天橋立またのぞきで絶景を楽しむ!おすすめスポットや周辺駐車場を紹介!

京都にある日本三景の1つである天橋立には1年を通じてたくさんの観光客が訪れます。天橋立の楽しみ方はまたのぞきです。ここでは、天橋立をまたのぞきで楽しめるスポットを紹介します。天橋立をまたのぞきで見ると、二度楽しめることになります。

 天橋立またのぞきで絶景を楽しむ!おすすめスポットや周辺駐車場を紹介!のイメージ

目次

  1. 1天橋立またのぞきのおすすめ絶景スポットをご紹介!
  2. 2天橋立とは?
  3. 3天橋立の中を楽しもう!
  4. 4天橋立またのぞきのおすすめスポット①傘松公園
  5. 5傘松公園のアクセスと周辺駐車場
  6. 6天橋立またのぞきのおすすめスポット②天橋立ビューランド
  7. 7天橋立ビューランドのアクセスと周辺駐車場
  8. 8お得な「日本三景天橋立2大展望めぐりチケット」がおすすめ
  9. 9京都の日本三景天橋立で「またのぞき」をしよう!

天橋立またのぞきのおすすめ絶景スポットをご紹介!

京都を代表する観光スポットである天橋立には、いろいろな楽しみ方があります。その1つがまたのぞきです。天橋立に一度でも行ったことがある人ならば、またのぞきがどのようなものなのかを知っているでしょう。天橋立にまで行ったことがない人に、またのぞきで楽しめる絶景スポットを知ってください。天橋立の基本的な楽しみ方といえます。

Thumb京都・天橋立の観光スポットやモデルコースは?所要時間やアクセス方法も!
京都府宮津市に位置する天橋立は、日本三景のひとつとして数えられている国内有数の観光スポットで...

天橋立とは?

天橋立は、安芸の宮島・陸奥の松島と共に日本三景に指定されています。天橋立は全長約3.6キロの砂浜で、幅は20メートルから170メートルになっています。その中に大小約8000本の松が生い茂り、見事な風景を創り出しています。天にかかる橋に見えることから、天橋立と名付けられました。非常にセンスのある名前といえるでしょう。

天橋立ができるまでには、何千年という長い年月がかかりました。自然が創り出した芸術品の姿をしっかりと楽しみましょう。

天橋立の絶景を楽しむなら「またのぞき」がおすすめ

天橋立の絶景を楽しむならば、またのぞきをおすすめします。またのぞきとは、その名の通り、自分の股から天橋立の風景を見ることです。股から天橋立の風景を見れば、上下が逆になって見えます。上下逆になった天橋立の姿は、龍が天に昇る姿に見えます。初めてまたのぞきをした人は、すごいことを考えるものだと感心してしまいます。

天橋立を訪れるならば、またのぞきは必ずしてもらうことをおすすめします。本当に龍が天に昇る姿に見えてくるはずです。

天橋立の中を楽しもう!

天橋立をまたのぞきで楽しむ前に、天橋立の中を楽しむことをおすすめします。天橋立の中を歩くと、天橋立の雰囲気を存分に味わうことができます。たくさんの松に囲まれた道を歩けば、とてもリラックスした気持ちになれるはずです。松の向こうに見える海の風景にも注目しましょう。砂浜に出ることもでき、海の近くまで行くことができます。

天橋立の中をレンタサイクルで駆け抜けるのもおすすめです。天橋立ではレンタサイクルをやっているお店がたくさんあります。レンタサイクルを利用すれば、天橋立の端から端まで、しっかりと楽しんでもらえるはずです。

天橋立の中を歩いたり、レンタサイクルで駆け抜けたりして、天橋立の雰囲気を体いっぱいに感じてください。天橋立と一体化した気分になれるかもしれません。

天橋立またのぞきのおすすめスポット①傘松公園

ここからは、天橋立をまたのぞきで楽しめるおすすめのスポットを紹介します。まずは、傘松公園を紹介します。傘松公園は天橋立の北側にある公園です。傘松公園からまたのぞきで天橋立の風景を楽しむことを、昇龍観と呼んでいます。前述したように龍が天に昇る姿が観られることをうまく略しました。

傘松公園の魅力を紹介するので、ぜひ参考にしてください。天橋立の昇龍観をしっかりと楽しみましょう。

ケーブルカー・リフトの空中散歩

傘松公園に上がるためには、ケーブルカー・リフトを利用することになります。ケーブルカー・リフトからは、天橋立の風景を見ることができます。ケーブルカー・リフトで上にあがるまでの所要時間は約5分です。わずか5分ですが、空中散歩を楽しむことができます。ケーブルカーとリフトは同料金なので、行きと帰り別の乗り物でも大丈夫です。

ケーブルカー・リフトの空中散歩を楽しみながら、傘松公園の見られる天橋立の風景にも期待を膨らませましょう。

またのぞき専用の台も用意されている

傘松公園には、またのぞき専用の台が用意されています。股のぞき台と書かれた台があり、そこからまたのぞきで天橋立の風景が楽しめます。股のぞき台で、またのぞきをしていると他の人に見られるのが気になる人もいるかもしれません。しかし、傘松公園ではまたのぞきをするのが普通なので、気にしないようにしましょう。

