調布の深大寺は人気の観光スポット!見どころや周辺の散策コースを紹介!

調布市にある深大寺は、厄除けや縁結びのご利益があることで知られ、名物で知られるそばやスイーツ等も人気で、観光でも人気のスポットになっています。東京都心からも行きやすいので、ちょっとした観光にもおすすめの調布市の深大寺や、深大寺周辺のおすすめ等ご紹介します。

調布の深大寺は人気の観光スポット!見どころや周辺の散策コースを紹介!のイメージ

目次

  1. 1調布にある深大寺とその周辺のスポットをご紹介!
  2. 2調布にある深大寺ってどんな場所?
  3. 3調布 深大寺の歴史を簡単に説明
  4. 4調布 深大寺の見どころ
  5. 5調布 深大寺の周辺の散策コース2選
  6. 6調布 深大寺の周辺のグルメスポット4選
  7. 7調布 深大寺は日帰り観光におすすめ
  8. 8調布 深大寺への行き方
  9. 9調布の深大寺を観光しよう

調布にある深大寺とその周辺のスポットをご紹介!

調布市にある深大寺は、都心からも60分かからない場所にあるため、ちょっとした観光にもおすすめで、人気の観光スポットでもあります。深大寺だけでなく、周辺にもスイーツやお蕎麦で人気のお店もあり、観光で訪れる方も大変多いです。その調布にある深大寺や周辺のおすすめをご紹介します。

調布にある深大寺ってどんな場所?

調布ある深大寺は、東京でも浅草の次に歴史あるお寺で、国宝の釈迦如来像や、縁結びや厄除けでも知られています。日本三大だるま市に数えられる厄除天三大師大祭は多くの方が訪れる有名なお祭りで、週末になれば観光で訪れる方も多い場所です。

そして、深大寺は水が豊富な場所でもあり、境内にあちこちで水の音が聞こえ、不動堂のそばにある不動の滝も大変有名で、夏場は、大変涼しいと人気があるスポットでもあります。そして深大寺周辺では、豊富な水のおかげでお蕎麦も大変有名です。

調布の深大寺と言えば、お蕎麦をイメージする方も多いはずです。深大寺の近くには、お蕎麦のおいしい店も大変多く、行列が出来る店も多いです。そしてお蕎麦だけでなくスイーツでも人気のお店が多く、日帰りで観光に行くのも大変おすすめのスポットになっています。

調布 深大寺の歴史を簡単に説明

調布市にある深大寺は735年に建てられたお寺で、初めは法相宗のお寺でしたが、859年に天台宗のお寺となりました。その後、江戸の大火等で火災により1646 年と1865年に焼失、1919年に再建されています。

国宝でもある釈迦如来像は白鳳仏とも呼ばれ、645年から710年の白鳳期につくられた像で、東日本では、最も古い釈迦如来像として知られており、観光で深大寺を訪れるなら、見逃さずおさえておくべき如来像です。

調布 深大寺の見どころ

調布にある深大寺は、すごく広いわけでないですが、意外と見どころは多く、本堂だけでなく、山門や、東側にある不動堂や不動の滝、釈迦堂、深沙堂など、仏像や御朱印以外にも見どころはたくさんあります。

御朱印をいただくために訪れる方も多いですが、厄除け、縁結びのご利益でも知られる深大寺は、週末などは特に訪れる方は多いです。訪れる方は深大寺の境内だけでなく、その周辺をゆっくりと観光する方も多くいます。深大寺は豊かな水があるパワースポットでもあり夏場であれば、水の音が涼しさを感じ、涼を求めるのもおすすめです。

国宝である如来像や、本堂などの建物、そして境内のあちこちにある歌碑や句碑をゆっくりと見てまわるのもおすすめで、観光として訪れるにも十分楽しめるスポットとして、深大寺は人気です。

深大寺 本堂

深大寺の本堂は、江戸の大火でも焼失せずに今も残る、深大寺で1番古いとされる山門を進み、右に行けば深大寺の本堂が見えます。深大寺の本堂には、ご本尊である阿弥陀三尊像が安置されています。

