吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」の見どころ紹介!おすすめはふれあいコーナー

吉祥寺にある動物園「井の頭自然文化園」は、見どころたっぷりで、大変人気の観光スポットの一つです。モルモットふれあいコーナーが特に話題となっています。吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」について、情報をピックアップしました。吉祥寺観光の参考にしてください。

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」の見どころ紹介!おすすめはふれあいコーナーのイメージ

目次

  1. 1吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」に行こう!
  2. 2吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」
  3. 3吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」の全体MAP
  4. 4吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」の見どころ7選
  5. 5吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」の営業時間
  6. 6吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」への行き方
  7. 7吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」でランチ
  8. 8吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」で楽しもう!

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」に行こう!

吉祥寺にある動物園「井の頭自然文化園」はたくさんの動物たちがいる評判のおすすめ観光スポットの一つです。モルモットふれあいコーナーもあり、いつも多くの人で賑わいます。吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」について、アクセスや営業時間、料金、無料公開日などの観光情報とあわせて紹介します。

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」

「井の頭自然文化園」は、東京都の武蔵野市にある井の頭公園の中にある動物園です。アライグマ、カピバラ、サルなどの定番動物から、リスやモルモットなどの身体の小さな動物までさまざまな動物を眺めることができる人気の動物園です。

モルモットふれあいコーナーは、普段の生活ではなかなか体験できない生き物の命の大切さを体感できる貴重な場所であると大変評判です。

井の頭自然文化園は休日のレジャーにおすすめ!

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」は豊かな自然に囲まれていて、心も身体もリフレッシュできるおすすめの動物園です。

日常の慌ただしい喧騒から少し離れて、ほっと一息つきたい休日に、ファミリーで、カップルで、グループで訪れてみることをおすすめします。それぞれの時間を大切にできる場所です。

Thumb吉祥寺観光のおすすめスポット21選!名所から穴場まで見どころ紹介!
東京の住みたい街と言ったらやはり吉祥寺です。井の頭公園が駅近くにありデートの定番ともなってい...

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」の全体MAP

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」は、約12万平方メートルの広い敷地の中に約170種・約4000頭ものさまざまな動物が飼育・展示されていて、ゆっくりと眺めることができる人気の動物園です。

1942年に開業した大変歴史のある動物園の一つであり、モルモットふれあいコーナーがあったり、動物について学べる工夫がされていたりと、小さな子どもと一緒のファミリーから3世代、動物の勉強をしたい学生など幅広い年代の人から評判となっています。

動物園と水生物園に分かれている

吉祥寺の動物園の「井の頭文化園」は、吉祥寺通(公園通)が真ん中付近を通っていて、その北側を動物園である本園、南側を水生物園である分園として分かれています。

動物園である本園では、カピバラやカモシカ、アライグマなどの哺乳類を中心とした動物の飼育・展示や、放し飼いのリスが可愛らしいと評判の「リスの小径」、ふわふわのモルモットとふれあいができることで人気の「モルモットふれあいコーナー」などがあります。

水生物園である分園は、魚類や両生類、昆虫などの展示があり、貴重な生き物の保護にも力を入れている水生物館と、カモやサギなどの水辺の生き物を見ることができるエリアとがあります。

動物園である本園と、水生物園である分園はどちらからでも入園できますし、両方を自由に行き来することができるので、大変多くの生き物を眺めることができるおすすめのスポットです。

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」の見どころ7選

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」にはたくさんの見どころがあります。人気のエリアにはいつも多くの人が集まっているので、柔軟にあちこちと見て回ってみると良いでしょう。

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」の中で、特におすすめの見どころを7つ紹介します。どこも非日常感が味わえる話題の場所です。

見どころ①生き物広場

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」のおすすめの見どころの一つ目は「生き物広場」です。「生き物広場」は、入園入口から一番奥のエリアにあります。

「生き物広場」は何かの生き物を飼育しているわけではなく、野生の生き物が生活しやすいように工夫されていて、そこに生きている生き物を眺めることができる場所となっています。

どのような生き物が見られるのかは季節や時期によって異なります。どのような場所にどのような生き物が住んでいるのか、学びながら体感できるおすすめの広場です。

「生き物広場」で生き物を探すことができる時間は、4月から10月までが毎週日曜日の11時から12時まで、11月から3月までが第2日曜日の11時から12時までと決まっています。時間内に「生き物広場」に行ってみましょう。

