「味の三平」は札幌味噌ラーメンの元祖!おすすめの人気メニューを紹介!

北海道の繁華街にして中心地でもある札幌市中央区には、札幌味噌ラーメンの元祖「味の三平」がお店を構えます。さらに味の三平は現代のラーメンに欠かせないニンニクやちぢれ麺、さらにはラーメンライスの元祖のお店でもあります。ここでは味の三平の魅力を徹底的にご紹介します。

「味の三平」は札幌味噌ラーメンの元祖!おすすめの人気メニューを紹介!のイメージ

目次

  1. 1札幌の「味の三平」とは?
  2. 2「味の三平」に伝わる札幌ラーメンの誕生秘話
  3. 3「味の三平」でおすすめの人気ラーメンと特徴
  4. 4「味の三平」は「ラーメンライス」の発祥でもある
  5. 5「味の三平」ではサイドメニューにも注目
  6. 6「味の三平」ではお土産も大好評
  7. 7「味の三平」の店舗情報・アクセス情報
  8. 8「味の三平」で美味しい札幌ラーメンを味わおう

札幌の「味の三平」とは?

札幌にある「味の三平(さんぺい)」といえば、「札幌味噌」の発祥ラーメン店であり、ラーメン通の間ではすっかりおなじみのお店です。現在もなお続くラーメンブームですが、この札幌味噌ラーメンこそがそのラーメンブームの「初代」といわれています。

いまや国民食ともなったラーメンの爆発的人気の火付け役であるのが、札幌味噌ラーメンであることは知る人ぞ知るところです。

札幌ラーメンの元祖と呼ばれる老舗のラーメン店

まだラーメンの味に味噌が使われることがなかった昭和20年代の後半に、真新しかった味の三平の味噌ラーメンが美味しいとメディアで取り上げられるようになり、その反響が全国規模へと発展します。

そのため札幌で美味しいラーメンといえば味噌、美味しいラーメンといえば札幌とまで謳われるほどの札幌ラーメン文化が成立しはじめます。

現在もなお札幌や北海道は、日本におけるラーメン激戦区の筆頭であり、その火蓋を切ったお店が今回ご紹介する味の三平といっても過言ではありません。

Thumb札幌のおすすめ人気ラーメン店まとめ!定番の味噌から醤油まで絶品揃い!
札幌市で人気のラーメン店を集めました。札幌ラーメンらしい味噌に醤油から豚骨系まで様々な味が揃...

「味の三平」に伝わる札幌ラーメンの誕生秘話

味の三平の創業間もない時代は、戦後間もなかったこともあり多くの人々が栄養不足に悩まされていました。そんななか、味の三平の創業者である大宮守人さんは「美味しいものはもちろん、栄養がある料理を提供したい」と、医食同源の精神で新メニューの開発に乗り出します。

身体に良いとされる「味噌」に、その当時ラーメンではあまり使われていなかった「にんにく」を使うことで、美味しいことと医食同源の共存に成功。

さらに栄養バランスを高めるために、当時あまりなかった発想である野菜をたっぷりと摂れるラーメンの開発に余念がなく、苦心の末ついに完成させます。

こうして完成したラーメンは「味噌味メン」と呼ばれるようになり、いつしか味噌ラーメン、さらには札幌味噌と呼ばれるようになります。

ちぢれ麺

さらに味の三平は、札幌味噌ラーメンの先駆けに留まらず、現代のラーメン店では一般的となった「ちぢれ麺」の発祥のお店でもあります。

味の三平の創業者である大宮守人さんが、このちぢれ麺を開発するまでのラーメンに使われる麺といえば、「ストレート麺」が一般的でした。

しかし大宮守人さんは、濃厚な味噌スープが麺によく絡みながらも、それまでのストレート麺にはない食感の麺が作りたいと、製麺会社の西山製麺とともに考案に乗り出します。

讃岐うどんのようなコシのある麺の開発にこだわり、行きついたのが、現在も愛され続けるこのちぢれ麺なのです。

「麺は生もの」がモットーの味の三平では、このちぢれ麺を弱火でじっくりと熱を通すことにこだわっており、こうすることで麺に透明感とコシが出るのだと語ります。

札幌ラーメンを生み出したのは初代の大宮守人さん

戦後の北海道で元気の出る暖かい食べ物を提供したい、という愛情から生まれたラーメンこそが、味の三平の味噌ラーメンです。

創業者である大宮守人さんが元気の出る栄養がある食材、さらには美味しい食材の代表格であった味噌に目を付け、味噌汁をヒントに今日の札幌味噌ラーメンを提案しました。

現在の味の三平では、そんな大宮守人さんの精神とこだわりを継承する2代目である大宮秀雄さん、3代目の大宮一人さんがお店を切り盛りしています。元祖である札幌味噌の味を守りながらも、いまもなお進化させ続けています。

