「御神崎」は石垣島最西端の絶景スポット!灯台からの夕日も美しい!

御神崎は沖縄の石垣島の最西端です。白亜の灯台があり、石垣島の絶景スポットして知られています。日中の風景はもちろんのこと、水平線に沈む夕日の光景は素晴らしく、石垣島の夕日スポットとして人気があります。ここではその御神崎の魅力を紹介しましょう。

「御神崎」は石垣島最西端の絶景スポット!灯台からの夕日も美しい!のイメージ

目次

  1. 1石垣島のおすすめ絶景スポット「御神崎」をご紹介!
  2. 2御神崎灯台から望む荒々しくも美しい風景
  3. 3御神崎は夕日も美しい人気スポット
  4. 4春にはテッポウユリとヒルサザキツキミソウが咲き誇る
  5. 5御神崎に菩薩像と慰霊碑が鎮座する理由
  6. 6御神崎が舞台になった石垣島の民話
  7. 7御神崎観光のポイント
  8. 8御神崎の基本情報
  9. 9御神崎のアクセス
  10. 10御神崎周辺のおすすめグルメスポット
  11. 11石垣島観光の人気スポット「御神崎」に行こう!

石垣島のおすすめ絶景スポット「御神崎」をご紹介!

御神崎(おがんざき)は石垣島の最西端に位置する岬です。岬の先端の断崖には白亜の御神崎灯台が建っていて、眼下には青い海が広がっています。

御神崎は石垣島の夕日スポットとして人気があり、日没の頃には多くの観光客が訪れます。ここではそんな御神崎の魅力やおすすめポイント、アクセスなどを詳しくお伝えしましょう。

御神崎とは?

御神崎は石垣島の西部、屋良部半島にある岬で、石垣島の中でも最も人気がある観光スポットの一つです。岬の先端に建つ御神崎灯台は1983年に建てられたもので、高さは約17mあります。灯台は、普段は一般に公開されていませんが、11月に1日だけ公開されます。

岬の下の浜まで下りることもでき、海を間近に見ることができます。ここは「御神崎の灯台下」という石垣島の人気ダイビングスポットで、ダイナミックなダイビングが楽しめます。浜は岩場が多く、遊泳禁止となっているので注意してください。

Thumb石垣島の観光スポットおすすめランキング!定番名所から冬に人気の場所まで!
沖縄県の石垣島でおすすめの観光スポットの情報をご紹介していきます。石垣島は海の綺麗な観光名所...

御神崎灯台から望む荒々しくも美しい風景

御神崎灯台からは、荒々しくも美しい海の光景を見ることができます。遠くは穏やかなエメラルド色の海が広がっていますが、波打ち際は荒々しく波が砕ける様子が見られます。

御神崎を訪れるなら日中がおすすめで、特に夏は清々しい景色が広がります。晴れている日は遠くに西表島を見ることができます。灯台のそばには芝生エリアがあるので、芝生に座ってゆったりとした時間を持つのもおすすめです。

御神崎は夕日も美しい人気スポット

御神崎は石垣島の人気夕日スポットで、日没が迫ると多くの観光客が訪れます。特に5月以降は日が沈むのが遅くなるので、石垣島の観光を楽しんだ後にゆっくりと訪れることができます。

日没を楽しむなら日没より少し早い時間に訪れ、水平線に沈む夕日をゆっくりと眺めるといいでしょう。特に灯台からは絶景を楽しむことができます。夕日が沈んでしまうと周囲は急に暗くなるので、あまり長居はせず、帰路に着くのがおすすめです。

春にはテッポウユリとヒルサザキツキミソウが咲き誇る

御神崎は春にはテッポウユリとヒルサザキツキミソウが咲き誇り、駐車場から灯台までのエリアが白とピンク色に染まります。石垣島の中で最も美しい風景の一つで、この時期に石垣島を訪れたら、ぜひとも御神崎を訪れ絶景を楽しんでください。

