米原ビーチは石垣屈指のシュノーケルスポット!おすすめのポイントは?

沖縄県の観光スポットとして近年脚光を浴びる石垣島ですが、地元民がこぞって集う「米原ビーチ」はまだあまり知られていないいわば穴場スポットです。ここでは「米原ビーチ」の知られざる魅力やおすすめポイント、そしてアクセスや周辺の観光スポットをご紹介していきます。

米原ビーチは石垣屈指のシュノーケルスポット!おすすめのポイントは?のイメージ

目次

  1. 1米原ビーチは地元民に愛される「穴場」?
  2. 2石垣島の人気スポット!米原ビーチをご紹介!
  3. 3米原ビーチってどんなビーチ?
  4. 4米原ビーチのおすすめポイント
  5. 5米原ビーチの基本情報とアクセス
  6. 6米原ビーチの周辺にあるおすすめ観光スポット
  7. 7沖縄石垣島の人気ビーチである米原ビーチを満喫しよう!

米原ビーチは地元民に愛される「穴場」?

石垣島といえば、いまや沖縄を代表するメジャーな観光スポットのひとつとして知られています。

しかしながら今回ご紹介をしたい穴場スポットである「米原ビーチ」は、沖縄を代表する観光するスポットのひとつである石垣島においてはあまり知られた観光地とはいえず、沖縄好きの方の間でも広くは知られていません。

沖縄好きな方の間では有名な話ですが、沖縄の人々は意外にも「海に入らない、海に詳しくない」といわれます。そんな沖縄の人々でも足を運ぶスポットのひとつといわれるほどに美しいスポットが、この米原ビーチです。

その魅力は計り知れず、常識を覆すほどに住んだ海やサンゴ礁、そしてさまざまな海の生物と出会えることで知られます。

石垣島の人気スポット!米原ビーチをご紹介!

今回ご紹介をする米原ビーチはシュノーケルやダイビングの新たな聖地として人気を集めると共に、現在においては地元民をはじめとする知る人ぞ知る穴場スポットです。

また同時に、沖縄好きな方はもちろん沖縄に興味のある方、これから石垣島に足を運ぶ予定の方は必見のスポットということができます。

ここでは地元民からの人気を特に集める米原ビーチのおすすめポイントや基本情報、そしてアクセス情報に周辺にある人気の観光スポットについても詳しくご紹介していきます。

Thumb石垣島のシュノーケリングスポットおすすめまとめ!マンタやウミガメが見れる?
沖縄県八重山諸島の石垣島は、シュノーケリングにおすすめの美しいビーチがたくさんあります。マン...
Thumb石垣島の人気ビーチまとめ!おすすめの穴場やシュノーケルスポットも!
最近空港も新しくなり、羽田空港からの直行便も運行されるようになったため、今石垣島はとても人気...

米原ビーチってどんなビーチ?

米原ビーチは、泳いで15分前後で到着することのできるダイビングポイント「米原リーフ沖」を有します。

この米原リーフ沖は、ダイビングやシュノーケルの絶好のスポットとしても知られ、運が良ければサメやマンタとも出会うことのできる、非常に貴重な海であることでも知られています。

さらにはビーチから約150メートル圏内にはルリスズメダイに熱帯スズメダイと沖縄ならではの希少なお魚に、アオヒトデやイソギンチャクといったたくさんの海の生物と触れ合うことができます。

その魅力は海だけにとどまらず、夏には地元民や観光客を含め多くの人々から愛されるバーベキューの人気スポット「米原キャンプ場」を有することでも親しまれています。

全長1キロの遠浅の砂浜

米原ビーチは非常に広いことで知られ、全長1キロメートルにも及ぶ遠浅の砂浜を有することで知られています。あまりにも広いため地元民であっても慣れた人でない限り、シュノーケルの穴場スポットに到達するのに迷ってしまうほどです。

そのため多少の混雑では窮屈を全く感じることがなく、快適にシュノーケルやバーベキューを楽しむことができます。

ただしこのエリアですが、カレント(離岸流)の事故が毎年発生しているエリアでもあるため、泳ぎに自信のない方はもちろんのこと悪天候時にはくれぐれも注意しましょう。

シュノーケルやダイビングを楽しめるスポット

そんな石垣島の人気シュノーケルスポットである米原ビーチの穴場は、ずばり米原ビーチ駐車場のすぐそばです。

米原ビーチ駐車場については後ほど詳しくご紹介をしていきますが、地元民がよく知る穴場の無料の駐車場からすぐの場所がシュノーケルの絶好の穴場であることも、米原ビーチをおすすめしたい理由のひとつです。

またシュノーケルノセットを持参していない方であっても気軽にシュノーケルを楽しめるよう、人気のマリンショップ「ジェリーフィッシュ」があるため安心して楽しむことができます。

