鹿児島神宮は開運にご利益のあるパワースポット!御朱印やお守りも人気!

鹿児島県の人気パワースポット鹿児島神宮をご存知でしょうか。非常に長い歴史を持つ鹿児島神宮は、そのパワーを求めて多くの方が訪れています。今回はそんな鹿児島神宮のおすすめ情報や御朱印、お守りなどの情報などを詳しくご紹介します。

鹿児島神宮は開運にご利益のあるパワースポット!御朱印やお守りも人気!のイメージ

目次

  1. 1鹿児島神宮への参拝がおすすめ
  2. 2鹿児島神宮の由来
  3. 3鹿児島神宮の御祭神
  4. 4鹿児島神宮の人気のスポット4選
  5. 5鹿児島神宮の御朱印情報
  6. 6鹿児島神宮のお守りは?
  7. 7鹿児島神宮の有名なイベント行事
  8. 8鹿児島神宮へのアクセス
  9. 9鹿児島神宮と合わせて行きたい!おすすめパワースポット
  10. 10安産祈願は鹿児島神宮への参拝がおすすめ

鹿児島神宮への参拝がおすすめ

鹿児島県に鹿児島神宮をご存知でしょうか。開運にご利益があるパワースポットとして人気です。今回はそんな鹿児島神宮について、そのご利益や人気のスポット、また御朱印やお守りまで詳しくご紹介しています。最近ついていないという方、人気のパワースポット鹿児島神宮で、ご利益を受けてみてはいかがでしょうか。

鹿児島神宮の由来

鹿児島神宮は鹿児島県霧島市にあります。鹿児島神宮の歴史は古く、大隅国の一宮としても有名です。大隅国とは、かつての鹿児島県東部のことであり、一宮とはその地域で最も格式の高い神社を一宮と呼びます。

つまり、鹿児島神宮は古くから社格の高い神社として、地元の人々を見守ってきました。別名「大隅正八幡宮」とも呼ばれています。

鹿児島神宮の始まりは海幸山幸という神話によれば、神武天皇の時に創られたとされています。「天津日高彦穗穗出見尊の宮殿であった高千穂宮を神社としたもの」という説があります。

鹿児島神宮の歴史

また、醍醐天皇の時代にも鹿児島神宮の記載が残されています。『延喜式神名帳』には、「大隅国桑原郡鹿児嶋神社」と書き残されています。平安時代、宇佐八幡が九州のさまざまな場所に別宮を作り、鹿児島神宮に八幡神が合祀つまり、いくつかの神様を合わせて祀るようにしたとされています。

鹿児島神宮内にある一部の建物は、歴史的価値も非常に高く、文化財に指定されているものもあります。その歴史の深さこそ、鹿児島神宮がパワースポットと呼ばれる所以なのでしょう。

鹿児島神宮の御祭神

非常に長い歴史があり、社格も高い鹿児島神宮。そんな鹿児島神宮で祀られている御祭神について見ていきましょう。また、鹿児島神宮には御祭神だけでなく、相殿神4柱も祀られているので、そちらもしっかりとおさえておきましょう。是非、参拝に訪れる際の参考にしてください。

鹿児島神宮の主祭神

鹿児島神宮の御祭神は、天津日高彦火火出見尊(あまつひだかひこほほでみのみこと)と豊玉比売命(とよたまひめのみこと)です。天津日高彦火火出見尊は山幸彦としても知られています。豊玉比売命はその妻として、后紙として鹿児島神宮に祀られています。

鹿児島神宮の相殿神

また、鹿児島神宮には相殿神4柱を合祀しています。その4柱とは、以下の通りです。まず、第14代仲哀天皇、帯中比子尊(なかたらしひこのみこと)仲哀天皇皇后である神功皇后、息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)が祀られています。

そして、第15代第15代応神天皇であり八幡大神、品陀和気尊(ほむだわけのみこと)。そして、応神天皇皇后である仲姫命、中比売命(なかつひめのみこと)の4柱が鹿児島神宮には祀られています。多くの神々が祀られている鹿児島神社は、パワースポットとしても注目を集めています

鹿児島神宮のご利益

鹿児島神宮ではパワースポットしても人気ですが、どのようなご利益があるのでしょうか。代表的なところで言えば、若返り、子授け、安産などのご利益があるとされています。女性の方や夫婦で参拝に訪れるのにおすすめな神社とも言えるでしょう。境内には安産祈願の神社もあります。

そのほかにも、鹿児島神宮のご利益には人気運が上がったり、その人の魅力が増すというご利益もあるとされています。自分に自信を持ちたい人にもおすすめな神社です。

鹿児島神宮の人気のスポット4選

鹿児島神宮の境内にある人気のスポットを4つ厳選してご紹介しましょう。鹿児島神宮は非常に立派な建物が建ちならび、その社格の高さが垣間見える神社です。一部は、県の文化財として指定されているものもあります。境内には人気のパワースポットもあるので、是非参拝の際はチェックしておきましょう。

