「ぶた丼のとん田」は帯広名物豚丼の大人気店!おすすめメニューを紹介!

豚丼の激戦区である帯広市において1、2を争う人気店「ぶた丼のとん田」は各メディナによる紹介や、ミシュランガイドにて掲載されたことで近年ますますの勢いを見せています。ここでは「ぶた丼のとん田」のおすすめメニューや気になる混雑状況などを詳しくご紹介していきます。

「ぶた丼のとん田」は帯広名物豚丼の大人気店!おすすめメニューを紹介!のイメージ

目次

  1. 1北海道帯広の大人気店「ぶた丼のとん田」をご紹介!
  2. 2「ぶた丼のとん田」は行列の絶えない豚丼の大人気店
  3. 3「ぶた丼のとん田」のおすすめ豚丼メニュー
  4. 4おすすめサービス品・大盛りメニュー
  5. 5「ぶた丼のとん田」の口コミ
  6. 6「ぶた丼のとん田」の混雑状況
  7. 7「ぶた丼のとん田」の店舗情報
  8. 8「ぶた丼のとん田」の営業時間・駐車場
  9. 9帯広ランチは「ぶた丼のとん田」で決まり!

北海道帯広の大人気店「ぶた丼のとん田」をご紹介!

豚丼の激戦区といってもよい北海道・帯広において行列のできる「豚丼」の専門店「ぶた丼のとん田」が「ミシュランガイド2017」に掲載され混雑を極めるなど話題を集めています。

2002年4月にオープン以来、豚丼や「十勝丼」の名店や老舗が建ち並ぶ帯広エリアにおいても常に1、2を争う人気店であると称賛され続け現在に至ります。

ぶた丼のとん田にて提供される豚丼の特徴は、丼からはみ出さんばかりの香ばしい豚肉に、ご飯との相性も抜群の秘伝の甘辛ダレです。

またぶた丼のとん田が人気を集めるのは美味しい豚丼だけではなく、あくまでもフライパンによる調理にこだわることから家庭的などこか安心できる味わいを楽しめることや、それに伴うかのようにアットホームな雰囲気が楽しめるとあって、お店の虜になる常連客が続出しています。

ここでは行列のできる豚丼専門店ぶた丼のとん田の店内の様子やおすすめの人気メニューそして気になる混雑状況、アクセス情報を含めた店舗情報などをぶた丼のとん田を徹底的にご紹介していきます。

豚丼は帯広の名物

カニやウニといった絶品の海の幸に、ジンギスカンやちゃんちゃん焼き、札幌味噌ラーメンをはじめとした最新のラーメンの発信地としても知られる北海道は言わずと知れた日本を代表するグルメ王国です。

そんな北海道において帯広や十勝エリアにおいて楽しむことのできるご当地B級グルメとして名を馳せた豚丼は、いまや北海道のみならず全国的な人気を獲得しています。

帯広や十勝に代表される豚丼専門店は全国各地に続々とオープンし、人気店ともなると行列のできるお店も少なくありません。いま豚丼や十勝丼はひそかに全国的なブームとなっているといっても過言ではなく、その発祥こそが帯広や十勝エリアなのです。

Thumb帯広の豚丼人気ランキング!おすすめの名店やテイクアウトもできるお店など!
うな丼をヒントに生まれたと言われる帯広の豚丼は、チェーン店のそれとはまったく次元の違う豚丼で...

