばれていて、イザナギノミコトが剣で切り割ったとされている石です。

夫婦であるイザナギノミコトとイザナミノミコトは、天地創造の神としても知られていて、この世の国土や木々・草花をはじめとするあらゆるものを生成したとされています。

しかし「火の神」を生んだところで、イザナミノミコトはこの世を去ってしましました。大変悲しんだ夫であるイザナギノミコトは、涙を流し、その涙が固まってできあがったのが「神石」であると言われています。

イザナギノミコトは、これからこの世でこのような災難に人々が遭わないように、との祈りを込めて、自分の腰につけていた「十握の剣」で石を三段に切ったという伝説が残っています。

現在は参道の左側にある「神石」は、小さな鳥居に守られるようにあり、イザナギノミコトの気持ちが伝わってくるようです。

神聖な石とされていて、「神石」を含めて高千穂の峰が見えるとされている、都城や鹿児島の7つの神社や巨石などを結ぶと北斗七星が現れるともされています。

現在は祈りの場とされているので、本殿に参拝した後には、「神石」にも手を合わせに行き、パワーを感じてみることをおすすめします。

また、「神石」を切った「十握の剣」は、「東霧島神社」の宝として本殿にあり、厄除けや魔除けの神として崇められています。

招福大楠

「東霧島神社」の見どころの4つめは、「招福大楠」です。「招福大楠」は、鬼岩階段の上り口のところにあります。「性空上人御霊徳幸招楠」とも呼ばれていて、樹齢1000年以上ともされています。

木の下のところには空間があり、そこを右に3回、左に3回まわると安産や病気平癒、開運などのご利益が頂けるとされています。

多くの歴史を見てきた大木から大きなパワーやご利益を頂けるパワースポットとして大変人気です。心を落ち着けて願い事を心で唱えながらまわってみましょう。

故有谷の泪雨

「東霧島神社」の見どころの5つめは、「神石」に関する伝説である「故有谷の泪雨」です。「神石」がある谷のことは「故有谷」と呼ばれていて、「神石」に一滴の水を注ぐと雨が降るとされていました。

昔から日照りが続いたり、かんばつなどの時には、雨を願って「故有谷」にある「神石」に水を注ぎ、雨ごいをして、五穀豊穣を願って祈りをささげていました。それらのことから「故有谷の泪雨」として地元の人には良く知られています。

龍神

「東霧島神社」の見どころの6つめは、「龍神」です。「東霧島神社」の本殿の奥の柱や扉には、雌雄1対の大変立派な龍の彫刻があります。

昇り龍とくだり龍であるとされていて、「東霧島神社」の守護神として大変大切にされてきました。

とても細かい素晴らしい彫刻となっているので、「東霧島神社」を参拝した時には、じっくりと眺めてみることをおすすめします。

竜王神水

「東霧島神社」の見どころの7つめは、「竜王神水」です。「竜王神水」の水を手に取ると幸運や開運・厄除けなどのご利益があるとされています。

自営業や商売をしている人は、この水でお金を洗うとより大きなご利益が頂けると言われています。また、病を持っている人は元気になれるとも言われています。

竜王は、この世のさまざまな苦悩から人々を救う力を持っているとされていて、守り神として古くから敬われています。

「東霧島神社」に参拝した時には、「竜王神水」に触れてみると、パワーを頂けたり、明日からの活力を頂けたりすると評判です。

坂の下参り

「東霧島神社」の見どころの8つめは、「坂の下参り」です。「東霧島神社」の本殿に参拝に行くには、急な階段を上らなくてはいけません。階段を上るのがつらい人におすすめなのが「坂の下参り」です。

「東霧島神社」の「鬼石階段」の脇には「イザナミ神社」があります。「イザナミ神社」に参拝し、鬼岩階段の上り口のところにある「招福大楠」をくぐり、その後ゆや谷の乳水を飲むと安産のご利益を頂けるとされています。

「イザナミ神社」は安産や子育てのなどの神様として知られているので、お腹に子どもがいる妊婦さんや小さな子ども連れのファミリーなどに特におすすめです。

宮崎屈指のパワースポット東霧島神社のご利益

宮崎の「東霧島神社」には、主祭神として建国の祖とされているイザナギノミコトが祀られています。

イザナギノミコトは、天地創造の神としても知られていて、日本国土をつくった神様とされています。

国家安泰などはもちろん、農業や工業、商業などさまざまな場面での開運や長寿、縁結び、病気平癒、安産などにご利益があるとされています。

大きなパワーを頂けるパワースポットとして大変評判があり、多くの参拝者が訪れます。神聖な場所であることをしっかりと頭に入れて、周囲の自然の音にも耳を澄ませ、心穏やかに参拝をすることをおすすめします。