傘松公園を訪れた人のほとんどが、またのぞきをしているので、恥ずかしがらずにまたのぞきを楽しんでください。

ガラス張りの空中廊下「スカイデッキ」

傘松公園には、ガラス張りの空中廊下「スカイデッキ」があります。本当に空の上を歩いているような感覚になれます。ガラス張りのスカイデッキからは、約40メートル下の風景が見られます。高所恐怖症の人には、あまりおすすめできませんが、勇気を出して歩いてみる価値は十分にあります。

ガラス張りの廊下の手前にはウッド製の展望台もあるので、そこからの眺めだけでも素晴らしいです。ぜひガラス張りのスカイデッキを歩いて、空中散歩を楽しんでください。

カップルにおすすめのスポットがたくさん

傘松公園にはカップルにおすすめしたいスポットがあります。2階の展望ドームには願いの鐘があり、レストランには恋のラブチェアーがあります。さらに傘松眺望広場にはフラワーアーチもあります。カップルのために造られたスポットがたくさんあるので、ぜひカップルで利用してください。2人の最高の記念にしてください。

カップルにおすすめのスポットがたくさんあると、より多くのカップルが足を運ぶようになります。傘松公園は、恋人の聖地と呼べる場所です。

傘松公園のアクセスと周辺駐車場

傘松公園へのアクセス方法を紹介します。車でアクセスする場合は、京都縦貫自動車道の与謝天橋立インターを利用すると便利です。インターを下りてからすぐの信号を右に曲がると国道176号線に入ります。消防署前交差点を左に曲がり、国道178号線に入りしばらく走ると到着します。車でアクセスする人のために周辺駐車場情報を紹介します。

公共交通機関でアクセスする場合は、京都丹後鉄道の天橋立駅から丹後海陸交通のバスに乗り、傘松ケーブル下バス停で下りてください。

よし乃や駐車場【徒歩1分】

よし乃や駐車場は、天橋立から徒歩1分のところにあります。駐車場の営業時間は8時30分から17時までとなっています。駐車可能台数は12台となっています。ここの駐車場は、よし乃やを利用するならば無料で駐車することができます。天橋立から徒歩1分のところにあるという立地が最高です。

住所 京都府宮津市大垣48

松井物産駐車場【700円】

松井物産駐車場は、傘松公園のケーブルカー乗り場のすぐ下にある駐車場です。駐車場の営業時間は8時30分から17時までとなっています。駐車可能台数は30台となっています。松井物産駐車場は、松寿庵というお土産やを目印にしてもらうとわかりやすいはずです。国道178号線沿いにあります。駐車料金は1回700円です。

住所 京都府宮津市大垣803

和田観光駐車場【700円】

和田観光駐車場は、天橋立にある雑貨店の駐車場です。駐車場の営業時間は9時から15時までとなっています。駐車可能台数は15台までとなっています。駐車料金は1回700円です。この駐車場も、傘松公園ケーブルカー乗り場から近いところにあります。この駐車場を利用するならば、お店にも足を運んでください。

住所 京都府宮津市字江尻61

元伊勢籠神社駐車場【普通車700円】

元伊勢籠神社駐車場は、傘松公園ケーブルカー乗り場に近いところにある元伊勢籠神社の駐車場です。駐車場の営業時間は7時から17時までとなっています。駐車可能台数は、大型バス25台・普通車150台となっています。駐車料金は普通車1回700円です。元伊勢籠神社から徒歩1分くらいのところにあります。

住所 京都府宮津市大垣430

天橋立またのぞきのおすすめスポット②天橋立ビューランド

天橋立またのぞきのおすすめスポットの2つ目は、天橋立ビューランドです。天橋立ビューランドは、天橋立の南側にあります。天橋立の北側にある傘松公園と双璧をなすスポットです。どちらかのスポットを楽しむ人が多いですが、両方のスポットに足を運んでもらい、天橋立の風景の違いを感じ取ってもらうのもおすすめです。

天橋立ビューランドの魅力を紹介するので、ぜひ参考にしてください。こちらのスポットも素晴らしい天橋立の風景が楽しめるはずです。

Thumb 天橋立ビューランドの料金や割引方法は?駐車場&アクセスも解説!
京都にある天橋立ビューランドは、日本三景の1つである天橋立をきれいに見ることができるスポット...