テッポウユリはかつてほど数は多くありませんが、灯台と一緒に写真を撮るととてもきれいな写真が撮れます。インスタ映えスポットとしてもおすすめです。

御神崎に菩薩像と慰霊碑が鎮座する理由

御神崎には海難事故の慰霊碑と観音菩薩が建てられています。昭和27年12月8日の午後3時頃、那覇と石垣の間を運行していた八重山丸が強風のため、遭難しました。船は荒波のために沈没してしまい、乗船していた乗組員と乗客45人のうち、35人が亡くなってしまいました。

その後昭和51年に、菩薩像と慰霊碑が建てられました。慰霊碑には事故で亡くなった人たちの名前と碑文が刻まれています。

現在でも御神崎は風が強く、特に北風が強く吹く冬は吹き飛ばされそうになることもあります。お子様連れで御神崎を訪れる際は、崖に近づきすぎないよう気を付けてください。

御神崎が舞台になった石垣島の民話

石垣島を含む八重山諸島には多くの伝説があります。そのうちの一つ、御神崎にまつわる民話を紹介しましょう。御神崎の岬の先端から少し離れたところに大きな岩があり、その上に2mくらいの小さな岩が乗っています。落ちそうに見えますが、台風の日でも落ちずにその場所に留まっています。

この石は姉の頭石という意味で、「ブナリィッツブリィイシ」、またの名を「ふちぶい岩」と呼ばれています。昔、この辺りに姉と弟が住んでいました。姉は働き者でしたが、弟は働かず昼間からお酒を飲んでいました。

堪忍袋の緒が切れた姉が怒ると、弟は腹を立てナタで姉の首を切りつけました。切り離された姉の頭は、弟の首に食らいつき弟を殺すと、そのまま御神崎まで飛んで岩のてっぺんに噛みつき、そのままになっているということです。

御神崎観光のポイント

ここでは御神崎を観光する際に知っておきたいポイントをまとめてみましょう。御神崎の周辺には売店やレストランなどはなく、駐車場、トイレ、自動販売機があるだけです。

御神崎は夕日のきれいなスポットとして有名ですが、暗くなると不安に感じることがあるかもしれません。夕日を見たら、早目に帰るようにするのがおすすめです。

観光ポイント①所要時間

駐車場から御神崎灯台まで歩いて行くことができます。御神崎は夕日スポットとして人気がありますがが、日中、訪れるなら所要時間は30分あれば十分でしょう。

近くに売店などはなく、日陰になるスポットもほとんどないため、暑い夏は長時間、滞在しているのは難しいでしょう。

観光ポイント②おすすめの時間帯と天候

御神崎は石垣島の夕日スポットとして、石垣島を訪れる観光客に人気があります。きれいな夕日を見るためには、日没より少し早い時間から訪れ、刻々と変わる空の色を楽しむといいでしょう。

きれいな海の色を見たいときは晴れた日の日中がおすすめです。ちょうど太陽が頭上にある時間帯が、最も海の色がきれいに見えます。曇りの日や雨の日は、あまりきれいな海が見ることができません。

観光ポイント③おすすめの季節

御神崎は年間を通して、きれいな景色を見ることができます。暑い季節は御神崎灯台まで歩くと汗をかくので、暑さ対策が必要です。また灯台周辺は、冬は風が強く意外と寒く感じることが多いので、上着などが一枚あるといいかもしれません。

当然ながら台風が近づいている時は海がきれいに見えません。また、冬に北風が強く吹く時は海が荒れ、穏やかな青い海を見ることはできません。

観光ポイント④足元に注意

駐車場から御神崎灯台までは短い距離ですが足元が悪く、残念ながら車椅子やベビーカーでは行くことができません。灯台までは行けませんが、駐車場付近からきれいな景色を見ることができます。

