亀戸梅屋敷の観光の見どころまとめ!おすすめのランチやお土産もチェック!

亀戸梅屋敷は東京の江東区にある亀戸駅からすぐの場所にある亀戸の観光案内やお土産なども販売したり、落語を開催したり、亀戸のアンテナショップでもあり、観光スポットとしても人気です。その亀戸梅屋敷のアクセス方法や見どころ、お土産に人気の物などご紹介します。

亀戸梅屋敷の観光の見どころまとめ!おすすめのランチやお土産もチェック!のイメージ

目次

  1. 1亀戸観光のおすすめスポット「亀戸梅屋敷」をご紹介!
  2. 2亀戸梅屋敷の見どころ
  3. 3お土産にもおすすめの亀戸梅屋敷の名物グルメ
  4. 4亀戸梅屋敷周辺のおすすめランチ
  5. 5亀戸梅屋敷のアクセス
  6. 6亀戸梅屋敷の営業時間や定休日
  7. 7亀戸観光のランドマーク「亀戸梅屋敷」に行こう!

亀戸観光のおすすめスポット「亀戸梅屋敷」をご紹介!

東京にある亀戸駅の近くにある亀戸梅屋敷は、亀戸の観光案内や、地域のグルメや歴史等を発信する施設でもあり、亀戸の魅力を知るにもおすすめのスポットです。ただ地域の事を案内してるだけでなく、イベントも多く、地域の交流の場としても、観光で訪れても楽しめる場所です。

亀戸梅屋敷のなかには、江戸切子が展示され、販売もされてますが、高級な江戸切子も見る事ができます。そして、こちらでは落語も定期的にあり、地元だけでなく、電車でわざわざ来る人もいるほど人気があります。

人気のグルメもあり、SNSでもその人気が広がっていたりと、亀戸の観光スポットとしてだけでなく、地域の様々な魅力を発信してもいる亀戸梅屋敷の見どころやアクセス方法などご紹介します。

亀戸梅屋敷とは?

亀戸梅屋敷というのは、清香庵と言う呉服商の別荘がこの亀戸にあって、その別荘内の庭に、梅の木が沢山ありました。大変見応えある庭だったため、遠方からも、その梅を見るために多くの方が訪れていたそうです。

その庭のなかに約150mほどの長さにもなる枝を持つ梅があり、その枝は地面に入ったり、出たりしながら伸びていたそうで、その枝の素晴らしさから、水戸光圀公は、枝が竜のようだと臥竜梅と名付け、徳川吉宗公は世継ぎの梅と名付けたほどでした。

梅の名所として、清香庵は大変有名になり、当時はたくさんの浮世絵にも、その庭の様子や、梅の木は描かれたそうで、亀戸梅屋敷は、その時のように亀戸の情報や文化などをどんどん発信し、当時のような賑わいのある街にしようと、亀戸梅屋敷と名付け、亀戸の魅力を伝えています。

亀戸梅屋敷の見どころ

亀戸の文化や魅力を伝える場所として、亀戸梅屋敷は地元の人々だけでなく、多くの方が観光で訪れ、そしてリピーターとして、再び訪れる方も多い場所です。その魅力は、ここの亀戸梅屋敷だからこその見どころがあるからです。

好きな方であれば、ご存知かと思いますが、江戸時代に作られた江戸切子はガラス工芸として今も伝わる伝統工芸ですが、その展示や販売もあります。更に梅屋敷と言えば、ゴッホが模写した事でも知られる浮世絵は亀戸の梅です。

更に、最近は寄席も人気があり、観光では特におすすめで、見どころのひとつと言って良いです。時間的にも、費用的にも観光中には嬉しい設定ですので、落語が好きな方は、事前にチェックし、落語をメインに観光に訪れる方もいるほどで、他にもたくさんの見どころを持つ亀戸梅屋敷です。

