水天宮の御朱印と御朱印帳まとめ!限定の種類や受付場所も詳しく紹介!

安産の神様として、東京はじめ関東地区で圧倒的に人気が高い水天宮ですが、水天宮にも限定版の御朱印はじめ複数種類の御朱印があります。そんな水天宮の御朱印の受付時間や歴史や見どころから、ご利益の種類などを詳しく紹介し水天宮周辺の名所や、周辺の人気お土産も紹介します。

水天宮の御朱印と御朱印帳まとめ!限定の種類や受付場所も詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1水天宮は東京都日本橋にある!
  2. 2水天宮の創建は江戸時代
  3. 3御祭神は天御中主大神他4柱
  4. 4水天宮は平家に関係深い神社
  5. 5そもそも水天宮とは?
  6. 6安産祈願だけじゃない!水天宮の尊いご利益
  7. 7麗しい水天宮の御朱印
  8. 8水天宮の鎮座200年限定御朱印
  9. 9御朱印とともにもらえる水天宮の御饌米は?
  10. 10優雅できらびやかな水天宮の御朱印帳
  11. 11水天宮が愛される理由
  12. 12水天宮の御朱印の受付時間と場所
  13. 13おすすめの水天宮の見どころ
  14. 14水天宮へのアクセス
  15. 15水天宮近辺の楽しい観光名所
  16. 16水天宮周辺の観光名所1:歴史ある「明治座」
  17. 17水天宮周辺の観光名所3:ビルの谷間の「松島神社」
  18. 18水天宮周辺の観光名所4:昭和の息吹「甘酒横丁」
  19. 19水天宮のお土産をご紹介!
  20. 20ご利益もいっぱい!水天宮の優しい神様

水天宮は東京都日本橋にある!

東京都中央区日本橋にある水天宮は、東京を中心に関東一円では安産の神様として人気が高い神社です。交通のアクセスの良い場所で、子供を望むカップルや安産を願う夫婦やその親族など、たくさんの人がお参りしています。そんな、人気の水天宮の複数種類ある御朱印や御朱印帳を紹介します。

水天宮の創建は江戸時代

水天宮(すいてんぐう)は、東京都中央区日本橋蛎殻町にあります。大きなビルがたくさん並ぶ街の一画に、大通りに面して威厳ある佇まいでどっしりと構えています。

水天宮の創建は文政元年(1818年)で、久留米藩第9代藩主・有馬頼徳公が久留米の水天宮を、江戸の久留米藩上屋敷に勧請したことが水天宮の起源です。

御祭神は天御中主大神他4柱

水天宮の御祭神は天御中主大神(あまのみなかぬしのおおかみ)、安徳天皇(あんとくてんのう)、建礼門院(けんれいもんいん)、二位の尼(にいのあま)の4柱です。天御中主大神は日本の神々の御祖先神です。

天御中主大神は天地開闢(かいびゃく)の時に高天原に最初に現れた神様ですから、それまで混沌として一体化していた天と地を生み出したことで、安産や子授けなどにご利益があるといわれている神様です。

水天宮は平家に関係深い神社

水天宮にお祀りされている安徳天皇は、悲劇の天皇でもあります。平清盛の孫になるのですが、わずか数え歳、8歳で平家滅亡の地、壇ノ浦(今の下関市)で、祖母の二位ノ尼と共に入水しています。

建礼門院(平徳子)は安徳天皇の母君です。平清盛と二位ノ尼の娘にあたる人物で、18歳で高倉天皇の中宮となっています。建礼門院は生き残り、その後出家しています。

そもそも水天宮とは?

東京日本橋の水天宮の本宮に当たる久留米水天宮は、寿永4年(1185年)に、高倉天皇に仕え壇ノ浦の戦いで生き延びた、当時の地方行政の監督官である、按察使の局が、現在の筑後川のほとりの鷺野ヶ原に逃れて、建久年間(1190年から1199年)に、安徳天皇と平家一門の霊を祀る祠を建てたのが起源と伝わっています。

江戸時代になって、水天宮の鈴の緒をお下がりとして頂戴し、安産祈願をした妊婦がとても楽にお産ができたという話が次々に広がり、妊婦さんの参拝が絶えなく続いているそうです。それは、日本橋の水天宮も同じです。

全国で神社の名称に「水天宮」を含む宗教法人は27社あります。久留米にある水天宮がその神社の総本営です。やはり、福岡県に10社が集中しています。知名度においては、東京日本橋の水天宮が抜群です。

