「もののぷ」は秋葉原で人気の戦国メイドカフェ&バー!メニューや評判も調査!

秋葉原にあるメイドカフェの中でも大変評判の場所が戦国メイドカフェ「もののぷ」です。戦国時代がテーマとなっていて、戦国の雰囲気を味わえると人気です。戦国メイドカフェ「もののぷ」について、情報をピックアップしました。秋葉原観光の参考にしてみてください。

「もののぷ」は秋葉原で人気の戦国メイドカフェ&バー!メニューや評判も調査!のイメージ

目次

  1. 1秋葉原の戦国メイドカフェ「もののぷ」に行こう!
  2. 2秋葉原で人気の戦国メイドカフェ「もののぷ」を大特集
  3. 3戦国メイドカフェ「もののぷ」とは?
  4. 4戦国メイドカフェ「もののぷ」の料金システム
  5. 5戦国メイドカフェ「もののぷ」のおすすめメニュー
  6. 6戦国メイドカフェ「もののぷ」の評判
  7. 7戦国メイドカフェ「もののぷ」の予約方法
  8. 8戦国メイドカフェ「もののぷ」の店舗情報とアクセス
  9. 9戦国メイドカフェ「もののぷ」の周辺観光
  10. 10戦国メイドカフェ「もののぷ」へ行ってみよう!

秋葉原の戦国メイドカフェ「もののぷ」に行こう!

秋葉原で大変人気のメイドカフェの一つが「もののぷ」です。戦国メイドカフェであり、戦国時代の雰囲気をたっぷり味わえる場所として評判です。安い料金でたっぷりと異空間を楽しめる場所となっています。秋葉原の戦国メイドカフェ「もののぷ」について、店舗情報やアクセス情報などとともに紹介します。是非秋葉原に行ってみてください。

秋葉原で人気の戦国メイドカフェ「もののぷ」を大特集

秋葉原で大変話題となっているメイドカフェの一つに戦国時代の雰囲気をたっぷりと味わえる戦国メイドカフェ「もののぷ」があります。

大変多くのメイドカフェが立ち並ぶ秋葉原でも特に人気があり、多くの人が来店し、待ち時間が長くなることもよくあります。

秋葉原にある戦国メイドカフェ「もののぷ」について、料金やメニューなどをはじめ、さまざまな情報を一挙に詳しく紹介します。

東京・秋葉原周辺観光の時には、是非少し足を伸ばして戦国メイドカフェ「もののぷ」に行ってみることをおすすめします。

戦国メイドカフェ「もののぷ」とは?

戦国メイドカフェ「もののぷ」は、東京都・千代田区の外神田4丁目にある大変人気のメイドカフェの一つです。

戦国時代をイメージしていて、店内は金の茶室があったり、甲冑が飾ってあったりと戦国時代の雰囲気をしっかりと堪能することができます。

秋葉原の老舗メイドカフェ

戦国メイドカフェ「もののぷ」は、メイドカフェがずらりと並ぶ秋葉原の中でも老舗のメイドカフェの一つであり、約10年もの歴史があります。

リピーターが大変多く、いつも多くの人で賑わっています。さらに口コミなどでも話題となっていて、人気急上昇中で、各地からここへ訪れるために秋葉原へ来るという人もいます。

戦国時代をイメージした他とは異なるメイドカフェ

戦国メイドカフェ「もののぷ」は、戦国時代をイメージしています。ここにいるメイドたちは、織田信長や豊臣秀吉らの有名戦国武将らを陰であやつっていたという架空の幻の武将「萌田のぷなが」という武将の命によって、上洛してきた武将らをもてなすために給仕をしています。

メイドたちの衣装も甲冑をモチーフとして作られていて、大変面白いと海外の人からも人気となっています。

他のメイドカフェとは、一味違った雰囲気を堪能できるメイドカフェであると連日大変多くの人が訪れる人気店です。

戦国メイドカフェ「もののぷ」の料金システム

戦国メイドカフェ「もののぷ」では、独特の料金システムがあり、初めて行った時にはメイドさんが詳しく説明してくれます。

戦国メイドカフェ「もののぷ」の料金システムについて、あらかじめ少しだけ知っておくと、メイドさんの説明も理解しやすいのでおすすめです。

入城料と60分ワンドリンクオーダー制

戦国メイドカフェ「もののぷ」の料金システムは、基本的にはチャージ料金である入城料500両(500円)と60分のワンドリンクオーダー制となっています。

60分ごとにワンドリンクを追加オーダーするシステムになっているので、時間をしっかりと確認して利用することが大切です。

初めての人は上洛料が必要

戦国メイドカフェ「もののぷ」に初めて行った人は、上洛料金として500両(500円)が必要となります。

上洛料金は、ポインドカード発行料金ともなっていて、初めて行った時のみに必要な料金であり、2回目以降の入店の時には必要ありません。

ランクによって入城料は変化!

