伊豆・ヒリゾ浜は人気シュノーケリングスポット!アクセスは?キャンプも!

伊豆のヒリゾ浜はご存知でしょうか?まるで沖縄のような美しい海で、知る人ぞ知るまさに秘境と言われる絶景ポイントです。伊豆最南端のヒリゾ浜は、都内からもアクセスしやすく、最高のシュノーケルポイントです。透明度を求めてダイビングに人気のヒリゾ浜をご紹介しましょう。

伊豆・ヒリゾ浜は人気シュノーケリングスポット!アクセスは?キャンプも!のイメージ

目次

  1. 1伊豆のヒリゾ浜は絶景ポイント!
  2. 2伊豆のヒリゾ浜はシュノーケルポイント
  3. 3伊豆のヒリゾ浜へのアクセス
  4. 4伊豆のヒリゾ浜に行く際のおすすめの時期
  5. 5伊豆のヒリゾ浜に行く前に注意すること
  6. 6伊豆のヒリゾ浜で禁止されていること
  7. 7伊豆のヒリゾ浜に行く時に準備するもの
  8. 8伊豆のヒリゾ浜までの乗船チケット
  9. 9伊豆のヒリゾ浜に向かう前にすること
  10. 10伊豆のヒリゾ浜に到着!
  11. 11伊豆のヒリゾ浜でシュノーケリングをしよう!part1
  12. 12伊豆のヒリゾ浜でシュノーケリングをしよう!part2
  13. 13伊豆のヒリゾ浜でのダイビング
  14. 14ヒリゾ浜で子供が注意すること
  15. 15伊豆のヒリゾ浜の宿泊
  16. 16ヒリゾ浜に近いキャンプ場
  17. 17ヒリゾ浜のまとめ

伊豆のヒリゾ浜は絶景ポイント!

25009764 1747926448582331 1786492621728776192 n
delacloix4i

ヒリゾ浜は、南伊豆の中木地区にあり、本当にここは伊豆なのかと疑ってしまいたいくらいに美しい奇跡の海が広がっています。ヒリゾ浜は、船で行くことしかできないので、自然が残っています。特に海の透明度は素晴らしく、訪れた人は魅了されて帰っていきます。そんなヒリゾ浜のアクセスや見どころをご紹介しましょう。

伊豆のヒリゾ浜はシュノーケルポイント

21911152 346395352432515 8434694656943456256 n
_airikobayashi

ヒリゾ浜の透明度は素晴らしく、その人気が口コミで広がり、夏には入場制限がかかるくらい混みあいます。海の中は、カラフルな魚が泳いでいて、シュノーケルポイントになっています。南の島にしかないイメージのサンゴ礁もヒリゾ浜で見ることが出来ます。都内から近い南伊豆にまさかこんな綺麗な海があるなんで信じられません。

25005387 172611940005799 6418268250898956288 n
re_sshze

ヒリゾ浜の海の中は、回遊魚や熱帯魚の群れがいたりして、とても魚影が濃いので、ダイビングやシュノーケルのポイントとして人気があります。運がいいと、大物の魚と遭遇することもあります。伊豆の海の中とは思えないような熱帯魚やサンゴ礁、イソギンチャクなどを見ることができます。是非、ダイビングやシュノーケリングをしてみましょう。

伊豆のヒリゾ浜へのアクセス

24846026 135167247202101 2094363591267319808 n
koro.052

ヒリゾ浜までのアクセスをご紹介しましょう。場所は、静岡県賀茂郡南伊豆町中木です。石廊崎という伊豆国立公園に指定されているところと、港町である中木の境にある海岸です。ヒリゾ浜までのアクセス方法というと、船でしか上陸することができません。お車で行かれる際のアクセスは、東京からは3時間半から4時間くらいかかりますので、アクセスは良いとは言えません。

24125516 129496584412438 3656712611531063296 n
koro.052

また、下田からのアクセスは40分かかり、弓ヶ浜からのアクセスは20分くらいです。ヒリゾ浜へは、中木港から船で渡るしかアクセス方法はありません。中木港までのアクセスは、伊豆急下田駅からバスが出ていますので、そのバスで45分くらいです。ヒリゾ浜は普段立ち入り禁止で、7月から9月の夏場だけ渡れるようになっています。そのため景観が美しいのです。