こちらのお店では、石垣島を知り尽くした地元出身のガイドさんによる、シュノーケルのガイドツアーも併せて取り扱っています。

1名からでも快く対応をしてくれるので、はじめてシュノーケルをされる方はもちろん、石垣島にあまり詳しくないという方は気軽に参加されてみてはいかがでしょうか。

また後ほどご紹介をする石垣島へ訪れた際にはぜひとも立ち寄りたい「青の洞窟」へのシーカヤックツアーなども開催しています。

営業時間は9時から19時までの不定休のため、確実にジュエリーフィッシュに訪れたい!という方は事前に確認をしてから足を運ぶことをおすすめします。

住所 沖縄県石垣市字桴海644-38
電話番号 0980-88-2386

Thumb石垣島観光の穴場スポット13選!絶景が見れるおすすめの場所も紹介!
沖縄の石垣島は、観光スポットとして大変話題になっている場所です。穴場のスポットも大変多く、ゆ...

米原ビーチのおすすめポイント

ここでは米原ビーチの魅力を語るうえで欠かすことのできない2つのスポットについて詳しくご紹介をしていきます。どちらも石垣島を訪れた際には必見のスポットのため、沖縄を訪れた際にはぜひとも足を運んでみてください。

しかしながら米原ビーチで遊ぶ際にはかならず守らなければならない注意点があります。米原ビーチはすばらしい自然を保護する目的で国立公園に指定されており、魚や貝そしてサンゴをはじめとした海の生物の搾取が禁止されているという点です。

米原ビーチのすばらしい自然を後世に残すためにも、唯一といってもよいルールをしっかりと守り安全に楽しく遊ぶように心がけましょう。

おすすめポイント(1) 米原リーフ沖

まずは米原ビーチを代表するダイビングとシュノーケルのスポット、米原リーフ沖についてご紹介をしていきます。

この米原リーフ沖は、すでにご紹介のようにサメやマンタ、さらには運が良ければウミガメを間近に楽しむことができるため米原ビーチに訪れた際には必見です。

このサンゴ礁とリーフ沖に囲まれていることで穏やかな波を楽しむことができ、また沖に数分泳ぐことで浜辺には生息していないような大型魚とも出会うことができる、まさに米原ビーチでも屈指のおすすめのスポットです。

この米原リーフ沖では人気映画の主人公となったことでもおなじみの、ある熱帯魚とも出会うことができるため、気になる方はぜひともチェックしてみましょう。

おすすめポイント(2) 米原キャンプ場

続いては米原ビーチの訪れるべきもうひとつのおすすめポイント、米原キャンプ場についてご紹介をしていきます。

この米原キャンプ場は米原ビーチで楽しむバーベキュー会場としては鉄板でありながらも、米原ビーチを満喫する際に欠かせないさまざまな施設が目白押しです。

キャンプ場の使用料金は大人1名につき400円、こども1名につき200円と非常にリーズナブルであり、さらには無料の駐車場までも用意されていたりと、まさに至れり尽くせりです。

こちらの米原キャンプ場ではキャンプ施設やバーベキュー施設だけではなく、お手洗いに無料のシャワールームまで用意されているので、米原ビーチをこころゆくまで楽しむ際にはまさに必須のスポットということができます。

住所 沖縄県石垣市桴海466-2

米原ビーチの基本情報とアクセス

ここからはそんな沖縄の穴場ビーチ、米原ビーチのおすすめのアクセス情報や基本となる情報について触れていきます。

とくに米原ビーチに初めて訪れる方には必見の情報となるため、訪れる前にはかならずチェックをしてから足を運ぶようにしましょう。

基本情報

米原ビーチは沖縄本土から西の宮古島のさらに西、石垣島の中心部より北の海沿いにある石垣市のビーチです。

市街地や空港からは距離があるため、米原ビーチに訪れるという方は地元民を除いて、一般的にはレンタカーによるアクセスを選択される方がほとんどです。

石垣島空港からのアクセス

米原ビーチに訪れるには、本数こそ少ないものの多数の路線バスが運行しているためバスによる移動もおすすめです。空港からのアクセスの際はもちろん、市街地からの移動手段にもバスによるアクセスは非常に有効ということができます。

米原ビーチを経由するバスの路線には「米原キャンプ場線」はもちろん「西伊原間線」、「東回一周線」「西回一周線」の基本4路線が存在しており、1日の本数は各1本から2本となります。

港からのアクセス

続いては港から米原ビーチへとアクセスをされる際についてのご案内です。しかしながら、石垣島に点在する港から米原キャンプ場をはじめとする米原ビーチ周辺の施設へ、バスや電車といった公共交通機関によるアクセスは一般的ではなくおすすめはできません。

そのため港から米原ビーチに訪れる際にはレンタカーを借りて移動する、もしくはタクシーなどを手配し移動をするしかないのが現状のようです。

米原ビーチの周辺にあるおすすめ観光スポット

ここからは、米原ビーチに訪れた際には併せて抑えておきたい人気の観光スポットについてご紹介をしていきます。

以下の3つのスポットは米原ビーチに負けず劣らずのおすすめスポットであり、沖縄はもちろん石垣島を代表するメジャーなスポットです。ぜひとも足を運んでいただき沖縄旅行のより良い思い出に加えてみてください。