鹿児島神宮の本殿

鹿児島神宮の本殿は鹿児島県の有形文化財に指定されています。そのほか、拝殿、勅使殿も同じく有形文化財です。神社全体が非常に歴史価値が高いと言えます。本殿は木造建築で建てられており、鹿児島県内でも最大級の広さを誇ります。柱などの朱色の漆塗りも美しく、その荘厳な姿も必見です。

現在の本殿は天宝6年の1756年に島津重豪により、再建されたものです。その存在感のある佇まいだけでなく、細かな装飾までこだわりぬいた姿を是非ゆっくりと楽しんでましょう。

また本殿へと繋がる拝殿には、上を見上げると美しい絵が描かれています。鹿児島神宮の拝殿の天井格子となっており、格子の中には花や野菜などさまざまな絵が描かれています。

鹿児島神宮の勅使殿

鹿児島神宮には勅使殿という珍しい建物もあります。勅使とは天皇や皇帝などの君主が出す使者のことを指します。この勅使を迎える場所となるのが、勅使殿にあたります。勅使殿は神殿社殿の入口に位置し、天皇からの勅使を迎えるように建てられています。こちらも県の有形文化財です。

シャンシャン馬の木馬

鹿児島神宮で人気な神事といえば、初午祭りです。馬が鈴の飾りをつけて踊るという珍しいお祭りとして全国的にも有名で人気な行事です。この馬のことをシャンシャン馬と呼ぶのです。鹿児島神宮には、お祭りの際で登場するようなシャンシャン馬の木馬が飾られているので、是非チェックしておきましょう。

石體神社

最後に紹介するのは、石體神社と呼ばれる神社です。こじんまりとした神社ですが、始まりは神代のころとも言われており、古くはここに社殿があったとされています。

石體神社は、安産成就のご利益があるとして有名です。境内に積まれた丸石をお守りとして持ち帰るのがおすすめで、安産にご利益があると言われてます。また、安産祈願の御祈祷も行われているので、安産を願う女性やその家族も多く訪れる人気のスポットでもあります。

鹿児島神宮の御朱印情報

鹿児島神宮では御朱印も書いていただけます。御朱印集めをしている人は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。御朱印は社務所で書いてもらいます。参拝を終えてからでもいいですし、参拝に御朱印をお願いしておくのも良いでしょう。当日の込み具合も見て判断してください。

鹿児島神宮の御朱印や御朱印帳について

鹿児島神宮の御朱印はシンプルですが、だからこそその格式の高さが垣間見える御朱印と言えます。御朱印には、大隅國一之宮の丸い印とともに、鹿児島神宮の大きな角印が押されています。ご自身の御朱印帳にも、鹿児島神宮の歴史の深さに触れることが出来る御朱印を残してみてはいかがでしょうか。

また、鹿児島神宮オリジナルの御朱印帳も販売しています。表紙のシンプルな黒一色。そんなシンプルな表紙には、金文字で大隅國一之宮鹿児島神宮と書かれています。価格は1500円です。

鹿児島神宮のお守りは?

鹿児島神宮にはお守りも勿論販売しています。お守りは社務所にて授与できます。お守りは、厄払いや商売繁盛などさまざまな種類がありますが、おすすめはやはり安産のお守りです。

安産祈願で参拝する人も多い鹿児島神宮なので、そのお守りのパワーは確かなものでしょう。そのほか、家内安全や交通安全といったお守りも多数あります。参拝の後は、どんなお守りがあるか見ているだけでも楽しくなるでしょう。

鹿児島神宮の有名なイベント行事

鹿児島神宮では年間を通して、さまざまなイベント行事が開催されています。おすすめのイベント行事をいくつか紹介するので、是非参考にしてみてください。古くから行われている歴史の深い行事も多いので、鹿児島の文化に触れてみてはいかがでしょうか。長い歴史の中で愛されてきた鹿児島神宮のイベント行事を見ていきましょう。

鹿児島神社の「初午祭」

鹿児島神宮では、初午祭という神事が行われます。この神事は、牛馬の安全や五穀豊穣などを願って開催されるもの。その歴史は古く、約460年前から行われているお祭りで、鹿児島を代表する伝統行事の一つです。

このお祭りでは、鈴かけ馬という鈴の飾りをつけた馬が20頭以上集まり、太鼓や三味線の音に合わせて踊ります。この鈴かけ馬は「シャンシャン馬」という愛称で親しまれています。

初午祭はいつ開催される?

