青森弁を調査!南部弁と津軽弁との違いは?特徴のある語尾がかわいい!

全国にはいろんな方言があるが、東北地方の青森弁は特に難解だ。おまけにライバル関係の南部弁と津軽弁という2種類の青森弁があるという複雑さである。ここではそんな青森弁を徹底調査する。これを読めばあなたは青森弁マスターとなれるに違いない。

青森弁を調査!南部弁と津軽弁との違いは?特徴のある語尾がかわいい!のイメージ

目次

  1. 1青森弁という方言とは
  2. 2青森弁の中の南部弁とは
  3. 3青森弁の中の津軽弁とは
  4. 4南部(南部弁)VS津軽(津軽弁)
  5. 5青森弁の語尾がかわいい
  6. 6青森弁は究極の省略語か
  7. 7ズーズー弁の青森弁
  8. 8面白い青森弁
  9. 9青森弁の告白にキュン
  10. 10勘違いされる青森弁
  11. 11青森弁のあいさつ
  12. 12青森ではへら舞が見られる
  13. 13青森弁の変換表
  14. 14青森弁と青森グルメ
  15. 15青森弁も体験のとんでもないツアー
  16. 16青森弁の未来は明るい

青森弁という方言とは

33910540 1759393234106614 4328042791901855744 n
sachi213

青森弁という方言を知っているだろうか。一口に青森弁といっても、青森県というのは東西に広い県で奥羽山脈が間に入っているのだ。この山脈を境に方言が違うので南部弁と津軽弁の二つがあるのが青森弁ということになる。そんな青森弁をここでは徹底調査する。特徴のある語尾がかわいいとの評判だがどうであろう。

青森弁の中の南部弁とは

14705087 803318046476448 8950082516191019008 n
mocolocolo

青森弁の中の南部弁というのは太平洋に面した八戸市を中心とした旧南部藩の地域の方言のことをいう。青森弁の中では比較的情緒があって女性的な感じで言葉遣いはおっとりしている感じが特徴だ。南部のジョッパリ(負けず嫌いで意地っ張り)は「無口で慎重、引っ込み思案で正義感が強い。」という気質らしい。特徴ある南部弁はまた後ほど。

青森弁の中の津軽弁とは

27576709 160047161317784 7889420585594257408 n
gemtilbambi

方や奥羽山脈(八甲田山)の向こう側の日本海に面した旧津軽藩は南部藩とは対照的に方言も男性的だ。城下町のせいか決まり事は徹底的に守るということで、語調や抑揚がはっきりしているのが津軽弁の特徴だ。津軽のジョッパリは「負けず嫌いで意地っ張りだが陽気で行動的な浪費家が多い。」という気質らしい。方言も南部と交わることはなかった。

南部(南部弁)VS津軽(津軽弁)

南部VS津軽

15802911 381134852265305 693205118824218624 n
umesatman

昔から山脈を挟んでいたし気候も違う。江戸時代の藩も違っていたので全然交わることがなかったので方言も南部弁と津軽弁に分かれてしまった。いまだにお互いライバル心丸出しでこんな言葉がある。「津軽の手長、南部の火付け」。意味は「津軽は泥棒が多く、南部は放火人が多い」。互いが分からないからこんな悪口になるのだろう。

26372498 2110149662553001 361996997806260224 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
neputaya

南部弁と津軽弁を少し比べてみよう。「こっちに来てください」ということを南部弁では「こっちゃおんであれ」といかにも物腰が柔らかな言い方に対して、津軽弁では「こさこいへ」となんとも無骨な感じの特徴ある言い方になるようだ。南部の人に言わせたら、語調がきついのが特徴の津軽弁はまるで喧嘩を売っているように聞こえるのだそうだ。

18444776 217598618745936 2931431817946857472 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mahalonail

青森県出身者に「どこの出身ですか?」と聞いたら「八戸市」や「青森市」などと答えるに違いない。これは青森県民は県というより南部藩か津軽藩の生まれかを現代の今でも気にしているのである。それでも共通の青森弁もある。「かちゃくちゃね」だ。「混乱している」「面倒」「散らかっている」という意味になるだろう。かちゃくちゃね青森県?

