明治大学の学食「スカイラウンジ暁」がコスパ最強!おすすめメニューは?

安くてボリュームがある学生の強い味方「学食」。学生だけのものと思いがちですが、一般人も利用できる学食もたくさんあります。今回は、人気の高い明治大学の学食「スカイラウンジ暁」をご紹介します。明治大学オリジナルのおすすめ名物は、コスパ最強メニューと評判です。

明治大学の学食「スカイラウンジ暁」がコスパ最強!おすすめメニューは?のイメージ

目次

  1. 1明治大学の学食「スカイラウンジ暁」をご紹介!
  2. 2「スカイラウンジ暁」は明治大学駿河台キャンパスの人気学食
  3. 3昔は「師弟食堂」という名前で営業
  4. 4明治大学の学食「スカイラウンジ暁」の魅力
  5. 5スカイラウンジ暁の注文システム
  6. 6明治大学の学食「スカイラウンジ暁」のおすすめメニュー
  7. 7スカイラウンジ暁の口コミ
  8. 8スカイラウンジ暁の営業情報
  9. 9スカイラウンジ暁のアクセス
  10. 10明治大学のコスパ最強学食へ行こう!

明治大学の学食「スカイラウンジ暁」をご紹介!

早い、安い、ボリューム満点の3拍子が揃う大学の学食には、一般人も利用できるところが多いことをご存知ですか。大学生の頃は毎日学食のお世話になったという人も、社会人になってからは行く機会がほとんどないという人がほとんどです。今回は、メディアにも頻繁に取り上げられる人気の明治大学学食「スカイラウンジ暁」の魅力をご紹介します。

「スカイラウンジ暁」は明治大学駿河台キャンパスの人気学食

スカイラウンジ暁は、明治大学の4つのキャンパスのうちの駿河台キャンパスにある人気の学食です。駿河台キャンパスは、アクセスの便利な千代田区神田にあります。リバティタワーやアカデミーコモンなどの教室棟や中央図書館、研究棟などがある明治大学の本拠地です。

スカイラウンジ暁は、駿河台キャンパス内の最新設備を備えたリバティタワーに入っています。リバティタワーは、地上23階、地下3階の高さ約120メートルの校舎で、多くの学生が勉学に励んでいます。

2018年夏に外壁工事を終え、ますますオフィスビルのような堂々たる風格が目を惹きます。都心型大学のシンボルともいえる校舎です。

リバティタワーに一歩入ると、開放感のある吹き抜けのエントランスホールが広がります。大学とは思えないホテルラウンジのような豪華さに魅了されます。環境に配慮した設備が整う駿河台キャンパスの中心的建物です。スカイラウンジ暁は、このリバティタワーの17階に入っています。

昔は「師弟食堂」という名前で営業

明治大学の学食「スカイラウンジ暁」は、ホテルのラウンジのような名前の人気の学食です。しかし、かつては「師弟食堂」という純和風な名前の食堂でした。明治大学のOB・OGの中には、学食といえば「師弟食堂」という印象が残っており、スカイラウンジ暁を調べると師弟食堂と併記されている場合もあります。

以前の学食「師弟食堂」は、明治大学の校舎の地下に入っていました。当時は、地下にあるため少し閉鎖的で今とは全く雰囲気が異なる食堂でした。

この後、現在の食堂「スカイラウンジ暁」についてご紹介していきますが、師弟食堂からスカイラウンジ暁へとリニューアルしてからは、明治大学の学食はメディアでも取り上げられるほど有名な学食となっています。

明治大学の学食「スカイラウンジ暁」の魅力

では、現在の明治大学の学食「スカイラウンジ暁」はどんな学食なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。まず、スカイラウンジ暁のコンセプトは、「安くて、美味しくて、満足のできる食堂」です。学生に、ボリュームがあり、かつリーズナブルな和・洋・中の多彩なメニューを用意しています。

スカイラウンジ暁の魅力はたくさんありますが、ここでは4点ご紹介していきます。学食メニューやロケーションなど、他の大学の学食にはない強みがあるので、ぜひ一般人の利用もおすすめしたい学食です。

魅力①学食ならではのコスパ

学食の最大の魅力は、価格です。学生のお財布事情を手助けするワンコイン以下のリーズナブルな価格で、ボリューム満点のメニューがいただけます。スカイラウンジ暁では、500円のワンコインランチの他、カレーは310円~、麺類は380円~と驚くような価格で食べることができます。圧倒的コストパフォーマンスは、学食ならではです。

魅力②明治大学リバティタワーからの眺望

明治大学の学食「スカイラウンジ暁」のウリは、リバティタワー17階からの眺望です。地上約75メートルからの眺望を楽しめる様子から「天国に一番近い学食」という人もいるほどの明るく開放感あふれる学食です。

