石垣島へ直行便で格安で行く方法まとめ!東京や関西方面からの料金は?

沖縄・石垣島への行き方は、出発する都市によって変わります。多くの場合は、那覇空港での乗り継ぎとなりますが、沖縄・石垣島へは、羽田や成田、そして関西空港などから直行便があります。今回は、石垣島へ直行便で行く方法、料金などについて見ていきます。

石垣島へ直行便で格安で行く方法まとめ!東京や関西方面からの料金は?のイメージ

目次

  1. 1石垣島への直行便情報をご紹介!
  2. 2石垣島空港への直行便を就航している会社
  3. 3那覇空港と石垣島空港の直行便
  4. 4羽田空港と石垣島空港の直行便
  5. 5成田空港と石垣島空港の直行便
  6. 6関西国際空港と石垣島空港の直行便
  7. 7大阪の伊丹空港・神戸空港から石垣島への直行便はある?
  8. 8中部国際空港と石垣島空港の直行便
  9. 9福岡空港と石垣島空港の直行便
  10. 10石垣島へ安い値段で利用するおすすめの方法
  11. 11石垣島まで直行便を利用してアクセスしよう!

石垣島への直行便情報をご紹介!

石垣島は海が綺麗で、ダイビングやシュノーケリング目的で訪れる方もたくさんいる、沖縄でも有数のスポットです。

その石垣島へのアクセス方法は、沖縄・那覇空港から乗り継ぐしかないと思っている方も、いらっしゃるのではないでしょうか?主要な都市から、直行便を利用することも可能です。今回は、石垣島までのアクセス方法、飛行機での直行便に焦点を置いてご紹介していきます。

また、石垣島までLCCを利用する場合においても、おすすめの利用方法についても合わせて見ていきます。

Thumb石垣島をひとり旅!おすすめの観光スポットや女性に人気のホテルも紹介!
みなさんは沖縄の八重山諸島にあります石垣島をご存じでしょうか。石垣島はひとり旅などにもおすす...
Thumb石垣島の観光スポットおすすめランキング!定番名所から冬に人気の場所まで!
沖縄県の石垣島でおすすめの観光スポットの情報をご紹介していきます。石垣島は海の綺麗な観光名所...

石垣島空港への直行便を就航している会社

石垣島へ直行便を就航している航空会社は、2019年8月現在、7社です。ANA、JALグループの日本トランスオーシャン航空と琉球エアコミューター、ソラシドエア、そして、LCCのピーチ・アビエーションとバニラエアです。LCCの2社は統合がされるため、2019年10月末以降はピーチ・アビエーションの1社のみの就航になる予定です。

LCCは、石垣空港から大阪の関西国際空港、東京の成田国際空港の2つの路線で就航しています。以前は那覇空港からも就航していましたが、路線の再編によって2019年8月現在は運休しています。

多くは、沖縄の那覇空港への直行便が中心となりますが、羽田や成田、関西、名古屋の中部国際空港、福岡からも直行便が就航しています。

那覇空港と石垣島空港の直行便

那覇空港と石垣島への直行便は、ANA、JALグループの日本トランスオーシャン航空および琉球エアコミューター、そしてソラシドエアの4社が運航しています。ANAは7往復、JALグループは1日で8往復、ソラシドエアが2往復運航しており、ソラシドエアはANAと提携しているので、ANAのホームページからでも予約ができます。

以前は、LCCのピーチ、バニラエアも、那覇空港〜石垣島間の路線に参入していましたが、現在は運航していません。安い運賃で魅力的でしたが、運航便数が少なく、利便性の確保ができなかったそうです。

フライト時間と料金

那覇空港から石垣島までのフライト時間は、約1時間となっています。プロペラ機で運航する琉球エアコミューターについても、ジェット機より少し所要時間が延びますが、1時間程度で運航しております。

料金は、最も安い料金プランの1つで、75日前までに予約するとJALグループのウルトラ先得や、ANAのSUPER VALUE 75で予約すると航空会社や利用する便にもよりますが、5100円から6200円ほどで利用することができます。28日前になると、約7000円ほどに値上がりします。

ソラシドエアでは、75日前までの予約で利用できる最も安い料金が5000円からとなっており、2週間前での予約でも7000円で購入することができます。

羽田空港と石垣島空港の直行便

羽田空港から石垣島まで、JALグループの日本トランスオーシャン航空とANAがそれぞれ1日2往復就航しています。石垣島から複数の航空会社が2往復ずつ就航している都市は、那覇空港、宮古空港などを除くと、羽田空港のみとなります。