伊豆のヒリゾ浜に行く際のおすすめの時期

ヒリゾ浜に行く際のおすすめの時期は9月の1週目です。ヒリゾ浜がオープンしたばかりの7月の上旬は混みにくいのでこの時期もいいのですが、シュノーケリングやダイビングを楽しむには、魚がまだ少ないので、せっかく行くなら魚が多い時期に行かれる方がいいです。9月は台風の時期ですが、1週目なら水温も高く魚が多いので、1週目の平日が空いていておすすめです。

伊豆のヒリゾ浜に行く前に注意すること

万が一、人数制限や船の欠航でヒリゾ浜に行けない場合は、妻良というおすすめのビーチが近くにありますので、ヒリゾ浜が駄目だった時には利用しましょう。こちらは、防波堤があるために、波が高くてもあまり影響しません。また、海上アスレチックがありますので、ファミリーにおすすめです。

24126731 303220273516611 3939019089615257600 n
guidoor_mst

海の状況によって、ヒリゾ浜に上陸することができない場合もあります。行かれる前にホームページを確認したり、電話で確認するようにしましょう。また、繁忙期には、来客数が多いので、上陸するのが規制される場合もあります。お盆や週末に行かれる方は特に注意しましょう。他には、弓ヶ浜、入間の奥もおすすめです。

23969510 135467437089386 2096247183534718976 n
mai_m0502

facebookで運行状況を確認することも出来ます。海況ブログは毎朝更新されていて、携帯で閲覧も可能です。twiterでも、船の運航情報や、船長が運航情報を毎日更新しているので、現場の状況がすぐに分かって便利です。電話しか手段がない方は、0558-65-1050にお電話しましょう。8時から16時半まで対応してくれます。

伊豆のヒリゾ浜で禁止されていること

ヒリゾ浜では、貝類を採取することはできませんので注意しましょう。また、魚採取が目的の場合は、船に乗ることができません。モリの使用も禁止されていますので、景色を楽しんだり、シュノーケリングやダイビングを楽しむだけにしてください。また、お酒を飲んで海に入らないようにしましょう。

23594797 532432370450232 1660003451154726912 n
ayalohalino

また、ヒリゾ浜は、食べ物を持って行ってもいいのですが、そこでバーベキューをすることは禁じられています。ゴミ箱などもありませんので、必ずごみ袋も持参しましょう。海と言えばバーベキューをしたいところですが、ヒリゾ浜では自然を楽しむだけにして、魚をとったり、貝をとったり、バーベキューしたりしないようにしてください。

伊豆のヒリゾ浜に行く時に準備するもの

ヒリゾ浜に行く時に準備するものは、シュノーケルと水中メガネです。また、フィンかマリンシューズも持参しましょう。ヒリゾ浜は岩場なので、足を怪我しないためにも必要です。シュノーケリングをする時に必要なので、これだけは必ず持っていきましょう。ラッシュガードや手袋なども皮膚を守るために持っていかれるといいでしょう。

23348176 139632123353631 3836234801325539328 n
remiremi03

折りたたみ椅子はあると便利です。ヒリゾ浜はゴロタ石なので、お尻が痛くなってしまいます。簡単な折りたたみ椅子があると長時間いても楽です。注意しないといけないのは、ヒリゾ浜には日影はないのですが、パラソルやドーム型テント、大型テント、日除けタープなどは利用できません。日焼けが気になる方は日焼け止めを必ず塗るようにしましょう。

伊豆のヒリゾ浜までの乗船チケット

お車で行かれる際の中木港の駐車場は、7月15日から10月1日まで利用できて、1日1000円です。それ以外の期間は無料で駐車することができます。まずは、ヒリゾ浜に向かう乗船チケットを購入しましょう。渡船の運航期間は、7月2日から10月1日までで、受付開始時間は、7時50分からで、乗船時間は8時からです。