青森弁の語尾がかわいい

20969176 892692247549060 7628717745764302848 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
char.555

青森弁は語尾が「~だ」とか「~べ」「~でば」「~で」などと濁音で終わってしまう、お聞き苦しいものばかりではないのだ。中にはとてもかわいいと評判の語尾もあるので、これから紹介するっちゃ。どうぞ青森弁のフランス語にも似たかわいい語尾を堪能してけろじゃ。

「~きゃ」「~ちゃ」「~けろ」

26158007 174627723295520 4716870501945835520 n
rentoa55

青森弁の語尾がとってもかわいいものがある。食事を残したとき「ままのごしていだわしねっきゃ」は「ご飯を残して勿体ないんだよね」の意味だが、語尾の「きゃ」。「そったらさ見つまなぐきゃめぐせだっちゃ」は「そんなに見つめられれば恥ずかしいじゃないの」の意味で、語尾の「ちゃ」。「けろ」は「してください」。きゅんときてかわいい。

「~びょん」「~じゃ」

928624 780289452028690 807585646 n
kickpan0330

青森弁「せばだばまいねびょん」は「そうであれば駄目じゃないですか」となる。「まいね」が駄目であるとかいやだとかの否定語だが「びょん」を語尾に入れると柔らかい感じになってかわいい。青森弁で最もフランス語に似ている語尾だといわれている。これは津軽弁だが、南部弁では同等の方言は「そだだばわがんねごった」と語尾の特徴も違う。

26269380 189698258278232 2314342131017187328 n
neputaya

青森弁で語尾が「~じゃ」になると今度は強制的な感じとなる。前の例でいえば「まいねじゃ」となれば「絶対に駄目だ」というふうになってしまうし、「風邪ひいたじゃ」となれば「風邪をひいてしまった」という状態を強調した方言の語尾といえる。津軽弁及び南部弁の両方で使う共通の青森弁だ。

青森弁は究極の省略語か

一言で通じる青森弁

25025660 125326031596943 7514798617320751104 n
s.rumeko

全国の方言は数々あれど一言で表現できる方言を持っているのが青森弁の特徴でもある。例を挙げれば「わ」は自分(私)、「な」はアナタ、「ね」は何もない、「け」はかゆいまたは食べろ、「め」は美味しいなど。「わなのこどしんたげ好ぎだじゃ」となれば「私はアナタのことが心の底から好きだ」という津軽弁の告白になるのだ。

「なだら物もねどもえさへってけれじゃ。め団子だばあるはんでまんずけ。」という青森弁は「そんなにいい物は何もないけれど家に寄って行ってください。美味しい団子はあるのでまずはそれを食べてください。」という意味になる。一言の意味も分からないのに、これを早口で言われたらフランス語にも聞こえてくるはんで?

へ(る)は喋るという青森弁(南部弁)。「へればへったてへられるし、へらねばへらねてへられるし、どうせへらねてへられるより、へったてへられるほうへっぱいい。」という語りは「喋ったら喋ったと悪く言われるし、喋らなければ喋らないと悪く言われる。どうせ喋らないと悪く言われるなら喋って悪く言われる方が良い。」という「へ」である。

青森弁はなぜ短い方言か

27880138 1806753496036416 7573955469631291392 n
jeremynaruming

東北地方の冬は寒さが厳しい。「青森弁」も特に「津軽弁」では口をできるだけ小さく開け短い言葉で意味をなさなければ生活上支障が出るのだ。どさ?(何処へ行くの?)に対していさ(えさ)と応えれば家に帰る(行く)ということになるし、ゆさ(風呂に入りに行く)などという。東北人は寡黙だというのは厳しい気候故必要以上口を開けないだけだ。

ズーズー弁の青森弁

濁点が特徴

1171609 1717105361866042 538200273 n
chi.a.k1

東北弁は「ズーズー弁」ともいわれ濁点の多い方言でもある。青森弁も同じで「男」は「おどご」、「女」は「おなご」という具合。口を開かないから濁音になってしまうのだ。けど(道路)、がちゃめぎ(水たまり)、すげ(すね)、さび(寒い)、めんご(かわいい)、いぐ(行く)、ばやめぐ(うろうろする)、んだ(そうだ)などいっぱいだ。

14488145 1592104044419098 852599219263897600 n
pori_violet

「アナタは誰ですか」を青森弁では、南部弁で「んがでんだっきゃ」、津軽弁で「なだだば」。違いと濁点の多さが分かる。また、「つづ」と言うと、「地図」「筒」「土」「知事」などと四つの意味があるから勘違いもおきる。ほぼ青森弁は早口で言うものだから、まんずたまげでばやめぐごった(とても理解できなくて右往左往してしまうだろう)。

面白い青森弁

マツコがおまけ?

