奥武島は沖縄天ぷらの聖地?おすすめの人気店やビーチなど見どころまで徹底紹介!

奥武島は沖縄天ぷらの聖地と言われています。ここでは、奥武島について紹介します。沖縄天ぷらが手に入るおすすめの人気店やビーチなど見どころまで紹介します。奥武島のことを知らなかった人には、ぜひ知ってもらい、沖縄天ぷらを味わってもらいたいです。

奥武島は沖縄天ぷらの聖地?おすすめの人気店やビーチなど見どころまで徹底紹介!のイメージ

目次

  1. 1沖縄の奥武島は天ぷら屋が多い?
  2. 2奥武島で有名な天ぷら屋2選
  3. 32つのお店の天ぷらを食べ比べ!
  4. 4奥武島の人気観光スポット・見どころ3選
  5. 5奥武島の人たちとコミュニケーションをとろう!
  6. 6奥武島へのアクセス方法
  7. 7奥武島は天ぷら食べ歩き観光もおすすめ!

沖縄の奥武島は天ぷら屋が多い?

沖縄の奥武島は、沖縄天ぷらの聖地と呼ばれているほど、沖縄天ぷらが食べられている島です。沖縄にはたくさんの島があり、有名な島がたくさんあります。奥武島は石垣島や宮古島など、誰にでも知られている島ではありません。奥武島が沖縄のどこにあるのかを知ってもらい、そして奥武島がどういう島なのかなど多くの人に知ってもらいたいです。

奥武島のご当地グルメは天ぷら

奥武島のご当地グルメは何と言っても天ぷらです。奥武島に足を踏み入れた瞬間に天ぷらの香りがしてくるくらいです。奥武島のおすすめの楽しみ方は、天ぷらを頬張りながら海を眺めることです。美味しい天ぷらと共に、奥武島の素晴らしい海の風景を眺めれば、奥武島に来て良かったと思ってもらえるでしょう。

奥武島で販売されている沖縄天ぷらは、1つ60円前後で購入できます。破格といえる値段で美味しい天ぷらが買えるのが良いです。奥武島に住んでいる人のソウルフードと言える存在であり、毎日のように天ぷらを食べている人もたくさんいます。

奥武島の人たちにとって、天ぷらは食事にもなりますが、おやつにもなっている存在です。天ぷらが食べたいと思った時にすぐに食べることができるのが良いです。奥武島で食べられる美味しい沖縄天ぷらの噂を聞きつけて、観光客がたくさん訪れています。観光客にとっても、新たな沖縄のグルメを知ることができるよい機会になります。

沖縄にはいろいろなグルメがありますが、沖縄天ぷらのことを知っている人はそれほど多くないかもしれません。1個60円前後という安い料金で食べられるグルメのことを知ってもらえれば、さらに沖縄を楽しんでもらえるに違いありません。

奥武島に行って沖縄天ぷらの味をぜひ味わってください。沖縄天ぷらを味わってもらうだけでも、奥武島を訪れる価値はあります。

Thumb那覇市のおすすめ観光スポット17選!定番から穴場までカバー!
那覇市は沖縄県の中心都市であり、沖縄観光の入口と言っても良いです。那覇市を訪れた時に、どこを...

奥武島で有名な天ぷら屋2選

奥武島で沖縄天ぷらを販売している有名なお店が2つあります。まずは、その2つのお店について知っておきましょう。この2つのお店は地元の人もたくさん足を運ぶお店です。地元の人に人気があるため、美味しい天ぷらが食べられるということは間違いないでしょう。地元の人に人気のお店には、観光客も注目しましょう。

奥武島はそれほど大きな島ではありませんが、その中で複数の天ぷら屋があるのは、聖地と呼ばれているだけあります。同じ沖縄天ぷらですが、当然のことながら、お店によって味が異なっています。沖縄天ぷらの奥深さがわかってもらえるでしょう。

奥武島で有名な天ぷら屋は2店舗とも人気があります。どちらの店舗もおすすめなので、ぜひ足を運んでもらい、沖縄天ぷらをゲットしましょう。

中本鮮魚天ぷら店

中本鮮魚天ぷら店は、奥武島に渡るとすぐ目の前にあります。このお店は平日・休日を問わず、いつも行列ができている人気店です。行列に並んででも食べたくなる天ぷらが販売されています。混雑している時間帯だったら30分以上の待ち時間ができることもあります。地元の人はそれを承知しているので、のんびりと行列に並んでいます。

中本鮮魚天ぷら店では、沖縄天ぷらの定番と言える、さかな・いか・野菜といったものや、田イモ・ウムクジといった沖縄独特のものまであります。このお店の天ぷらは1つ65円で販売しています。この安さなので、たくさん買う人もたくさんいます。

