東京ドームシティアトラクションズを攻略!おすすめの乗り物など詳しくチェック!

東京の人気スポット「東京ドームシティアトラクションズ」は、さまざまなアトラクションがそろう遊園地です。そんな「東京ドームシティアトラクションズ」のアトラクションの中から、カップルや子供におすすめの乗り物をご紹介していきます。

東京ドームシティアトラクションズを攻略!おすすめの乗り物など詳しくチェック!のイメージ

目次

  1. 1東京ドームシティアトラクションズで遊びつくす!
  2. 2東京ドームシティアトラクションズとは?
  3. 3カップル向け東京ドームシティアトラクションズのおすすめ乗り物
  4. 4子供向け東京ドームシティアトラクションズのおすすめ乗り物
  5. 5まだまだある!東京ドームシティアトラクションズの乗り物
  6. 6東京ドームシティアトラクションズのおすすめイベント
  7. 7東京ドームシティアトラクションズの基本情報
  8. 8みんなが楽しめる東京ドームシティアトラクションズを遊びつくそう!

東京ドームシティアトラクションズで遊びつくす!

東京ドームシティアトラクションズは、たくさんのアトラクションがそろう遊園地で、年代を問わず楽しめる人気のスポットとなっています。そんな東京ドームシティアトラクションズのアトラクションについて、今回はカップルと子供におすすめのアトラクションをご紹介していきますので、参考にしてください。

東京ドームシティアトラクションズの攻略方法をご紹介!

東京ドームシティアトラクションズには、子供から大人まで年代を問わず楽しめるアトラクションがたくさんそろっています。その中から今回は、カップルと子供におすすめのアトラクションと、東京ドームシティアトラクションズのイベントにスポットを当ててご紹介していきます。

東京ドームシティアトラクションズへのアクセス方法やチケット情報などもあわせてご紹介していきますので、カップルやファミリーで訪問する際に参考にしてください。

東京ドームシティアトラクションズとは?

東京ドームシティアトラクションズは、東京ドームや東京ドームホテル、入浴施設のラクーアなどの施設がそろう「東京ドームシティ」にある遊園地です。

東京ドームシティアトラクションズは、以前は「後楽園ゆうえんち」として親しまれていた施設で、2003年に名称を変更した際に入場が無料となりました。後楽園ゆうえんちのころからのアトラクションと新設されたアトラクションがあり、年代を問わず楽しめる施設となっています。

東京ドームシティアトラクションズがある東京ドームシティには、レストランや入浴施設などさまざまなスポットがそろっているので、あわせて楽しむのもおすすめです。

ただし、東京ドームで野球やイベントなどが開催されている場合には平日でも混雑する事もあるので、お気を付けください。

住所 東京都文京区後楽1-3-61
電話番号 03-3817-6001

カップル向け東京ドームシティアトラクションズのおすすめ乗り物

東京ドームシティアトラクションズの乗り物の中から、まずはカップルにおすすめのアトラクションをご紹介していきます。

恐怖体験でドキドキしたり、2人だけの世界に浸ったり、体が密着したりと、カップルにおすすめのアトラクションがそろっているので、乗り物に乗って2人の仲を深めてください。

2人でドキドキしちゃう!「お化け屋敷 怨霊座敷」

カップルにおすすめのアトラクション「お化け屋敷 怨霊座敷」は、靴を脱いで入るちょっと変わったスタイルのお化け屋敷です。さまざまな演出で恐怖を体感でき、途中には撮影スポットもあるので密着したいカップルに人気のアトラクションとなっています。

アトラクションの利用料金は820円で、年齢は6歳以上からで身長制限はありません。期間限定で「特別演出」の内容になる場合があり、転換する際に営業を休止する期間があるのでお気を付けください。

また、このアトラクションは待ち時間を短縮できる「スキップパス」があります。料金は1組(4名まで)で1200円で、「お化け屋敷 怨霊座敷」の券売機で販売しているので、待ち時間なしで利用したい場合には購入してみてください。

2人だけの世界に浸れる!「ビッグ・オー」

「ビッグ・オー」は15分間の空中散歩が楽しめる観覧車で、2人きりになりたいカップルにおすすめのアトラクションです。柱のない中心部分をジェットコースターが駆け抜ける造りになっているので、爽快な景色を楽しみながら2人だけの世界に浸ってみてください。

またこのアトラクションには、世界初となるカラオケ搭載のゴンドラもあります。カップルはもちろん、ゴンドラには4名まで乗車できるので子供連れのファミリーやグループにもおすすめです。