青森弁で「マツコ」、正確には「マッコ」といえばお年玉といういわゆるオマケのことである。青森県民は「マツコ」じゃない「マッコ」が大好きだ。青森弁に限らず東北弁はものに「こ」を付ける傾向だ。「雪っこ」「目っこ」「飴っこ」じぇんこ(お金)だらっこ(小銭)など、青森弁の語尾もそうだがみんなかわいい表現だ。

「こちょがす」「もちょこちぇ」

13556728 130295914065037 1746485041 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
110208mmi

青森弁では「ちょす」や「もちょこちぇ」というかわいい感じはするが意味が想像できないものもある。なっとそんだに脇腹こちょがすな、まんずもちょくちぇっでば(お前そんなに脇腹をくすぐるな、ものすごくくすぐったいだろう)。例文の「こちょがす」と似た言葉で「ちょす」という青森弁もある。「触る」「いじる」と「からかう」意味も持つ。

おかしないはおかしい?

10666187 934234903259777 185748296 n
rw_wu

南部弁では「おかしない」と言うと「おかしいこと」だというから面白い。「アナと雪の女王」の雪だるまを作る場面の青森弁の吹き替えはこうだ。「雪だるまこへるべ。戸っこあげでけれじゃあ。一緒に遊ぶべし。なして出で来ねんだべ。」とおかしない。訳は「雪だるまを作っているからドアを開けて一緒に遊ぼう。どうして外に出てこないの。」

青森弁の告白にキュン

津軽弁での告白

津軽弁では、女性が、なっわのごどなじょ思ってらっちゃ(アナタ、私のことどう思っているの)と言えば、男性は、なっとすぎだじゃー(お前のことが好きに決まっている)や「わや好ぎだはんで」などと言う。青森弁(津軽弁)での告白は、雪が降るのと同じで深々と重く心に響くのだ。たんげぇはっかめぐ(すごく興奮する)。

南部弁での告白は

津軽に比べてとても引っ込み思案の南部の人の告白は控えめだ。好ぎだすけ付ぎ合ってけろ(好きなので付き合ってください)というところが代表的な告白になるだろうか。他人の目を気にしてあまり本音を言わない南部の人だが、心の中は情熱で溢れているので難しいところはある。シャイな南部弁もかわいいではないか。

勘違いされる青森弁

「投げる」「とろける」

22709185 1514981525262571 4675858451941818368 n
ayako1972

独特な青森弁ゆえに県外の人には誤解を生じることもしばしばだ。青森弁で「そのゴミ投げでけれ」と言われても言った人に投げてはいけない。青森弁の「投げる」とは「捨てる」という意味なのだ。そごらの服とろげておがねが(そこらにある服を整理したらどうですか)のとろける(とろげる)は溶かすのではなく「整理する」という意味。

テレビに入る?

当の青森県民は平気で使っているが、いまテレビに何へってる(入っている)?とよく言うのである。IC基板かなと思うことなかれ、どういうテレビ番組が放映されているのかを聞いているのである。青森県民の「松山ケンイチ」や「吉幾三」がテレビに出ていれば、「テレビに松山ケンイチがへってらど」「テレビに吉幾三がへって歌っでら」となる。

青森弁のあいさつ

青森弁のあいさつの特徴

青森弁での朝のあいさつはまあ語尾が少し訛って「おはようごす」「おはようだなっす」と言う。また、日常何気なく使っている青森では平気なのだが、生ぎでらが(生きているか)と他圏では考えられない生々しいあいさつもある。断わっておくが、本人たちはとても親しい間柄であるので勘違いがないように。

青森弁での別れのあいさつ

27579935 543922269313761 3162421373943414784 n
mikasan_takanen

青森弁の別れのあいさつの方が特徴がある。「せば」「へば」というのが青森弁での標準的なあいさつだ。「せば」という言葉は他に「~すれば」とか「ようしやってやるぞ」という時の掛け声などに使用される。ちなみに南部弁での丁寧な言い方で「おしずかに」という別れの挨拶もある。

