国技館の焼き鳥は人気の名物グルメ!販売している場所や駅を徹底調査!

国技館の人気の名物グルメとして有名なのが、「国技館焼き鳥」です。国技館の地下で作られている「国技館焼き鳥」は、相撲観戦をするときのお供として、人気があります。今回は、人気グルメの「国技館焼き鳥」を販売している場所や駅などを調査したので、ご紹介していきましょう。

国技館の焼き鳥は人気の名物グルメ!販売している場所や駅を徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1相撲観戦のお供の「国技館焼き鳥」
  2. 2相撲観戦の名物グルメ「国技館焼き鳥」をご紹介!
  3. 3国技館焼き鳥とは?
  4. 4国技館焼き鳥の中身と値段
  5. 5国技館焼き鳥の人気の秘密
  6. 6国技館焼き鳥の口コミ
  7. 7国技館焼き鳥の美味しい温め方
  8. 8国技館焼き鳥の販売店舗
  9. 9国技館焼き鳥は駅弁としても人気
  10. 10「国技館秘伝のたれ」が通販で買える
  11. 11オンラインで購入できる相撲アイテム
  12. 12人気の名物グルメ「国技館焼き鳥」を食べよう!

相撲観戦のお供の「国技館焼き鳥」

大相撲の中継で、焼き鳥を食べながら、観戦している人を見たことがある人もいらっしゃるでしょう。彼らが食べていたのが、「国技館焼き鳥」というもので、なんと相撲が行われている「国技館」の地下にて製造されているのです。今回は、「国技館焼き鳥」をご紹介していきましょう。

相撲観戦の名物グルメ「国技館焼き鳥」をご紹介!

相撲観戦の名物グルメとなっているのが、「国技館焼き鳥」です。「国技館焼き鳥」は、相撲観戦に必須なアイテムとも言われており、『国技館』へ相撲観戦に訪れた人には、おなじみのグルメとなっています。それでは、「国技館焼き鳥」について少し詳しく見ていきましょう。

国技館焼き鳥とは?

「国技館焼き鳥」とは、両国にある『国技館』にて、大相撲が開催されるときに、販売される焼き鳥のことなのです。大相撲を観戦するときに、ビールのお供にちょうど良いと両国の『国技館』にて相撲を観戦する人のお供となっています。

「国技館焼き鳥」は、一度食べてしまうと虜になってしまうと言われており、とても人気があります。しかし、なぜ相撲なのに焼き鳥が選ばれたのでしょうか。続いては、相撲と焼き鳥の関係について見ていきましょう。

相撲と焼き鳥の関係

両国の『国技館』にて販売されている「国技館焼き鳥」と相撲は、一見関係性がよくわからないという声をよく耳にします。確かに、一見関係性がないので、なぜ、相撲と焼き鳥となってしまうでしょう。

実は、「国技館焼き鳥」を販売している理由について、相撲と焼き鳥諸説あるのですが、相撲において、土俵から出てしまう、手を地面についてしまうと負けとなってしまいます。しかし、鶏だと手がつくことがないのです。

というのも、鶏だと2本足となっているので、手をつけないからです。鶏だと手がつけないということから、縁起担ぎとして、焼き鳥が販売され始めたと言われており、現在も販売されている人気のグルメなのです。

国技館焼き鳥は両国国技館の地下工場で作られる

「国技館焼き鳥」なのですが、製造元を確認したことがありますか?確認したことがある人ならば、気がつくのですが、実は、ラベルについている製造元が、両国にある『国技館』とほぼ同じ住所となっているのです。

「国技館焼き鳥」は、『両国国技館』の地下にて製造されているのです。あまりイメージが沸かないかもしれませんが、実は、『両国国技館』の地下には、大きな焼き鳥を作るための機械が置いてあるのです。