どんどん売れるので、ショーケースの中には揚げたての天ぷらが次々に補充されます。いつも揚げたての天ぷらの味が楽しめるのも、このお店の人気の理由と言えるでしょう。ショーケースの中に入っている天ぷらを見るだけで、美味しそうな雰囲気を感じ取ってもらえるはずです。

中本鮮魚天ぷら店の定休日は毎週木曜日で、営業時間は11月から3月までが10時から18時、4月から10月までが10時から18時30分となっています。

住所 沖縄県南城市玉城字奥武9
電話番号 098-948-3583

大城てんぷら店

大城てんぷら店は、奥武島の入口である「おうばし」を背にして、右回りで車ですぐのところにあります。このお店も地元の人に人気があるお店で、沖縄県外から訪れる観光客にも広く人気があります。このお店では、中本鮮魚天ぷら店のように行列ができているわけではありませんが、多くの人で賑わっています。

大城てんぷら店のシステムは、注文書にオーダーを記入して会計をします。会計が終わったら番号札をもらってできあがりを待ちます。番号札システムなので、常にできたての天ぷらの味が楽しめるのが、このお店のメリットです。

できあがりを待っている間は、食欲をそそられる香りが漂ってきます。できあがりのフワフワの衣に注目してください。このフワフワの衣が沖縄天ぷらの特徴です。大城てんぷら店の目の前にはビーチがあります。ビーチの素晴らしい風景を見ながら、できたての沖縄天ぷらを味わうことができます。1つ60円から購入できます。

大城てんぷら店の定休日は毎週月曜日で、営業時間は11時から19時となっています。営業時間内のほぼどの時間にもお客さんの姿があって人気のお店です。

住所 沖縄県南城市玉城字奥武193
電話番号 098-948-4530

2つのお店の天ぷらを食べ比べ!

紹介した中本鮮魚天ぷら店と大城てんぷら店の2つの店舗の天ぷらを食べ比べてみましょう。どちらも人気店なので、2つのお店の天ぷらの味を食べて、どちらが美味しいのかを比較するのも、奥武島のおすすめの楽しみ方です。どちらの店舗も似たような見た目ですが、味は違っています。比較すると味の違いがよくわかるはずです。

2つのお店の食べ比べをするならば、同じ天ぷらにすることをおすすめします。違う天ぷらを食べると、どっちが美味しいのか比較するのが難しくなります。同じ天ぷらならば、食べ比べしやすいはずです。おすすめの天ぷらは「もずく」です。

もずくは沖縄天ぷらで大人気の食材なので、2つの店舗のもずくの天ぷらの味をぜひ堪能してください。

美味しい天ぷら屋はどっち?

2つの店舗のお店を食べ比べをして、どちらが美味しい天ぷら屋なのかを判断するのは、個人の感覚によって違うでしょう。ここでは一概にどちらが美味しい天ぷら屋なのかを述べることはできません。実際に自分の舌で2つの店舗の天ぷらの味を楽しんでください。食べる天ぷらの食材によっても異なりますし、出来立てかそうでないかでも違います。

おそらく多くの人は、どちらも美味しいお店だという結論になるのではないでしょうか。どちらのお店が美味しいのかという比較をするのも楽しいですが、一番肝心なことは、どちらのお店も美味しいということを知ってもらうことです。

ぜひ2つの店舗の天ぷらの食べ比べをしてもらい、どちらも美味しいということを実感してもらいたいです。

奥武島の人気観光スポット・見どころ3選

ここからは、奥武島の人気観光スポット・見どころ3選を紹介します。奥武島には沖縄天ぷらだけでなく、いろいろな観光スポットや見どころがあります。奥武島で沖縄天ぷらを味わうだけでなく、島にある観光スポットや見どころを楽しんでもらいたいです。そうすることによって、より奥武島の良さを実感してもらえるに違いありません。

奥武島はそれほど大きな島ではないため、たくさんの観光スポットや見どころはありませんが、限られたスポットだけでも十分楽しんでもらえます。観光スポットや見どころが少なくても、しっかりと楽しんでもらえるのが奥武島の良さです。

奥武島の人気観光スポット・見どころを知ってもらい、奥武島は沖縄天ぷらだけではないことを実感してください。

おすすめ(1)奥武島いまいゆ市場

奥武島いまいゆ市場では、沖縄ならではの食材などを販売しています。沖縄県に足を運ばなければ、なかなか見ることができない食材などがたくさん見られるため、人気の観光スポットです。地元でとれた新鮮な野菜やグルメも販売されています。奥武島いまいゆ市場では、イカの天日干しを見ることができます。