見どころ①歌川広重の浮世絵

浮世絵師である歌川広重は、江戸時代の浮世絵師で、江戸の有名な名所を浮世絵にしていた人物です。その中で、江戸百景のシリーズの中に亀戸梅屋敷があります。現在ある亀戸梅屋敷とは場所は違い、当時あった梅屋敷は現在ある亀戸天神の裏のほうにあったそうで、その梅を描いた浮世絵は大変美しく有名な浮世絵となっています。

この、歌川広重が描いた、梅の浮世絵は、当時の江戸や日本だけでなく、世界中に広がり全世界で評価を得るほどで、誰もが知るゴッホも歌川広重が描いた、この梅屋敷の梅の浮世絵を模写するほどで、大変有名な浮世絵です。

見どころ②江戸切子

江戸切子は江戸時代に作り始められたガラス工芸であり、1834年にカットガラスが始まったのですが、その技法を進化させたものとされています。当時は薩摩切子と江戸切子とあったそうで、薩摩切子は当時の藩の保護もあり、美術工芸品として存在してました。

薩摩切子は藩の衰退をはじめ、工場を焼失したりと、結果的に作り手も少なかったため、今ではその伝統が消えてしまいましたが、江戸切子は庶民が作っていたものであり、更にイギリス人技師により、その技術を教わっていたというのもあって、現在もその技術は伝えられていて、様々な模様がある伝統工芸としてあります。

亀戸梅屋敷の中では、その江戸切子を展示してるだけでなく、販売もしているので、お土産や自分用に購入する方も多く、人気があると同時に見どころのひとつです。手頃な金額の物も多くあるので、訪れた時にはお土産としてもおすすめです。

見どころ③亀戸梅屋敷寄席

亀戸梅屋敷の寄席は大変人気があり、落語好きであれば、ウェブサイトに予定が出ていますので、それに合わせて訪れるのがおすすめです。こちらの寄席は1000円という凄く良心的というか、安い金額ですが、内容は大変満足いくものになっています。

時間も2時間くらいと決まっているので、亀戸の観光の途中に落語を見るのもおすすめですし、開催日はほとんど平日というのもあり、気軽に落語を楽しむことができます。そして、落語の会場は意外と狭く、噺家との距離もすごく近いですし、運がよければ会話も出来てしまう、亀戸梅屋敷の一番の見どころでもあります。

こちらの寄席では、亀戸が江東区にあることから、ゆかりのある円楽師匠のおかげで実現しているものですので、落語好きや、興味のある方には、大変おすすめです。

お土産にもおすすめの亀戸梅屋敷の名物グルメ

亀戸梅屋敷のある亀戸駅周辺は安くて美味しいお店も多くあり、行列が出来る人気店も多く、そのグルメを目当てに亀戸に行かれる方も多いですが、亀戸梅屋敷のなかにも、亀戸のグルメを紹介し、お土産としても販売しています。

ここでしか味わえないグルメなどもあり、人気のあるグルメも多くあります。観光で亀戸に行った際には、お土産はこちらで購入するのも、大変おすすめです。他の場所では味わえないグルメな物が多くあり、見どころでもあります。ファンの多いグルメもあるので、休憩をしながらや、お土産として、亀戸のグルメを楽しめます。

亀戸にちなんだ物が多く、亀戸なので亀の形のクッキーや、どら焼きなどあったり、地元の食材を使ったものもあり、亀戸のお土産としてもおすすめの物が多くあります。他に地元の野菜なども販売してますので、おすすめです。

勝運まんじゅう

勝負まんじゅうは、亀戸にある割烹の老舗である升本と、亀戸の香取神社がコラボしたまんじゅうです。香取神社は勝負事に関しての神様で、昔は武将達が、その武運や勝利を祈願する場所でした。

現在は、スポーツの勝負にご利益があるとされ、多くのスポーツ選手も参拝に訪れる神社です。まんじゅうは勝利することを白星という事から大根餅を使い、国産のあずきを使用しています。甘さも控えめに作られていて、優しい味わいのまんじゅうで大変人気があります。

使われている材料は全て国産というのもおすすめで、ひとつ180円なので、その場でひとつを食べ、お土産にも何個か購入するという方も多く、お土産としてもおすすめのグルメのひとつです。

