「リゾートしらかみ」で快適な列車旅を!おすすめの座席は?予約方法も調査!

「リゾートしらかみ」は秋田駅(秋田県)と青森駅(青森県)を結ぶリゾート列車です。五能線は一度は乗ってみたいローカル線として人気があります。ここではそんな「リゾートしらかみ」で快適な旅をするために、おすすめの座席や、予約方法、料金や車内販売について紹介します。

「リゾートしらかみ」で快適な列車旅を!おすすめの座席は?予約方法も調査!のイメージ

目次

  1. 1「リゾートしらかみ」で快適な列車の旅をしよう!
  2. 2「リゾートしらかみ」とは?
  3. 3「リゾートしらかみ」の予約方法は?
  4. 4「リゾートしらかみ」の料金は?
  5. 5「リゾートしらかみ」の運転日は?
  6. 6「リゾートしらかみ」の時刻表は?
  7. 7「リゾートしらかみ」の停車駅は?
  8. 8「リゾートしらかみ」おすすめの座席は?
  9. 9「リゾートしらかみ」の車内販売は?
  10. 10「リゾートしらかみ」の車内は?
  11. 11「リゾートしらかみ」の絶景ポイントは?
  12. 12「リゾートしらかみ」おすすめのお弁当は?
  13. 13「リゾートしらかみ」で車内イベントを楽しもう!
  14. 14「リゾートしらかみ」をお得なきっぷで楽しもう!
  15. 15「リゾートしらかみ」で青森・秋田の旅を満喫しよう!

「リゾートしらかみ」で快適な列車の旅をしよう!

26181328 1751444104921789 8455884286120165376 n
hokutosei77

「リゾートしらかみ」は、秋田駅と青森駅の五能線を走るリゾート列車です。車内で津軽三味線の演奏なども行われていて、世界自然の白神山地や、日本海沿いを走るなど風光明媚な景色を楽しめる人気列車です。ここでは、「リゾートしらかみ」の予約方法や、おすすめの座席、料金や車内販売について紹介していきます。

「リゾートしらかみ」とは?

「リゾートしらかみ」は秋田駅ー弘前駅・青森駅を五能線経由で走るリゾート列車です。「リゾートしらかみ」には車両が3種類あり、沿線にゆかりのある名前「青池」「橅」「くまげら」と名付けられています。土日・特定日の運行で、日本海の海岸沿いを走行します。五能線は一度は乗ってみたいローカル線として人気があります。

「リゾートしらかみ」の予約方法は?

「リゾートしらかみ」は全席指定席です。乗車する場合には、事前に指定席券の購入が必要になります。指定席券の予約・販売は、JR各駅のみどりの窓口・JRびゅう・JR乗車券を扱う旅行会社・指定席券券売機やえきねっとでも予約・購入する事が出来ます。車内で指定席券の購入は出来ません。

21224777 221829305014480 5425190778915782656 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hiroko_sasa

「リゾートしらかみ」のボックス席の予約は、指定席券と同じく、ボックス席の指定席券が必要になります。個室では販売しておらず、席ごとの販売になるので、3名以下で予約した場合には他の乗客と相席になる可能性もあります。ボックス席は人気があるので、早めの予約をすることをおすすめします。

「リゾートしらかみ」の料金は?

「リゾートしらかみ」に乗車するには、乗車券と指定席券が必要になります。青森駅ー秋田駅の乗車料金は4430円です。指定席料金は520円です。ボックス席の料金は指定席券と同額になります。期間によっては「青春18きっぷ」を使うことが出来ます。「青春18きっぷ」の場合、指定席券を購入すれば「リゾートしらかみ」に乗車することが出来ます。

「リゾートしらかみ」の運転日は?

19765082 350007835432875 947207594924048384 n
oganote_oganote

「リゾートしらかみ」は、夏季は毎日運転をしています。冬季は土曜日・祝日など一部の日のみ運行します。編成によっては冬季運休の場合もあるので、時刻表で確認が必要です。「リゾートしらかみ」は日本海沿岸を走行するため、荒天時などには運休になる場合もあるので、乗車する時には確認をしておくことをおすすめします。

「リゾートしらかみ」の時刻表は?