羽田発はそれぞれ、午前と午後に設定され、石垣島からはJALグループは、午前と夜、ANAは午前と午後に設定されているので、幅広い選択肢の中から選ぶことができるのが、羽田線の魅力といえます。また、使用する飛行機の機材についても、羽田発ということもあり、200人超が利用できる飛行機も使用しているのも特徴です。

フライト時間と料金

羽田空港から石垣島までのフライト時間は、羽田発石垣島行きが約2時間50分、石垣島発羽田行きが約3時間となります。

羽田空港から石垣島への料金は、75日前までの予約で9700〜11700円からとなります。なお、1ヶ月前、2ヶ月までの予約でも、2万円台で購入することができます。利用する便や、日付によって料金が異なる場合もありますが、予定が決まっている場合は、安い運賃の販売開始時期の1月末や、8月末に照準を合わせましょう。

成田空港と石垣島空港の直行便

成田空港から石垣島への直行便は、2019年8月現在、LCCのバニラエア1社のみの運航となっています。こちらの路線は、2019年10月末以降、バニラエアに代わり、同じくLCCのピーチが運航する予定となっております。

1日1往復のみ運航しており、成田空港発は午前、石垣空港を午後に出発するスケジュールとなっています。ピーチによる運航は2019年12月26日より、1日1往復、成田発、石垣発は午後に出発するスケジュールで運航されます。

フライト時間と料金

成田空港から石垣島までの飛行時間は、約3時間となっております。成田発の便については3時間超となっています。

成田空港から石垣島までのバニラエアの料金は7480円からとなります。受託手荷物、座席指定などは別途料金が発生します。受託手荷物、一部の席の座席指定が無料なコミコミバニラという料金プランは9480円からとなっていますので、コミコミバニラはおすすめの選択肢です。

2019年12月26日から就航するピーチの料金は、7590円からとなります。受託手荷物などは別途料金が発生するので、ご注意ください。

関西国際空港と石垣島空港の直行便

関西から石垣島へ行くには、伊丹空港、神戸空港ではなく、関西国際空港を利用することになります。関西から石垣島に行く場合は、空港を間違えないようにご注意ください。

関西国際空港から石垣島へは、ANA、JALグループの日本トランスオーシャン航空、ピーチ・アビエーションの3社が直行便を飛ばしています。いずれも1日1往復運航しており、関西空港発石垣島行きは、すべて午前中に出発します。石垣島から関西空港への便は、ANAおよびピーチが午前に、日本トランスオーシャン航空は夜に設定されています。

今後、ピーチの関西空港と石垣島を結ぶ直行便については、2019年12月26日から1日2往復に増便が計画されており、関西空港発は午後に、石垣島発は19時台に出発する便が新たに追加されますので、選択肢も広がります。

フライト時間と料金

関西国際空港から石垣島までのフライト時間は、約2時間30分となっております。航空会社により多少、異なることがありますので、ご注意ください。

関西国際空港から石垣島までのJALグループの日本トランスオーシャン航空、およびANAの料金は、片道あたり最安で9700円からとなります。こちらは75日前までの予約となり、空席があるほど、安い料金で予約ができます。1ヶ月ほど前でも、20000円前後で予約することも可能です。

関西国際空港から石垣島までのピーチ・アビエーションの料金は、片道6590円からとなります。こちらの料金は「シンプルピーチ」という名称で販売されています。受託手荷物や座席指定は、こちらの料金プランに、含まれていません。また、支払い手数料、関西空港の空港使用料などは含まれておらず、別途支払う必要があります。

ピーチには、受託手荷物がスタンダードシートの座席指定、日時の変更が可能な料金プラン「バリューピーチ」や、受託手荷物が2個無料の料金プラン「プライムピーチ」もありますので、必要なものを選択するのがおすすめです。

また、ピーチを利用する場合は、セールも行われることがあり、平日を中心に安くなることがありますので、関西空港からピーチで石垣島に行く場合には、要チェックです。

大阪の伊丹空港・神戸空港から石垣島への直行便はある?

