「いそのかづお」は札幌ブラックラーメンの名店!人気メニューは?

札幌の中心すすきのにおいて、不動の人気を誇るラーメン専門店「いそのかづお」。その営業は22時からでありながら、行列が絶えないラーメン専門店です。いそのかづおでは「札幌ブラック」を武器に、その他の絶品メニューの数々を展開する同店。その人気の秘密をご紹介します。

「いそのかづお」は札幌ブラックラーメンの名店!人気メニューは?のイメージ

目次

  1. 1札幌は全国屈指のグルメ激戦区
  2. 2櫻井ラーメンいそのかづおとは?
  3. 3いそのかづおの定番人気メニュー「札幌ブラック」
  4. 4いそのかづおの人気おすすめメニュー3選
  5. 5いそのかづおの営業時間
  6. 6いそのかづおへのアクセス方法
  7. 7いそのかづおで深夜に濃厚ラーメンを楽しむ!

札幌は全国屈指のグルメ激戦区

札幌といえば北海道の繁華街にして、中心地。当然ながら北海道における県庁所在地である札幌は、例年多くの観光客が訪れます。

北海道観光の中心地でありながら、道民の生活の拠点ともなるこの場所では、私たちのイメージを裏切らない数々のご当地グルメが非常に多く眠っています。

Thumbすすきののおすすめグルメ特集!北海道で人気の海鮮や定番料理まで!
北海道札幌市「すすきの」でおすすめのグルメ特集をします。すすきのは札幌市内でも一番の歓楽街で...
Thumb「つっこ飯」は札幌すすきのの名物グルメ!大盛りのイクラが絶品の必食メニュー!
北海道札幌市のすすきので名物飯と言えば「つっこ飯」。つっこ飯はいくら丼のことですが、一般のい...

櫻井ラーメンいそのかづおとは?

そんなグルメの激戦区において、とてもユニークで遊び心溢れながらも、ラーメン通が足繁く通う人気ラーメン店がひっそりとたたずむといいます。

個性的なそのお店の名前は「いそのかづお」といい、札幌市にあるラーメン店のなかにおいて希少価値の高いブラックラーメンを提供するお店として今、注目されています。

「いそのかづお」は札幌市のさらに繁華街にあたる、全国的にも知られた「すすきの」での営業という点からか、営業時間が22時からと全国的にも珍しいラーメン屋さんです。

しかしそこで提供されるラーメンがおいしいと評判を呼び、その時間帯にも関わらず連日行列ができることが、もはやおなじみの光景になりつつあります。

また、スープがなくなり次第営業が終了するという文言通り、閉店時間前である早朝を待たずして営業が終了してしまうことがしばしばあります。

ラーメン通であれば一度は訪れてみたい気になるラーメン店、それが今回ご紹介する「いそのかづお」なのです。

「いそのかづお」の特徴といえば、なんといってもお店の個性とそれに負けないラーメンの味、そして金額にあるといえるのではないでしょうか。訪れた方はその金額の安さと、それに見合わぬ美味しさに驚き、喜ばれています。

Thumbすすきののラーメン人気店BEST25!おすすめの有名店から穴場まで!
魅力溢れる飲食店が集まる札幌・すすきのは、全国でも有数のグルメスポットです。中でもラーメンに...

いそのかづおの定番人気メニュー「札幌ブラック」

ブラックラーメンといえば「富山ブラック」でしられる富山県のご当地ラーメン、ブラックラーメンを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、ここ札幌でも富山県とはまったく異なるブラックラーメンを楽しむことができます。札幌のラーメンといえば、やはりまっさきにあげられるのは「札幌味噌」ラーメンです。

この札幌味噌ラーメンが全国的には圧倒的に有名ですが、その札幌市内において、あえて変わり種メニューであるブラックラーメンで勝負するお店が、今回ご紹介する「いそのかづお」なのです。