深大寺の本堂は、建物自体も大変見ごたえがあり、龍や獅子、そして象の彫り物が梁にあり、破風板のちょうど下の部分にも、大変素晴らしい鳳凰の彫り物があります。そして正面の両脇に「木」という文字の燭台もあります。

元三大師堂・釈迦堂・深沙堂

元三大師堂は、もともとは現在の場所とは違う場所にあり、江戸の大火で焼失したあと、本堂よりも早い1867年に再建された建物で、元三大師像が中には祀られています。釈迦堂は、高床式に作られ、湿気などから守れるようになっている建物で重文である旧梵鐘があり、ガラス越しにそれを見ることもできます。

そして深大寺の名前の由来にもなったとされる深沙大王が祀られている深沙堂は、本来は深沙大王社とも言われていて、鳥居もありました。しかし神仏分離のために鳥居も社も壊され、鳥居は現在は立っていた跡がわかります。

深沙堂の裏手には、このエリアの水源もあり、水の音や涼しい風を感じることもでき、散策する際に立ち寄るのもおすすめです。

不動の滝

深大寺にある不動の滝は、ちょっと分かりにくい場所にあるのですが、深大寺を訪れ、時間に余裕があるなら見に行くのをおすすめするスポットです。調布市にある深大寺にはそ2ヶ所の水源があり、不動の滝は多くの方が訪れる場所です。

不動の滝は山門から東大寺通りに向かって進みます。100mも行きませんが、東大寺通りの手前、山門から歩いていくと階段があるので、その階段を進むと緑豊かな木々に囲まれて、不動堂が姿を表します。そのすぐそばに不動の滝があります。

緑囲まれ、涼しい場所ですので、散策しながら行くのもおすすめで、心地よい場所である不動の滝です。不動堂には本尊の不動明王が安置されており、不動の滝では毎月28日に深大寺の僧侶の方たちの不動護摩供が行われているので、28日に来ると見る事ができます。

深大寺の御朱印

調布の深大寺には御朱印が全部で3種類あり、御朱印帳もあり、大変人気があります。御朱印はそれぞれ1枚500円でいただくことができ、御朱印帳は薄紫色の御朱印帳で1500円でいただくことが出来ます。

深大寺の御朱印は、深大寺の本堂のご本尊である宝冠阿弥陀如来像の無量寿の御朱印、国宝にもなり、東日本エリアでは1番古い釈迦如来像である、釈迦如来倚像の白鳳仏の御朱印、そして厄除けでも有名な厄除元三大師の元三大師の御朱印の3種類があります。

調布にある深大寺の御朱印は、すべて手書きで書いていただけるのですが、手書きなので時間は当然かかります。そして週末などは、とくに御朱印をいただきに来る方も多くいるため、更に時間はかかります。なので御朱印をいただく方は、時間に十分余裕を持って深大寺に訪れるのをおすすめします。

他にもある見どころ

調布にある深大寺は上記の他にも見どころがあり、時間を十分にもってお訪れるには、境内の中もゆっくりと散策するのをおすすめします。それほど広大な場所ではないですが、あちこちから聞こえる水の流れる音を効きながらのんびり散策するのはおすすめです。

境内はもちろん、深大寺の周辺は豊かな自然が残り、季節によっていろいろな植物を楽しむことも出来ます。とくに、天然記念物にもなっているナンジャモンジャの木などは、ほかではなかなか見れないので、見ておくのをおすすめします。

他にも、歌碑や句碑も境内にはあるので、それらを見ながら、境内を散策してみるのもおすすめです。きれいな水が流れ、水の音を聞きながらゆっくりと深大寺の境内を散策するのも大変おすすめです。

調布 深大寺の周辺の散策コース2選

調布にある深大寺は境内も大変見どころがありますが、たっぷり時間に余裕を持って訪れるなら、境内だけでなく、深大寺の周辺にあるスポットにも足をのばし、訪れるのをおすすめします。

深大寺ではお蕎麦を目的に訪れる方も多くいますが、時間に余裕があれば、ちょうど深大寺の裏手に位置する東京都でも1番大きな面積を誇る都立神代植物園をのんびりと散策し、ゆたかな緑やきれいな花を楽しむのもおすすめです。