戦国メイドカフェ「もののぷ」のチャージ料金である入城料には、ランクがありランクによって入城料金は変化します。

入城料金は、足軽組頭が60分500両(500円)、足軽大将が60分400両(400円)、侍大将が60分300両(300円)、家老が60分200両(200円)、大名が60分100両(100円)となっています。

この料金システムのランク名が他のメイドカフェと違い、日本の歴史を感じられて、特に海外の人を中心に大変人気となっています。

戦国メイドカフェ「もののぷ」のおすすめメニュー

戦国メイドカフェ「もののぷ」では、食事もすることができ、ここでしか味わうことができないオリジナルのメニューがたくさんあります。

戦国メイドカフェ「もののぷ」で特に人気でおすすめの食事メニューを3つ厳選して紹介します。メニュー選びの参考にしてみてください。

おすすめメニュー(1) 信長包囲網黄金飯

戦国メイドカフェ「もののぷ」で人気でおすすめの食事メニューの一つ目が「信長包囲網黄金飯」です。料金は、1350両(1350円)となっています。

「信長包囲網黄金飯」は、オムライスであり、チキンライスの上にふんわりとした卵が乗っている人気のメニューです。

オムライスの上には、ケチャップで好きな文字や絵などをメイドさんに書いてもらうことができます。

おすすめメニュー(2) 豊臣明太閣秀吉うどん

戦国メイドカフェ「もののぷ」で人気でおすすめの食事メニューの二つ目が「豊臣明太閣秀吉うどん」です。料金は、1450両(1450円)となっています。

「豊臣明太閣秀吉うどん」は、カルボナーラうどんとなっていて、寒い冬などにとくにおすすめです。

おすすめメニュー(3) 関が原天下分け目の合戦丼

戦国メイドカフェ「もののぷ」で人気でおすすめの食事メニューの三つ目が「関が原天下分け目の合戦丼」です。料金は、1500両(1500円)となっています。

「関が原天下分け目の合戦丼」は、牛カルビと豚の生姜焼きの丼となっていて、がっつりとお肉を食べたい時などにとくにおすすめです。

戦国メイドカフェ「もののぷ」の評判

戦国メイドカフェ「もののぷ」は、メイドカフェがたくさん並んでいる秋葉原の中でも戦国時代をモチーフとしていて、一味違った雰囲気を味わえることで評判です。

戦国メイドカフェ「もののぷ」の評判は、東京都内はもちろん、国内各地・海外など、大変幅広くなっています。

評判を聞いて、日本国内はもちろん、海外からも大変多くの人が訪れる大変人気のメイドカフェの一つです。

戦国メイドカフェ「もののぷ」の予約方法

戦国メイドカフェ「もののぷ」は、予約がなくても入店することができるメイドカフェです。しかし、大変人気なので、入店するまでに時間がかかることもあります。

戦国メイドカフェ「もののぷ」に行くスケジュールを立てた場合は、予約をしておくと、当日スムーズに入店することができ、時間を有効的に利用できるのでおすすめです。

事前予約ができるのは、平日のみであり、土・日・祝日の場合は、予約をすることができないので、待ち時間があっても大丈夫なようにできるだけ時間には余裕をもって行くようすると良いでしょう。

予約をする場合は、ホームページに名前や日にち、時間、人数などを入力できるフォームがあるので、そこから予約をしておきましょう。

また、予約の時間の1時間前になったら、来店確認の為に電話をかけることとなっています。無断キャンセルなどはしないように注意しましょう。

戦国メイドカフェ「もののぷ」の店舗情報とアクセス

戦国メイドカフェ「もののぷ」は大変人気のメイドカフェの一つであり、いつも多くの人で賑わっています。

評判の戦国メイドカフェ「もののぷ」に行く場合に、事前に知っておくと良い店舗情報やアクセス情報などについてまとめました。アクセスするときの参考にしてください。

店舗情報

人気の戦国メイドカフェ「もののぷ」は、東京都・千代田区の外神田4丁目にあるいすゞビルの5階にあります。

営業時間は、月・水・木曜日が15時から22時まで、金曜日が15時から23時まで、土曜日が12時から23時まで、日曜日が12時から22時までとなっています。曜日によって営業時間が異なるので、事前にしっかりと確認をしておくことをおすすめします。毎週火曜日は定休日です。

店内は約30席あり、それぞれの時間を自由に過ごすことができるようになっています。喫煙席・禁煙席と分かれています。喫煙所もあるので、たばこを吸う人と吸わない人のグループで行った場合でも安心です。カウンター席もあるので、一人の場合も大丈夫です。

秋葉原駅からのアクセス

評判の戦国メイドカフェ「もののぷ」にJRを利用してアクセスしようと思っている場合は、JRの「秋葉原駅」で降りると徒歩約5分でアクセスすることができます。

JRの電気街口の出口を出てすぐの交差点を右折し、まっすぐどんどんと進むとアクセスすることができます。

末広町駅からのアクセス

評判の戦国メイドカフェ「もののぷ」に東京メトロ銀座線を利用してアクセスしようと思っている場合は、「末広町駅」で降りると徒歩約1分でアクセスすることができます。

戦国メイドカフェ「もののぷ」が入っているいすゞビルの1階部分は中華そば屋となっているので、目印とすると良いでしょう。

ドリンクとしてビールなどのお酒を楽しみたいと思っている場合は、必ず電車などの公共交通機関を使ってアクセスするようにしましょう。

車でのアクセス

評判の戦国メイドカフェ「もののぷ」に車を利用してアクセスしようと思っている場合は、首都高速1号上野線の「上野出入口」や、首都高速都心環状線の「神田橋出入口」などで降りるとアクセスしやすいでしょう。