「いそのかづお」ではそのラーメンを店主自ら命名した「札幌ブラック」と名乗ることで、富山県で有名なブラックラーメンとの差別化を図っています。

また「いそのかづお」では、このユニークな札幌ブラックをはじめとしたさまざまなメニューが目白押しであり、来る人をまずは目で楽しませてくれると話題の人気店となっています。

Thumb「味の三平」は札幌味噌ラーメンの元祖!おすすめの人気メニューを紹介!
北海道の繁華街にして中心地でもある札幌市中央区には、札幌味噌ラーメンの元祖「味の三平」がお店...
Thumb札幌の味噌ラーメンおすすめランキング!専門店や人気店が満載!
北海道の札幌と言えば、海の幸やジンギスカンなど、美味しい名物料理が目白押しですが、中でも抜群...

こってり系の醤油ラーメン

富山ブラックでしられるブラックラーメンとは、味付けこそ濃いめでありながらも、見た目とは違いどちらかというと「優しい醤油味」のラーメンを提供することでしられています。

しかし「いそのかづお」で提供している札幌ブラックは、こってり系が好きな方にはたまらない、がっつりとした食べ応えが得られる、どちらかというと若者向けといった感じのラーメンです。

たまり醤油とマー油をメインとした、がっつりとした食べ応えだけではなく、タマネギの甘さをじっくりと引き出した奥深さまで味わえる至高の一杯であり、この札幌ブラックは「いそのかづお」のラーメンメニューのなかでもやはりもっとも人気があります。

お店もやはり1番のウリとする人気メニューなだけに、「いそのかづお」を訪れた際に、まずは抑えておきたい安定の一杯といえます。この札幌ブラックは太麺を使用しており、またニンニクが効いているので、がっつりとした食べ応えを感じることができます。

この太麺もスープをしっかりと吸って黒味がかりながらも、けっしてコシを落とさない見事な食感を残してくれます。

見た目にも美味しい札幌ブラックは、さらに完成前に見せるパフォーマンス、ラーメンの表面を火で炙る「ファイアー」もおなじみであり、訪れる人々を退屈させません。

「いそのかづお」では、この札幌ブラックをはじめとしたラーメンメニューには、各種「ハーフサイズ」とご用意しています。このハーフサイズはとても使い勝手がよく人気メニューであると同時に、注意が必要なメニューでもあります。

ハーフで注文すると後悔するかも?

すすきのという場所柄か、「いそのかづお」では各種ラーメンメニューに「ハーフサイズ」をご用意しています。「飲んだあとのシメ」が成り立つ札幌のラーメン事情を汲み取った店主の、優しさに溢れた人気メニューともいえます。

もともとのサイズである札幌ブラックが800円であるのに対し、このハーフサイズメニューは650円と、純粋にラーメンを楽しみたい方には物足りないかもしれません。

そのためハーフサイズメニューはあくまでお酒を嗜んだ方のシメとして考えていただき、名店のラーメンを心行くまで楽しみたい!という方はハーフサイズの注文はされないことが無難かもしれません。

反対にハーフサイズメニューは女性や小食の方、空腹時ではないという方には最適なサイズとなっています。これらの方はぜひとも、「いそのかづお」ならではといってもいい、このハーフサイズメニューのご利用をされてみてください。

また、これからご紹介するサイドメニューなどと一緒に、人気のラーメンも満喫したい!という方にも、ハーフサイズメニューはおすすめできるといえます。

さらには、せっかく並んだからには、ここまで来たからにはもう一種類のラーメンも味わってみたい!という真のラーメン通の方にもハーフサイズメニューはおすすめできるといえます。

いそのかづおの人気おすすめメニュー3選

やはりもっとも人気のメニューでありながら、お店も一押しするメニューである札幌ブラックがおすすめの一杯です。通常サイズで800円ですが、厚切りの「チャーシュー」に「半熟ゆで卵」、ブラックにふさわしい「キクラゲ」と非常に具沢山でバラエティ豊かな一杯です。