安産祈願だけじゃない!水天宮の尊いご利益

人気の水天宮は、筑後川の河童とも縁があり水と子供を守護します。そこから、水難除け、漁業豊漁、海運安全、農業豊穣、水商売など、水に関係がある物ごとにご利益が大きいといわれています。

特に。安産、子授け、子育についてのご利益はよく知られていて、安産信仰が篤い神社です。水天宮は、多産で安産が多い犬にちなんで、戌(いぬ)の日には安産祈願の参拝客が多くなっています。

麗しい水天宮の御朱印

水天宮で、通常の時期にいただける御朱印は記事執筆時で4種類です。まず、一般的な「水天宮」の御朱印があります。御朱印の下部に、福犬の絵が書いてある御朱印、弁財天の絵が書いてある御朱印、日本橋七福神の寶生辨財天が書かれている御朱印もあります。

ただし水天宮に限らず、御朱印には限定御朱印があり、時期により発行されます。水天宮の限定御朱印については、参拝の都度確認をおすすめします。

水天宮でいただける御朱印1種類目:水天宮

水天宮の御朱印は、右側に奉拝と入り、御朱印の中央上部には、水天宮の社紋になっている椿と三つ巴紋の朱印が押されます。その下に大きめの四角い印で神社名が朱く押されます。左側には日付が墨書きされます。

実際に墨書きされるのは、奉拝と参拝日だけになります。一般の御朱印と様式が異なる御朱印といえます。

水天宮でいただける御朱印2種類目:日本橋七福神詣の弁財天

水天宮には、拝殿の左側に宝生弁財天が鎮座されています。そこから水天宮では、日本橋七福神詣の弁財天(寳生辨財天=ほうしょうべんざいてん)の御朱印もいただけます。

弁財天の御朱印は、中央に丸い朱印で、宝生弁財天の朱印が押されています。中央には神社名などは書かれません。

水天宮でいただける御朱印3種類目:福弁財天

弁財天のもう一つの御朱印は、福弁財天の御朱印です。笑顔の弁財天の御朱印になります。御朱印の中央の下部に、座った状態で微笑んでいる弁天様が押印されています。御朱印の中央上部は丸い円の中央に福と赤く押印されます。

いただくと、なぜか、ほっとできる御朱印といえます。水天宮に相応しい優しい面持ちの弁財天様の御朱印です。こちらは書置きの御朱印になります。祠の御像は運慶の作と伝えられています。

水天宮でいただける御朱印4種類目:福犬の御朱印

日本橋の水天宮には、戌の日限定の御朱印があります。通常の水天宮の御朱印の下部に、かわいい福犬が3匹押印されます。

戌の日限定の御朱印ですが、当日は妊産婦の方やそのご家族で賑わっています。戌の日に犬の御朱印は安産に大きなご利益がありそうです。こちらは書置きの御朱印になります。

水天宮の鎮座200年限定御朱印

水天宮が文政元年(1818年)に、久留米藩江戸上屋敷に鎮座してから200年目となった、平成30年(2018年)には、水天宮で期間限定の御朱印が頒布されました。

久留米藩邸の邸内社の時代から、身分の隔たりなく多くの江戸の庶民に親しまれた水天宮は、現在に至るまで、首都圏だけでなく全国各地からも参拝者が来宮しています。

水天宮鎮座200年記念御朱印種類1:金字の水天宮

鎮座200年の記念御朱印は、通常の水天宮の御朱印の中央に、金の文字で水天宮と書かれています。江戸鎮座二百年の文字も書かれました。その他は通常パターンの御朱印と同じように、奉拝と参拝日が黒字で墨書きされています。御朱印帳に直接揮毫する御朱印ではなく、御朱印を拝受して張り付ける御朱印になります。

水天宮鎮座200年記念御朱印種類2:寳生辨財天の限定御朱印

鎮座200年の限定御朱印は、水天宮の境内社の寳生辨財天の限定御朱印もありました。御朱印の右側に、奉拝と水天宮境内鎮座と書かれ、中央に寳生辨財天と墨書きされています。丸い弁財天の姿のご朱印も押印されています。

限定版の御朱印の初穂料は、通常の御朱印と同じ500円でした。200年記念の御朱印は期間限定で2018年のみの貴重な限定御朱印でした。今後も限定御朱印は予告なしに頒布されることがありますので、注意しておきましょう。

御朱印とともにもらえる水天宮の御饌米は?