「味の三平」でおすすめの人気ラーメンと特徴

ここからは味の三平のおすすめ人気ラーメンメニューと、それぞれの特徴についてご紹介します。味の三平のおすすめメニューには、やはりなんといってもみそラーメンがあげられ、お店の人気ナンバー1メニューとなっています。

しかしながら人気メニューの2位、3位には、意外なメニューがランクインしています。味の三平の注目メニュー「からい鉄火麺」と「正油ラーメン」についても併せてご紹介していきます。

「味の三平」の人気ラーメン(1)みそラーメン

札幌味噌ラーメンの元祖、味の三平による「みそラーメン」は850円です。その作り方や特徴は、具材となる野菜「モヤシ」「キャベツ」「タマネギ」「長ネギ」、さらには「ニンニク」、そして「ひき肉」を「中華鍋」で炒めることはすでに全国的に浸透しています。

そこへスープを注ぎ煮立たせた後は、まずはスープだけを味噌ダレの入った丼に注いで混ぜます。この時使用する味噌には、「新潟県高田」の味噌であることにこだわります。

そこに味の三平特製のちぢれ麺が投入したのちに、中華鍋に残った野菜やひき肉の具を上から乗せ、「メンマ」「三つ葉」をトッピングすれば元祖みそラーメンが完成します。

「味の三平」の人気ラーメン(2)からい鉄火麺

続いてご紹介するからい鉄火麺とは、トウガラシなどが入った辛いラーメンという意味合いであり、知る人ぞ知る味の三平の人気メニューです。

その特徴はスープの表面にはラードの油膜が貼っていて厚さを閉じ込めているので、その辛さ熱さを逃がさない点にあります。注意していただく必要がありますが、その美味しさは折り紙付き。

ただ辛いだけではなく、野菜の甘味とひき肉の旨味を感じられ、味の三平ならではのちぢれ麺が熱に負けることなく、最後までじっくりと味わうことが出ます。

まさに寒い北海道ならではの愛情にあふれた至福の一杯です。辛さは「大」「中」「小」の3つから選ぶことができ、いずれも同一の850円で楽しむことができます。

この選べる辛さについてはサイズのことではなく、あくまで辛さのことなのでくれぐれもご注意ください。辛さが苦手な方は、小をおすすめします。

「味の三平」の人気ラーメン(3)正油ラーメン

元祖みそラーメンを提供する味の三平には、意外なことに正油ラーメンも提供されており、みそ、正油のどちらでも人気を博しています。まずはなんといっても特徴的なのが、チャーシューによる存在感です。

チャーシュー麺でもないのに特大のチャーシューが入った味の三平の正油ラーメンは、チャーシューがお好きな方のテンションが上がること間違いなし!の一杯です。

このチャーシューはお肉の旨味にあふれ、味付けがおいしいと好評であり、さらにはみそラーメンではこのチャーシューが楽しめないこともあるため、正油ラーメンは味の三平の絶品チャーシューを堪能するには絶好の一杯となっています。

正油ラーメンは熱を逃がさないラードの油膜と、炒めたモヤシとタマネギの甘味が、正油の香ばしさと奥深さをより高めてくれます。

他店の醤油ラーメンとはやや違った味わいをみせるあたり、さすがの正油ラーメンに仕上がっています。正油ラーメンの価格は、みそラーメンとからい鉄火麺と同様1杯850円にて販売しています。

「味の三平」は「ラーメンライス」の発祥でもある

さらに味の三平が先駆けなのは、札幌味噌ラーメンやちぢれ麺だけではありません。現代におけるラーメン屋ではすっかりおなじみのメニュー、ラーメン屋になくてはならないメニューといってもよい「ラーメンライス」をはじめて提供したお店が、味の三平であるといわれているのです。

創業当時、ラーメンだけでは足りないと嘆いた常連へのサービスとして、洋食皿に盛ったご飯を提供したところ、常連の間でこぞってラーメンライスの名で浸透しはじめ広まったのです。

味の三平のラーメンライスは、他店のラーメンライスとは提供方法がやや異なり、「お椀」にご飯を盛り付けるスタイルではありません。洋食皿にご飯を盛り付けるスタイルであることから、現在もなおラーメンライスと呼ばれ続けているのです。

「味の三平」ではサイドメニューにも注目

そのため、おすすめのサイドメニューの筆頭には「ライス」が挙げられます。ラーメンにわずか100円を追加するだけでライスがセットになるばかりでなく、なんとキムチまで付いてきて大変お得なメニューとなっています。

美味しい味噌ラーメンとライス、キムチの相性の良さといえば、多くの方が共感される点も多いはず。さらに味の三平のサイドメニューのおすすめは、ライスだけではありません。

手作りシューマイ

味の三平でおすすめしたい美味しいメニューは、元祖である味噌ラーメンやライスだけではありません。洋食からヒントを得て開発したという美味しい「シューマイ」もおすすめしたいメニューのひとつです。