23347360 179667449279252 1304039731348111360 n
rusopon

船の運航時間は、8時から16時半までとなり、料金は中学生以上の大人は1500円で、4歳以上小学6年生までの子供は500円になります。チケットを購入したら、その日に限って何度でも乗船することができます。船の運航間隔が短いので、帰りの時間を指定しなくても自由に帰ることができますので、時間を気にすることがありません。

23416428 885093171672126 3185420172194217984 n
naturally0707

最終の迎えの時間は16時半です。9月の中旬には終了時間が16時になりますので注意してください。チケットは、特に予約の必要はありませんので、中木民宿組合の横にある渡船受付テント設置場所で受付をして、チケットをお買い求めください。ペットは乗船できませんのでご注意ください。

伊豆のヒリゾ浜に向かう前にすること

乗船場所の周りには売店やトイレ、自販機があります。港からヒリゾ浜までは5分くらいしかかかりませんので、簡単に行き来することはできます。船は2分から5分おきに出発しているので安心です。昼食は戻ってこられて食堂や売店でとられる方が多いです。トイレはチケット売り場の隣にありますので、必ず済ませてから乗船するようにしましょう。

中木港のトイレは、ベビーカーや車椅子でも利用することができる個室があります。オムツ換えのシートもありますので、小さい赤ちゃんを連れている方でも安心ですね。ヒリゾ浜には、食べ物は持ち込んでもいいのですが、ゴミ箱はありませんので、乗船前にごみ袋を持参するようにしましょう。

伊豆のヒリゾ浜に到着!

船に乗って5分くらいでヒリゾ浜に到着です。船からの景色も素晴らしいので是非ご覧ください。船はスピードが出ますので荷物が水しぶきにぬれないように気をつけましょう。船着場からヒリゾ浜までは30メートルくらいです。到着したら、場所を探してシートを敷きましょう。ほとんどゴロタ医師で砂浜はありません。700メートルくらいの小さい浜です。

伊豆のヒリゾ浜でシュノーケリングをしよう!part1

24274817 1975459946051814 7342799595321163776 n
beautiful_bloom717

ヒリゾ浜の透明度は素晴らしく、深い場所でも底が見えます。口コミによって人気が出て、最近のシュノーケリングのポイントとしてトップの人気浜になっています。年齢層は幅広く、ファミリーからカップルまで人気があり、特に9月のシュノーケリングのお客さんは本州でナンバー1でしょう。シュノーケリングで訪れると皆さん本当に伊豆なのか?と口走るくらい美しいです。

24254061 1904502916533038 6959484806514081792 n
mai_m0502

シュノーケリングの上級者には、ヒリゾ外環が人気があります。こちらのポイントの最深部は約21メートルのドロップオフです。海水浴場とは思えないくらいの大物回遊魚をシュノーケリングで見ることが出来る場合もあります。特にイワシの群れが多い時には要チェックです。ブリやカンパチがイワシを狙ってやってきます。

伊豆のヒリゾ浜でシュノーケリングをしよう!part2

23164545 256929891498334 9093545242900037632 n
mn.xx21

シュノーケリングに慣れてくると、ドロップオフは一番のポイントです。ドロップオフの付近の10メートルくらい深場に行くと、たいへん魚影が濃いので、シュノーケリングを楽しむことができます。ヒリゾ浜は、浅いところでも深場にしかいないような大物を見れたりするのが魅力です。これは、外洋の深場とつながっているためです。

22857820 1700397953306424 9116844508472934400 n
ka.italfoods0819

深場は、潮流が緩やかなので、生物を観察しやすいです。しかし、波が強い時はうねりの影響をうけやすいのがデメリットです。ヒリゾ浜にはキンキョハナダイがたくさんいて、これが特徴になっています。ヒリゾ浜で一番のおすすめスポットは、ドロップオフ付近が一番楽しい場所です。是非、シュノーケリングをお楽しみください。

伊豆のヒリゾ浜でのダイビング

22801959 1860729244241557 8671635762006982656 n
k__________sea

ヒリゾ浜での最高のコンディションと言えば、下り潮のときです。透明度は高く、潮流も早いのですが、絶好のダイビングポイントになります。このコンディションの時にダイビングをすると、空に浮いているような感覚になり、浮上するときには水面の青さが絶景です。一度このコンディションでダイビングを味わうと、やみつきになるそうです。