『両国国技館』にて、大相撲が始まる前までは、蔵前にて開催されていたのですが、当時は、外で焼き鳥を焼いて販売していたのです。ただ、蔵前から両国へ移るときに、どのようにするかという問題に直面しました。

そこで、『両国国技館』の地下に、「国技館焼き鳥」を作るための、焼き場を設けたのです。その後、本格的に地下にて、「国技館焼き鳥」を作るための機械を設置して製造が始まりました。

現在でも、『両国国技館』にて大相撲が開催されるときには、地下にて製造され、パック詰めをしてから、「国技館焼き鳥」が販売されているのです。大人気の「国技館焼き鳥」は相撲が行われている地下にて、製造されているのです。

国技館焼き鳥の中身と値段

『両国国技館』の地下にて製造されている人気の「国技館焼き鳥」。ビールのお供に最高なアイテムなのですが、「国技館焼き鳥」はどのような焼き鳥の中身となっているのでしょうか。実は、正肉とつくねというシンプルな組み合わせなのです。

「国技館焼き鳥」は、小パックで、正肉3本とつくね2本となります。「国技館焼き鳥」の料金は、650円となります。本数が少ないのに、少し値段が高いと思う人もいらっしゃるかもしれません。

「国技館焼き鳥」は、一見値段が高いように見えますが、実は、焼き鳥のボリュームがあるので、とても食べ応えがあるのです。実際に、「国技館焼き鳥」を食べてみると、決して高くないと感じている人もたくさんいらっしゃいます。

国技館焼き鳥の人気の秘密

「国技館焼き鳥」の焼き鳥に興味をお持ちになって来た人もたくさんいらっしゃるでしょう。続いては、なぜ『両国国技館』にて開催されるときに、ビールのお供として、とても人気があるのでしょうか。

「国技館焼き鳥」の人気の秘密として、「冷めても美味しい焼き鳥」、「こだわりのタレ」、そして、「箱詰め方法」の3つの理由が挙げられます。続いては、それぞれの理由について見ていくことにしましょう。

冷めても美味しい焼き鳥

「国技館焼き鳥」は、温かい焼き鳥でも美味しいのですが、実は、冷めても美味しく食べることができるのです。アツアツの内に「国技館焼き鳥」を食べるのが、最も良いのですが、大相撲を観戦していると食べるのを忘れてしまうこともあります。

「国技館焼き鳥」は、独自のタレにしっかりと漬け込んでいるので、冷めても美味しいと言われており、気にせずに相撲に集中することができます。結果として、ご自身のタイミングで、「国技館焼き鳥」とビールを楽しむことができるのです。

また、「国技館焼き鳥」は、冷めても美味しいということから、お土産として持って帰る人もいらっしゃいます。お土産としても利用できるので、『両国国技館』へ相撲観戦に訪れる人は、必ず購入している人もいらっしゃいます。

こだわりのタレ

「国技館焼き鳥」が人気の理由として挙げられるのが、「こだわりのタレ」です。実は、「国技館焼き鳥」のタレは、蔵前にて相撲が開催されていたときから続いている伝統のタレでもあるのです。

現在も、「国技館焼き鳥」にて利用されているタレは、蔵前の頃のタレから継ぎ足しにて、作られています。味も徐々に進化してきており、とてもコクがあって美味しいと口コミでも人気のタレとなっています。

「国技館焼き鳥」のタレは、消費する量も桁違いに多くなります。というのも、「国技館焼き鳥」を作るのに、一場所で「国技館焼き鳥」を作るために、消費するタレの量は、3000リットル以上と言われているからです。とてつもない量のタレが消費されているのです。

箱詰め方法

「国技館焼き鳥」の箱詰めも他の焼き鳥とは少し違っています。というのも、通常の焼き鳥だと、そのまま箱詰めするという焼き鳥もたくさんあります。しかし、「国技館焼き鳥」では、地下で作られた後に、すぐに冷却されているのです。