「ぶた丼のとん田」は行列の絶えない豚丼の大人気店

全国的に拡大する豚丼人気ですが、本場の味が楽しむことのできる北海道・帯広の豚丼専門店ぶた丼のとん田も負けていません。

その人気を物語るかのように、平日も悪天候もお構いなしに続く長蛇の列は、豚丼の本場である北海道・帯広市においても1、2を争うほどであるといわれています。

地元民はもちろんのこと、国内の観光客だけではなく海外からの観光客も後を絶たず、行列の緩和と待ち時間を削減させるべく2017年にリニューアルオープンを余儀なくされたという経歴を誇るほどの人気を誇ります。

一度に調理ができる数を大幅に増やすことに成功した新しい厨房を武器に、2倍の席数と4倍の収納が可能となった駐車場にて現在は営業を続けていますが、その努力もむなしく平日も悪天候もお構いなしの大行列は今日でも続き、嬉しい悲鳴が続いています。

店内の様子

北海道・帯広市に店舗を構える大人気の豚丼専門店ぶた丼のとん田の店内は、カウンター席やテーブル席、そして小上がりを含めた計50席による構成です。

2017年10月にリニューアルしたばかりとあって店内は清潔感であふれており、女性同士のご来店にも気軽に対応してくれるアットホームな雰囲気がひとつのウリとなっています。

お年寄りから子供まで、男女関係なく文字通りの老若男女がくつろぐ店内には、先ほどもご紹介したように海外からの外国人観光客も多くその姿を見受けることができます。

これはミシュランガイド2017に掲載されたことや多くのメディアにて取り上げられたことが影響していると考えられ、今後はますますの混雑が予想されます。もし今現在ぶた丼のとん田に興味があるという方は、はやめにご来店をされることをおすすめします。

豚丼専門店ぶた丼のとん田の店内には非常に多くのスポーツ選手や著名人によるサインの書かれた色紙がずらりと並んでいることも大きな特徴のひとつということができ、ロケやグルメリポートなどで訪れた芸能人などのサインも含めるとその数は圧巻です。

Thumb十勝の豚丼がおすすめのお店はココ!たれが決め手の有名店を厳選!
十勝地方の郷土料理といえば「豚丼」。食べ応えのある厚切りロースに、ごはんとの相性抜群な甘辛醤...

「ぶた丼のとん田」のおすすめ豚丼メニュー

ここではお待ちかね豚丼専門店ぶた丼のとん田にて人気を博している数あるメニューのなかでも、とくにおすすめをしたいメニューを厳選して3つご紹介していきます。

いずれも共通するのはぶた丼のとん田の特徴である丼からはみ出すほどのたっぷりの香ばしい豚肉に、秘伝の甘辛ダレとそのタレがしみ込んだふっくらおいしいお米による三重奏が楽しむことのできる点です。

ここでご紹介する3つのぶた丼「ロースぶた丼」「ヒレぶた丼」そして「バラぶた丼」はいずれも共通の金額780円と、ボリュームからは考えられないコストパフォーマンスを誇ります。

ロースぶた丼

まずは豚丼専門店ぶた丼のとん田を代表する人気メニュー・ロースぶた丼についての詳細をご紹介します。豚肉がお好きな方にとくにおすすめのメニューであるロースぶた丼では、これぞまさに「ザ・豚丼!」といった味わいを思う存分楽しむことができます。

ぶた丼のとん田のロースぶた丼では、豚本来の本来の旨味をストレートに感じることのできます。そのためぶた丼のとん田へ初めて訪れる方はもちろん、普段豚丼にあまりなじみのない方はまずはロースぶた丼から堪能されることをおすすめします。

このロースぶた丼は豚丼の原点ともいわれる部位であるロース肉をこれでもかと惜しげもなく丼ぶりの、そして炊き立てご飯の上に敷き詰める贅沢なメニューであり、しっかりとした肉感を楽しむことができ、また豚本来の旨味を存分に感じることができるためとくに豚肉を好まれる方におすすめです。

ヒレぶた丼

続いてはぶた丼のとん田における人気メニューのひとつ、豚丼専門店にはなくてはならない人気メニュー・ヒレぶた丼についてご紹介をしていきます。

脂身が少ないヒレ肉を使用することでヘルシーな豚丼を楽しむことのできる「ヒレぶた丼」は、ここぶた丼のとん田においてもやはり人気を博します。

肉々しさやがっつりとした食べ応えこそロースぶた丼には及びませんが、だからこそご飯や秘伝の甘辛ダレによる旨味をより感じることのでききる一杯は、お肉をあまり得意とされない方やダイエット中の方、とくの女性からの支持が厚いメニューです。