深大寺周辺でお子さん連れや、観光の記念としても大変人気があり、おすすめなのが、むさし野深大寺窯です。こちらでは焼き物の絵付け体験ができ多くの方が訪れる人気の陶磁器専門店など、調布の深大寺のまわりには、おすすめのスポットが多くあります。

のんびり散策に「都立神代植物公園」

調布市にある都立神代植物園は、地図で見るとすぐわかりますが、深大寺のすぐ裏手にある植物園で、東京都内でも1番大きな植物園で、バラ園や、梅、ツツジ、桜などを楽しめるほか雑木林もあり、4500種類もの植物がこちらにはあります。

こちらの植物園では、水生植物も多くあり、バラ園では春と秋になれば見事なバラが楽しめ、正門のエリアでは12000株あるツツジも楽しめます。芝生の広場もあり、お子さん連れでも楽しめ、春には桜も咲くので、お花見も楽しめるスポットになっています。

こちらの植物園は、深大寺から、歩いて20分くらいでつきます。深大寺の脇に坂道があるので、その道を進めば植物園の入り口に行くことが出来ます。入園料は5一般の方が500円で65歳以上の方は250円、中学生が200円、小学生と東京都内の中学生は無料です。火曜日が休園日で、開園時間は午前9時半から午後5時までです。

住所 東京都調布市深大寺元町5丁目31-10
電話番号 042-483-2300

お土産を買うなら「むさし野深大寺窯」

調布にある深大寺へ訪れた時に周辺でお土産を購入するのにおすすめなのが、むさし野深大寺窯です。こちらは陶磁器の専門店で、小皿や箸置きなど、手頃な価格であるのでお土産にもおすすめで、多くの方が訪れる人気のお店となっています。

なかでも、1番人気があるのあ、絵付け体験で、皿の大きさや、絵付けするものによって価格が変わりますが、自分だけのオリジナルのものが作れるので、大変人気があり、価格も250円くらいからで、さらに焼き上がりも短時間と早く出来るため、自分で絵付けしたものを直接持ち帰ることが出来ます。

体験の方は20分コースがあり、お子さんと一緒に体験する方も多く人気があります。こちらは無休で営業しており、営業時間は午前9時から午後5時までとなっています。深大寺に訪れた時には観光の記念におすすめのお店です。

住所 東京都調布市深大寺元町5丁目13-6
電話番号 042-483-7441

調布 深大寺の周辺のグルメスポット4選

調布の深大寺へ観光に訪れたなら、お蕎麦を目的とする方も多くいるはずです。もちろん調布の深大寺と言ったらお蕎麦が有名ですが、お蕎麦だけでなく、スイーツも人気で、深大寺のエリアはただ散策するだけでなく食べ歩きにもおすすめのエリアです。

深大寺と言えば、ランチはお蕎麦という方も多く、蕎麦屋さんだけでも20件ほどのお店があり、昼時はもちろん、オープン前から行列があるお店もあり、調布の深大寺へ行くなら、ランチではお蕎麦を楽しむのをおすすめします。

他にも、串団子や、人気のスイーツ店などもあり、ゲゲゲの鬼太郎の妖怪をモチーフにした人気スイーツもあり、観光で訪れた時には、スイーツの食べ歩きをしながら散策する方も多く、深大寺のまわりは、グルメでも大変おすすめの人気エリアになっています。

グルメスポット(1)深大寺そば きよし

深大寺そばきよしは、鴨のたたきがすごく人気のあるお蕎麦屋さんで、鴨せいろや特製のにしんそばも人気があるおすすめの蕎麦屋さんです。こちらのお蕎麦は手打ち蕎麦で、ちょっと細めのお蕎麦になっており、コシもあって人気があります。

メニューの方も季節の旬の素材を使った季節メニューも沢山あり、小鉢なども人気です。天麩羅も美味しいと大変評判のこちらでは、ランチの時には行列もできるほど人気の、おすすめの蕎麦屋さんです。

深大寺そばきよしでは、毎週月曜日と第1、第3火曜日が休みになっていて、営業時間は午前11時から午後6時までとなっています。夏限定のメニューもあり、人気の蕎麦屋さんです。