お得感あふれる札幌ブラックでは、各種静もご用意しており、たっぷりといただける「大盛り」がわずか100円の追加料金でいただける900円という金額設定です。空腹の方もたくさん食べる方も大満足のボリュームを誇ります。

そしてすでにご紹介の通り、反対に少量のハーフサイズメニューだと650円というお手ごろさです。非常に面白いことに、お店自身が「当店では札幌ブラック以外まったく人気がありません」と掲げてしまっています。

札幌ブラック以外のメニューを食された方からは絶賛されるその他の絶品メニューがあるにもかかわらず、その個性とユーモア、さらにその裏腹には札幌ブラックへの絶対の自信が見え隠れします。

メニューを眺めているだけでも楽しめる店主の個性とユーモアにあふれた「いそのかづお」では、待ち時間も退屈させません。

載せものメニューと一緒に組合わせがおすすめ

そのままでももちろん美味しいラーメンメニューの数々ですが、「いそのかづお」ではトッピングやサイドメニューも絶品ぞろいです。なかでも注目は半熟ゆで卵です。

札幌ブラックにはデフォルトで半熟ゆで卵が付いてきますが、なんと50円で追加注文を承っています。さらにこだわりの強いラーメン専門店であるにもかかわらず、卓上には複数の調味料が置かれている点も好感が持てます。

その調味料にまで徹底的にこだわっており、ご利用はもちろん無料。魚粉である「さかなくん」、珍しい調味料であるがごめ昆布の「がごめさん」、海老粉の「えびちゃん」というぜひとも試してみたくなるような調味料の数々が用意されています。

さらには定番の調味料、味辺に最適な一味唐辛子「いっちゃん」に、胡椒の「ぺっちゃん」と、変わり種だけに寄せない、抜かりのない充実のラインナップを見せてくれます。

無料の調味料が充実

さらには希望者には擦りおろしたトッピング「オロシ生姜」も無料で提供してくれます。スープをあっさりとさせてくれる上に、さらにポカポカと身体が温まる嬉しいサービスです。

オロシ生姜を入れることで風味をよりアップさせる効果に期待が持てるのはもちろん、健康志向の女性に最適です。メニューにある「お気軽に「かづお」までお申し付けください」の文字どおり、気軽にお願いしてみましょう。

このオロシ生姜は、これからご紹介するラーメンメニューである、「ほっとする塩」に「まぁまぁいける白味噌」にも追加することができ、相性の良さはいうまでもありません。

この2つのメニューに関しては、店主曰くまったく人気がないという自虐のようにご紹介していますが、人気がないからといってメニューに載せ続けるには意味があります。

常連客にとってはなくてはならないメニューであり、各種調味料との相性がとくに抜群です。このようにいろいろなアレンジを効かせることができる組み合わせの妙によって、「いそのかづお」では来店ごとに違った表情を見せてくれるでしょう。

「ほっとする塩」函館の日の出製麺を使用

札幌の地で函館の塩を楽しめるユニークな、ほっとする塩は、「函館の日の出製麺」による中細麺を使用した一杯です。このほっとする塩には、卓上調味料のがごめさんが最高の相性を見せてくれます。

このほっとする塩に、がごめ昆布であるがごめさんを入れるのが、全メニューの中で一番!という常連客もいるほどのおすすめメニューです。

ほっとする塩は、他のメニューと比べてシンプルな具材を使用しているためか、通常サイズの一杯がなんと650円という価格でいただけることからも、まさに知る人ぞ知るメニューです。すすきのの中心にありながら、この価格で絶品のラーメンがいただける希少な一杯でもあります。

「まぁまぁいける白味噌」

具材こそ札幌ブラックと同じでありながら、札幌ブラックよりも50円安い750円でのご提供です。札幌ブラックの影に隠れて、初来店方や観光客の方の目には留まらないメニューですが、その味は札幌ブラックに負けず劣らずの絶品です。

