日光の滝巡りコースまとめ!おすすめの名所と見どころを徹底調査!

栃木県の日光には大小数多くの滝があり、周囲の自然と相まって四季折々の美しさを演出しています。広い日光エリアなので滝も散在していますが、主な滝へは車でアクセスが可能です。今回は日光の主要な滝を効率よく回る滝巡りのルートをご紹介します。

日光の滝巡りコースまとめ!おすすめの名所と見どころを徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1日光は美しい滝の宝庫
  2. 2日光の滝巡りのおすすめ1:華厳の滝
  3. 3日光の滝巡りのおすすめ2:湯滝
  4. 4日光の滝巡りのおすすめ3:竜頭の滝
  5. 5日光の滝巡りのおすすめ4:白雲の滝
  6. 6日光の滝巡りのおすすめ5:裏見の滝
  7. 7日光の滝巡りのおすすめ6:寂光の滝
  8. 8日光の滝巡りのおすすめ7:白糸の滝
  9. 9日光の滝巡りのおすすめ8:霧降の滝
  10. 10日光の滝巡りのおすすめ9:その他の滝
  11. 11日光の滝巡りをするときの注意
  12. 12四季折々に美しい!日光の滝を見に行こう

日光は美しい滝の宝庫

25005351 151852298918302 8853090884653154304 n
kimamana_tabibito

自然に囲まれた日光は48滝とも72滝とも言われるほど滝の多いところです。清々しい滝のマイナスイオンを浴びてパワーチャージを図りたいところですが、これだけ滝が多いとどこをどう回ったら良いか悩んでしまうことでしょう。そこで今回は、日光の主な滝を効率よく回る滝巡りのコースをご案内します。

日光の滝巡りのおすすめ1:華厳の滝

25008825 132882967394321 7650438434762260480 n
braaaaad_k

日光の滝巡りのスタートは日本三名瀑にも数えられる「華厳の滝」です。幅7メートル、落差は97メートル。轟轟と音を立て、垂直に落ちるその姿はさすが堂々たる威容です。修学旅行生なども多い観光名所ですので、駐車場も広く、国道に沿って2か所あります。エレベータ近くの駐車場には無料観瀑台設けられています。

25006929 498801850499128 1081825283163553792 n
mikarin0922

「華厳の滝」では、有料になりますが、エレベータで下まで降りて滝壺に近い観瀑台まで行くのがおすすめです。ぐっと滝に近くなり、迫力がまったく違います。無料観瀑台からは見えない滝壺も正面に見えます。華厳の滝を見る展望台は何か所がありますが、やや離れた明智平の展望台は華厳の滝が中禅寺湖や男体山一緒に見えるおすすめスポットです。

日光の滝巡りのおすすめ2:湯滝

23735550 128447431186030 1373388523872190464 n
himajin_dameko

「華厳の滝」から車で20分ほど移動すると「湯滝」です。湯滝は最大幅25メートル、高さ70メートル。華厳の滝、竜頭の滝と共に「奥日光三名瀑」と称されます。「湯滝」は落ち口、側面、滝壺の3か所から鑑賞することができますが、中でも見どころは滝壺の観瀑台。目の前に迫る豪快な滝を見ることができるおすすめの場所です。

13706782 1335883213119869 1228233090 n
kuramochirin

「湯滝」は滝そのものの美しさもさることながらツツジやシャクナゲなどが咲く周囲の自然が美しく、四季折々の風景を楽しみに大勢の人が訪れます。滝のそばにある遊歩道からは湯ノ湖、戦場ヶ原などへのハイキングコースが伸びていますので、駐車場に車を置いてウォーキングを楽しむこともできます。