初午祭りは、毎年旧暦1月18日を過ぎた次の日曜日に開催されます。開催場所は鹿児島神宮境内と参道にて行われます。初午祭の際、参道には多くの露店が立ち並びます。

馬が鈴を掛けて踊るという珍しい姿を一目見ようと、今では県内外から多くの観光客が初午祭に訪れています。その数はなんと20万人以上!非常に多くの方が訪れる行事ですので、行く際は交通状況や混み具合もしっかりと確認するのがおすすめです。

そのほかにもさまざまなイベントあり

その他、鹿児島神宮ではその季節に合わせた行事が行われます。例えば、春には御祭神彦火火出見尊が龍宮城から帰ってきたことを祝う藤祭。夏には七夕祭として、笹の葉に願いを書き、短冊を吊るすることも出来ます。また、このお祭りの際は籠島神宮の宝物が展示されます。この日だけの特別な展示です。

このように四季折々でさまざまなイベントが開催されています。気になる人は公式サイトで詳しい日程が確認できるので、是非見ておきましょう。

鹿児島神宮へのアクセス

鹿児島神宮へのアクセス方法も見ておきましょう。鹿児島神宮へのアクセスは、バス・車・電車と3つの方法が挙げられます。それぞれのアクセス方法を詳しく紹介するので、是非参考にしてください。どの方法でもアクセスしやすいですが、それぞれのマイナスポイントもあるのでしっかり確認しておきましょう。

電車でのアクセス方法

まず鹿児島神宮への電車でのアクセス方法を見ておきましょう。鹿児島神宮の最寄駅は「JR隼人駅」です。この駅から徒歩15分から20分程度で鹿児島神宮にアクセスできます。距離は1.5キロメートル。徒歩で行くのが不安な人は、隼人駅からタクシーやバスを利用するのがおすすめです。

バスでのアクセス方法

鹿児島神宮へのアクセス方法で公共機関を利用するのであれば、バスでのアクセスが最も鹿児島神宮の近くまで着くことが出来ます。バスで鹿児島神宮にアクセスする場合は、鹿児島交通を利用します。

鹿児島交通のバスに乗ったら、最寄りの停留所「鹿児島神宮」停留所で下車をしてください。バスの停留所から徒歩5分で鹿児島神宮に到着します。

ただし、鹿児島神宮行のバスの本数は非常に少ないのがデメリット。バスを利用する際は、あらかじめ時刻表を確認しておきましょう。

車でのアクセス方法

最後に車で鹿児島神宮までアクセスする方法を確認しましょう。最寄りの隼人駅から鹿児島神宮までは車を10分ほど走らせれば着きます。そのほかの主要なインターからのアクセス方法は以下の通りです。

東九州自動車道「隼人西インター」下車であれば、所要時間は10分程度。東九州自動車道「隼人東インター」からだと20分ほどで到着。また、九州自動車道の「空港インター」からは、20分ほどでアクセスできます。

鹿児島神宮のアクセス方法

車で行く際は駐車場も気になるところですが、心配することはありません。鹿児島神宮には第一、第二、第三と3つの駐車場を完備。駐車場は無料で停められます。第一から第三駐車場まで全部で350台の車が駐車可能ですので、安心して車でアクセスできるでしょう。

ちなみに、毎年多くの人が訪れる初午祭の際は、神社周辺の各地も駐車場となり2600台もの車が駐車可能になります。とはいえ、祭当日は非常に混雑するので、気を付けて運転するようにしましょう。

鹿児島神宮と合わせて行きたい!おすすめパワースポット

鹿児島県には鹿児島神宮以外にも人気のパワースポットがいつくかあります。鹿児島県に訪れた際に是非一緒に立ち寄ってほしい、鹿児島でおすすめのパワースポットを紹介します。合わせて立ち寄れば、きっとそのパワーも増すでしょう。まず、初めに紹介したいのは「霧島神宮」です。

霧島神宮は鹿児島県の人気パワースポット。霧島町中央部に位置し、6世紀に創られたという古い歴史を持つ神社です。天照大御神の孫であるニニギノミコトが主祭神。また、その妻であるコノハナサクヤヒメノミコトや子供や孫など、7柱が祀られています。

霧島神宮のご利益は?

霧島神宮のご利益は家族や夫婦の神様が祀られていることから、縁結びや恋愛成就あるいは子宝や家内安全のご利益があるとされています。

霧島神宮は非常に色彩豊かな装飾が特徴で、その姿から栃木の日光東照宮と並び、「西の東照宮」と呼ばれるほど。是非ご自身の目で、その美しさを楽しんでみてください。

竜宮神社

「龍宮神社」も鹿児島のパワースポットとしておすすめです。その名の通り、この神社は竜宮伝説が伝わる長崎鼻という地に位置します。祀られているのは豊玉姫つまり乙姫さま。

神社も竜宮城のような形と朱色の装飾が施されているのものポイント。この神社では竜宮伝説にあやかり、恋愛成就や縁結びなどのご利益があるとされています。

安産祈願は鹿児島神宮への参拝がおすすめ

鹿児島県おすすめのパワースポット、鹿児島神宮についてご紹介しました。古くから鹿児島を見守り続けてきた、社格の高い鹿児島神宮。その歴史と強いパワーを一度感じてみてはいかがでしょうか。その際は御朱印やお守りなども是非チェックしてみてください。きっとご利益をいただけるでしょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
mina

新着一覧

最近公開されたまとめ