「国技館焼き鳥」は、他と同じように、すぐに箱詰めするとタレで容器や串の持ち手がベトベトになってしまい、食べにくくなってしまうでしょう。地下で製造してからすぐに冷却することで、お客さんの不快になるかもしれない原因を取り除いているのです。

また、「国技館焼き鳥」を地下で製造した後、すぐに冷却することで、鶏肉の味をしっかりと残しつつ、ジューシーな味わいを残すことができるでしょう。なので、「国技館焼き鳥」は冷めても美味しいと言われているのです。

国技館焼き鳥の口コミ

「国技館焼き鳥」の口コミはどのようなものがあるのでしょうか。実は、「国技館焼き鳥」でよく見かける口コミはほとんどが美味しいというとても良い口コミばかりなのです。

また、「国技館焼き鳥」を昔から知っている人によると、味は昔からあまり変わっていないが、味に深みが出てきたという口コミも見かけます。先ほどお伝えした通り、タレを継ぎ足しにて利用しているので、味も少しずつ深みが出てきているのでしょう。

「国技館焼き鳥」の口コミは、『両国国技館』での相撲だけでなく、駅や他のお店でも見かけるのです。というのも、「国技館焼き鳥」は、『両国国技館』だけでなく、他でも購入することができるからなのです。

国技館焼き鳥の美味しい温め方

「国技館焼き鳥」の美味しい温め方としては、タレが外に出ないように温めるのがコツといっても良いでしょう。電子レンジでも良いのですが、水分が出てしまう、あるいは、水分がたっぷり出てしまうことも考えられるので、オーブンなどがおすすめです。

もしも、自宅にオーブンはないけれど、電子レンジで美味しい温め方はないかと思う人もいらっしゃるかもしれません。電子レンジで温めるときは、クッキングシートを利用すると、焼き鳥の水分をうまく調節することができます。

フライパンで焼き鳥を温めなおすという方法もありますが、手間がかかるので、一番手軽に利用することができるクッキングシートの利用が最もおすすめの温め直しの方法でしょう。

国技館焼き鳥の販売店舗

「国技館焼き鳥」は、『両国国技館』だけで販売されているのではないのです。というのも、「国技館焼き鳥」を販売している店舗は、『両国国技館』以外にもいくつかの場所で販売しているからです。

今回ご紹介する「国技館焼き鳥」を販売している店舗は、「両国観光案内所」、「東京スカイツリータウン・ソラマチ」、そして、「柿家鮨(都内の一部店舗)」の3つとなります。それでは、順番に見ていきましょう。

両国観光案内所

最初にご紹介する「国技館焼き鳥」を販売している店舗は、「両国観光案内所」です。「両国観光案内所」は、両国駅に直結した観光案内所で、『両国江戸NOREN』にて「国技館焼き鳥」を販売しています。

「国技館焼き鳥」は、『両国国技館』にて販売されているものと同じで、5本入りで650円となります。両国に立ち寄った帰りにも気軽に購入することができるので、おすすめの購入場所でもあります。

なお、「国技館焼き鳥」を販売している「両国観光案内所」は、朝10時から夕方6時までとなっています。夕方は、早く閉まってしまうので、購入するときは、早めに購入するようにしましょう。

住所 東京都墨田区横網1‐3‐20
電話番号 03-5637-7551

東京スカイツリータウン・ソラマチ

次にご紹介する「国技館焼き鳥」を販売している店舗は、「東京スカイツリータウン・ソラマチ」です。「東京スカイツリータウン・ソラマチ」は、東京の観光スポットである東京スカイツリーに併設されている施設です。

「東京スカイツリータウン・ソラマチ」では、5階にある「産業観光プラザすみだまち処」にて購入することができます。販売している「国技館焼き鳥」は、サイズ小の5本いり、650円の「国技館焼き鳥」となります。

「国技館焼き鳥」は、毎日販売されているわけでなく、週末のみの限定販売となります。週末に東京スカイツリーに立ち寄ったついでにお土産としても購入することができるので、おすすめの購入スポットです。