豆腐ミルクジェラート

ジェラートも亀戸梅屋敷のおすすめの人気グルメのひとつです。暑い日であれば、冷たい物があるのは嬉しいとこで、こちらにある豆腐ミルクジェラートも、すごく美味しいと評判の良いおすすめグルメです。

ジェラートはいくつか種類もあって、その時期や季節によっては栗を使った栗ミルクジェラートも人気です。豆腐ミルクジェラートは、名前の通り、すごくヘルシーなジェラートで、豆腐の味がすごく濃厚で美味しいと観光客や、地元の方たちからも人気があります。

他に抹茶ミルクジェラートもあり、人気があり、亀戸梅屋敷に行った時には豆腐ミルクジェラートやきになる他の種類があれば食べ比べをしてみるなどもおすすめです。

亀戸大根せんべい

亀戸大根煎餅は、名前の通り亀戸で作られている大根で、お多福大根とも呼ばれています。一時は、この大根は作っている農家さんが減り、幻とも言われる大根でしたが、現在は復活している亀戸の大根です。その大根の形と白砂糖などで大根をモチーフにしたせんべいは、懐かしい甘辛で人気があります。

見た目も面白く、一度見れば、すぐに亀戸のせんべいとわかるほどで、亀戸に来た時のお土産として購入する方も大変多くいて、人気の商品となっています。見た目も良いですし、味も美味しいので、訪れた時にはお土産におすすめの商品です。

亀のどら焼き

亀のどら焼きは、名前の通りのどら焼きで、亀の形をしたどら焼きです。見た目が通常のどら焼きと似てはいますが、どら焼きに頭と尻尾、手足があり、文字通り亀の形のどら焼きで、見た目でもつい手に取りたくなるどら焼きです。

亀のどら焼きは味の方も、甘さは控えめで、どら焼きの皮もふっくらしていますし、よくどら焼きは手に持つと、ちょっとベタベタしたりするのが多いですが、こちらの亀のどら焼きは全くベタベタしないので、直接持っても大丈夫です。

この亀のどら焼きも自分用に購入する方も多いですし、お土産としても人気のどら焼きで、見た目が違うため、見た感じも可愛く、そして味も甘すぎず、すごく美味しいと評判が良いどら焼きでです。お土産として、観光途中の休憩に食べたりと、おすすめのグルメです。

かめ助

かめ助はメレンゲで作った亀の形をした焼き菓子やクッキーで、可愛い亀のキャラクターが描かれたコーヒー等もあります。コーヒーのお供にも人気がありおすすめです。メレンゲの焼き菓子も評判が良く、インターネットでも取り寄せができ、ファンの多いグルメ商品です。

一時期は店舗もあったのですが、現在は店舗の方はなく、イベントがあると、かめ助のグッズやお菓子が販売されているそうです。SNSでも見た目の可愛さや美味しさは人気で、亀戸梅屋敷に行けばかめ助のクッキーや焼き菓子があると評判です。

お土産としても、かわいいので人気があり、なかなか他の場所では売られていないので、こちらの亀戸梅屋敷へ行った時には、お土産にもおすすめです。色々種類もあるようですので、コーヒーや紅茶などと一緒に食べるのも良く、おすすめです。

もんじゃまん

もんじゃまんも、亀戸梅屋敷にある人気のグルメで、文字通りもんじゃ焼きの肉まんです。ふわふわで柔らかい生地の中に、まさしくイメージ通りのもんじゃが入っています。もんじゃなので、ちょっとドロドロした感じで入っていて、結構アツアツです。

一気に食べると火傷をしそうなので注意してください。紅しょうがが効いていて、ちょっと濃いめのソースが良く、もんじゃ焼きが好きな方にもおすすめです。イメージ的には、完全なもんじゃというよりは、もんじゃ風味といった感じですが、人気のある名物グルメです。