見どころ②モルモットふれあいコーナー

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」のおすすめの見どころの二つ目は「モルモットふれあいコーナー」です。

ここでは専門の係員の指導のもとで、可愛らしいモルモットを膝に乗せたり、なでたりとふれあいをすることができ、大変人気のコーナーです。

モルモットの鼓動やぬくもりを感じることによって、命の大切さや重さを学ぶことができる場所でもあります。

「モルモットふれあいコーナー」の実施時間は、毎日10時から11時30分までと、13時30分から15時までとなっています。たくさんの人で混雑している時には時間制限が設けられることもあるので、係員の指示にしっかりと従いましょう。

見どころ③リスの小径

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」のおすすめの見どころの三つ目は「リスの小径」です。

「リスの小径」は、放し飼いのリスが飼育されている場所で、自由に伸び伸びと動くリスをじっくりと眺めることができます。

リスがクルミを割ったり、のんびりとお昼寝をしていたりと大変可愛らしい仕草が堪らないと癒しスポットとして大変話題になっています。

さまざまなポーズのリスが見られ、何度行っても楽しいと評判です。ちょこちょこと可愛らしい動きをするリスに是非出会いに行ってみるのをおすすめします。

見どころ④ゾウ舎

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」のおすすめの見どころの四つ目は、人気定番動物のゾウがいた「ゾウ舎」です。

「井の頭自然文化園」の「ゾウ舎」は、国内で一番飼育期間が長かったことでも有名なゾウの「はな子」がいた場所です。

1947年の春頃にタイで生まれた「はな子」は、戦後初めて来日したゾウとして1949年に上野動物園に贈られ、その後1954年に「井の頭自然文化園」にやってきました。

「はな子」は、2013年1月には66歳となり、国内のアジアゾウの中で最高齢という記録を更新しました。

「はな子」は、2016年5月26日に69歳で亡くなるまで、「井の頭自然文化園」のシンボル的な存在として長年多くの人に大変愛されてきました。

「ゾウ舎」は当時のままの様子を感じることができるようになっていて、「はな子」への献花やメッセージなどがたくさん飾ってあります。「井の頭自然文化園」に行ったら一度は足を運んでおきたいスポットの一つです。

見どころ⑤スポーツランド

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」のおすすめの見どころの五つ目は「スポーツランド」です。

「井の頭自然文化園」の動物園の奥にあるのが、子どもに大人気のエリアの一つの「スポーツランド」と呼ばれている遊園地です。

メリーゴーラウンドやティーカップなどの乗り物に乗ることができる場所であり、子どもたちがわいわいと賑やかに過ごせる場所となっています。

どの乗り物も1回100円となっていて、大変リーズナブルなので、親子で一緒に遊ぶことができます。

その日に乗る乗り物の回数や種類をあらかじめ決めておくと子どもにも限度が分かりやすくておすすめです。

「スポーツランド」の営業時間は、9時30分から16時45分までで、乗り物券の最終販売時間は16時35分となっています。

見どころ⑥資料館

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」のおすすめの見どころの六つ目は期間限定でさまざまな展示が行われる「資料館」です。

1階部分には特別展示室と絵本コーナーがあり、2階部分はテラスと会議室となっています。さまざまな特別展示やイベントなどが行われることがあるので、事前にチェックして行ってみることをおすすめします。

見どころ⑦水生物館

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」のおすすめの見どころの七つ目は分園である水生物園にある「水生物館」です。

「水生物館」は、魚類をはじめ、かえるなどの両生類の生き物、淡水に生きる生き物など幅広い生き物を飼育・展示しているところです。

ミヤコタナゴをはじめとした希少・貴重な生き物の生育や繁殖にも力を入れていて、さまざまなことを学ぶことができる場所となっています。

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」の営業時間

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」の営業時間は、9時30分から17時までとなっています。最終入園時間と入園券などの最終販売時間は16時となっています。

「井の頭自然文化園」は、本園である動物園と分園である水生物園を自由に同じ入場チケットで行き来することができますが、16時を過ぎるとそれぞれの園を行き来することができなくなるので、時間をしっかりと確認しながら行動することが大切です。