また、水天宮では御朱印と一緒にお米と由緒記がいただけることがあります。お米ですが御饌米といって、御神前にお供えしたお米を分けていただいているのです。  

自宅に帰り、普通に食べるお米と一緒に混ぜて炊いて食べると良いそうです。いっそうのご利益が期待できそうな気がしてきます。

優雅できらびやかな水天宮の御朱印帳

御朱印ブームを底辺で支えているのが御朱印帳です。キャラクターやカラフルな御朱印帳があります。

水天宮にも御朱印帳があります。4種類の御朱印帳があり、どの種類の御朱印帳も水天宮らしい、どことなく穏やかで優雅な感じがする御朱印帳です。水天宮で御朱印を頂くときに、御朱印帳も検討しましょう。

水天宮の御朱印帳1:神紋と福鈴の御朱印帳

水天宮のオリジナル御朱印帳ですが、最初に紹介するのは紺色の織地で、御朱印帳の裏表紙には福鈴と神紋が書かれた御朱印帳があります。

水天宮らしい落ち着いた図柄の御朱印帳です。サイズは縦16.0センチメートル、横が11センチメートルで、蛇腹タイプの御朱印帳です。

水天宮の御朱印帳2:木目調に四神の御朱印帳

次の御朱印帳は、木目調の生地に方角を司る「青龍、白虎、朱雀、玄武」の四神のかっこいい図柄が描かれたタイプの御朱印帳です。表に御朱印帳の文字、裏に水天宮の文字が書かれています。サイズは縦16.0センチメートル、横が11センチメートル、水天宮らしい御朱印帳です。

水天宮の御朱印帳3:椿の御朱印帳

もう一種類の御朱印帳は、水天宮の社紋にもある椿がモチーフになった御朱印帳です。御朱印帳の表には椿の花と葉が描かれ、裏には椿の花と椿を好むメジロが描かれています。御朱印帳の生地には丹念に織り込んだ線がうっすらと浮かび上がっています。

椿とメジロのタイプの御朱印は、緑色と桃色の2種類のタイプがあり、どちらも人気で同じ位売れているそうです。

水天宮が愛される理由

文政元年(1818年)、久留米藩有馬家上屋敷内に祀られていた水天宮は、武士だけでなく、特に地域の人々の信仰が篤く、屋敷の堀越しにお賽銭を投げ入れる人々が絶えなかったそうです。

当初は、毎月5日に限り、屋敷の門が開かれて水天宮のお参りが許されていたようです。そんなことから、有馬家と「情け深い」を掛けて、「なさけありまの水天宮」という、江戸っ子独特の洒落が流行語となったそうです。

水天宮の御朱印の受付時間と場所

水天宮の御朱印の受付時間は、午前8時から午後6時(18時)までです。いずれの御朱印も神札所で受け付けていただけます。初穂料は500円になります。

水天宮の開門時間は、7時から18時です。神札所が開いている時間は午前8時から18時までです。1時間異なります。早い時間に参拝される場合は注意しましょう。

おすすめの水天宮の見どころ

まず、水天宮には、様々な見どころがあります。それらの見どころとともに、水天宮には4つの境内社があります。火風神社、高尾神社、寶生辨財天、秋葉神社がります。それぞれに、異なる種類のご利益が期待できます。水天宮にお参りする時は境内社にもお参りしましょう。 

水天宮の見どころ1:本殿

水天宮の本殿は2016年に再建されています。建て替えられた本殿は、白木を基調とした神社建築様式です。また、創建以来、受け継がれている伝統がある錺金具(かざりかなぐ)や、美しい彫刻等も施してあります。

さらに、最新の免震構造が取り入れられています。神社ながら新しい時代にマッチした社殿といえます。

水天宮の見どころ2:子宝いぬ

水天宮の子宝いぬは、安産で知られる犬ですが、それもそのはずで優しさあふれる母犬が子犬を見つめる姿です。どこか親が子を慈しむ姿にも見えます。

母犬の周囲を取り巻く十二支から自分の干支を撫でると安産や子授けなどのご利益があるといわれています。お参りの時に、子宝いぬもお参りしましょう。

水天宮の見どころ3:狛犬

水天宮の狛犬も人気です。水天宮の狛犬の一方は、口を開けて前足で玉を守っています。もう一方の狛犬は口を閉じて、子犬を守る姿です。見事な一対の狛犬になります。

「阿吽(あうん)」の呼吸に相応しい狛犬です。魔除けの意味合いもある狛犬です。水天宮本宮の久留米出身のブリヂストンの創立者・石橋正二郎氏が奉納した狛犬です。

水天宮の見どころ4:安産子育河童

水天宮の本宮がある久留米では、古くから筑後川に河童伝説があり、河童と水天宮は深い関係があります。そこから、日本橋の水天狗にも、親河童の足下と胸、肩に赤ちゃん河童がしっかりとしがみついている姿の仲睦まじい河童の親子像があります。水天宮に河童は似合っているようにも思えます。
 