東霧島神社の御朱印

「東霧島神社」では、御朱印を頂くことができます。「東霧島神社」で頂ける御朱印は、中央に「東霧島神社」の文字、右側に「奉拝」と「式内名社 霧島大権現」の文字、左側に日付を書いて頂けます。

御朱印集めをしている人は自分の御朱印帳を持って出かけることを忘れないようにしましょう。「東霧島神社」にはオリジナルの御朱印帳があるので、気になったらその場で書いて頂くこともできます。

限定御朱印も要チェック

「東霧島神社」には限定御朱印もあり、大変人気となっています。限定御朱印は頂ける日にちが決まっているので、しっかりとスケジュールを立ててから行くと良いです。

限定御朱印は、1月7日の「七草の節句」、3月3日の「桃の節句」、3月の春分の日の「例大祭の御朱印」、5月5日の「菖蒲の節句」、7月1日から8月15日の「夏詣の御朱印」、7月7日の「七夕」、9月9日の「菊の節句」、11月23日から12月2日の「神恩感謝の御朱印」となっています。

限定御朱印が頂ける時期には多くの人が参拝に訪れるので、時間にはゆとりを持って出かけるようにしましょう。

東霧島神社の「水みくじ」が人気

「東霧島神社」にはたくさんのおみくじがあります。願い事を心で唱えながら一つ取り、しっかりと内容を読んでこれからの生き方の糧とすると良いでしょう。おみくじはお守りとして持ち帰っても良いですし、おみくじを結ぶ場所により良いご利益を頂けるように願いながら結んでも良いでしょう。

おみくじの中でも特に人気があるのが「水みくじ」です。おみくじを一つ取り、「竜王神水」の水におみくじを浮かべると文字が浮き上がってきます。文字が浮き上がってくるドキドキ感がたまらないと大変評判になっています。

東霧島神社のアクセス

「東霧島神社」は宮崎県の霧島連峰のふもとにあります。少し山となっているので、歩きやすい靴や服装で参拝に行くことをおすすめします。

「東霧島神社」へのアクセス方法を紹介します。小さな子どもと一緒の場合や3世代で行く場合などは特に足元に注意をして参拝に行きましょう。

公共交通機関でのアクセス

「東霧島神社」に公共交通機関を利用してアクセスしようとする場合は、JR吉都線の「東高崎駅」で降りると徒歩約10分でアクセスすることができます。

「東高崎駅」で降りてからはそれほど迷わずに行けますが、念のためスマホの地図アプリなどで位置情報を確認しながらアクセスすることをおすすめします。

車でのアクセス

「東霧島神社」に車を利用してアクセスしようとする場合は、宮崎自動車道の「高原インターチェンジ」で降りて国道221号線を都城市街地方面へ約10キロメートル行くと約15分でアクセスすることができます。

境内は階段があったり、舗装されてない場所があったりして身体を使うところもあるので、年配の人や小さな子どもと一緒に行く場合は、特に車でのアクセスをおすすめします。

東霧島神社の駐車場

「東霧島神社」には参拝者専用の無料で利用できる駐車場があります。約500台分の伸び伸びと利用できるスペースがありますが、譲り合いの気持ちをもって皆で気持ちよく利用することが大切です。

「東霧島神社」の周辺にはコインパーキングなどはありません。広い駐車場があるので、週末やゴールデンウィーク、お盆時期など観光シーズンでも満車で駐車できないことはほとんどありませんが、初詣の時期など多くの人が集まる時期には特に時間に余裕をもったスケジュールを組んでおくことをおすすめします。

東霧島神社とあわせて行こう:都城万葉植物園

「都城万葉植物園」は、宮崎県都城市にある植物園です。日本最古の和歌集である「万葉集」に読まれた植物が植えられています。

「万葉集」に読まれた植物のうち松茸・麻・海藻類以外の約167種の草木が育てられていて、それぞれの歌や和名などの掲示などがあり、分かりやすく、歴史に気軽に触れることができると大変人気の場所です。

「都城万葉植物園」に電車でアクセスするには、JR日豊本線の「都城駅」からバスに乗り換えて「早水公園入口バス停」で降りると徒歩約3分でアクセスすることができます。駐車場があるので、車でのアクセスも安心です。

「都城万葉植物園」は、「早水公園」の中にあり、無料でいつでも自由に散策・観光に行くことができます。季節を変えて、何度も訪れると見ることができる景色も変わるのでおすすめです。

ご利益大のパワースポット東霧島神社に行こう!

「東霧島神社」は、宮崎でも評判の大きなご利益が頂けるパワースポットであり、多くの人が参拝に訪れる人気の観光スポットです。緑豊かな場所にあり、マイナスイオンをしっかり浴びることができ、心も身体もリフレッシュすることができるところとして人気です。宮崎に行ったら是非参拝をしに行ってみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
m-ryou

新着一覧

最近公開されたまとめ