17818081 1875062556097047 5838765794166571008 n
rufard

「リゾートしらかみ」の秋田駅ー青森駅間の下り方面時刻表は1号が秋田駅8時20分発ー青森駅13時29分着です。5号は秋田駅14時17分発ー青森駅19時14分着です。青森駅ー秋田駅間の上り方面時刻表は、2号が青森駅8時10分発ー秋田駅13時27分着です。4号は青森駅13時51分発ー秋田駅18時57分着になります。

「リゾートしらかみ」の停車駅は?

23507915 1456324891150905 8673662664448147456 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chi_trains

「リゾートしらかみ」の停車駅は、秋田―追分―八郎潟―森岳―東能代―能代―あきた白神―岩舘―十二湖―ウェスパ椿山―深浦―千畳敷―鰺ヶ沢―陸奥森田―木造―五所川原―陸奥鶴田―板柳―川部―弘前―新青森―青森です。秋田―青森駅間を約5時間で結びます。編成によって、停車駅が変わるので時刻表での確認が必要です。

停車駅おすすめその1「秋田駅」

26182317 1554155511339968 1143769517709590528 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tenpa.masuke

「リゾートしらかみ」の秋田県側の出発駅である「秋田駅」は、リニューアルオープンを2017年4月を行い、秋田杉を使った駅に生まれ変わりました。秋田駅から徒歩15分の場所にある「秋田市民族芸能伝承館」では、秋田の竿灯を実際に年中体験することが出来ます。駅の周辺には「千秋公園」や「旧秋田藩主佐竹氏別邸」などの観光スポットがあります。

停車駅おすすめその2「東能代駅」

「リゾートしらかみ」停車駅のおすすめは、五能線の起点駅でもある「東能代駅」です。「東能代駅」には、旧奥羽トンネルをそのまま利用している「喜久水酒造」があります。こちらは土日と11月23日が休業です。また、「東能代駅」の待合室は、「くまげら」編成のイメージをデザインしました。「リゾートしらかみ」五能線の旅はここから始まります。

停車駅おすすめその3「能代駅」

13423510 1064440740270968 1141575933 n
village.aya

「リゾートしらかみ」停車駅の「能代駅」は、高校バスケの名門があるバスケの街として有名です。駅のホームにはバスケゴール型の駅看板があります。おすすめのスポットは、バスケファンなら見逃すことが出来ない場所「能代バスケミュージアム」や、東北電力エナジアムパーク(平日の月曜日は休館)などがあります。

停車駅おすすめその4「十二湖駅」

13649142 1032252496830056 2129427232 n
akitty_roses

「リゾートしらかみ」の「十二湖駅」は、広大なブナの森、大小33の湖や沼が点在しています。五能線人気のトレッキングスポットになっていて、「青池」も有名です。「十二湖駅」を出発すると、JR東日本管内で最も短いトンネル「仙北岩トンネル」を通過します。「十二湖駅」を出発したら、見逃さないように車窓を眺めていましょう。

停車駅おすすめその5「千畳敷駅」

「リゾートしらかみ」の停車駅「千畳敷駅」は、「リゾートしらかみ」が15分間停車します。停車している間に、海辺の石畳や、作家・太宰治の文学碑などを見学することが出来ます。「千畳敷駅」では、冬にしか見ることが出来ない景色があります。寒さが厳しくなるほど、千畳敷駅脇にある岩場に巨大な氷柱が現れ、見事な氷壁を見ることが出来ます。

停車駅おすすめその6「鰺ヶ沢駅」

17076442 252375668553282 5235755224781553664 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
teeee1021

「リゾートしらかみ」の停車駅でもある「鰺ヶ沢駅」は、ブサカワ犬の「わさお」が住む街としても有名です。また白神山地のミネラルや赤石川の清流で育つヒラメやイカなどのご当地グルメを楽しむことも出来ます。「鰺ヶ沢駅」を過ぎるとオーシャンビューは少しずつ見納めとなり、徐々に内陸部へと入っていきます。

おすすめ停車駅その7「五所川原駅」

「リゾートしらかみ」の停車駅、「五所川原駅」には、駅から徒歩5分の場所に「立佞武多の館」があり、夏じゃなくても1年中、高さ23mの五所川原立佞武多を見学することが出来ます。また、隣接する津軽鉄道に乗り金木駅で下車をすると、太宰治の生家である「太宰治記念館」や津軽三味線の生演奏が楽しめる「津軽三味線会館」などがあります。

おすすめ停車駅その8「弘前駅」

23507654 304775963358217 5719217754599325696 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
teeee1021

