三津浜花火大会情報!穴場やおすすめ観覧スポットを紹介!アクセスも調査!

三津浜花火大会は、愛媛県松山市の開催される人気の花火大会です。三津浜花火大会はふ頭で開催されるので、海の上に打ち上がる夏らしい花火を楽しめます。三津浜花火大会の有料席やアクセス情報、駐車場の情報、穴場の観覧スポットをご紹介します。

三津浜花火大会情報!穴場やおすすめ観覧スポットを紹介!アクセスも調査!のイメージ

目次

  1. 1愛媛県の三津浜花火大会に行ってみよう
  2. 2三津浜花火大会ってどんな花火大会?
  3. 3三津浜花火大会の見どころ
  4. 4三津浜花火大会の開催日程
  5. 5三津浜花火大会の打ち上げ時間
  6. 6三津浜花火大会の会場
  7. 7三津浜花火大会の有料席
  8. 8三津浜花火大会へのアクセス
  9. 9三津浜花火大会の駐車場
  10. 10三津浜花火大会の交通規制
  11. 11三津浜花火大会の穴場スポット
  12. 12三津浜花火大会で大迫力の花火を楽しもう

愛媛県の三津浜花火大会に行ってみよう

21227711 667524336784264 5280376645042044928 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
aym.air

愛媛県の松山市で毎年開催されている三津浜花火大会は、愛媛県内でも特に人気の花火大会です。毎年大勢の人が三津浜花火大会を見るために、地元松山や、愛媛県内各地から訪れます。真夏の松山を飾ってくれる三津浜花火大会の開催概要、有料席の情報、アクセス方法や駐車場の情報、穴場の観覧スポットなどをご紹介します。

三津浜花火大会ってどんな花火大会?

21149536 145252636073291 2677167250057723904 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
toichan1010

三津浜花火大会は愛媛県松山市で開催される花火大会で、正式名称「松山港まつり 三津浜花火大会」です。三津浜花火大会は、中四国地方では最大級の規模を誇る大きい花火大会と言われています。三津浜花火大会の開始は1951年からで2018年で第68回を迎える歴史ある花火大会です。毎年楽しみにしている地元松山の人も多く、愛媛松山の夏には欠かせないイベントとなっています。

Thumb松山市居酒屋ランキングTOP11!魚や焼き鳥あり!おしゃれな個室も!
松山市には、焼き鳥や魚料理、お肉料理など、美味しい料理で話題になっている居酒屋がたくさん集ま...

三津浜花火大会の見どころ

21147228 148185125775816 2653207173701566464 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nagamipe

三津浜花火大会の見どころは、愛媛県松山市の三津ふ頭の海の上に打ち上がる色とりどりのバラエティ豊かな花火たちです。海面に打ち上がる花火や、台船を利用して海の上から打ち上げてくれる海上花火、水中スターマイン、キャラクター花火など、三津ふ頭の打ち上げ会場を存分に活かした海の上の迫力の花火が三津浜花火大会の魅力となっています。

20969378 479967515712945 7978020873237954560 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sakura_fbwm

三津浜花火大会では、日本煙火芸術協会員が打ち上げる花火というものがあります。10号玉の花火作品や直径45cmもあるという特大の15号玉など、大型の花火が三津ふ頭の夜空に打ち上がり、観覧客を魅了してくれます。三津浜花火大会のプログラムは5部構成となっています。それぞれにテーマがついていて、オープニングや音楽花火、フィナーレは見逃せないプログラムです。

三津浜花火大会の開催日程

21107331 1723116771326724 2721036544235274240 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tomo._.yui

三津浜花火大会の開催日程は、例年8月の第一日曜日となっています。開催当日が小雨の場合は決行、荒天時は事前に取り決めされていた延期日程に延期されます。2017年は台風の影響で、8月20日(日)に延期となりました。開催当日の決行・延期の判断は、三津浜花火大会の公式ページまたはFacebookページで発表となりますので、当日にチェックするようにしましょう。

三津浜花火大会の打ち上げ時間

21041214 552519075139506 2865486559371591680 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
aki_tmmc90

三津浜花火大会の花火打ち上げ時間は、午後8時から午後9時20分頃までです。花火の打ち上げはちょうど涼しくなってくる時間に行われると言えるでしょう。1時間20分の間に約1万1000発の花火が打ち上がるので、次々と花火が打ち上がる感覚があって迫力は抜群です。三津浜花火大会には毎年20万人を超える人出があって、愛媛県ではとても人気の花火大会となっています。

三津浜花火大会の会場

21041331 207596893107760 6073045058888663040 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sakura_fbwm

三津浜花火大会の花火打ち上げ会場は、三津ふ頭の海上となっています。三津ふ頭周辺はあまり広くなく、無料で観覧できるスポットはあまりありません。花火打ち上げ会場となる三津ふ頭で迫力の花火を見たい場合は、事前に有料席を購入するのがおすすめです。有料席があれば事前に場所取りをする必要もなく、三津浜花火大会当日にゆったりと出かけることができます。

三津浜花火大会の有料席

21820224 118057675572598 3634777698154315776 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nattsun_u

三津浜花火大会の花火打ち上げを目の前で観賞したい場合は、有料席を購入しておくのがおすすめです。有料席を購入しておけば、花火大会当日の午後5時から有料席に入ることができます。2017年の三津浜花火大会の実績では、松山港まつりの事務局、または愛媛県のスーパーなどで6月中旬から有料席が発売されました。7月末頃までに郵便払込で有料席の代金を支払いが必要です。