バラぶた丼

最後にご紹介するぶた丼のとん田のおすすめメニューは、いわゆる三枚肉と呼ばれる部位のみを使用した豚丼専門店ならではのメニュー・バラぶた丼です。

ぶた丼のとん田で味わうことのできるバラ肉は、脂身と赤身が二重の層となっており脂身だけではなく肉本来の旨味を同時に楽しむことができます。

まさに一杯で二度おいしいバラぶた丼ですが、ご紹介したロースぶた丼とヒレぶた丼のいいところ取りにしてちょうど中間のような立ち位置にいるメニューだけに、豚肉が得意でも苦手でもない方や、がっつりとさっぱりの中間を楽しみたいという方にこそおすすめしたいメニューです。

おすすめサービス品・大盛りメニュー

ここではぶた丼のとん田の通常メニューにアレンジを加えた特別メニュー、通常の店舗であれば常連さんなどの一部による知る人ぞ知る「裏」メニューとなるであろう3つの人気豚丼をご紹介します。

それにも関わらずぶた丼のとん田では、メニュー表にて気さくに紹介をしているため、まるでお店全体に漂うアットホームさを象徴するかのようです。

文字通りのお得なサービス品である以下の3つのメニュー「ロース・バラ盛り合わせ」「オニオンのせ」そして「バラぶた丼」は他のメニュー以上の食べ応えと満足感があるため、確実に食べきることのできるという自信のある方や、普段から食の太い方が楽しむのに最適ということができます。

ロース・バラ盛り合わせ

一杯で二種類のお肉・ロースとバラによる最強のコラボレーションを楽しむことのできる最強メニューが、ロース・バラ盛り合わせです。

通常で頼むロースぶた丼やバラぶた丼と比べてもお肉もご飯の量も明らかに多いロース・バラ盛り合わせは、通常1,080円にて提供されるクオリティを200円引きの880円にて楽しむことのできる、まさにサービス品だからこそ実現した夢のメニューです。

このロース・バラ盛り合わせと次にご紹介をする「オニオンのせ」のふたつのメニューに関してはサービス品のため、豚肉やご飯の大盛りには対応しかねる点、そしてロース・バラ盛り合わせに関しては調理時間の関係上ヒレ肉には変更しかねる旨がメニュー表にも記載がされているため、あくまでもサービス品として楽しむようにしましょう。

オニオンのせ

続いてご紹介するのはいわゆる「まかない飯」から誕生したという、ヘルシーさがたまらない「オニオンのせ」です。オニオンとの最適の相性であるバラぶた丼のみの提供という縛りこそありますが、生のタマネギによる辛味とシャキシャキとしたアクセントにはやはりバラぶた丼が最適です。

最後まで飽きずに食べ進めたいという方や、さっぱりとした食事を好む女性、すこしでも野菜を摂取したいという方にもおすすめをしたい一杯です。820円にて楽しめる人気の一品をお楽しみください。

バラぶた丼

メニューには「インスタ映え」の文字が浮かぶバラぶた丼は、ユーモアたっぷりに「バラ肉?薔薇のような肉?」と冗談を書いてしまうほどに見事なまでのフォトジェネリックも楽しむことのできる一杯です。

お肉の花がまるで丼ぶりに咲いたかのようなバラぶた丼は、お肉はさることながらご飯も大盛りのまさにサービス品であり、1,100円という今回ご紹介するぶた丼のなかでも最高額をたたき出すことにも納得させられてしまうような一杯です。

とにかくぶた丼とん田を心行くまで堪能したいという方はもちろん、せっかく並んだのだから少しでも人気店の味を堪能したいという方へもおすすめします。ただしその際にはくれぐれも食べ残しに注意が必要です。