他では、なかなか見かけませんので、亀戸梅屋敷へ行ったときは、もんじゃまんも是非召し上がってみてください。中華まんのスタイルですので、手軽に食べれますので、小腹がすいた時などおすすめです。

亀戸梅屋敷周辺のおすすめランチ

見どころある亀戸梅屋敷や、周辺を観光しているとランチを何処で済ませるかというのも気になります。観光では、その訪れた先での食事も観光の見どころでもあり、楽しみのひとつです。亀戸梅屋敷がある亀戸駅周辺は安くて美味しいお店も多くあり、ランチでも人気のお店も数多くあります。

ランチタイムだけでなく、夜まで通しで営業しているお店も多く、亀戸のグルメを存分に楽しめます。ちょっと遅めのランチや休憩、帰る前にちょっと小腹を満たしてというのにもおすすめのお店があります。

観光の際の、ランチなどどうしようと探す時の参考に、亀戸梅屋敷の近くにあるおすすめのお店をご紹介します。

亀戸升本(本店)

亀戸升本は、幻と言われていた亀戸大根を復活させた老舗のお店です。江戸の伝統野菜である亀戸大根を使った料理が名物として知られていて、その亀戸大根の絶品料理を食べるために亀戸に来る方もいるほどです。

特に人気なのが、亀戸大根を使ったあさり鍋で、亀戸升本の名物であり、ランチでも大人気のメニューです。他にも、亀戸大根を使った料理があるので、数人で行ったときは、色々注文して、みんなで楽しむというのもランチのおすすめです。

営業時間は2部制でランチが午前11時半から午後2時半でラストオーダーが午後2時です。夜は午後5時からでラストオーダーが午後7時半で午後9時までになっています。定休日が水曜日で毎月第2火曜日も休みです。住所は東京都江東区3-43-17 で、JR総武線の亀戸駅北口から歩いて5分くらいで着きます。

カフェイタリアーノラ・ステラ

こちらのお店は、豊富なメニューがあり、手軽に楽しめるイタリアンのお店で、お子さん連れのご家族にも人気のあるお店です。営業時間も午前11時半から午後10時までなので、ちょっと遅めのランチにも便利でおすすめです。

ランチタイムなどはなく、時間に関係なく、いつでもセットメニューやアラカルトなどオーダーできるのも嬉しい部分で手頃な金額で食事できるので人気のあるお店です。定休日は水曜日と毎月第2火曜日になっています。住所の方は東京都江東区亀戸3-43-17で、ラストオーダーは午後9時です。

チャイナ厨房(亀戸駅前店)

こちらのチャイナ厨房は本格的な中華料理の居酒屋で、仕事帰りにちょっと晩酌していく方も多いお店です。営業時間は午前11時からで、閉店が夜12時と長時間営業しています。

ランチメニューではボリュームのあるメニューが多くあり、4名様から個室を使うこともできます。野菜と海鮮をたっぷり使った中華は人気で、少人数でも団体でもおすすめのお店です。こちらは亀戸駅の北口からすぐにあり、5分もかからない場所にあります。

定休日は決まってないそうで、不定休です。住所の方は東京都江東区亀戸5-15-5 です。ボリュームもあり、女子会にも人気でおすすめコースもあるようですので、中華好きな方であれば、ランチに是非訪れて見てください。

亀戸煮干中華蕎麦つきひ

こちらのお店は、結構有名なお店なのでご存知のかたも多いはずです。煮干しの濃いスープが自慢で、大人気のお店で、暑い日には特に冷やしが大人気で、その味の美味しさに通う方もいるほどです。味はもちろん、接客態度や提供時間、店内の様子など、だれもがおすすめするお店です。亀戸の人気店ですので、ランチも当然おすすめです。

特に、中華そばだけでなく、和え玉を注文するのがおすすめで、違う麺が来るので、麺の違いでどう味が変わるかなども楽しめるのでおすすめです。亀戸駅の北口から3分くらいで着く場所にあり、定休日は月曜日になります。

営業時間の方ですが、水木金は午前11時半から午後2時までと、午後6時から午後8時半までの2部制で、週末の土日や祝日、そして火曜日はランチだけの営業で、午前11時半から午後2時までとなっています。

Thumb亀戸の居酒屋おすすめランキング!おしゃれな個室や安いお店など人気店を厳選
亀戸といえば、亀戸副都心とも呼ばれて発展している人気エリア。ここではそんな亀戸周辺の居酒屋に...