このシューマイですがどこが洋食なのかというと、なんとシューマイによく使われる調味料「醤油」や「からし」でいただくのではなく、「ウスターソース」でいただくというのだからなんとも不思議な味わい。

しかしながら意外な相性と病みつきになる味わいから美味しいと評判になり、現在も残り続ける味の三平の看板メニューのひとつとなっています。1個60円というリーズナブルな価格も可能なことも人気の理由のひとつとなっています。

「味の三平」ではお土産も大好評

味の三平ではお土産メニューも充実しています。ご紹介した、ウスターソースとの相性が美味しいシューマイは「おみやげシューマイ」は10個入りで620円とお手軽にお持ち帰りすることが可能です。

お土産を目的に来店される観光客や常連客も多数いらっしゃいます。とくに「おみやげラーメン」については地方発送も承ってくれているので、くわしくは公式ホームページを参照してみましょう。

お土産のラーメン紹介

また、味の三平の味をご家庭でも楽しめるお土産もご用意しています。お店の味をいつでも楽しめると大好評で、おすすめの食べ方は麺を約3日間寝かせてからいただくと、より熟成がすすみ美味しいラーメンをいただくことができます。

「おみやげラーメン」は4食入りで1,300円です。このお土産ラーメンには味噌が2食分、さらには味噌だけでなく人気メニューの醤油が2食分ずつと、お店の味を存分に楽しめるセットとなっています。ご家庭でも三平の味をお楽しみください。

「味の三平」の店舗情報・アクセス情報

ここからは札幌味噌の発祥ラーメン店である、味の三平の営業時間や定休日、アクセス方法などの基本的な情報をご紹介します。

味の三平はラーメン通の方であれば一度は訪れてみたいお店であり、全国屈指のラーメン激戦区である札幌市内においても特に人気が高いお店です。

北海道という寒さの厳しい場所で行列に並ぶ覚悟が必要なので、向かう前にしっかりと調べてからお店に向かうことをおすすめします。

店舗情報

定休日は毎週月曜日に加え、第二火曜日もお休みをされています。なお、営業時間についてはお昼の部の営業が11時から15時までとなっています。

夕方からの営業については16時から19時分ごろまでと、他店に比べるとやや早めの開店時間と閉店時間となっているため、ご注意ください。

住所 北海道札幌市中央区南1条西3丁目2 大丸藤井セントラルビル4階
電話番号 011-231-0377

電車でのアクセス方法

最寄り駅である札幌市電の「西4丁目駅」からは徒歩3分ほどで到着する好立地であり、出口からは約100メートルの距離にある「大丸藤井セントラルビル」の4階に、味の三平はあります。

また、地下鉄南北線をご利用であれば「大通駅」からもアクセス可能です。「12番出口」もしくは「17番出口」から徒歩で5分もあれば十分にアクセスが可能です。

バスでのアクセス方法

味の三平へは、バスからのアクセスも楽々なのでおすすめです。「北海道中央バス(101)空沼線南1条」の停留所からでは徒歩1分ほどと、お店からは目の前の距離にあります。

「じょうてつ(7)南1条西3丁目」停留所からでも徒歩1分ほどのため、もっともおすすめのアクセス方法です。

車でのアクセス方法と駐車場

お車でお越しの方は、残念ながら味の三平の専用駐車場はありません。そのため周囲にあるコインパーキングをご利用ください。「カタオカビルパーキング」では終日30分間の駐車で160円と良心的な料金で駐車することができるのでおすすめです。

また札幌市内の共通無料駐車券である「カモンチケット」の加盟駐車場であれば、味の三平でのお食事ご利用で30分無料券がもらえます。こちらは店内でのお食事代金が3,000円以上のご利用に限りますのでご注意ください。

「味の三平」で美味しい札幌ラーメンを味わおう

現在、全国各地に札幌味噌ラーメンを提供するお店は無数にあります。その味わいはお店によって異なり、また地域によって異なることも多々あります。

札幌味噌ラーメンは各地で愛され、現代へと続く大ラーメンブームの架け橋的存在となり、ラーメンはいまや国民食とまで言われるように成長しています。さらには現代風にアレンジした斬新な味噌ラーメンに進化させてお店も数多くあります。

しかしながらその元祖である札幌味噌ラーメンの味を楽しんだ幸運な方というのは、北海道という場所柄もあり、全体の割合からするとそう多くないはずです。

ラーメン通な方はもちろん、北海道やさらには札幌周辺に仕事で、観光で訪れる際には、元祖である札幌味噌ラーメンの味を楽しんでみていただきたいと思います。

単に美味しいラーメンなだけではなく、ラーメンの歴史と味の三平の歴史を感じることができ、最高に楽しめる一杯となることでしょう。

関連記事

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