22709318 1640229676016669 6350308897475002368 n
shiooori65

小通りの海底は、白い砂と海草でキラキラとしていてとても綺麗です。水深は浅いのですが、周りは水深が深いので潮流が早いときがあり、回遊魚を見ることができて、絶好のダイビングポイントになります。温暖化の影響で、サンゴが一部被害がでましたが、エダサンゴ付近には綺麗な魚がたくさんいてとても綺麗です。

22794150 284445448733840 5220936677077286912 n
k__________sea

ダイビングをした際には、サンゴには触れないようにして静かに観察するようにしてください。イソギンチャクやサンゴの周りには回遊魚がたくさんいて、種類も豊富です。ダイビングされる方には最高のポイントとなることでしょう。南方系にしかいない生物もたくさん見ることができます。

ヒリゾ浜で子供が注意すること

ヒリゾ浜は、遠浅で、岩場なので、生物がたくさんいるので、子供はとても楽しいところです。しかし、注意していないとケガをする場合もありますので、充分に注意しながら遊ぶようにしてください。磯場には、ハオコゼやゴンズイといった毒をもった魚もいます。素手で触らないようにしましょう。

22637088 292610087909037 5289256859293712384 n
hi_roko_

子供と生物を探していると、貝類を見たら採りたくなってしまいますが、漁業権を持たない私たちは採取することはできませんので注意しましょう。万が一、採取すると、法律で処罰されることになってしまいますので、絶対に採取しないでください。また、サンゴを損傷させないように充分注意しながら楽しむようにして下さい。

伊豆のヒリゾ浜の宿泊

22581942 128625001131424 4002905877739732992 n
re_sshze

ヒリゾ浜に渡る中木港周辺にはたくさんの宿泊施設があります。とてもバリエーション豊富で、様々なスタイルの宿泊施設を選ぶことができます。ペンションスタイルの宿泊がいい方、釣りもできる宿泊施設がいい方、ダイバー向けの宿泊施設がいい方、アットホームな感じの宿泊施設がいい方と、希望するスタイルによって、宿泊を選ぶことができます。

22500566 364552310653719 4647156851949961216 n
re_sshze

お車で行かれる場合には、宿泊施設を確保することによって、駐車場も確保されるようなので、事前にその点も確認するようにしましょう。おすすめの宿泊施設は、ヴィラ弓ヶ浜です。ヒリゾ浜まではお車で20分、弓ヶ浜までは徒歩2分のコテージタイプの宿泊施設で、ツリーハウスに宿泊しているような感覚になります。

ヒリゾ浜に近いキャンプ場

22429949 1690673977632449 2031562394781614080 n
38nina

ヒリゾ浜に一番近いキャンプ場というと、南伊豆入間キャンプ村です。入間海水浴場まで徒歩5分の穴場のキャンプ場で、釣りやシュノーケリングも楽しめておすすめです。キャンプスタイルによって、選ぶことができて、テントタイプ、バンガロー個室のタイプ、バンガローの1等タイプが選べます。お好きなキャンプスタイルを選択しましょう。

22429962 723799047744845 1306359284270891008 n
usi1972

こちらのキャンプ場では、星空鑑賞ができますので、満点の星を眺めながらキャンプを楽しむことができます。また、天候が良ければ、5月から6月にかけて、ホタルを見ることができます。ファミリーで是非、キャンプを楽しみましょう!こちらのキャンプ場は残念ながらペットは入場できませんのでご注意ください。

ヒリゾ浜のまとめ

22711038 1730989340542427 8091186123251908608 n
suzuyuuuuuu

いかがでしたでしょうか?ヒリゾ浜は、ダイビングやシュノーケリングで人気のスポットとなる理由がわかっていただけたと思います。船の上からの景色は絶景で、言葉には表せないくらいの美しさです。周辺にはキャンプ場もありますので、ファミリーやカップル、友達同士で是非でかけてみませんか?

Thumb西伊豆のグルメを堪能!人気の海鮮料理やランチのおすすめなどを紹介!
西伊豆は黄金崎や堂ヶ島など有名な景勝地のある観光スポットです。また、日本で最も深い湾である駿...

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