亀戸梅屋敷のアクセス

見どころもあり、亀戸の美味しいグルメや、地元だけでなくファンの多いお店とランチでも賑わっているお店が多い亀戸梅屋敷ですが、観光で行く際は、交通機関を使ってアクセスするのが便利ですし、時間通りに観光できると思います。

場所も駅から近いので、電車を使ったほうがゆっくりと亀戸の観光を楽しめるのでおすすめです。車でアクセスする方は駐車場がありますが、寄席などの時は一応周辺の駐車場もチェックしてから行くのをおすすめします。

公共交通機関でのアクセス

交通機関で亀戸梅屋敷へアクセスする場合は、JR総武線の亀戸駅までアクセスして、駅からは歩いてアクセスします。5分ちょっとで着くことが出来ます。東武亀戸線なら亀戸水神駅で降りて、そこから歩いて10分ちょっとです。

バスでアクセスするなら、都営バスでアクセスします。都営バスの上26に乗ります。降りるのは亀戸四です。バスを降りたら、そこから歩きで、約1分くらいです。そして都営バスの南千48なら 福神橋で降ります。5分くらいあるくと着くことが出来ます。

車でのアクセス

車でのアクセス方法ですが、首都高速の錦糸町の出入口で降りて、国道14号線を経由してアクセスします。ちなみに、車でアクセスする方は、亀戸梅屋敷に駐車場があるので大丈夫ですが、寄席など人気のあるイベントがあった場合などは行く前に、事前に駐車場の場所をチェックしておいた方が無難です。

駅の近くと言うのもあるので駐車場はいくつかありますが、何か行事があったりすると、すぐに満車で止めてないこともありますので、行くなら午前中に着くようにアクセスすれば、比較的車を止めることも簡単です。

亀戸梅屋敷の駐車場

亀戸梅屋敷にある駐車場は建物のすぐ目の前にあります。車で直接亀戸梅屋敷まで行けば、目の前は駐車場になっていますので、空いてるところに止めれば大丈夫です。普段は問題無いですが、イベントがあったりすると、駐車場に駐車出来ない場合もあるので注意してください。駐車場は25分で200円となっています。

亀戸梅屋敷の営業時間や定休日

定期的に、結構大きなイベントも開催し、多くの方が訪れる亀戸梅屋敷ですが、人気の寄席なども人気で、毎月の予定も出るほどです。その亀戸梅屋敷の営業時間は午前10時から午後6時までで、冬の時期は午前9時半から午後5時半になります。

定休日は月曜日ですので気をつけてください。住所の方は東京都江東区亀戸4-18-8 です。詳しい情報などはウェブサイトを見ると乗っていますが、問い合わせなどあれば、直接電話をして問い合わせすることもできます。電話番号は03-6802-9550 です。

アクセスも大変しやすいので、亀戸への観光や、近くまで観光に行かれた時に、ちょっと寄ってみるのもおすすめです。亀戸の情報や美味しいグルメ情報などもあるのでおすすめです。しかし、結構早い時間に閉店となるので行く場合は早い時間に行くのをおすすめします。

亀戸観光のランドマーク「亀戸梅屋敷」に行こう!

亀戸梅屋敷は、亀戸の観光案内や、亀戸の情報を発信する施設で、亀戸の歴史やおすすめの観光スポット等もわかるので、観光に行く時には立ち寄っておいたほうが良いおすすめの場所です。他にはないイベントもあったり、グルメ情報や落語もあったりします。その亀戸の亀戸梅屋敷へ行き亀戸の素晴らしさを見に行ってみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Barista Sho

新着一覧

最近公開されたまとめ