「ぶた丼のとん田」の口コミ

ぶた丼のとん田に関する口コミや巷での評判についてですが、北海道・帯広市においても屈指の人気を誇る豚丼専門店ですが、ぶた丼の美味しさだけではなく、ぶた丼のとん田の独特のアットホームな雰囲気、気さくなスタッフさんによる接客姿も好評です。

観光客と地元民による来店のバランスが良く、老若男女から愛されるお店ということにと思わず納得させられてしまう店舗であり、魅せられたファンによる口コミを非常に多く見受けることができます。

「ぶた丼のとん田」の混雑状況

前述したとおり、ぶた丼のとん田の行列や混雑は豚丼専門店の多い北海道・帯広市においても1、2を争います。

リニューアル後も天候や曜日に関わらずいついかなる時に訪れても行列がやまない印象のぶた丼のとん田ですが、開店直後やランチタイムを過ぎればピークを避けることはできそうです。

それでも多少の待ち時間はさけれないことが予測されるため、時間のない方には適さないお店ということができるかもしれません。

「ぶた丼のとん田」の店舗情報

ここでは絶品の豚丼を楽しめると人気の、北海道・帯広にあるとん丼専門店であるぶた丼のとん田の営業時間やアクセス情報といった店舗情報についてご紹介をしていきます。

ぶた丼のとん田はカウンター席やテーブル席、そして嬉しい小上がりによる計50席を誇る広々とした店内を持ちながら、その店外では行列のできる人気店として地元やファンの間では有名です。

そのためとくに初めて訪れる方は営業時間やアクセスについて熟知したうえで店舗に向かうことが求められます。

店内は個室のない完全禁煙のため、多くの利用者にとってうれしい反面、喫煙者にとっては伺う前に留意しておかなければなりません。とくに行列並んでから店内にて喫煙ができないことに気づいては喫煙者にとってはなお辛いものです。

「ぶた丼のとん田」の営業時間・駐車場

営業時間については月曜日から土曜日までが共通の11時から18時まで、ただし材料がなくなった時点で営業終了となります。定休日は基本的に日曜日となります。

ぶた丼のとん田は駅からも遠い店舗であるぶた丼のとん田では車によるアクセスが何よりも肝心という観点から、ぶた丼のとん田ではもちろん来客者専用の無料駐車場を完備してくれています。

ぶた丼のとん田のお客様専用の駐車場については17台と比較的大きめであり、これにより快適なアクセスが実現しています。

住所 北海道帯広市東10条南17-2
電話番号 0155-24-4358

「ぶた丼のとん田」のアクセス

ここからはお車をお持ちでない方、お車にて観光をされていない方がぶた丼のとん田に訪れたい!という際に必要な、公共交通機関を駆使してのアクセスについてご紹介していきます。

まず電車からのアクセスであれば最寄り駅である「JR帯広駅」からぶた丼のとん田は約1,800メートルの距離にあるため、天候次第そして迷わずに歩ければ30分前後で到着することも可能です。

しかしながらここはタクシーによるアクセスがより安全で、より快適のためタクシーをご利用されることをおすすめします。

またバスからのアクセスについては十勝バス東西循環線の「1 東4条16丁目」停留所からだとぶた丼のとん田まで徒歩にしておよそ5分の距離、同じく十勝バス東西循環線の「1 東4条18丁目」もしくは「1 東4条14丁目」の停留所で降りれば、どちらからでも徒歩でおよそ6分の距離の場所に出ることができます。

またお車でお越しの際のアクセスに要する所要時間については、JR帯広駅から約8分が目安となります。

帯広ランチは「ぶた丼のとん田」で決まり!

北海道・帯広市において屈指の人気を誇る豚丼専門店ぶた丼のとん田のおすすめメニューや店舗の詳細情報などをご紹介してきました。

これからますますの混雑が予想される人気店だけに、とくに帯広市周辺にて観光を楽しまれる際には必食のお店ということができます。帯広ランチはぶた丼のとん田で決まりです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