青森ではへら舞が見られる

南部地方のへら舞

28156603 535891893447763 4465738794871554048 n
kanitrip365

南部地方では食べるご飯が足りなったときは主婦がへら(しゃもじ)を持って舞うと許される(陳謝する)という風習があった。これを「へら舞舞う」という。そのため、雇い人なんかはわざと大食いしてご飯を足らなくし主婦にへらを持って舞わせることも行われたようである。「へら担ぐ」とも言うそうだ。南部の主婦は大変なこった。

津軽地方で「へら」は幸せ

15877303 240103499761129 7659672412585197568 n
yuhi_n

津軽地方では「へら」というと、妻が夫より年上な状態のことを示唆するのだ。そして「へら持ちは果報持ち」と言われて、年上の妻を持った人は幸福になれるらしい。津軽では年上の女性がモテそうであるから気になる方は津軽へ行ってみてはどうだろう。青森はどうやら「へら」が重要な鍵を握っているようである。

青森弁の変換表

居酒屋の変換表

青森に行けば、居酒屋などによく青森弁の変換表が貼っているところが多い。ところが青森弁は早口でへる(喋る)ものだから、どれだけ理解できるかは定かではない。青森弁での注文を一つ教えておこう。「なまっこひとつ」とは食べる「ナマコ」ではなく「生ビール1つ」ということだから、青森の居酒屋で驚かないでくれ。

Thumb青森のおすすめ居酒屋21選!安い人気のお店からおしゃれな個室完備の店も!
青森県は東は太平洋、西は日本海に面していて、美味しい魚介類を提供する居酒屋も多いです。世界遺...

青森弁と青森グルメ

いちご煮

青森弁を語るのに青森グルメも外せない。高級食材を使った青森の高級グルメ「いちご煮」を知っているだろうか。もちろん名前の通り高級な苺を煮たものではない。青森の沿岸で獲れた新鮮なウニやアワビなどを使ったお吸い物のことを言うのだ。なぜ「いちご煮」の名前かは定かでないが、大切なお客様に出す「おもてなし」料理の一つである。

じゃっぱ汁

こちらの青森の郷土料理はB級グルメに当たるであろう「じゃっぱ汁」。「じゃっぱ」とは大雑把という意味になるだろう。もともと漁師が作った料理のようだ。魚も野菜もぶつ切りにして鍋にしたものだ。共通語では「あら汁」と言ったらイメージが浮かぶであろう。青森の冬の厳しい寒さに「じゃっぱ汁」で芯まで体を温めたいものなのである。

せんべい汁

南部地方のB級グルメで有名な「せんべい汁」を忘れてはならない。実は、青森県民は商売にあまり熱心ではない傾向にある。海で獲れた物をその日のうちに店で売るというのが基本の青森なのだ。したがって「せんべい汁」も全国的に知れ渡るまで特に広告しなかったのが青森県だ。ぜひ素朴な青森県を応援してほしい。

Thumb青森グルメランキングBEST17!B級から名物までおすすめの食事を紹介!
青森県には他県ではなかなか食べられないような名物料理、B級グルメがたくさんあります。青森県内...

青森弁も体験のとんでもないツアー

地吹雪体験ツアー

青森弁も堪能できるツアーとしては、津軽鉄道の達磨ストーブでスルメを焼く「ストーブ列車ツアー」もあるのだが、厳しい津軽の冬を逆手に取ったその名も「地吹雪体験ツアー」なるものがある。これが海外の、それも雪も見たこともない観光客に大うけのようである。毛布の角巻にかんじきを履いて吹雪の草原を歩く。後にはメバル汁が振舞われる。

青森弁の未来は明るい

10467831 537711296340743 106728279 n
lucifer_xyz

フランス語にも聞こえるという青森弁を少しは理解できたであろうか。青森弁がもっと注目されるようになったなら、「あなたも聞くだけで青森弁が話せるようになる。」なんていう教材も発売されるかもしれない。「ある日青森弁の会話がすべて分かるようになったんです。」ってか。青森弁の未来はずっぱり明るいんだっきゃ。

関連記事

Original
この記事のライター
納谷 稔

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