モノレール・リフトで展望台へ

天橋立ビューランドも傘松公園と同じように、モノレール・リフトで展望台に行くことができます。モノレール・リフトは同じ料金のため、行きと帰りに別々の乗り物になっても問題ありません。こちらでもモノレール・リフトからの天橋立の風景がきれいに見られます。

モノレールでの展望台までの所要時間は約7分で、リフトでの展望台までの所要時間は約6分となっています。

手すり付きのまたのぞき台

天橋立のまたのぞき台には、手すりがついています。手すりを利用すれば、またのぞきができる人は、手すりを使ってください。誰もが簡単にまたのぞきができるわけではないため、手すりがついているのは利用者のことを考えた素晴らしい配慮です。手すりがあることで、またのぞきができる人が増えるはずです。

手すりを最大限利用して、天橋立ビューランドでの、またのぞきを楽しんでください。傘松公園とは違った風景が見られるはずです。

空中散歩が楽しめる「飛龍観回廊」

天橋立からまたのぞきで見られる風景は、天を舞う龍のように見られることから、飛龍観と呼ばれています。天橋立ビューランドには、飛龍観回廊というものがあります。延長約250メートル、高さは最大で約8.5メートルになっているスロープです。龍の体躯をイメージして造られており、360度のパノラマの風景が楽しめます。

飛龍観回廊は、またのぞきするところではありませんが、少し高いところからの天橋立の風景が楽しめます。また、空中散歩を楽しんでもらえます。龍になった気分で飛龍観回廊を楽しみましょう。

天橋立の絶景を眺めるレストラン

展望レストランでは、天橋立の絶景を眺めながら食事を楽しんでもらえます。店内のテーブル席やカウンター席の他に、外のパラソル席があります。パラソル席では、より近くで天橋立の絶景を眺めながらの食事が満喫できます。天橋立の絶景を眺めながらの食事は、一段とおいしく感じられるに違いありません。

パラソル席は気候が良い時期だと、すぐに埋まってしまうかもしれません。天橋立の絶景を眺めながらのおいしい食事を楽しんでください。

子供から大人まで楽しめる施設が充実

天橋立ビューランドは、子供から大人までが楽しめる施設が充実しています。ゴーカードやメリーゴーランド、サイクルカー、観覧車など子供が喜ぶ遊具があります。また、アーチェリーや射的、かわら投げといった大人でも楽しめるものもあります。天橋立の素晴らしい風景が楽しめるだけではないのが、天橋立ビューランドの良さです。

天橋立ビューランドの遊園地で遊び、親と子の充実した時間を過ごしてください。遊び疲れたら、休憩できるところもあります。

天橋立ビューランドのアクセスと周辺駐車場

天橋立ビューランドへのアクセス方法です。車でのアクセスの場合は、京都縦貫自動車道の宮津天橋立インターを利用すると便利です。インターを下りてから約10分で到着します。公共交通機関でアクセスの場合は、京都丹後鉄道の天橋立駅で下りて、徒歩5分くらいで到着します。駅からすぐのところにあるのは、大きなメリットです。

車でアクセスする人のために、周辺駐車場の情報を紹介します。天橋立ビューランドで遊ぶ際に役立ててください。

しょうぎん駐車場【500円】

しょうぎん駐車場は、天橋立ビューランドのモノレール乗り場のすぐ近くにあります。駐車場の営業時間は9時から16時となっています。駐車可能台数は18台までとなっています。駐車料金は1回500円です。天橋立ビューランドに行くならば、すぐのところにあるしょうぎん駐車場をおすすめします。

住所 京都府宮津市文珠429-1

玄妙庵駐車場【平日600円】

玄妙庵駐車場は、宿泊施設やカフェを運営している玄妙庵がやっている駐車場です。駐車場の営業時間は9時30分から17時までとなっています。駐車可能台数は60台までとなっています。駐車料金は平日600円、土日1000円です。この駐車場を利用するならば、ぜひカフェを利用してください。

住所 京都府宮津市文珠483-11

民宿くらた駐車場【600円】

民宿くらた駐車場は、天橋立に徒歩4分くらいのところにあります。駐車場の営業時間は開始が不定期で17時までとなっています。駐車可能台数は20台となっています。駐車料金は1回600円です。天橋立ビューランドにも行きやすいですし、天橋立にも行きやすい位置にあります。

住所 京都府宮津市文珠484-1

お得な「日本三景天橋立2大展望めぐりチケット」がおすすめ

傘松公園と天橋立ビューランドの両方を楽しむ場合は、日本三景天橋立2大展望めぐりチケットをおすすめします。これは、傘松公園と天橋立ビューランドの両方に行くことができ、しかも通常よりもお値打ちな料金で利用できます。両方のスポットを行くと、通常は大人1510円が大人1200円に、小人780円が小人600円で利用できます。

日本三景天橋立2大展望めぐりチケットを利用すれば、それぞれのスポットでチケットを購入しなくて済むので、手間も省けるのも大きなメリットです。

京都の日本三景天橋立で「またのぞき」をしよう!

京都を代表する観光スポットの日本三景天橋立で、またのぞきで楽しめるスポットを2つ紹介しました。一度は行ってみたいと思ってもらえたら幸いです。またのぞきをすると、通常とは違う風景が楽しめます。また、2つのスポットでも違う風景になり、できれば両方のスポットでまたのぞきを楽しんでもらいたいです。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ

新着一覧

最近公開されたまとめ