アトラクションの利用料金は820円で年齢・身長制限はありません。ただし、7歳までは付き添いが必要となります。

2人の密着度がアップする!「ブルームエクスプレス」

「ブルームエクスプレス」は、密着したいカップルにおすすめのアトラクションです。円形に配置された乗り物が高速回転し、遠心力で体が密着するアトラクションとなっています。外側に重心がかかるので、カップルで乗る場合には彼女を内側に座らせましょう。

また、乗り物の定員は最大で大人2名と小人1人の3名までとなっているので、子供連れファミリーの利用もおすすめです。利用料金は620円で、身長は100cm以上、年齢制限はありませんが5歳までは付き添いが必要です。

子供向け東京ドームシティアトラクションズのおすすめ乗り物

続いて、東京ドームシティアトラクションズで子供におすすめのアトラクションをご紹介していきます。東京ドームシティアトラクションズには、0歳から利用できる乗り物もあるのでファミリーにもおすすめです。

ただし、子供だけでアトラクションを利用したい場合には年齢・身長制限があるので、確認してからお楽しみください。

0歳からでも楽しめる!「ヴィーナスラグーン」

子供におすすめのアトラクション「ヴィーナスラグーン」は、水上のメリーゴーランドです。通常、メリーゴーランドの乗り物は馬の場合が多いのですが、このアトラクションは馬以外にもパンダやゴリラなどの動物の乗り物があり、子供に人気となっています。

定員が36名と一度にたくさん乗る事ができるアトラクションのため、待ち時間も比較的短めでおすすめです。

このアトラクションは年齢・身長制限がないので0歳から利用する事ができますが、3歳までは付き添いが必要となります。利用料金は520円となっています。

子供の力でも楽しく遊べる!「パワータワー」

「パワータワー」は、乗り物に乗って手元にあるロープを引っ張って、高さ7.5mほどの塔の頂上を目指すアトラクションです。身長120cm以上の子供なら付き添いなしで利用できるので、アスレチックのような冒険気分を味わいたい子供におすすめです。

このアトラクションは年齢制限はありませんが身長90cm以上が対象で、6歳までは付き添いが必要となるのでお気を付けください。料金は420円です。

変わった仕掛けが楽しい!「ピクシーカップ」

「ピクシーカップ」は、色とりどりの可愛らしい形をしたティーカップにのって回転を楽しむアトラクションです。手元のハンドルでティーカップが回転する方向や速さを調整できるので、子供連れのファミリーにもおすすめです。ドーム型のアトラクションのため雨の日でも利用する事ができ、待ち時間も短めとなっています。

このアトラクションは0歳から利用できますが、5歳までと身長が100cm未満の場合は付き添いが必要となります。料金は520円です。

まだまだある!東京ドームシティアトラクションズの乗り物

東京ドームシティアトラクションズのアトラクションの中から、カップルと子供におすすめの乗り物をご紹介してきましたが、東京ドームシティアトラクションズにはこのほかにも、人気のアトラクションがたくさんそろっています。

爽快感が人気のジェットコースター「サンダードルフィン」や、最後に急降下のスリルが味わえる「ワンダードロップ」、雨の日でも楽しめる室内型のアトラクションなど、紹介しきれないくらいのアトラクションがあります。

また、『東京ドームシティアトラクションズといえば、後楽園遊園地』という世代の人におすすめの、パラシュート型のアトラクション「スカイフラワー」といった懐かしのアトラクションもあり、年代を問わず楽しめます。

東京ドームシティアトラクションズのおすすめイベント

東京ドームシティアトラクションズには、アトラクションのほかにもさまざまなイベントが開催されていて楽しむ事ができます。中でも、1971年から開催されているヒーローショーは必見です。戦隊ヒーローが好きな子供はもちろん、昔を懐かしみたい親世代にもおすすめとなっています。

ここでは、東京ドームシティアトラクションズのヒーローショーとイベントについてご紹介していきます。

シアターGロッソで見るヒーローショー

東京ドームシティアトラクションズで人気の「ヒーローショー」は、シアターGロッソで観る事ができます。チケットは前売券と当日券があるので、必ず観覧したいという場合には前売券の購入がおすすめです。

また、「握手会」や「撮影会」に参加したい場合にはそれぞれ別途料金がかかり、公演前に参加券を購入するスタイルとなっているのでお気を付けください。

季節ごとに様々なイベントが楽しめる

東京ドームシティアトラクションズでは、人気のヒーローショーのほかにもさまざまなイベントを開催しています。

夏に開催される水遊びイベントの「わくわく!ウォーターガーデン」や、体験型イベントの「リアル脱出ゲーム」、人気アニメとのコラボイベントなど、イベントの種類が豊富にそろっています。