毎週月曜日や12月29日から1月1日までの年末年始などは休園日です。ただし、月曜日が祝日などの場合はその次の日が休園日となります。

井の頭自然文化園の入園料

吉祥寺の動物園「井の頭文化園」の入園料金は、大人が400円、中学生が150円、65歳以上のシニアが200円となっています。小学生以下と、都内に在住または在学している中学生は無料となるので、学生証などを持って行きましょう。

1枚チケットを購入すれば、本園である動物園と分園である水生物園の両方をたっぷり堪能することができます。自由に何度も行き来することができます。

20名以上の場合は団体料金が適用となり、大人が320円、中学生が120円、シニアが160円となるので、複数家族での旅行や、グループ旅行などの場合は上手に利用することをおすすめします。

障がい者手帳などを持っている人は、本人と付き添い者原則1名までは無料で入園できるので、手帳などを持って行くのを忘れないようにしましょう。

日にちによって違う見どころエリアをじっくり楽しみたいなど、何度も行きたい場合には年間パスポートが大人が1600円、シニアが800円であるので、お得に入園できるのでおすすめです。

井の頭自然文化園の無料公開日

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」には、無料公開日があり、その日は誰もが無料で入園することができます。また、該当者が決まっている無料公開日もあるので、事前に確認してから出かけることをおすすめします。無料公開日は大変お得に入園できる日でなので、上手に利用すると良いでしょう。

無料公開日は、5月4日のみどりの日、5月17日の開園記念日、東京都が制定している10月1日の都民の日です。ただし、5月17日の開園記念日が月曜日で休園日の場合は翌日である5月18日が無料公開日となります。

9月15日から21日までの老人週間の期間中は、60歳以上の人と付添者1名の入園が無料となります。5月5日のこどもの日は、都内在住または在学に限らず、すべての中学生が無料となります。

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」への行き方

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」に電車を使ってアクセスしようとする場合は、JR中央線または総武線または京王井の頭線などの「吉祥寺駅」で降りて南口(公園口)から出ると徒歩約10分でアクセスすることができます。

車を使ってアクセスする場合には、中央自動車道の「調布インターチェンジ」で降りて、甲州街道(国道20号線)を経るとアクセスすることができます。

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」には、来園者の専用駐車場はありません。車でアクセスする場合には、周辺のコインパーキングなどを利用しましょう。

土・日・祝日などは特に動物園から近い場所にある駐車場から早い時間から混雑することもあるので、時間にはたっぷり余裕をもって行くと良いです。

「井の頭恩賜公園第1駐車場」は、約60台分の駐車スペースがある動物園に一番近い場所にある駐車場です。24時間年中無休営業となっています。料金は、全日入庫から1時間までが400円で、以降は30分ごとに200円となっています。最大料金の設定がないので、長時間利用する場合は注意が必要です。

「リパーク武蔵野市御殿山1丁目第2」は、約5台分の駐車場があります。24時間年中無休営業です。料金は、7時から22時までが平日が15分100円、土・日・祝日が10分100円、全日22時から翌朝7時までが60分100円です。最大料金は、7時から22時までが平日が1500円、土・日・祝日が2000円、全日22時から翌朝7時までが400円です。

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」でランチ

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」には軽食や飲み物を販売していてランチができる店が2つあります。

本園である動物園に入ってすぐのところにあるのがフード&ギフトショップの「こもれび」、ゾウ舎の前にあるのが「はな子カフェ」です。どちらもテイクアウトの店となっています。

どちらもサンドイッチやカレー、やきそばなどのランチにおすすめの軽食や、暑い時期に人気のソフトクリームアイスなどが揃っています。

ゾウの「はな子」の顔をモチーフとして作られている「ぞうさん」弁当が大変人気となっています。

営業時間は、「こもれび」が9時30分から17時までで食事のラストオーダー16時30分、飲み物とデザートのラストオーダーが16時45分です。「はな子カフェ」は平日が11時から14時まででラストオーダーが14時、休日が9時30分から16時まででラストオーダーが16時となっています。

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」で楽しもう!

吉祥寺の動物園「井の頭自然文化園」は、見どころ豊富な一日しっかり楽しめる場所として大変人気があります。モルモットふれあいコーナーで小さな動物たちと触れ合えば、心が癒されること間違いなしです。普段の喧騒から離れてのんびりしたい時、是非吉祥寺の「井の頭自然文化園」に訪れてみることをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