水天宮の見どころ5:寳生辨財天

御朱印のパートでも書きましたが、寳生辨財天(ほうしょうべんざいてん)は、水天宮の見どころの一つでもあります。

水天宮の弁財天には貴重な逸話があります。久留米藩の第9代藩主・有馬頼徳公が、加賀百万国の前田公と能の腕前を競うことになった時に、弁財天に勝利祈願をかけられ、満願の日に、みごと勝つことができたため、室生弁財天ともいわれています。

水天宮へのアクセス

水天宮は東京の中心地日本橋にあります。アクセスは大変良い場所で、特に公共交通機関が発達しているところす。公共交通機関を利用して水天宮にお参りすることをおすすめします。時間も有効に利用でき周辺に数ある観光名所もスムーズにめぐることができます。

水天宮は日本橋にあり、地下鉄でのアクセスが便利です。東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅で降りて、5番出口から徒歩1分の距離です。東京メトロ日比谷線の人形町駅からだと、A1の出口からで、徒歩6分程度でアクセスできます。

東京には、都営地下鉄も走っています。その都営地下鉄で水天宮にアクセスができます。都営地下鉄浅草線では、人形町駅のA3出口から出て、徒歩で約8分です。

同じく都営地下鉄の新宿線ならば浜町駅で降りて、A2出口から徒歩で約12分で水天宮にアクセスできます。このように駅から時間がかからずアクセスできます。

水天宮へ車でのアクセス

車で水天宮にアクセスする場合は、首都高速道路の箱崎インター浜町出口が便利です。都心の神社では駐車場がない神社もありますが、水天宮には参拝者用の有料駐車場があります。

水天宮の駐車場は、約40台の車を停めることができるスペースがあります。駐車場を利用することができる時間は、午前7時から午後5時までとなっています。ただし、戌の日は大変混みあいます。

車では、東京駅八重洲口からタクシーを利用しても、おおよそ15分と短時間で着きます。水天宮は便利が良い場所にあります。

住所 東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4-1
電話番号 03-3666-7195

Thumb水天宮周辺の駐車場まとめ!料金が安い場所や混雑しにくい場所をチェック!
東京都中央区にある「水天宮」へ車でアクセスする際におすすめの駐車場をご紹介します。水天宮周辺...

水天宮近辺の楽しい観光名所

水天宮近辺には歴史ある名所がたくさんあります。日本橋に地区です、歴史がある名所がたくさんあります。水天宮におまいりしてから、足を延ばして周辺の観光名所を巡ってみましょう。歴史がある日本橋ですから、観光名所も多く、じっくり楽しめる観光スポットがたくさんあります。

水天宮周辺の観光名所1:歴史ある「明治座」

今でも人気の明治座です。明治6年(1873年)に開場した喜昇座が、明治座のはじまりです。その後は、久松座から千歳座と移り、明治26年(1893年)に明治座と改称しています。

平成5年(1993年)に現在の浜町センタービル内に開場しています。歌舞伎だけでなく、新劇や人気歌手の公演などが上演されています。

住所 東京都中央区日本橋浜町2丁目31番1号
電話番号 03-3660-3939

水天宮周辺の観光名所2:「舟遊びみづは」

江戸情緒が残る日本橋界隈で舟遊びを楽しみましょう。「舟遊びみづは」さんは新しい会社ですが、風流な舟遊びは、江戸時代には一部の庶民にまでは定着していたようです。

江戸の名残を、水路を巡る和風でモダンな屋形船で楽しみましょう。日本橋から屋形船に乗って江戸情緒を味わいましょう。

住所 東京都中央区日本橋1-9地先
電話番号 070-6476-9827 (問い合わせ先)