「リゾートしらかみ」停車駅の「弘前駅」の弘前市は、りんご生産量日本一の街としても有名です。駅構内のいろいろな場所に「りんご」のモチーフがあります。春には桜が有名ですが、冬には幻想的なイベント「弘前城雪灯籠まつり」や「洋館のライトアップ」などを楽しむことが出来ます。おすすめの場所として、弘前公園や津軽藩ねぶた村があります。

おすすめの停車駅その9「青森駅」

25025354 143762256329652 8368751769190137856 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ayanagimachi

秋田駅から出発した「リゾートしらかみ」の終点駅は「青森駅」です。青森駅を出るとすぐに、「青森ベイエリア」や陸奥湾が目の前に広がっています。また駅の周辺には「青森ねぶた祭」の楽しさを体験出来る「ねぶたの家ラ・ワッセ」や「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」などがあり、夜になるとベイエリアの夜景を楽しむことが出来ます。

「リゾートしらかみ」おすすめの座席は?

「リゾートしらかみ」の普通車の座席は、AB・CDの4列シートです。A・D席が窓際になります。ボックスシートは海側に座席が配置されていて、A・D席が窓際、B・C席が通路側になります。海側の席はA席になりますが、途中進行方向が変わる場所があり、その時には座席の転換が必要になる場合もあります。座席も広いのでゆったりと座ることが出来ます。

「リゾートしらかみ」に乗車をするのであれば、千畳敷駅に臨時停車と、車内で津軽三味線が楽しむことが出来る3号車がおすすめです。海側の席は人気がありますが、海側の座席からは山側の風景が、山側の座席からは海側の風景を楽しむことができます。座席の窓も大きく、座席の位置も少し高めにしてあるので、車窓の風景を楽しむことが出来ます。

「リゾートしらかみ」のボックス席は、ドアはなく半個室状態になっています。座席は海側に配置されていて、山側は通路になっています。ボックス席は4名座席ですが、予約が3名以下だと、相席になる場合もあります。ボックス席は座席をスライドさせて、広くすることが出来るので、足を伸ばして座ることが出来ます。4名グループにおすすめの座席です。

23595070 878806855630697 516976425916432384 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chi_trains

「リゾートしらかみ」ボックス席を予約する場合は、「青池」「橅」の2番〜9番と「くまげら」の2番〜7番をおすすめします。「橅」のボックス席は1・2・8・9番がシートをフルフラットに出来ます。「青池」「くまげら」もシートをフルフラットに出来ます。ボックス席の車端席は、通路の扉に近デッキからの出入りも多いのであまりおすすめしません。

22710832 2041123452835748 6079262947467591680 n
screwstudio_suzume

「リゾートしらかみ」の1号車と4号車には、展望スペースが設置されています。全面展望の展望スペースは、海側を向いたシートが設置してあったり、運転席のすぐ後ろから前方(または後方)の景色を楽しむことも出来ます。展望スペースは、フリースペースになっているので、長時間利用せずに、多くの乗客が楽しめるように譲り合うようにしましょう。

「リゾートしらかみ」の車内販売は?

「リゾートしらかみ」の「青池」「くまげら」では、車内販売のワゴンサービスが巡回しています。車内販売では、飲み物・お弁当・お土産・お菓子などを販売しています。新型車両の「橅」では、車内に売店「ORAHO(おらほ)」が設置されました。車内販売のカウンターが設置されたので、ワゴンサービスは「橅」では行われていません。

「橅」の車内販売カウンターORAHO(おらほ)

「リゾートしらかみ」の「橅」編成3号車には、車内販売のカウンター「ORAHO」があります。お弁当やお土産、お菓子類の他に、販売しているコーヒーは、白神山地の自然水で淹れました。他にも地酒などの沿線の特産品も販売しています。飲食スペースもあるので、海を眺めながら食事を楽しむことも出来ます。他に五能線“のもの”も扱っています。

「リゾートしらかみ」の車内は?

「リゾートしらかみ」の車両は「青池」「橅」「くまげら」の3兄弟です。3兄弟とも4両編成で、1・3・4号車は普通車指定席です。2号車にはボックス席があり、1・4号車には展望スペースになっています。座席は海側からAB・CD席で、ボックス席はA・D席が海側になります。「橅」の3号車には「ORAHOカウンター」があり、車内で買い物が出来ます。

「リゾートしらかみ」の絶景ポイントは?