住所 東京都墨田区押上1丁目1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ イーストヤード5階
電話番号 03-6796-6341

柿家鮨(都内の一部店舗)

続いてご紹介する「国技館焼き鳥」を販売している店舗は、「柿家鮨」です。「柿家鮨」は、全ての店舗ではなく、都内にある一部の「柿家鮨」の店舗にて、「国技館焼き鳥」を取り扱っています。

「柿家鮨」にて取り扱っている「国技館焼き鳥」は、他と同じく、正肉とつくねがそれぞれ入った5本入りとなります。「柿家鮨」で購入するときは、値段が少し上がり、750円となります。

「柿家鮨」の出前と一緒に注文することができます。寿司と一緒に焼き鳥を食べつつ、ゆっくりご自宅で、家族と一緒に、食事をしながら、語らいあってみるのもおすすめの「国技館焼き鳥」の食べ方と言えるでしょう。

国技館焼き鳥は駅弁としても人気

「国技館焼き鳥」は、弁当を販売している駅でも購入することができます。ただし、関東にある駅で、弁当を販売している店舗、全てで購入することができないので、注意が必要となります。

続いては、「国技館焼き鳥」を購入することができる弁当屋がある駅として、「JR東京駅」、「JR上野駅」、「JR新宿駅」、「JR八王子駅」、そして、「JR大宮駅」の5つの駅をご紹介しましょう。

JR東京駅

最初にご紹介する「国技館焼き鳥」を購入することができる弁当屋がある駅は、「JR東京駅」です。「JR東京駅」にて、「国技館焼き鳥」を販売している弁当屋は、2つあります。

一つは、「JR東京駅」の地下にあるグランスタの『駅弁屋祭』、もう一つは、JR東京駅の東北新幹線のホームに店舗を構えて、駅弁当を販売している『駅弁屋』となり、合計2か所となります。

それぞれの弁当屋では、弁当と一緒に「国技館焼き鳥」を購入することができます。「国技館焼き鳥」の値段は、650円で、他と同じく、正肉とつくねの5本入りの焼き鳥となります。

住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内グランスタ 駅弁屋祭
電話番号 03-3213-4352(駅弁屋祭)

JR上野駅

次にご紹介する「国技館焼き鳥」を購入することができる弁当屋がある駅は、「JR上野駅」です。「JR上野駅」にて、「国技館焼き鳥」を販売している弁当屋は、駅弁屋のみとなります。

しかし、「JR上野駅」には、駅弁屋がいくつか店舗を構えています。「JR上野駅」にて「国技館焼き鳥」を購入することができるのが、「JR上野駅」の正面改札口にある駅弁屋のみとなります。

駅弁屋では、弁当と一緒に、「国技館焼き鳥」を購入することができます。「国技館焼き鳥」の値段は、正肉3本、つくね2本の合計5本の焼き鳥が入って、650円となります。「JR上野駅」から出発するときは、旅のお供に弁当と一緒に、「国技館焼き鳥」を購入するのも良いでしょう。

住所 東京都台東区上野7-1-1 上野駅正面改札
電話番号 03-3842-6092

JR新宿駅

続いてご紹介する「国技館焼き鳥」を購入することができる弁当屋がある駅は、「JR新宿駅」です。「JR新宿駅」では、「JR新宿駅」の南口コンコースにある弁当などを販売しているお店にて購入することができます。

「JR新宿駅」にて販売している「国技館焼き鳥」は、他のお店と同じく正肉とつくねの組み合わせのスタンダードな「国技館焼き鳥」となります。値段は、650円と、他と同じ値段で販売されています。

「JR新宿駅」は、地方へ向かう特急電車の発着駅、そして、ビジネスで利用する人もたくさんいらっしゃいます。仕事帰りやお土産に、「国技館焼き鳥」を購入して帰るのもおすすめでしょう。