大阪エリアからは関西国際空港から石垣島までの直行便を運航していますが、伊丹空港そして、神戸空港から直行便はあるのでしょうか?残念ながら、直行便は伊丹空港、神戸空港から就航はしていません。

しかし、夏に期間限定の臨時便としてANAが伊丹空港から石垣島まで直行便を運航することがあり、2019年も8月に運航されます。

なぜ、臨時便として設定されるのかと言いますと、伊丹空港の発着枠はすべて使用されている状態で、夏休みおよび冬休み期間には帰省客や、観光客を運ぶため、臨時便の発着枠が設けられており、そちらを利用している形になります。2020年以降は未定ですが、今後も7月・8月のみ運航する可能性があります。

中部国際空港と石垣島空港の直行便

名古屋・中部国際空港から、石垣島へはANAの1往復のみではありますが、直行便が就航しています。直行便を利用する場合は、選択肢が1つとなってしまいますが、那覇空港を経由して石垣島に行く方法や、名古屋から関西まで移動して、LCCを利用するという方法もおすすめです。

ANAの直行便は、中部国際空港をお昼前後に出発、石垣島から中部国際空港へは午後に出発するスケジュールとなっています。

フライト時間と料金

名古屋・中部国際空港から石垣島への直行便のフライト時間は2時間35分です。料金は、最も安いもので10100円からとなっており、75日前、1ヶ月前までの予約でも20000円前後の料金で、名古屋から石垣島まで行くことができます。空席の数により、料金が変動しますので、安い料金で利用したい場合は、お早めの予約がおすすめです。

福岡空港と石垣島空港の直行便

九州では唯一、福岡空港から石垣島への直行便があります。こちらも、名古屋・中部国際空港線と同様、ANAの1往復のみ運航しています。福岡空港から石垣島へは午前に出発し、石垣島から福岡空港へは午後に出発するスケジュールが組まれています。直行便以外を利用する場合は、沖縄・那覇空港での乗り継ぎとなります。

フライト時間と料金

福岡空港から石垣島までのフライト時間は、およそ2時間です。羽田や関西の他の空港よりも、距離が近いので、所要時間も短くなっております。

料金は、最安で8500円から販売されています。1ヶ月前、75日前までの予約でも、10000円台の後半の価格帯で購入することもできます。

石垣島へ安い値段で利用するおすすめの方法

石垣島までの羽田、成田、関西などからの直行便についてご紹介しましたが、ここからは安く石垣島まで行くおすすめの方法について詳しく見ていきます。

LCCを活用する方法、そして石垣島への直行便を利用するのではなく、那覇空港を経由する方法の2つを見ていきます。

おすすめの方法(1) セールを狙う

一つめの方法は、セールを狙う方法です。LCCを利用する場合は、関西空港そして、成田空港から石垣島へ直行便を運航しています。ピーチおよびバニラエアは不定期にセールを開催しており、中には、航空券の料金が2000円台と安い料金で利用できることもあります。

多くは、3000円台や4000円台で設定されていることが多いですが、通常の料金と比べても安いのでおすすめです。

セールが不定期のため、メールマガジンや、Facebook、Twitterで情報が配信されます。また、航空系や旅行系のニュース配信に特化しているウェブサイトでも情報を得ることができます。

セールの期間でお得なのは、平日で火曜日から木曜日に利用する場合が多くなっており、該当する曜日に利用すると、安い料金で利用できる確率が上がります。休みが取得できる方は、火曜日から木曜日を狙ってみましょう。

また、大手航空会社では、1月末ごろに3月末から10月下旬までの航空券が、8月末に10月末頃から3月下旬までの割引航空券が発売されます。スケジュールが決まっている方は、お早めに予約することがおすすめです。とにかく安い料金で移動したい方は、1月末、8月末のタイミングを狙って予約しましょう。

おすすめの方法(2) 那覇空港までLCCを利用

二つ目の方法は、那覇空港までLCCを利用する方法です。LCCの石垣島への直行便は関西空港と成田空港のみに限られますが、那覇空港までLCCを利用するのであれば、中部国際空港、福岡空港からも就航していますので、料金を少しでも安く抑えたい方は、那覇空港を経由するルートもおすすめです。

2019年8月現在、那覇空港までの直行便は、関西空港と成田空港からはジェットスターとピーチが、中部国際空港はジェットスター、福岡空港からはピーチがそれぞれ就航しており、1日2往復以上の便数が運航されています。

那覇空港を経由する場合でも、LCCのセールを上手に活用するのがおすすめです。航空券のみの料金にはなりますが、3000円台、4000円台のセールの料金も少なくないので、セールを開催していないか確認してから購入するのがおすすめです。

石垣島まで直行便を利用してアクセスしよう!

主要都市から石垣島までの直行便の情報についてお届けしました。羽田、成田、関西の主要な空港から、石垣島まで乗り換えることなくアクセスすることができます。

LCCでも成田、関西からアクセスすることも可能ですが、那覇空港を乗り継ぐことでアクセスできる都市も広がり、セールを上手に利用すると、より安い料金で利用できるのも魅力です。

ぜひ、石垣島まで直行便を利用して、観光やシュノーケリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
marussia

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