千畳敷海岸

23161503 2008591509359987 1883506213434425344 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
napoco_f

「千畳敷海岸」は、「日本の夕陽百選」にも選ばれた岩床の海岸です。約12kmに渡って絶景を楽しむことが出来ます。特に夕陽を楽しむことが出来る、日没の時間帯を走行するのがおすすめです。2号3号4号は15分間停車するので、岩場を散歩することが出来ます。冬には千畳敷駅脇に出来る巨大な氷壁を見ることも出来ます。

「青池」

22427015 1469714426480772 5655035734717890560 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
peechan2784

「リゾートしらかみ」の名前にもなっている「青池」は、十二湖最大の池で、白神山地最大の見所になっており、人気の観光スポットです。時間帯により青の濃淡が変化し、秋には昼近くにならないと青が出なくなり、冬場には藍鉄色に池が染まります。真冬でも凍りつくことがない「青池」です。冬にはガイドの案内でスノーハイクを楽しむことが出来ます。

「リゾートしらかみ」おすすめのお弁当は?

白神そだち「あわび五能線弁当」

15802439 1225637804183253 9130231131260583936 n
tetsup1216

「リゾートしらかみ」の車内販売で購入出来るおすすめの弁当は、「白神育ちあわび五能線弁当」です。秋田県で育てられた「あわび」のみを使った駅弁になります。料金は1300円です。お弁当の中身は、みずしょうゆ漬け・あわび煮・しそ巻き大根・椎茸味噌煮・りんご煮・味付きごはんなどが入っています。

「秋田日本海たこびより」弁当

「秋田日本海たこびより」弁当は、たこのそぼろやマリネのメニューで秋田の日本海を表現しています。「秋田の海の幸」を細部にまで“たこ”にこだわったお弁当です。料金は880円です。中身は味付きご飯・たこのうま煮・たこそぼろ・たこマリネなどが入っています。「リゾートしらかみ」の車内の他に「秋田新幹線こまち」の車内でも販売しています。

ハタハタ館の晩酌セット

「ハタハタ館の晩酌セット」は、秋田のおつまみが詰まったお弁当です。地酒のワンカップがセットになっています。料金は1100円です。「ハタハタ館の晩酌セット」は事前申し込みが必要になります。「リゾートしらかみ」4・5号の車内で引き渡しとなり、「秋田白神駅」発車後に、座席まで車内販売員が届けてくれます。

「リゾートしらかみ」で車内イベントを楽しもう!

23101484 136582823660528 6063034383474884608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
napoco_f

「リゾートしらかみ」の車内では、人気のイベントがあります。「津軽三味線生演奏」は、1・2号の鯵ヶ沢駅ー五所川原駅間の「リゾートしらかみ」運転日に実施されています。津軽三味線の生演奏を楽しむ事が出来ます。他に、津軽弁「語りべ」実演は、2号の川部駅ー陸奥鶴田駅間の特定の日に実施されています。イベント日はHPなどで確認が必要です。

「リゾートしらかみ」をお得なきっぷで楽しもう!

五能線フリーパス

「五能線フリーパス」は、秋田駅ー青森駅間を自由に乗り降りが出来るフリーきっぷです。通年販売の通年利用で、2日間有効です。料金は大人3810円、小人1900円です。「リゾートしらかみ」を利用する場合には、事前に指定席券の予約・購入が必要になります。予約・購入は、秋田支社管内・青森、新青森駅のみどりの窓口・びゅうプラザで出来ます。

津軽フリーパス

「津軽フリーパス」は、青森県弘前を中心とした普通列車の普通車自由席やバスが2日間乗り降り自由になります。五能線のフリーエリアは川部駅―五所川原駅です。通年利用で、利用料金は大人2060円、小人1030円です。「リゾートしらかみ」を利用には、事前に指定席券の予約・購入が必要になります。

「リゾートしらかみ」で青森・秋田の旅を満喫しよう!

24327261 150433769060458 2831885282163294208 n
jinjinfurufuru

「リゾートしらかみ」の料金、予約方法、車内販売や車内イベントについて紹介してきました。「リゾートしらかみ」三兄弟の編成によっては、車内販売ではなく、ORAHOカウンターも設置されているので、自分なりの旅を見つけてみてください。詳しい時刻や停車駅などは、乗車前に時刻表で確認をしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
櫻井まりも

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