日光の滝巡りのおすすめ3:竜頭の滝

24327084 742292952643335 7269635475973865472 n
himajin_dameko

「湯滝」から車で10分ほどで「竜頭の滝」に着きます。「竜頭の滝」は華厳の滝、湯滝と共に「奥日光三名瀑」に数えられています。長さは210メートル、幅10メートルほどの滝が階段状の岩を勢いよく流れ落ちています。見どころは滝壺にある大きな石。この石が流れを二分し、その様子が竜の頭に似ていることから「竜頭の滝」と名付けられました。

13706782 1335883213119869 1228233090 n
kuramochirin

「竜頭の滝」の付近はトウゴクミツバツツジの名所です。ツツジと滝のコラボが見たければ5月から6月に訪問するのがおすすめです。また、紅葉の季節も格別で、9月の下旬ごろから色づいた木々と滝の共演が楽しめます。「竜頭の滝」の周辺には臨時のものも含め、数か所の無料駐車場があります。

日光の滝巡りのおすすめ4:白雲の滝

22580556 281365249021087 8030439037825187840 n
keipee2011

「竜頭の滝」から車で15分ほど走ると「明智平展望台」に到着します。ここから見えるのが「白雲の滝」です。「白雲の滝」は高さ42メートルの堂々たる滝なのですが、残念ながら一般の人が近くに行くことはできず、この「明智平展望台」から遠景を望むしかありません。

25008329 384692491943613 3464966094408646656 n
nn.chang90

「明智平展望台」から見る「白雲の滝」は遠いので大きくは見えませんが、その分周りの景色とのパノラマビューが見どころです。特に紅葉の時期はえも言えぬ美しさです。また、展望台からは華厳の滝や中禅寺湖も同時に見えます。明智平ロープウェイからも滝を見ることができますので、ロープウェイに乗る人は目を凝らしていてください。

日光の滝巡りのおすすめ5:裏見の滝

22637308 1902866503310754 2243494828698501120 n
yumotoya46025

「明智平展望台」から車で25分ほどで「裏見の滝」に到着します。「裏見の滝」は華厳の滝、霧降の滝と共に「日光3名瀑」に数えられています。落差20メートルの滝で、以前は名前の通り滝の裏から観瀑ができたのですが、山崩れのため現在は観瀑台から正面の姿を見るだけになっています。

「裏見の滝」は江戸時代に松尾芭蕉も訪れた場所で、「暫時(しばらく)は瀧に籠るや夏(げ)の初(はじ め)」の歌を残しています。芭蕉の時代には、多くの人が滝の裏にある不動明王にお参りに来たのでしょう。駐車場から「裏見の滝」までは約10分歩きますが、ちょっとしたハイキング気分です。周囲の美しい自然も見どころです。

日光の滝巡りのおすすめ6:寂光の滝

19228044 141652356400864 5854345835277451264 n
yukizaki

「裏見の滝」から車で15分ほどで「寂光の滝」に到着します。昔、近くに弘法大師が開いた寂光寺という寺院があったことから名づけられたと言われています。華厳の滝や湯滝などに比べると知名度はさほどではありませんが、高さ50メートル、幅6メートルの滝で、7段に分かれて落ちる姿は一見の価値があります。

「寂光の滝」は「寂光瀑布」として「日光八景」の1つに数えられています。滝に向かうコース途中の見どころに池石(生石)と呼ばれる巨石がありますので、こちらも忘れずに見てください。滝の駐車場に続く県道194号は道が細く、車のすれ違いが容易でない上に側溝もあるので、運転には十分注意する必要があります。

日光の滝巡りのおすすめ7:白糸の滝

「寂光の滝」から車で20分ほど走ると「白糸の滝」に到着します。「白糸の滝」は高さ10メートル、豪快と言うよりは情緒を感じる滝で、観光客で混み合うこともあまりなく落ち着いて滝と向かい合うことができます。滝のある場所は日光二荒山神社の別宮「滝尾神社」の入口付近で、この神社も見どころです。