水天宮周辺の観光名所3:ビルの谷間の「松島神社」

日本橋はビルが立ち並ぶ地域ですが、その一角にある小さな神社が松島神社です。松島神社の創建年代は不詳で、正確な記録がないようです。

この一帯が入り江で小島が点在していた元享年間(1321年~1323年)頃に、下総から柴田家が移り住み、邸内に諸神を勧請して神社を建てました。神社として灯す燈火が、入り江を航行する船の目印となり、航海の安全に寄与していました。

江戸時代に近辺が松島町と名付けられ、明治7年(1874年)に村社に格付けされて、大正5年(1916年)6月10日に松島神社となっています。

住所 東京都中央区日本橋人形町2丁目15-2
電話番号 03-3669-0479

水天宮周辺の観光名所4:昭和の息吹「甘酒横丁」

甘酒横丁商店会は、人形町商店街通りから明治座のある清洲橋通りまでの道路の両側にある商店から成り立っています。

明治の昔に、今の甘酒横丁入口付近に「尾張屋」という甘酒屋さんがあったことで、その小路を「甘酒屋横丁」と呼んでいたのが、甘酒横丁の由来になっているようです。

当時、人形町にあった寄席や明治座の見物客でたいそう賑わっていたようです。今でも甘酒横丁には、昔ながらの老舗や名店がたくさん並んでいて、令和になっても、明治の雰囲気が漂う街並みです。水天宮参拝の後に立ち寄りたい横丁です。

住所 東京都中央区日本橋人形町2丁目

水天宮のお土産をご紹介!

水天宮の周辺は、歴史ある場所で歴史ある名店がたくさんあります。人形焼き発祥の地、人形町にも近く人形焼きの名店もあります。

水天宮にお参りしてお願いした後に、家族や親しい人や職場の仲間に、さらには自分へのお土産として求めましょう。名店の美味しいスイーツがめじろ押しです。

「柳屋」のたい焼き

東京名物で庶民の味といえば、たい焼きです。人形町の「柳屋」さんはたい焼きの名店として、頻繁にマスコミに登場するたい焼きの名店です。

柳屋さんのたい焼きは、冷めても美味しいたい焼きとして知られています。たい焼きは、薄い皮ながら、粒あんがぎっしり詰まっています。柳家さんの営業時間は、月用から土曜日は、12:30から18:00までになります。

住所 東京都中央区日本橋人形町2-11-3
電話番号 03-3666-9901

水天宮の甘処「つくし」

明治10年(1877年)創業の「水天宮つくし」さんは、水天宮前駅から徒歩で約1分のところにある、老舗甘味処です。お店のおすすめは、卵の風味が生きている少し固めの「人形町風鈴(プリン)」と、そのプリンを使った「人形町風鈴あんみつ」です。水天宮のお土産におすすめです。

つくしさんの営業時間は、販売部門で8:00から20:00、茶寮は10:30から18:00までです。日曜日と祝日は、販売部門の閉店時間が17:00、茶寮の閉店時間は16:00までです。

住所 東京都中央区日本橋人形町2-1-12
電話番号 03-3664-7357

東京名物人形焼の名店:重盛永信堂

水天宮のすぐ近くに人形町があります。人形町といえば東京名物「人形焼き」です。「重盛永信堂」さんは、人形焼きの工場もあり、複数の職人さんが人形焼を焼いています。餡がたっぷり入った七福神の人形焼は大人気です。極薄の皮に包まれた餡は北海道十勝産の小豆を使っています。

大正6年(1917年)の創業の、老舗人形焼きの名店、重盛永信堂さんの隠れた人気アイテムが、カステラ焼です。カステラ焼きは、あんこの入ってない人形焼きです。それでも、熱心なファンが多い商品です。

重盛永信堂さんの営業時間は、月曜日から金曜日は9:00から20:00までです。土曜日の営業時間は、9:00から18:00までになっています。

住所 東京都中央区日本橋人形町2丁目1-1
電話番号 03-3666-5885

Thumb久留米の水天宮といえば安産祈願!子授けお守りも有名でおすすめ!
福岡県久留米市にある神社である水天宮は、子授けや安産祈願をする方に人気のスポットです。水天宮...

ご利益もいっぱい!水天宮の優しい神様

水天宮は安産の神様として大勢の人から篤く信仰されていますが、それ以外にも、学業や芸事成就のご利益も期待できます。御朱印も複数種類あり、限定御朱印が頒布されたこともあります。周辺にも観光施設があり、アクセスのよい場所、日本橋にある神社です。水天宮に出かけて様々なご利益を授かりましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