高速道路を利用しない場合は、国道17号線や蔵前橋通りなどを利用するとアクセスすることができます。

戦国メイドカフェ「もののぷ」には、来店者専用の駐車場はないので、事前に周囲のコインパーキングなどのパーキング情報を調べておくと、当日慌てることが少なくなるのでおすすめです。

近くにある「リパーク外神田4丁目第2」は、約11台分の駐車スペースがある駐車場です。24時間年中無休で営業しているので、いつでも自由に入庫・出庫をすることができます。料金は、全日8時から22時までが15分300円、22時から翌朝8時までが60分100円となっています。最大料金は、全日入庫後12時間までが2900円となっています。

近くにある「タイムズドン・キホーテ秋葉原店」は、約36台分の駐車場がある機械式の立体駐車場です。営業時間は、10時から21時までとなっているので、特に出庫の時間には気をつけましょう。料金は、全日10時から21時までが60分600円、21時から翌朝10時までが60分100円となっています。最大料金は、入庫後24時間までが1200円です。

戦国メイドカフェ「もののぷ」の周辺観光

戦国メイドカフェ「もののぷ」の周辺にはあわせて巡っておきたいおすすめの観光スポットがたくさんあります。

戦国メイドカフェ「もののぷ」に行く前や後に行ってみて欲しいおすすめの観光スポットを厳選して紹介します。

湯島聖堂

「湯島聖堂」は、東京都・文京区の湯島1丁目にあるよく知られている史跡です。歴史が好きな人は、是非合わせて訪れておくことをおすすめします。

「湯島聖堂」は、元禄3年(1690年)に孔子を祀る廟として建てられました。寛政9年(1797)には、幕府の直轄の学問所として大変有名な昌平坂学問所がここに開設されました。このことにより、「湯島聖堂」は「日本の学校教育発祥の地」とされ、大変注目をされています。

毎年4月の第4日曜日には孔子祭が行われたり、文化講座なども随時行われているので日にちを確認して参加してみると良いでしょう。

「湯島聖堂」に電車を利用してアクセスする場合は、JR・東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」で降りると徒歩約1〜2分、東京メトロ千代田線の「新御茶ノ水駅」で降りると徒歩約2分などでアクセスできます。車の場合は、首都高速道路5号池袋線の「一ツ橋出口」などを利用するとアクセスできます。

公開時間は、9時30分から17時までで、冬季のみ16時までとなります。土・日曜・祝日には10時から閉門時間まで大成殿が公開されるので、是非見学しておきましょう。 

湯島天神

「湯島天神」は、東京都・文京区の湯島3丁目にある神社です。天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)と、学問の神様として大変有名な菅原道真(すがわらのみちざね)が祀られています。

学問向上や学業成就はもちろん、勝運、勝負運などの大きなパワーが頂けるパワースポットとして大変人気で、受験生や学生を中心に大変多くの人が参拝に訪れる人気の神社です。

お守りや絵馬、御朱印などを頂くことができるので、大切にしたらより大きなパワーを頂くことができるでしょう。一本一本に格言が書かれた12本セットとなっている鉛筆が大変評判です。

「湯島天神」に電車を利用してアクセスする場合は、東京メトロ千代田線の「湯島駅」で降りると徒歩約2分、東京メトロ銀座線の「上野広小路駅」で降りると徒歩約5分、JRの「御徒町駅」で降りると徒歩約8分などでアクセスすることができます。車を利用する場合は、首都高速1号上野線の「上野出入口」などを利用するとアクセスできます。

参拝時間は、6時から20時までとなっています。御朱印の受付時間は8時30分から17時30分までと時間が異なっているので、しっかりと確認をしてから行きましょう。
 

Thumb湯島聖堂は東京のパワースポット!学業成就や合格祈願にご利益あり?
東京にある「湯島聖堂」は人気のパワースポットの一つであり、学業成就や合格祈願などのご利益が頂...
Thumb湯島天神は学業成就や合格祈願にご利益がある?鉛筆は受験生に大人気のアイテム!
学業成就、合格祈願、そして、勝運とたくさんのご利益がある人気のスポット「湯島天神」には、日々...

戦国メイドカフェ「もののぷ」へ行ってみよう!

秋葉原にある戦国メイドカフェ「もののぷ」は、他のメイドカフェと一味違った雰囲気を味わえる面白さが抜群の場所として人気があります。大変評判で、多くの人が訪れる話題のメイドカフェです。気分がリフレッシュできること間違いなしの場所です。是非秋葉原に行った時には、戦国メイドカフェ「もののぷ」に行ってみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
m-ryou

新着一覧

最近公開されたまとめ