日本橋にある麒麟の像の場所やアクセスは?由来や歴史も詳しく紹介!

日本橋にある麒麟の像は東野圭吾の小説『麒麟の翼』にも登場して映画は大ヒットしました。麒麟の像には深い歴史や面白い由来があります。麒麟像の場所やアクセスについてもまとめてみました。日本橋は『麒麟の翼』の舞台になったすてきなスポットです。ぜひ参考にしてください。

日本橋にある麒麟の像の場所やアクセスは?由来や歴史も詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1東京日本橋の麒麟像をご紹介!
  2. 2そもそも麒麟とは?
  3. 3東野圭吾『麒麟の翼』
  4. 4日本橋の麒麟像1:場所はここ
  5. 5日本橋の麒麟像2:歴史
  6. 6日本橋の麒麟像3:作った人は
  7. 7日本橋の麒麟像4:翼がついた由来
  8. 8日本橋の麒麟像へアクセス1:無料巡回バスがお得
  9. 9日本橋の麒麟像へアクセス2:東京駅から徒歩で
  10. 10日本橋の麒麟像へアクセス3:地下鉄で
  11. 11日本橋の麒麟像の近くを観光する1:観光案内所
  12. 12日本橋の麒麟像の近くを観光する2:獅子の像
  13. 13日本橋の麒麟像の近くを観光する3:日本橋には名店がいっぱい
  14. 14日本橋の麒麟像の近くを観光する4:日本橋ゆうま
  15. 15日本橋の麒麟像の近くを観光する5:甘酒横丁
  16. 16日本橋の麒麟像の近くを観光する6:草加屋
  17. 17日本橋の麒麟像の近くを観光する7:七福神めぐり
  18. 18麒麟像の近くでランチ
  19. 19麒麟像の近くでランチするなら1:ニホンバシイチノイチノイチ
  20. 20麒麟像の近くでランチするなら2:天丼・金子半之助・日本橋店
  21. 21麒麟像の近くでランチするなら3:メゾンカイザーコレド日本橋店
  22. 22麒麟像の近くでランチするなら4:日本橋・うなぎ伊勢定
  23. 23麒麟像の近くでランチするなら5:グリル満天星
  24. 24麒麟像の近くでお土産を買う
  25. 25日本橋の麒麟像を見に行こう!

東京日本橋の麒麟像をご紹介!

東京の日本橋に麒麟の像があるのはご存知でしょうか。小説や映画の舞台にもなったのでご存知の方も多いと思いますが、その由来や歴史については意外と知られていないかもしれません。今回、東京日本橋の麒麟の像について由来、歴史、アクセス、映画「麒麟の翼」ロケ地など付近の観光についても調べてみました。

そもそも麒麟とは?

「麒麟」と聞いて、東野圭吾さんの『麒麟の翼』を思い出す方、あるいはお笑い芸人をイメージする方、ビールを連想する方もいるかもしれません。そもそも「麒麟」とは何なのかご存知でしょうか。

麒麟は、元々は中国の伝説上の動物で幻獣とされ、中国では「チーリン」と呼ばれています。伝説上の麒麟の姿は、体全体が鹿のようで、尾は牛のよう、馬のような蹄(ひづめ)があります。

麒麟の頭には1本の角がはえて、5色に輝く体毛があります。中国の歴史上では、麒麟は聖人が出現する前触れとして現れるともいわれてきました。

一方、麒麟といえば、動物園やアフリカなどにいる首の長い動物のキリンを意味する場合もあります。なぜ、キリンと呼ばれるようになったかというと次のような由来があります。

中国で明の時代に鄭和(ていわ)(1371年~1434年)という名前の武将がアフリカへ遠征し、明の皇帝の永楽帝にアフリカの首の長い動物(現在のキリン)を献上しました。

すると永楽帝はこの動物がたいそう気に入って伝説上の動物である「麒麟」と姿が似ていることと、現地ソマリアで首の長い動物という意味で「ゲリ」と呼ばれていたこともあり(ゲリと麒麟の発音が似ていたので)麒麟になったという由来も逸話として残っています。