白味噌の味わいが札幌ブラック以上に甘く感じられ、その甘味とニンニクが相性抜群と評判です。また「いそのかづお」の味噌味メニューには、3つめの味噌味「意外と人気の辛味噌」もあり、常連客の間でも知る人ぞ知る絶品メニューです。

なんと、この意外と人気の辛味噌しか頼まない!と決めて来店される方も多いのだとか。意外と人気の辛味噌は850円ですが、隠れた人気メニューであり、まぁまぁいける白味噌と併せてぜひとも楽しみたい実力派の一杯です。

ビールと一緒に一品プラス「かづおごはん」

またラーメンメニュー以外に是非一緒に頼みたいのが、「かずおごはん」です。お店自慢の「チャーシュー」にマヨネーズや、食感のアクセントとなる胡麻やネギをプラスした、税委託なラーメンライスとしても楽しめるサイドメニューです。

250円とお手ごろなので、ビールと一緒に一品プラスしたい!というときにも最適な、おすすめのサイドメニューといえます。

いそのかづおの営業時間

ここからは、札幌の個性的なお店「いそのかづお」の気になる店舗情報についてご紹介します。座席の用意数はカウンター7席のみとなっており、ラーメン専門店とはいえ決して広いと店内とはいえません。

しかし、「いそのかづお」を訪れる前に、もっとも注意しなければならない事前情報は営業時間と、行列のできる人気店である点にあります。そして気になるおすすめのアクセス方法についても、併せてご紹介していきます。

住所 北海道札幌市中央区南5条西5丁目21 第2旭観光ビル1階
電話番号 011-520-5533

いそのかづおは夜22:00~翌6:00(スープ切れまで営業)

定休日は基本的に日曜日となります。そしてすでにご紹介したように、「いそのかづお」の営業時間は、通常のラーメン屋とはまったく異なります。

その営業は深夜の22時から朝の6時までとなっています。そのため知らずに訪れてしまうと無駄足になりかねません。また、このような時間帯にも関わらず行列ができることも当然のようにあり、1時間以上の時間を要することも多々あります。

とくに開店直後の夜22時は大行列ができているのが恒例となっています。そのため来店する際には、少々の覚悟が必要かもしれません。可能であれば来店の狙い目は平日の終電後、もしくは朝方の4時から5時の間がおすすめです。

その時間帯であれば大きな行列にはなりにくく、並んだとしても20分前後です。ただし注意点としては、スープがなくなると営業終了してしまうことです。そちらも併せてご注意のうえ、ご来店ください。

いそのかづおへのアクセス方法

ここからは「いそのかづお」へのアクセス情報をご紹介します。電車をご利用の方は、札幌市電山鼻線の「資生館小学校前駅」の出口から出て徒歩およそ2分と非常に好立地です。

バスでお越しの方は「じょうてつ(7)」すすきの停留所から徒歩で約3分、「じょうてつ藻岩線南(55)」資生館小学校前で下車後、歩いて4分ほどのためおすすめです。

またお車でお越しの方は、専用駐車場がありません。近くにあるコインパーキングで駐車してからご来店ください。

Thumbすすきの駐車場特集!最大料金の安い穴場や1泊でも格安など!
すすきので駐車場や安い場所を探していらっしゃいますか。すすきのは、繫華街で、料金が高いイメー...

いそのかづおで深夜に濃厚ラーメンを楽しむ!

その個性的でユニークな店主に隠れることなく、絶品のラーメンを楽しめるおすすめのラーメン店「いそのかづお」をここまでご紹介してきました。

深夜にしか楽しめない点が、訪れる人々を楽しませる反面、やや苦労する点でもありますが、多少の無理をしてでも訪れていただきたい絶品のラーメンが楽しめるお店であることは間違いありません。

全国屈指のグルメ大国である札幌市で、その繁華街であるすすきの界隈で深夜に楽しめるラーメンといえば、「いそのかづお」に決まりです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