おすすめ観光スポット(1) 米子焼工房キムサー館

まずご紹介したいのは、沖縄のシンボルであるシーサーをさまざまな形で販売する施設「米子焼工房キムサー館」とその向かいにある「米子焼工房」です。

この2つの施設は米原ビーチのすぐそばにありながら、この工房のオリジナルシーサーでもある「キムサー」のグッズ販売をおもにおこなっているので、石垣島のお土産にまさにぴったりです。

カラフルな色のシーサーであるキムサーを彩ったハンドタオルやキーホルダーといったお土産は、米原ビーチのきれいな海や太陽を思い起こさせるにはこれ以上ない一品となります。

さらにその2つの施設のすぐ外にあるシーサー農園では大小さまざまな、そしてカラフルなキムサーがたくさん展示されており、沖縄の青い空にまさにぴったり。

石垣島の新たな可能スポットとして注目を集めるシーサー農園は、これまで石垣島に訪れたことのある方も必見のスポットであり、石垣島のインスタ映えの新たな聖地ともなりそうです。

これらの施設に米原ビーチから訪れる際には、遠目にもわかりやすいシーサー農園に展示されているこれらのキムサーを目印に足を運ぶと、簡単にアクセスすることができます。

住所 沖縄県石垣市桴海656−1
電話番号 0980-88-2016

おすすめ観光スポット(2) サタケ八重山ヤシ記念館

続いては、米原ビーチからも程近くにある記念館「サタケ八重山ヤシ記念館」についてご紹介をしていきます。

サタケ八重山ヤシ記念館はリュウキュウヤエヤマヤシという、石垣島独自といってもよりヤシ研究においての世界的権威である佐竹博士の偉業を知ることのできる記念館です。

このリュウキュウヤエヤマヤシはこの石垣島のほかには西表島にしか生息が確認されておらず希少な固有種であり、世界でもっとも美しいヤシと称されるほどの姿が知られています。

またすぐ近くにある「米原の八重山ヤシ群落」へと続く遊歩道、そして後ほどご紹介する青の洞窟からも至近にあるのでそれらを探索する際のついでに訪れることができるのも嬉しいポイントです。

サタケ八重山ヤシ記念館の入園料は大人1名につき300円で、小学生以下の子供については無料となりますので子連れの方はとくに気軽に訪れることができます。

サタケ八重山ヤシ記念館の営業時間については年中無休で9時から17時までとなりますので、いつ訪れても楽しめるの人気の理由のひとつとなっています。

住所 沖縄県石垣市字桴海554番地
電話番号 0980-84-4568

おすすめ観光スポット(3) 石垣島 青の洞窟

最後にご紹介をしたい米原ビーチ周辺おすすめ観光スポットは、沖縄の誇る人気マリンレジャースポットのひとつ「青の洞窟」です。

恩納村真栄田岬にある洞窟で知られ、ダイビングスポットやシュノーケルスポットとして最も人気が高く、米原ビーチからも非常に近い距離にあるためまだ訪れたことのない方は必見のスポットです。

この青の洞窟は洞窟内に差し込む太陽の光が、洞窟内の水中と水面が濃く不思議な輝く現象で知られ、息をのむほどの青さと美しさに圧倒されます。

訪れた日に青の洞窟ならではの幻想的な光景が出来上がるかは運次第となりますが、さまざまな条件がそろわなければ見られないことも人気の理由のひとつであり、見られた時の感動もひとしおです。

この不思議な現象と同等の見られる青の洞窟は、イタリアをはじめとする世界各地で目撃そして多くの人々を魅了していますが、この石垣島の青の洞窟はもっともフォトジェネリックであるとも称賛されています。

幻想的な光景に思わず目を奪われる、石垣島はもちろん沖縄の誇る青の洞窟ですが、1日ツアーが充実の内容で楽しめるのも魅力的です。

カラフルなサンゴ礁に熱帯魚と、石垣島ならではの自然にあふれる青の洞窟で、まさにプライベートビーチのような贅沢な空間と時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Thumb石垣島「青の洞窟」はシーカヤックやシュノーケルが人気!場所や行き方は?
石垣島にも青の洞窟があることはご存知でしょうか。石垣島でも海外に負けないきれいで真っ青な海を...

沖縄石垣島の人気ビーチである米原ビーチを満喫しよう!

ここでは沖縄でもとくに地元民から屈指の人気を集めるスポット、米原ビーチの魅力や穴場、そして駐車場情報をはじめとしたアクセス方法などについて詳しくご紹介をしていきました。

沖縄の魅力をぎゅっと凝縮したかのような石垣島・米原ビーチにぜひ訪れていただき、楽しい沖縄の思い出のひとつに加えてみてください。

そしてくれぐれも、その綺麗な海や珍しい海の生物に囚われすぎることなく、まずは安全に遊ぶことを心がけるようにしましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