東野圭吾『麒麟の翼』

『麒麟の翼』(きりんのつばさ)は、人気小説家、東野圭吾さんの書き下ろし推理小説です。刑事の加賀恭一郎を主人公とする一連の作品は加賀恭一郎シリーズとなりました。

このシリーズのなかの日本橋を中心にストーリーが展開するものが『新参者』シリーズとして2010年以降、阿部寛さんを主演としてTBS系列でドラマ化されました。

『麒麟の翼』は2012年に映画にもなり大ヒットしました。映画を見てはじめて麒麟の像をご覧になった方も多いと思います。人情や人と人の思いが渦巻く傑作として注目を集めた映画です。

映画『麒麟の翼』の冒頭では日本橋の場面が出てきます。『麒麟の翼』の大ヒット後にロケ地巡りで麒麟像の場所を訪れる人も増えています。

映画『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』は日本橋署の刑事・加賀恭一郎(阿部寛)や、警視庁捜査一課の松宮脩平(溝端淳平)ら、日本を代表する人気俳優たちが好演した映画となりました。

映画『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』のなかで日本橋界隈がロケ地になっていて、麒麟の像以外にも付近のお店が登場していました。この映画によって麒麟像は一躍、全国に知られたとも言われています。

日本橋の麒麟像1:場所はここ

麒麟の像がある日本橋は「にほんばし」と読みます。大阪にも同じ漢字で「日本橋」がありますが、これは「にっぽんばし」と読むので異なります。東京にある日本橋の下に「日本橋川」が流れていて橋の上は現在では首都高速道路があります。

日本橋の歴史をさかのぼると、この橋をはじめてかけたのは徳川家康でした。当時は木造の橋でした。日本橋は家康が作った初代から数えると、現在は20代目の橋になります。1911年に完成したもので東京を代表する橋として1999年に国の重要文化財指定を受けました。

住所 東京都中央区日本橋1-1-1

歌川広重も描いた

歴史上では江戸時代の人気絵師、歌川広重が「東海道五十三次」のなかで日本橋を描いています。

「東海道五十三次」の作品の1枚目に日本橋は登場します。江戸時代もこの場所は賑やかだったようです。

徳川家康に由来

現代の日本橋の四隅に銘板があってここに「日本橋」と「にほんはし」という文字が刻まれています。この文字を書いた人は、江戸幕府の最後の将軍、徳川慶喜です。

最初にこの橋を架けたのが歴史的人物の徳川家康なので、それに由来して徳川慶喜が橋の名前を書くことになったのかどうかはわかりませんが、因縁を感じさせる話です。

でも、徳川家康が初代の日本橋をかけたときに、麒麟の像はついていませんでした。では、いつ、麒麟の像を付けることになったのかというと、それは1872年(明治5年)でした。

日本橋の麒麟像2:歴史

歴史をたどってみると1872年に、それまで木造だった日本橋を架け替えるときに大都会東京の「顔」として、石造りの橋に日本らしいモチーフを加えるために和洋折衷のデザインとして橋の装飾の一部として麒麟の像が設置されることになりました。

現在の日本橋は1908年(明治41年)に着工して3年後の1911年(明治44年)に完成しました。現在は走っていませんが、完成当時、日本橋の上には都電も走っていました。

日本橋は、石造の二連アーチ橋で、長さは49メートル、幅は27メートルあります。設計は米本晋一さん装飾様式は妻木頼黄(つまきよりなか)さんが担当しました。

日本橋の麒麟像3:作った人は

麒麟の像はよく見ると翼の1枚までも丁寧に作られています。実際に麒麟の像を製作した作者は渡辺長男(わたなべおさお)さんと、その義父にあたり彫刻家でもある岡崎雪聲(おかざきせっせい)さんです。

現在の日本橋には、この麒麟像と同じ時期につくられた獅子像も設置されています。獅子像もやはり渡辺長男によってつくられました。

渡辺長男(1874~1952年:明治7~昭和27年)は人物彫刻を得意とした彫刻家で、明治天皇騎馬像、太田道灌像、井上馨像、広瀬中佐像などを製作し、明治から昭和にかけて活躍しました。

日本橋は道路の起点

日本橋には日本の道路の起点となる日本の道路元標があります。ここが日本の道路網の起点になっていることは、案外知られていないかもしれません。

麒麟の像が現在のようなデザインになった由来は、日本橋が全国の道路の始点であることにちなんで日本橋から飛び立つようなイメージを加えるために翼のついた麒麟像が設置されることになりました。