イカの天日干しは、奥武島で名物の光景です。青空の下で干されているたくさんのイカの光景は見どころの1つです。また、奥武島いまいゆ市場では、沖縄天ぷらを販売しているお店があります。奥武島の隠れた名店として知られています。

奥武島いまいゆ市場で、ここでしか見られない食材を楽しんでください。沖縄でしか見られない食材も見どころと言えるでしょう。

おすすめ(2)奥武島 ビーチ

奥武島 ビーチは地元の人に人気のビーチです。奥武島 ビーチは大きなビーチではありませんが、地元の子供に人気があります。コンパクトサイズと言っていいくらいのビーチなので、小学生低学年以下の子供に特に人気があります。沖縄のビーチらしく、素晴らしい色の海が広がっています。ビーチの階段で沖縄天ぷらを食べるのもおすすめです。

奥武島 ビーチの砂浜は、真っ白でサラサラの質感です。海の中も砂地になっているため、石で足を切る心配がほとんどありません。砂浜で砂遊びをしている子供の姿もたくさん見られます。足のつま先が見えるほどの透明度の高さがあります。

奥武島 ビーチは、コンパクトサイズのビーチですが、沖縄の島らしい素晴らしい海の風景を見ることができます。

おすすめ(3)奥武島グラスボート

奥武島の素晴らしい海を楽しむならばグラスボートがおすすめです。奥武島グラスボートでは、サンゴ礁が美しい奥武島の海底の姿が見られます。奥武島グラスボートでは、船頭さんのユニークな解説を聞くことができます。船頭さんのユニークな解説は、奥武島グラスボートの見どころと言えます。もちろん海底の姿もしっかり楽しみましょう。

奥武島グラスボートを利用する場合は、奥武島いまいゆ市場の1階で申し込めます。奥武島グラスボートは予約不要で、2人以上で出航してくれます。所要時間は約30分となっており、美しい海底や熱帯魚の姿を見ていると30分はあっという間です。

南城市商工会のホームページを見たと言うと、グラスボートの料金が20%安くなります。グラスボートで奥武島の海の素晴らしさを実感してください。グラスボートの船頭さん曰く、奥武島の魚も従業員の1人とのことです。グラスボートに今まで乗ったことがない人には、ぜひ体験してもらいたいです。

奥武島の人たちとコミュニケーションをとろう!

奥武島に行ったら、ぜひ現地の人たちと積極的にコミュニケーションをとってください。奥武島の人たちはフレンドリーな人が多いです。観光客から話しかけなくても、島の人たちから話しかけてくれることも多いです。どんな話でも良いので、島の人たちといろいろ会話してみましょう。新たなつながりが生まれるかもしれません。

奥武島の観光スポットやグラスボートを楽しみながら、コミュニケーションをとってもらうのもおすすめです。特にグラスボートなどのアクティビティは、体験したことがない人が多いので、自然にコミュニケーションがとれるはずです。

現地の人とコミュニケーションをとることは、観光の醍醐味と言えます。島の人たちも観光客に慣れている人が多いため、気軽に話しかけてくれるでしょう。現地の人から話しかけられたら、気軽に応じてください。ちょっとした会話でも楽しめるはずです。沖縄天ぷらについていろいろ話を聞いてみるのもおもしろいかもしれません。

島でのおすすめの楽しみ方を聞いてみるのも良いでしょう。現地の人ならではの島の楽しみ方を教えてくれるはずです。おすすめの楽しみ方を聞くと、奥武島の新たな魅力に気づけるはずです。ガイドブックだけでは知ることができないことはたくさんあります。

奥武島へのアクセス方法

奥武島へのアクセス方法を紹介します。まずは車でのアクセス方法です。那覇空港から那覇空港自動車道を名護方面に走り、南風原インターで降りましょう。南風原インターを降りたら、県道48号線を走りましょう。国道331号線に入ったら、奥武島の看板が出てくるので、看板に従って進んでください。那覇空港から40分くらいで到着です。

公共交通機関でのアクセス方法です。奥武島には、奥武というバス停があります。琉球バス53番志喜屋線が運行しています。ただし、このバスは那覇から運行されていないため、乗り換えが必要になります。本数もあまりありません。

奥武島は天ぷら食べ歩き観光もおすすめ!

沖縄の奥武島について紹介してきましたが、行ってみたいと思ってもらえれば幸いです。沖縄天ぷらの聖地ということで、美味しい沖縄天ぷらが味わえます。

奥武島で人気の2店舗に注目してください。奥武島の人気観光スポット・見どころにも注目してもらい、奥武島の素晴らしさを知ってください。那覇から行きやすいのが良いです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