住所 東京都調布市深大寺元町5丁目12-2
電話番号 042-483-3329

グルメスポット(2)湧水

深大寺周辺でおすすめのお蕎麦屋さんでは、こちらの湧水も人気のお蕎麦屋さんです。こちらのお店は、その時期によってそば粉も変えるほどで、深大寺周辺のお蕎麦屋さんでもオープンが少し早いのですが、オープン前から行列があることもある、人気のお店です。

湧水は、深大寺周辺のお蕎麦屋さんでも特に人気があるお店で、9割り蕎麦が人気です。目玉メニューでもある9割り蕎麦は、香りもすごく高く、柔らかめのお蕎麦です。二八蕎麦は、コシが強くのどごしも良いと評判です。

メニューも沢山あり、いつも多くの方が訪れる人気店のこちらのお店は、毎週木曜日が定休日になっていて、営業時間は午前10時半から午後7時までとなっています。深大寺に訪れる時は、周辺散策前にこちらで食事を済ませてから周辺を散策する方も多い人気のおすすめ店です。

住所 東京都調布市深大寺元町5丁目9-1
電話番号 042-498-1323

グルメスポット(3)あめや

こちらのお店は、そばぱんが有名なお店で、そば粉が原料のパンは、ふわふわで、ヘルシーで美味しいと人気があります。あめやのそばぱんは、中に高菜などの具材がサンドされているのですが、具材が日替わりで変わるのも魅力で、人気があります。

深大寺周辺の散策では、こちらも逃せないおすすめの人気店で、そばサンドやそばまんじゅうといったメニューもあり、人気があります。もちろん食べ歩きにもおすすめですが、お土産として購入していく方も多く、帰りに食べようと購入する方も多くいます。

あめやのそばぱんは、かなり有名で、深大寺周辺を散策しながら、食べ歩きで寄るだけでなく、お土産として購入するために訪れる方や、あめやに来るのを目的に深大寺に来る方もいるほど人気があります。

あめやのおすすめスイーツ

深大寺周辺の散策では、休憩もかねあめやの和スイーツを食べる方も多くいます。こちらでは、そばぱんがメイン的な存在ですが、そばぱんのアンコや、草餅やみたらし団子などの串団子もあり、そばぱんだけでなく和スイーツも人気です。

あめやでは、夏になると登場するスイーツなどもあり、時期によって限定のスイーツも登場します。あんこがサンドされたそばぱんは、結構ボリュームもあり意外とお腹いっぱいになり、蕎麦の味もしっかり味わえる蕎麦クレープは抹茶などのソフトクリームが入っていておすすめです。

深大寺周辺の散策や食べ歩きで、あめやの和スイーツを目的に来る方も多く、新しいスイーツも登場したりと人気です。名物であるそばぱんをはじめ串団子や蕎麦クレープなどのスイーツが人気のあめやの営業時間は午前9時から午後5時までです。

住所 東京都調布市深大寺元町5丁目15-10
電話番号 042-485-2768

グルメスポット(4)鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋は、その名の通りゲゲゲの鬼太郎に登場する妖怪グッズが販売されているお店で、お土産の購入に寄る方も大変多いですが、スイーツも人気があるお店で、深大寺周辺の散策で休憩による方も多く、人気のあるお店です。

このお店でしか販売されていない妖怪グッズもあるので、鬼太郎ファンや妖怪好きには大変人気のあるお店で、水木しげる氏が過ごした調布ということもあり、訪れる方は大変多いです。そしてお土産だけでなく、ギャラリーもあり、それをじっくり見ていくのもおすすめです。

お土産やギャラリーだけでなく、こちらでは喫茶もあり、そちらのスイーツも大変人気があり、お土産だけでなく、散策中の休憩にも人気で、妖怪のスイーツもすごく人気があり、スイーツのメニューも多いので大変おすすめです。

鬼太郎茶屋のおすすめスイーツ

鬼太郎茶屋のスイーツはかわいい妖怪がいて、観光客からも大変人気があります。寒天で作られた一反もめんがすごく人気の一反もめん茶屋サンデーは、人気メニューで、ぬりかべの味噌おでんや目玉の親父の栗ぜんざいも観光客から人気のあるメニューです。