映画『麒麟の翼』で有名になった麒麟像は実際に橋のどこについているかというと、橋の中央部に合計4体あり、2体ずつ背中合わせのような状態で鎮座しています。

日本橋の麒麟像4:翼がついた由来

歴史を紐解いてみると、東京都公文書館に麒麟の像の由来について文書があります。そこでは、麒麟の像に翼がついているのは、設置する際にいろいろとデザインが検討された結果とされています。

翼がついた由来とは、日本橋が日本全国の道路の起点なので、この位置から飛び立つという意味をこめて像に翼をつけるデザインにしようと決められたということです。

ちなみに日本橋が起点となっている国道は7本あります。東海道(国道1号)は終点が大阪市です。日光街道と奥州街道である国道4号の終点は青森市です。

水戸街道(国道6号)の終点は仙台市です。千葉街道(国道14号)終点は千葉市です。旧東海道(国道15号)の終点は横浜市、中山道(国道17号)は新潟市が終点、甲州街道(国道20号)は長野県塩尻市が終点になります。

日本橋がかかっている場所は、江戸時代から交通の拠点として発展してきたエリアで、映画『麒麟の翼』のロケ地として知られるのに加えて、今も江戸の風情が感じられる地域として観光にもおすすめです。

日本橋の麒麟像へアクセス1:無料巡回バスがお得

これから東京の日本橋へ行ってみたいと予定されている方のためにも、麒麟の像がある日本橋へのアクセスや麒麟像の近辺についても説明しておきましょう。

麒麟の像のある日本橋へアクセスする方法はいろいろあります。たとえば東京駅から日本橋へ行くなら、無料巡回バス「メトロリンク」の利用がおすすめです。

「メトロリンク日本橋」は毎日午前10時から午後8時までおよそ10分の間隔で運行され、八重洲、京橋、日本橋エリアを巡回しています。

東京駅から利用する場合は「東京駅八重洲口」を出てすぐの「第二鉄鋼ビル」の前にメトロバスの看板がありここがメトロバスの「東京八重洲口」バス停になります。

日本橋の麒麟の像を見るなら、日本橋をわたって「地下鉄三越前」バス停で下車しましょう。

「メトロリンク日本橋」バスは日本橋界隈を巡回します。歴史ある日本橋の上も運行しますので旅のひとときに利用するのもおすすめです。

日本橋の麒麟像へアクセス2:東京駅から徒歩で

東京駅から日本橋までは歩くこともできます。おおよその道順は、東京駅「八重洲北口」を出て左折し、約3分ほど歩くと「永代通り」という大通りに至ります。

「呉服橋」という名前の交差点に出たらここを右折して、さらに約3分歩くと「日本橋交差点」に到着します。「日本橋交差点」を左折して1分歩くと「日本橋」に至ります。

日本橋の麒麟像へアクセス3:地下鉄で

地下鉄を利用する場合、最寄り駅は東京メトロの東西線「日本橋駅」となります。日本橋駅B9出口から地上へ出て北へおよそ80メートル行くと日本橋の中央部に青銅で作られた照明灯があります。

日本橋の照明灯を飾るようにして麒麟の像が橋の両側に取り付けられています。上は首都高速道路になっていますが、橋にはレトロな雰囲気が漂っています。日本橋は金融関係の企業なども多いエリアなのでビジネスマンなども多く通行しています。

日本橋の麒麟像の近くを観光する1:観光案内所

麒麟の像がある日本橋へ行ったら橋のたもとに2017年7月オープンの「日本橋観光案内所」があります。こちらの観光案内所は日本橋付近の見どころ、銘店、イベントを案内しています。

また、日本橋に船着場もあって船の運行情報などを知りたい場合はこちらで案内していますので、麒麟の像を見るついでに立ち寄るのもおすすめです。

日本橋のたもとには「元標の広場」もあります。こちらには「日本国 道路元標」のレプリカが飾られています。

本物の元標は日本橋の中央部に埋め込まれています。日本各地へとつながっていく主要な国道(かつては街道)のまさに起点を体験しましょう。

日本橋の麒麟像の近くを観光する2:獅子の像

かつて東京に都電が走っていた頃の、都電の架線の支柱であった「東京市道路元標」は1972年(昭和47年)に都電が撤去されるのにともなってモニュメントとして日本橋の北西の緑地に飾られています。