岬の先端にある灯台までは足元が悪いので、歩きやすい靴を履いて行くのがおすすめです。少し階段もあるので、お子様連れの方はご注意ください。

御神崎の基本情報

御神崎を訪れる際に知っておきたい基本情報をお伝えします。御神崎は無料で見学できます。特に見学時間などは定められておらず、いつでも自由に見学できます。

約10台停まれる駐車場があり、公衆トイレや自動販売機も完備されています。日中は駐車場に飲み物を売る店が出店することもあります。

住所 沖縄県石垣市崎枝
電話番号 0980-82-2809

御神崎のアクセス

御神崎は新石垣空港、離島ターミナル、石垣島の市街地から車で簡単にアクセスできます。所要時間は30分くらいです。御神崎までは道が細い所があるので、暗くなってからの運転には注意してください。

石垣島では路線バスがあまり発達しておらず、本数が少ない上、御神崎の最寄りバス停から御神崎までは距離があるので、レンタカーやタクシーでのアクセスがおすすめです。

新石垣空港からのアクセス

新石垣空港から御神崎まで約27km離れていて、車での所要時間は約45分です。新石垣空港は石垣島の東側、御神崎は石垣島の西側にあるので、ちょうど石垣島を東西に横断する形になります。

新石垣空港から御神崎まで車でアクセスする場合、国道390号、県道209号を利用します。最後に県道79号入って進んだところになります。

離島ターミナルからのアクセス

石垣港離島ターミナルは、石垣島の南端にあります。離島ターミナルから御神崎へ車でアクセスする場合は、県道79号か県道209号を使って北上します。

県道79号は海沿いを走る道路なので、景色を楽しみながらドライブができるでしょう。離島ターミナルから御神崎までの所要時間は約30分です。

市街地からのアクセス

石垣島一の繁華街、美崎町は石垣港離島ターミナルの近くにあります。したがって、石垣港離島ターミナルからアクセスする場合とほとんど変わりません。

御神崎の最寄のバス停は崎枝です。美崎町から崎枝までは路線バスが出ています。ただし、崎枝から御神崎までは約5km離れていて、歩くと約75分かかります。車でのアクセスがおすすめです。

川平湾からのアクセス

石垣島の西部にある川平湾は海の美しさで知られ、ダイビングスポットとしても有名です。宿泊施設もあり、川平湾に泊まって海を楽しむ人も多くいます。そんな川平湾から御神崎までのアクセスをお伝えしましょう。

川平湾から御神崎までは国道207号を使って約15分です。ダイビングやシュノーケルを楽しんだ後に、気軽に訪れることができます。

Thumb石垣島離島ターミナルガイド!各島への行き方や駐車場情報もお届け!
石垣島離島ターミナルには一体何があるのでしょうか?フェリー乗り場として知られているのでフェリ...
Thumb石垣島・石垣空港まとめ!ラウンジや食事・お土産など!周辺のおすすめ施設も!
石垣島の石垣空港には美味しいお食事を楽しむことができるスポットや、お土産を買うことができるお...

御神崎周辺のおすすめグルメスポット

ここからは御神崎周辺のおすすめグルメスポットをいくつか紹介します。石垣島を訪れたら、楽しみたいのがマンゴーなどの南国フルーツです。御神崎からもほど近い場所にある石垣島フルーツランドでは、美味しいマンゴーのジュースやジェラードが楽しめる人気店です。

また、御神崎の観光の前後にランチを楽しみたいときは、イタリアンレストランのイタリコがおすすめです。こちらはランチのみの営業で、美味しいパスタやピザを味わえます。

その他、ハーブ料理が人気のおしゃれなカフェ・ガーデンパナや、沖縄料理が楽しめるせつか家も人気があります。

石垣島フルーツランド

石垣島フルーツランドは御神崎の灯台から車で約5分ほど行ったところにある、フレッシュジュースのスタンドです。マンゴー農家直営のお店で、マンゴーの生ジュースやジェラード、暑い夏にはかき氷などが楽しめる人気店です。