スカイラウンジ暁の学食内の席は、窓際はカウンター席となっていて、ホテルレストランのような都会の絶景を眺めながら食事がいただけます。カウンター席は、景色を思う存分堪能できる人気の特等席となっています。

窓際のカウンター席は、東向きと北向きがあり見える風景が異なります。東向きの席からは、お台場の観覧車や晴れている日は富士山が見えることもあります。また、時間帯によっては、美しい夜景も楽しめ、ディズニーランドの花火を見ることもできます。一方、北向きの席からは、お茶の水や神保町の古書店街などの古い江戸の街並みが見えます。

カウンター席は、学生にも一般人にもとても人気のため、利用するならば早めの時間に行くことがおすすめです。平日のお昼の時間帯は常に満席で座れないことも日常茶飯事です。特に晴れた日は、オープンすぐに満席になってしまうという人気ぶりです。

魅力③新メニューや週替わりメニューが充実

スカイラウンジ暁は、メニュー内容や食材にもこだわっている学食として有名です。野菜には有機野菜を使ったヘルシーで健康志向なメニューなど栄養面をしっかり考えています。

また、週替わりの定食を始め、季節に合わせた新メニュー開発にも力を入れています。例えば、ハロウィンの時期にはかぼちゃを使った限定メニューを、夏には人気の冷やし担々麺、季節のフルーツを使用したスイーツなど、明治大学オリジナルのメニューを食べに何度でも通いたくなる楽しさがあります。

魅力④一般人も利用可能

明治大学の学食は、一般人の利用も歓迎しています。スカイラウンジ暁には、学生だけでなく一般人が利用している姿もちらほら見かけることができるので入りやすい雰囲気です。一般人の利用でも、価格やボリュームも学生と同様に食事ができます。時には学生に交じって、最強コスパの学食メニューを楽しんでみてはどうでしょうか。

スカイラウンジ暁の注文システム

スカイラウンジ暁では、少し前までユニークな注文システムが採用されており、初めて利用する人には、なかなかわかりづらい方法でした。その方法とは、壁に掛けられている丸いプラスチックの番号札を利用する方法です。

希望のメニューの番号札をとり、大盛りなどのオプションをつけたい場合は追加の札を持って調理カウンターへ出します。カウンターに置かれた賽の目状にラインが引かれたお盆に番号札を順に並べていきます。同じメニューを注文しても誰がどの順に出したのかが分かるようになっているアイデアです。

以前は、少し複雑な注文システムでしたが、現在は食券機が導入されたことで、まず食券を買い、カウンターへ出すお馴染みの方法になりました。レトロな番号札の方法はなくなったのは少し残念との声もありますが、一般人も利用しやすくなりました。

明治大学の学食「スカイラウンジ暁」のおすすめメニュー

それでは、学生にも一般人にも人気の明治大学の学食「スカイラウンジ暁」のおすすめメニューをご紹介していきましょう。学生に人気のカレーやラーメンをはじめ、マスコミからも「学食グルメ特集」などで取り上げられることも多い学食メニューが揃っています。 

たくさんあるメニューの中でも、スカイラウンジ暁の名物となっているのが、3倍量に盛られる「トリプル」大盛りメニューです。すごいボリュームなのに、価格はリーズナブルでコスパの高いメニューです。

スカイラウンジ暁のメニューは、安いからといって手を抜いていないところにこだわりがあります。厳選した食材を使用し、手作りで提供されます。味もかなり定評がある人気メニューばかりです。

トリプルカレー

まず、スカイラウンジ暁でおすすめするメニューは、「トリプルカレー」です。トリプルカレーは、その見た目から明治大学の学食「スカイラウンジ暁」の名を一躍有名にした名物メニューです。

トリプルカレーは、トレイのような大きな器に、通常のカレーの3倍量のカレーライスがもられています。それなのに、価格はたったの540円です。スカイラウンジ暁のカレーは、野菜もゴロゴロと入っている家庭的なカレーです。コクがあり適度にスパイスが効いた食べやすい味です。

駿台スペシャル

2つ目におすすめする「駿台スペシャル」は、明治大学駿河台キャンパスの食堂の名物ワンプレートランチです。お肉などのメインと副菜、ガーリックライスがワンプレートにのり、さらにお味噌汁が付いて480円のお得なメニューです。

メニュー内容は日替わりなので、飽きることがなく、常に人気上位に入っています。ガーリックライスなので、一般人が仕事の合間に利用するのは少し気が引けますが、短時間でガツンと食べたい人におすすめです。プラス50円でガーリックライスを大盛りにできます。