日本橋で麒麟の像を見たら、同じくこの場所に据えられている獅子の像も見てください。獅子の像は奈良県の八幡宮にある狛犬やヨーロッパの町にあるライオン像といったところをヒントに作られました。

獅子の像が手に抱えているのは、現在の日本橋が完成した当時の東京市の紋章で今では東京都の紋章になっています。獅子には東京を守護する意味も込められているという由来も興味深いです。

日本橋の麒麟像の近くを観光する3:日本橋には名店がいっぱい

日本橋地区は魅力あふれる町です。東京駅からも歩ける距離でアクセスは良好です。都会的な雰囲気がするエリアですが、江戸の歴史的な伝統を持つ老舗もたくさん並んでいます。

庶民的な親しみやすいお店もたくさんあります。JRや地下鉄などアクセスもよいので、ふらりと歩くのもおすすめの楽しいエリアです。

日本橋の麒麟像の近くを観光する4:日本橋ゆうま

和雑貨の懐かしい雰囲気があふれるお店「日本橋ゆうま」は麒麟の翼の映画では「ほおづき屋」という名前になって登場します。麒麟の翼を見た方は、ロケ地巡りにこちらのお店もぜひどうぞ。店内には布から作ったオリジナルな和雑貨も多く取り扱われています。

お店では映画とドラマに登場する商品も扱われています。もちろん麒麟の翼の映画ポスターなども貼られているので、ここで記念撮影する方もいるようです。

映画が撮影されたときには下町の人情が残るこの町の人々からも、撮影を歓迎して協力する機運があったということです。

「日本橋ゆうま」の営業時間は午前10:30~午後6:30です。不定休がありますので確認してからの来店がおすすめです。

住所 東京都中央区日本橋人形町2-32-5
電話番号 03-3808-1780

日本橋の麒麟像の近くを観光する5:甘酒横丁

歴史や由来について知ってから麒麟の像を見るとともに、映画のロケ地になった甘酒横丁(あまざけよこちょう)へのアクセスもおすすめです。甘酒横丁は東京都中央区に位置する商店街です。老舗や名店が沢山並ぶ昔懐かしい雰囲気がある通りです。

甘酒横丁へのアクセスは地下鉄日比谷線人形町駅のA1出口からすぐとなります。また、都営浅草線人形町駅A3出口からのアクセスなら約2分です。

半蔵門線の水天宮前駅7番出口からのアクセスは約2分。あるいは都営新宿線浜町駅のA2出口からのアクセスは約2分です。

車でアクセスする場合、首都高速の浜町出口から出て、信号を直進してください。浜町緑道脇を進んで、その次の信号がある通りが甘酒横丁になります。

甘酒横丁からJR線の馬喰町駅や、東京駅の日本橋口へ徒歩で20分~30分でアクセスできます。

東京メトロ人形町駅からの大通りで明治座へ抜ける通りが「甘酒横丁」と呼ばれる理由は、かつて明治の頃に甘酒横丁の入口から少し南寄りの小路に「尾張屋」という名前の甘酒屋さんがあったことに由来するようです。

日本橋の麒麟像の近くを観光する6:草加屋

ドラマ「新参者」では「あまから」という名前になっている煎餅店の「草加屋」も、この通りに位置します。

「草加屋」は創業1928年(昭和3年)の老舗の煎餅店です。人気の草加せんべいは一枚ずつ手焼きされています。醤油の香ばしさと、バリッという食感とともに絶妙の風味があります。

住所 東京都中央区日本橋人形町2-20-5
電話番号 03-3666-7378

日本橋の麒麟像の近くを観光する7:七福神めぐり

日本橋界隈には風情のあるお店も多いので散策したり、あるいは「日本橋七福神めぐり」もおすすめです。また、横山町方面に出てショッピングを楽しむこともできます。

麒麟の翼のロケ地巡りとともに、日本橋界隈にある七福神めぐりをするのも楽しいかもしれません。「小網神社」「茶の木神社」「水天宮神社」「松島神社」「末廣神社」「笠間稲荷神社」「福森神社」「濱田恵比須神社」となり、七福神のある場所は、人形町商店街のサイトに場所と巡り方のサイトなどがあるので気になる方は確認してみましょう。

Thumb日本橋の神社巡りガイド!おすすめパワースポットや御朱印を紹介!
日本の首都東京の中心地にあたる日本橋は、神社も多く、パワースポットが多く存在する場所として知...