他にも、ソフトクリームには、餅でできた目玉のおやじがいて、木べらがついてくるのですが、その木べらが一反もめんだったりと、妖怪のスイーツはどれもかわいいと観光で訪れる方からも大変人気です。

お土産にも、鬼太郎など妖怪の顔の人形焼も観光で訪れる方から人気です。鬼太郎茶屋ならではのメニューで、ここでしか食べれないスイーツや、購入できないグッズもあり、お土産を選ぶにもおすすめのお店です。月曜日が休みで営業時間は午前10時から午後5時までとなっています。

住所 東京都調布市深大寺元町5丁目12-8
電話番号 042-482-4059

Thumb「鬼太郎茶屋」は調布の人気カフェ!おすすめメニューやお土産グッズは?
調布市と言えば深大寺で、植物園と深大寺そばが有名でしたが、今は鬼太郎茶屋に行った帰りにそばを...

調布 深大寺は日帰り観光におすすめ

調布にある深大寺は、都心からも結構アクセスしやすい場所にあるというのもあり、日帰りで観光に訪れるにもおすすめのエリアです。新宿からでも片道1時間かからずに行けますので、ちょっとした観光スポットとしても人気があります。

深大寺の境内だけでも、見どころは沢山あり、ゆっくりと境内を散策するのもおすすめで、お寺の散策が終われば周辺の散策に行くのが良いです。名物である蕎麦はもちろんですが、他にもお土産に人気のものあり散策するのも十分に楽しめます。

周辺は食べ歩きにもおすすめですし、ちょっとしたお土産を購入するにもおすすめのお店も多くあります。記念になるようなグッズもありますし、お土産だけでなく、ここでしか入手できないグッズもあります。行きやすい場所でありながらもしっかりとした観光もできるので人気があり、多くの方が訪れます。

調布 深大寺への行き方

調布にある深大寺への行き方ですが、もちろん歩いて行くことも出来ますが、比較的、調布市まで電車で行き、調布駅からバスで深大寺まで行く方法がおすすめです。車で行く場合は、深大寺には駐車場はないので、深大寺周辺にある駐車場を利用して、深大寺に行くことになります。

車での行き方

車で深大寺に行く場合は、中央自動車道の調布インターチェンジから降り、新宿方面に向かって進みます。下石原交番前という交差点があり、それを左折して武蔵境通りを進むと、深大寺入口交差点があるので、そこを右折すればすぐに深大寺があります。

調布にある深大寺には駐車場は完備されていないので、周辺にある、有料の駐車場を利用することになります。深大寺に観光で訪れる際には、事前に深大寺周辺にある駐車場をチェックしてから行くのをおすすめします。

調布駅からバスでの行き方

調布駅から深大寺へバスを使っての行き方ですが、調布駅の中央口からはいくつかのバスがあり、深大寺に行くことになります。深大寺行きのバスであれば、深大寺で降りれば、そこから歩いて1分するかしないかで着きます。

吉祥寺行きと、杏林大学病院行きのバスに乗った場合は、深大寺小学校前のバス停で降りてください。バス停からは歩いて5分くらいで深大寺に行けます。そして吉祥寺行きと三鷹駅行きのバスに乗ったら、深大寺入口のバス停で降り、そこから歩いて10分弱で深大寺に行くことが出来ます。

その他のバス

調布駅以外からもバスで深大寺に行くことができ、JR吉祥寺駅の南口から出ている深大寺行きのバスなら深大寺で降りれば歩いて3分くらいで行け、調布市中央口行きのバスであれば、深大寺入口で降りれば、歩いて10分弱で行くことが出来ます。

JR三鷹駅からも深大寺に行くことができ、JR三鷹駅の南口から深大寺行きのバスに乗り、バス停深大寺で降りれば歩いて3分くらい、調布駅中央口行きのバスに乗るなら深大寺入口のバス停で降りれば、歩いて10分弱で深大寺に行くことが出来ます。

調布の深大寺を観光しよう

調布にある深大寺は、お寺だけでなく、周辺の散策も退位編おすすめで、お土産はもちろん、訪れた記念にもおすすめのグッズが沢山あります。もちろんお土産だけでなく、食べ歩きもおすすめのエリアです。蕎麦やスイーツなど人気のお店も多くある調布の深大寺へ、観光に行ってみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