オムカツハヤシ

スカイラウンジ暁の隠れた名物が、「オムカツハヤシ」です。学食メニューの中でも、オムカツハヤシは1、2を争うほど人気の高いおすすめメニューです。しかし、毎日メニューインしているわけではありません。なぜかというと、卵調理できるスタッフが毎日常駐していないからです。

オムカツハヤシは、ふんわり卵のオムレツに包まれたチキンライスに、たっぷりのハヤシルーと大きなカツ、山盛りキャベツがのったボリューム満点のメニューです。ふんわり卵が美味しさの決め手なで、スタッフがいない日に提供できないのは仕方ありません。

オムカツハヤシは510円ですが、カツがのらないオムレツハヤシ430円もあります。量が多すぎて食べれないという人には、オムレツハヤシがおすすめです。

冷やし担々麺

暑い時期にぴったりの季節メニューでおすすめなのが、「冷やし担々麺」です。夏は暑さで食欲がなくなりますが、冷やし担々麺ならするっと食べられて毎年学生に人気のメニューです。ピリッと辛味が効いた冷たいスープに、きゅうりやもやし、ネギなどの野菜とひき肉、煮卵がのっています。栄養が偏りがちの夏にピッタリのおすすめメニューです。

ブラマンジェ・ア・ラ・Meiji

スカイラウンジ暁のおすすめメニューの最後は、スイーツです。こちらでは、スイーツにもこだわっていて、ちゃんと手作りしたものを提供していて、他では見られない珍しいラインナップがとてもユニークです。

「ブラマンジェ・ア・ラ・Meiji」もオリジナルのスイーツで、ブラマンジェの中に角切り豆腐が入っているという斬新なメニューです。おいしい、安いと評判のスイーツは、季節によって内容が変わることがあります。旬のフルーツを使ったスイーツなども用意されているので、その時々の食堂おすすめのスイーツを楽しんでみてください。

スカイラウンジ暁の口コミ

ここまでスカイラウンジ暁の魅力やおすすめの人気メニューを見てきましたが、学食は安いけどおいしいのかわからない、という人のために気になる口コミをご紹介します。

まず、一番多い口コミは、「すごく眺めがいい」というコメントです。他にも、「明るく開放的」、「落ち着いた雰囲気で利用しやすい」といった食堂の雰囲気がとても高評価です。メニューについては、「とにかく安い」、「コスパ最高」などのコメントが目立ちました。学食なので高いコスパを目的に来る人が多いことが分かります。

また「トリプルメニューの量に驚いた」、「学食らしい懐かしさを感じる」という良い評価のコメントがある一方で、「トリプルは量が多すぎて食べられなかった」という人もいました。メニューを選ぶ時は自分のお腹と相談をして決めましょう。

スカイラウンジ暁の営業情報

スカイラウンジ暁の営業時間は、平日10:30~19:00、土曜10:30~16:00です。また、授業のない日曜は定休日です。また、学食であるため、学生が大学を利用する頻度の低い時期の営業時間には注意が必要です。大学休校日や、春、夏などの長期休暇期間などは、営業時間の短縮や変更があります。

スカイラウンジ暁のアクセス

最後に、明治大学の学食「スカイラウンジ暁」へのアクセス方法をご紹介します。まず、スカイラウンジ暁が入る明治大学の駿河台キャンパスへは、JR中央線・総武線または東京メトロ丸の内線の「御茶ノ水駅」、東京メトロ千代田線の「新御茶ノ水駅」が最寄りで、駅から徒歩3分です。

また、都営地下鉄三田線・新宿線または東京メトロ半蔵門線の「神保町駅」からも徒歩5分でアクセスできます。

続いて、駅からの出口案内です。御茶ノ水駅を利用する場合は「御茶ノ水橋口」を、新御茶ノ水駅を利用する場合は「B3b」を、神保町駅を利用する場合は「A5」を利用すると便利です。

駿河台キャンパス内には、リバティタワーとアカデミーコモンの2つの高いタワーがあります。スカイラウンジ暁が入るリバティタワーは、明大通り沿いの神保町駅側にある高いタワーです。

エントランスホールに入ったら、ホール奥にあるエレベーターを利用して17階へ昇ります。授業の終始時間前後は、エレベーターが大変込み合うので、時間に余裕を持って利用するのがおすすめです。

住所 東京都千代田区神田駿河台1-1
電話番号 03-3296-4545(代)

明治大学のコスパ最強学食へ行こう!

今回は、一般人も利用ができる明治大学の学食「スカイラウンジ暁」をご紹介しました。都内の絶景を眺めながら、安くておいしいコスパ最強のご飯が食べられる人気の学食です。栄養面も考えられたボリューム満点のオリジナルメニューは、学生も一般人からも評判です。ぜひ、みなさんも学生気分で利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
shoka

新着一覧

最近公開されたまとめ