麒麟像の近くでランチ

麒麟の像の歴史や由来を知って観光したら、麒麟の像の近くでランチはいかがでしょうか。この場所の近辺は人気のお店や老舗店がたくさんあります。

なかでもおすすめの人気店をご紹介しておきましょう。旅のひとときに、麒麟の像の近くで休憩したり食事したりするのもよい思い出になるかもしれません。

麒麟像の近くでランチするなら1:ニホンバシイチノイチノイチ

「ニホンバシイチノイチノイチ」は日本橋のすぐそばにあり、場所はとてもわかりやすいでしょう。ランチのお値段は1000円前後からとなり、この界隈でお手頃な価格で美味しいランチがいただけるお店として人気です。

お店のテラス席から、日本橋の麒麟の像が見えます。「ニホンバシイチノイチノイチ」は、レストラン&バーで、創作和食の「真鯛の土鍋めし」はおすすめです。

住所 東京都中央区日本橋1-1-1国分ビル1F
電話番号 03-3516-3111

麒麟像の近くでランチするなら2:天丼・金子半之助・日本橋店

「天丼 金子半之助 日本橋店」は天丼が美味しい、いつも行列ができる人気店です。麒麟の像がある場所からおよそ200メートルの場所にあります。

来店客のなかに外国人観光客も多く、行列をするお客様をお店の方が丁寧にオペレーションしてくれます。1時間ぐらい待っても食べたいという江戸前天丼(980円)は、迫力の盛り付けですが、後味はさっぱりとした天丼として人気があります。

住所 東京都中央区日本橋室町日本橋室町1-11-15
電話番号 03-3243-0707

麒麟像の近くでランチするなら3:メゾンカイザーコレド日本橋店

「メゾンカイザーコレド日本橋店」は、美味しいランチがリーズナブルな価格でいただけるカジュアルな雰囲気の人気店です。イートイン用のテーブルが店内にあります。

オリジナル小麦粉を使って丁寧に焼きあげたフランスパンなど、多彩なパンが販売されていて平日もお客様で賑わっています。麒麟の像から約200メートルの場所にあります。

住所 東京都中央区日本橋日本橋1-4-1コレド日本橋B1F
電話番号 03-3516-0030

麒麟像の近くでランチするなら4:日本橋・うなぎ伊勢定

「日本橋 うなぎ 伊勢定」は江戸前うなぎの老舗です。鰻が食べたくなったらここへ行くというリピーターも多い人気店です。

うな重にはふっくらした鰻と甘すぎないタレがかかっています。味に定評のあるお店です。麒麟の像から約200メートルの場所にあります。

住所 東京都中央区日本橋室町日本橋室町1-5-17
電話番号 03-3241-0039

麒麟像の近くでランチするなら5:グリル満天星

「グリル満天星」の場所は、麒麟の像から約100メートルの「日本橋三越本店」の新館9階です。人気店でランチ、夕食ともにおすすめです。

満天星は、美味しい洋食がいただける人気店です。「ワンプレートミックス」はランチで1皿に2種類選べる人気メニューです。

住所 東京都中央区日本橋室町日本橋室町1-4-1三越日本橋本店新館9F
電話番号 03-3275-2800

麒麟像の近くでお土産を買う

うさぎや日本橋中央通り店はどらやき専門店です。粒あんが美味しくて甘すぎない上品な味のどら焼きで、日持ちしないのですが手土産には最適です。

超人気店で予約しないと手に入らない場合があります。麒麟の像から約200メートルの場所にお店があります。

住所 東京都中央区日本橋1-3-8
電話番号 03-3271-9880

日本橋の麒麟像を見に行こう!

麒麟の像には歴史や面白い由来があることを分かっていただけたでしょうか。江戸の歴史もただよう日本橋界隈は東京駅からも近くて観光にも最適です。今まで麒麟の像を何気なくご覧になっていた方も、次回、日本橋を訪れる機会に麒麟の像を見たらきっとより一層印象が深まるかもしれません。

関連記事

Original
この記事のライター
Hitomi Kato

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