イベントが開催される期間などは、それぞれのイベントにより異なります。イベントの内容や開催期間は公式サイトに詳しく掲載されているので、東京ドームシティアトラクションズに訪問する前に確認してみてください。

東京ドームシティアトラクションズの基本情報

最後に、東京ドームシティアトラクションズの営業時間やアクセス方法などの基本情報をご紹介していきます。

待ち時間なしでアトラクションを利用する方法なども掲載しますので、参考にしてください。訪問前にしっかりと基本情報を確認して、当日は東京ドームシティアトラクションズをしっかりと満喫しましょう。

営業時間やスケジュール

東京ドームシティアトラクションズの営業時間は通常、午前10時から午後9時までとなっていますが、季節により開園時間や閉園時間が変動するのでお気を付けください。

詳しい営業時間やアトラクションの休止情報は公式サイトに掲載されているので、訪問する日が決まったら必ず確認しておきましょう。

アクセス方法・駐車場

東京ドームシティアトラクションズへのアクセス方法をご紹介します。東京ドームシティアトラクションズへ電車でアクセスする場合には、JR線「水道橋駅」は東口、都営地下鉄・三田線「水道橋駅」の場合はA2出口とまります。

東京メトロ・丸ノ内線と南北線の「後楽園駅」の場合は2番出口、都営地下鉄・大江戸線「春日駅」はA1出口から、東京ドームシティアトラクションズへアクセスするかたちとなります。

車の場合には、首都高速道路の「飯田橋ランプ」または、「西神田ランプ」が最寄りとなります。駐車場は、「東京ドーム、ラクーア、ミーツポート」で共用となっているので、野球やイベントなどが開催される場合には満車になる場合もあります。混雑が予想される日には公共交通機関の利用がおすすめです。

東京ドームシティアトラクションズで、「ワンデーパスポート、ナイト割引パスポート、ライド5」のチケットや「ヒーローショーチケット」のいずれかを購入した場合には、1回に限り、駐車料金が4時間1000円になるサービスが受けられます。

また、東京ドームシティのレストランなどを利用した場合にも割引サービスがあり、1枚の駐車券で最大4回まで受ける事ができるので、駐車料金をお得にしたい場合には活用してみてください。

チケット情報

東京ドームシティアトラクションズのチケットについてご紹介していきます。東京ドームシティアトラクションズは無料で入園でき、アトラクションに乗る際に料金が必要となります。

乗り放題で楽しめるチケットは2種類そろっていて、1日乗り放題の「ワンデーパスポート」と、午後5時から乗り放題の「ナイト割引パスポート」があります。

東京ドームシティアトラクションズは入園料が無料となっているので、小さい子供連れの場合や短時間しか滞在できない時には、気になるアトラクションだけ利用する事もできます。

その場合は、券売機やチケットカウンターで利用するアトラクションのチケットを購入して乗車となります。アトラクションにより料金が異なるのでお気を付けください。

また、5つのアトラクションに乗車でき、複数人でも利用可能な回数券のようなチケット「ライド5」もあります。乗り放題ではなく、少ないアトラクションで充分という人におすすめです。

アトラクションの待ち時間は公式情報をチェック

東京ドームシティアトラクションズでアトラクションを利用する際に気になる待ち時間の情報は、公式サイトに掲載されています。

平日は待ち時間が少なめですが、休日などで待ち時間が長くなりそうな場合には公式サイトで待ち時間を確認しながら計画的に東京ドームシティアトラクションズをめぐりましょう。また、待ち時間に体調を崩す事がないように、暑さ・寒さ対策などしっかりと準備しておきましょう。

待ち時間なしでアトラクションを利用できる「スキップパス」もおすすめです。ただし「スキップパス」が利用できるアトラクションは「サンダードルフィン、バックダーン、お化け屋敷 怨霊座敷」の3つのみで、別途料金が必要となるのでお気を付けください。

Thumb東京ドームのアクセス&最寄り駅まとめ!電車や車での時間や料金を完全網羅!
野球、コンサート、イベントが開催される東京ドームは、ゲートの入口によって電車の最寄り駅が異な...

みんなが楽しめる東京ドームシティアトラクションズを遊びつくそう!

人気のスポット、東京ドームシティアトラクションズについて、カップルや子供におすすめのアトラクションやイベント、アクセス情報などをご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?東京ドームシティアトラクションズは充実した施設となっているので、時間に余裕を持って訪問してすみずみまでお楽しみください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