マンゴーは旬の時期に瞬間冷凍しているため、いつでも採れたての新鮮な味が楽しめます。テラス席に座って、青い海を眺めながら美味しいドリンクをいただきましょう。庭には飼育しているウサギやヤギの姿も見ることができ、リラックスした気分が味わえます。

住所 沖縄県石垣市崎枝556-43
電話番号 0980-88-2971

イタリコ

イタリコは御神崎から5kmほど離れた崎枝にある、人気イタリアンレストランです。白と赤のかわいい建物で、内装はシンプルで落ち着きのある空間となっています。営業はランチのみの11時から15時で、水曜日定休です。

ランチメニューはパスタ、ピザ、リゾットなどです。パスタランチにはサラダ、ガーリックパン、ドリンクが付いて、お手頃価格で味わうことができます。車エビやあさりなど海の幸をたっぷりと使ったパスタが自慢で、沖縄ならではの味が楽しめます。

海の幸・山の幸を使ったピザも人気があります。ワインも用意されていて、窓の外に広がる海の風景を楽しみながら、ゆっくりとランチをいただくことができます。

住所 沖縄県石垣市崎枝530-128
電話番号 0980-88-2562

ガーデンパナ

ガーデンパナは御神崎から車で約10分のところにあるおしゃれなカフェです。名蔵湾が見下ろせる高台にあり、海を見ながらゆっくりと食事やティータイムが楽しめる人気店です。

「パナ」とは石垣島の言葉で「花」という意味で、元はハーブを使った調味料やハーブティーを作って販売していました。その後、畑が美しいハーブ園となり、2014年にはカフェがオープンしました。カフェでは摘みたてのハーブを使ったお料理とハーブティーが楽しめます。

メニューは、ハーブをたっぷり使ったバジル丼、美崎牛カレー、島やさいごろごろスープ、パナ・チャンプルーなど美味しいお料理が揃います。ハーブティーの他、ベトナムコーヒーやハイビスカスティー、石垣島産マンゴーソーダなども味わうことができ、ゆったりとした雰囲気の中で楽しめます。

住所 沖縄県石垣市崎枝239-14
電話番号 0980-88-2364

せつか家

せつか家は御神崎から車で15分ほどの川平湾にある人気居酒屋です。沖縄料理が堪能できるお店で、地元の人はもちろんのこと、川平湾を訪れる観光客が多く訪れます。テーブル席とお座敷があり、子連れでも安心して利用できます。

各種ちゃんぷるから海鮮サラダ、海ぶどう、島豆腐まで沖縄名物がずらりと揃い、安い値段で味わうことができます。どのお料理もボリュームがあり、お腹がいっぱいになります。泡盛もあり、夜遅くまで営業しているのでゆっくりと楽しめます。

住所 沖縄県石垣市川平868-1
電話番号 0980-88-2188

Thumb石垣島の名物グルメ人気ランキング!おすすめランチや居酒屋など!
石垣島で名物グルメがいただける人気店をランキング形式でご紹介します。石垣島にはご当地グルメな...
Thumb石垣島のランチ特集!おすすめカフェや人気グルメ・ステーキなど!
石垣島は、沖縄の他のスポット同じく、美しい海を満喫できる人気のビーチリゾート。そんな石垣島を...

石垣島観光の人気スポット「御神崎」に行こう!

石垣島の御神崎は神が君臨する聖地とされて来ました。また御神崎の沖合は航海の難所で、琉球時代から伝わる神女(ツカサ)という女性が航海安全の祈願を行います。現在は夕日スポットとして観光客に人気がありますが、海難事故で亡くなった人々の慰霊碑もあり、厳しい自然と歴史を感じさせるスポットでもあります。

御神崎を訪れたら、石垣島の自然や歴史を考えながらゆっくりと観光を楽しんでください。また、周辺のグルメスポットもぜひ訪れ、沖縄ならではの味を堪能してください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