「白糸の滝」へは近くまで車で行くことができますが、道が細くてすれ違いが困難な場所もありますので、運転が不安な人は東照宮の駐車場に停めて、少し距離はありますが徒歩でアクセスするのが良いでしょう。「白糸の滝」は、弘法大師修行の場と伝えられています。 

日光の滝巡りのおすすめ8:霧降の滝

23596653 731161910428161 7579676168501067776 n
kagekiyo.japan

「白糸の滝」から車で15分ほどで「霧降の滝」に着きます。「霧降の滝」は華厳の滝、裏見の滝と共に「日光三名瀑」の一つに数えられています。滝は2段になっており、上段25メートル、下段26メートル、長さ75メートルの堂々たる姿で「日本の滝百選」にも選出されている日光有数の見どころです。

22857654 149492825663530 9056922619407761408 n
eiichi3153

「霧降の滝」は岩に当たって飛び散る水が霧のように煙って見えることから名づけられました。駐車場は無料で土産物店などもあります。観瀑台から滝までは距離がありますが、それでも滝の迫力を十分に感じることができます。滝の下までは駐車場から40分ほど歩くことになります。

日光の滝巡りのおすすめ9:その他の滝

代表的な滝8つを巡るコースをご案内しましたが、日光にはまだたくさんの素敵な滝があります。「霧降の滝」の奥のハイキングコースを行くと、「隠れ三滝」と言われる「丁子の滝」「玉簾の滝」「マックラ滝」に出会えます。周囲の木立が鬱蒼として薄暗いところから名づけられた「マックラ滝」は落差30メートルの迫力ある滝です。

16583922 1874623312816330 7448546182684475392 n
hiro_tochigi

戦場ヶ原にある「庵滝」は冬に凍結することで知られています。雪原を歩いて行かねばなりませんが、美しいブルーに凍った滝は一度は見てみたい光景です。「太閤下ろし」の滝は落差10メートルあまり、豊臣秀吉があまりの美しさに馬を下りて見たと言われる滝です。遊歩道が通っていて容易にアクセスできる見どころです。

 

第一いろは坂下りの剣ヶ峰の展望台からは谷を挟んで「方等滝」「般若滝」という2つの滝が同時に望めます。奥鬼怒温泉郷からは山道をたどってヒナタオソロシの滝(日向恐ノ滝)まで行く往復2時間のルートがあります。これらはほんの一例です。中にはしっかりとした装備が必要な滝巡りコースもありますので、観光地でない滝に行く場合は事前の準備を怠りなく。

日光の滝巡りをするときの注意

日光の滝は緑濃い森林の中にあるものも多く、気温が一段低くなります。夏でもひんやりと感じる所もあるので、1枚羽織るものを持って行くと良いでしょう。また履物に関しても、場所によっては駐車場から距離があったり、足元が悪かったりスニーカーが必要になりますので、心配な場合はアクセスを調べておくことをおすすめします。

日光は観光地ですので、時期によってはとても混雑する場所が多くあります。余裕を持った行程を計画してください。また、細い道でのすれ違いや駐車場待ちということもありますので、運転の際には心の余裕も大切です。公共交通機関利用の場合は多くの見どころを訪問することはできません。乗り継ぎを良く調べ、無理のない計画を立ててください。

四季折々に美しい!日光の滝を見に行こう

25018757 207017266509080 3274954928757407744 n
ninijoejoe

日光には東照宮をはじめとした歴史スポットや子連れでも楽しめる観光アトラクションもたくさんありますが、四季折々の美しさに感動する「滝巡り」というコースもあることがお分かりいただけたと思います。日光は日本でも有数の多くの滝が見られるエリアです。次回は「滝」にスポットを当てた日光観光はいかがでしょうか。

Thumb栃木の紅葉の見頃・穴場をチェック!絶景が見れる滝や温泉もおすすめ!
栃木県は山も多く、紅葉狩りにいきたくなる様な、紅葉が絶景の名所が色々とあります。そんな中には...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
MinminK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