住所 東京都新宿区新宿3-38-1JR新宿駅内南口コンコース
電話番号 03-3370-4080

JR八王子駅

「JR八王子駅」にも「国技館焼き鳥」を購入することができる弁当屋があります。「JR八王子駅」では、八王子駅の駅構内にある「EKIBENYA」にて購入することができるのです。

「JR八王子駅」で販売されている「国技館焼き鳥」は、他と同じ、650円で、正肉、つくねが合計5本入っています。お土産として購入される人もいれば、地方へ向かうときに弁当と一緒に、購入する人もいらっしゃいます。

「国技館焼き鳥」を販売している時間は、平日が朝7時から夜9時まで、そして、土日が朝7時から夜8時までとなります。両国まで行けない人も気軽に購入することができるでしょう。

住所 東京都八王子市旭町1-1
電話番号 042-627-7349

JR大宮駅

東京以外にも「国技館焼き鳥」を購入できる駅があるのです。続いてご紹介する「国技館焼き鳥」を販売している弁当屋などの店舗がある駅は、「JR大宮駅」です。「JR大宮駅」は、駅構内にあるエキュートというショッピングエリアにて購入できます。

「JR大宮駅」構内にあるエキュートの中にある駅弁屋にて購入することができます。「国技館焼き鳥」の値段も東京の駅にて販売されている値段と同じく、焼き鳥5本で、650円となります。

「JR大宮駅」は、北陸新幹線、東北新幹線とが分かれる駅ということもあり、たくさんの利用者がいらっしゃいます。東京で購入できなかったという人はぜひチェックしてみることをおすすめします。

住所 埼玉県さいたま市大宮区錦町630
電話番号 048-649-2366

「国技館秘伝のたれ」が通販で買える

『両国国技館』の地下で製造されている「国技館焼き鳥」は、実はタレを通販で販売しているのです。「国技館焼き鳥」のタレは、通年で販売されており、気軽に購入することができます。

「国技館焼き鳥」のタレは、1本1,080円にて購入することができます。自宅にて、人気の「国技館焼き鳥」を再現したいという人にとても人気があります。また、通販だけでなく、国技館でも購入できます。

「国技館焼き鳥」のタレは、実は焼き鳥以外にも使い道があるのです。というのも、「国技館焼き鳥」のタレを「すき焼き」、「肉じゃが」、「照り焼き」、「煮魚」、そして、「親子丼」などに使っている人もいらっしゃいます。とても美味しいと口コミでも人気のタレとなっているので、ぜひチェックしておきたいところでしょう。

オンラインで購入できる相撲アイテム

「国技館焼き鳥」のタレを通販にて購入できることをご紹介しましたが、実は、「国技館焼き鳥」のタレ以外にも、オンライン通販では、相撲に関するグッズを購入することができるのです。

例えば、力士がよく食べると言われているちゃんこ鍋。オリジナルのちゃんこ鍋の素なども販売されているのです。ちゃんこ鍋の味もバラエティに富んでおり、また、ラーメンなどの食べ方も提案しつつ、ちゃんこ鍋ラーメンの素を販売しています。

「国技館焼き鳥」のタレだけでなく、オンライン通販では、相撲に関係するグルメなどを取り扱っています。「国技館焼き鳥」のタレは通年で取り扱っていますが、一部の商品は、季節限定として、通年で販売していないものもあります。興味がある人は、ぜひオンラインショップをチェックしてみてはいかがでしょうか。

人気の名物グルメ「国技館焼き鳥」を食べよう!

相撲のお供として、人気の「国技館焼き鳥」。「国技館焼き鳥」は、相撲のときはもちろん、駅などでも購入することができます。また、「国技館焼き鳥」は、『両国国技館』の地下で作られているオリジナルの焼き鳥となっています。相撲観戦に訪れたときはもちろん、それ以外でも一度味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
daiking

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