三津浜花火大会の有料席の種類は、「ゆったりいす席」、「ゆったりテーブル席」、「最前列横並びテーブル席」の3種類です。「ゆったりいす席」は1名用の席で前売りが1200円、当日販売は1500円です。「ゆったりテーブル席」は定員4名から8名までの5種類が用意されており、前売りが14000円から18000円、当日販売は16000円から20000円です。当日に人数が増える場合は1名1500円です。

「最前列横並びテーブル」は、名前の通り最前列で見られる迫力の観覧スポットです。定員1名で前売りが3500円、当日販売は4000円です。有料席の会場では、出張ビアコーナーや屋台などが出店しています。有料席の代金を郵便払込した後に、有料席のチケットが人数分届きます。三津浜花火大会当日は忘れずに有料席のチケットを持参するようにしましょう。

三津浜花火大会へのアクセス

21107323 2008151456081296 393632657461739520 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sakura_fbwm

三津浜花火大会の最寄り駅は伊予鉄道高浜線の三津駅で、徒歩約15分で花火大会会場にアクセスすることができます。車で三津浜花火大会にアクセスする場合は、松山自動車道の松山インターチェンジから国道33号・国道196号を利用します。国道437号で三津ふ頭方面へアクセスするようにします。松山インターチェンジから花火大会会場近くまで車で約25分です。

三津浜花火大会の駐車場

11373833 372220579640289 1752628099 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
stroll_store

三津浜花火大会では、花火大会当日はとても混雑するため、公共交通機関でのアクセスを推奨しています。しかし、止むを得ず車でアクセスする人のために、三津浜花火大会では臨時駐車場を用意しています。三津浜花火大会の臨時駐車場・駐輪場は花火打ち上げ開場周辺の小学校や中学校、公園などです。

11355157 741067056022450 1850495642 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
yukidarumapeko

三津浜花火大会の臨時駐車場は午後5時から、花火打ち上げ終了後の午後10時30分まで開放されています。臨時駐車場に駐車できる車の数はかなり少ないので、駐車場が開放となる午後5時にはすぐ埋まってしまうでしょう。周辺には民営の駐車場もないので、特別な事情がない限りは、三津浜花火大会には電車や徒歩を利用してアクセスした方が良さそうです。

三津浜花火大会の交通規制

21226988 846819188804544 9074161209384632320 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kyutokuryuji_film

三津浜花火大会の開催当日は、花火大会の会場や最寄り駅の伊予鉄道三津駅で大幅な交通規制が実施されます。早いところでは午後3時頃から車両通行止めの交通規制が始まりますし、午後6時以降は歩行者専用道路となるところも多いです。花火大会の打ち上げ開始時間が近づくと、車で会場周辺に近づくのは難しくなりますので車でアクセスする場合は注意してください。

三津浜花火大会の穴場スポット

三津浜花火大会で海上に打ち上がる迫力のある花火を観賞したい場合は、打ち上げ会場目の前の有料観覧席がおすすめです。しかし、有料観覧席を買いそびれてしまった、お金をかけずに花火大会を楽しみたいという人のために、穴場の観覧スポットをご紹介します。三津浜花火大会の周辺は高い建物があまりないので、少し離れても割と花火が見える穴場スポットが多いです。

空港南公園

「空港南公園」は松山空港の南にある公園です。三津浜花火大会の打ち上げ会場より南にあり、打ち上げ会場からあまり離れていない上に空港の周りは高い建物がないので、割としっかり花火観賞ができる穴場の観覧スポットです。数は少ないですが、駐車場もあります。カップルで訪れる人も多い穴場スポットです。

梅津寺駅

三津浜花火大会の打ち上げ会場よりも北にある伊予鉄高浜線の梅津寺駅の海岸沿いからは、花火がとてもきれいに見えます。海岸沿いなので水中スターマインや、海上に花火が打ち上がる様子もバッチリ見られる穴場の観覧スポットです。梅津寺駅からも打ち上げ花火を見ることができます。帰りの混雑にも巻き込まれにくいので、おすすめの穴場スポットです。

弁天山

21041667 145954329326329 8871072164669816832 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
yukichi_brz

「弁天山」は、松山空港の東側に位置している山です。「弁天山」は小高い位置にあるので、三津浜花火大会を上から見下ろす形で観賞することができる穴場の観覧スポットです。「弁天山」は伊予鉄線の駅からは離れているので、車がないとアクセスが難しいかもしれません。山の中で虫もいるので、虫スプレーなどご持参ください。

貸切納涼船

三津浜花火大会の当日は、松山港を出発する貸切納涼船が出ています。乗船料は大人4000円、4歳以上2500円で、海上で三津浜花火大会の花火を観賞することができるとっておきの観覧スポットです。別料金でお弁当や飲み物の販売もありますので、ゆったり食事を楽しみながら花火観賞ができそうです。事前予約制で定員になったら締め切りとなるので、ご希望の場合は早めにチェックを。

三津浜花火大会で大迫力の花火を楽しもう

21042624 1884457338475648 5428823329110753280 n
setchaaaaan

三津浜花火大会は愛媛県の花火大会の中でも、特に人気の花火大会です。海の上で打ち上がる1万1000発の豪快な花火と、テーマに沿って打ち上がるスターマイン、音楽花火、キャラクター花火などバラエティ豊かな花火が魅力。夏の松山で、趣向を凝らした三津浜花火大会の花火を楽しんでみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
akak123

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