「真駒内滝野霊園」は札幌の珍スポット?巨大モアイ像や頭大仏が見れる!

北海道札幌市の郊外にある「真駒内滝野霊園」は、その名の通り墓地のある霊園ですが、園内にはユニークな建造物がたくさんあり、話題の観光スポットにもなっています。今回は「真駒内滝野霊園」の概要と、おすすめの見どころやアクセスなどをご紹介します。

「真駒内滝野霊園」は札幌の珍スポット?巨大モアイ像や頭大仏が見れる!のイメージ

目次

  1. 1真駒内滝野霊園は観光スポットにもなっているユニークな霊園
  2. 2真駒内滝野霊園はどんなところ?
  3. 3真駒内滝野霊園のおすすめの見どころ①【頭大仏】
  4. 4真駒内滝野霊園のおすすめの見どころ②【モアイ像】
  5. 5真駒内滝野霊園のおすすめの見どころ③【ストーンヘンジ】
  6. 6真駒内滝野霊園のおすすめの見どころ④【カフェ・売店】
  7. 7真駒内滝野霊園のおすすめの見どころ⑤【その他】
  8. 8真駒内滝野霊園周辺の観光スポット
  9. 9真駒内滝野霊園へのアクセス
  10. 10珍スポット「真駒内滝野霊園」に行ってみよう

真駒内滝野霊園は観光スポットにもなっているユニークな霊園

北海道札幌市の郊外にある「真駒内滝野霊園」は、総面積180万平方メートルという広大な霊園です。これは札幌ドームの32個分、それより建築面積がやや小さい東京ドームなら38個分以上の広さになります。

「真駒内滝野霊園」は文字どおり墓石が並ぶ霊園なのですが、墓地エリアから離れたエリアに数々の特徴的な建造物や像があり、日本人のみならず海外からも人が訪れる観光スポットになっています。

今回は、北海道札幌の新しい観光スポットとして注目される「真駒内滝野霊園」のおすすめの見どころや、アクセス、周辺の観光情報などをまとめてご紹介します。

真駒内滝野霊園はどんなところ?

北海道の「真駒内滝野霊園」が開園したのは1981年で、管理運営しているのは公益社団法人です。園内にはすでに4万基以上の墓石が並んでいますが、最終的には7万基を計画しているとのことです。

霊園というとしめやかなで静かな、子供にとってはちょっと暗くて怖いような雰囲気がある、というイメージですが、歴史の浅い「真駒内滝野霊園」は、そんな霊園のイメージを払しょくするように意図して設計されています。

土地の自然を生かし、全体の6割が緑地という「真駒内滝野霊園」は花と緑にあふれ、広場やベンチもあり、公園のような明るい雰囲気です。

いろいろなタイプの埋葬ができる大きな霊園

北海道の「真駒内滝野霊園」は宗派や国籍にかかわらず、だれでも利用することのできる霊園です。広い園内には、墓地の種類によっていくつかの区画分けがされています。

何代にもわたって継承していく家の墓はもちろん、後継者がいない人のための合葬墓である「ふる里霊廟」、ペットと飼い主が一緒に眠れる墓地、ペットのための合葬永代供養墓など、それぞれの事情やニーズに応じてさまざまなタイプの埋葬を選択することができます。

ユニークな見どころがある観光スポット

「真駒内滝野霊園」は、墓地であると同時に観光スポットでもあります。墓石が並ぶエリアとは反対側の園内には巨大な大仏や、誰でも知っているような外国の建造物などが設置されていて、ユニークなスポットとして知られるようになったのです。

意図して観光地化しているというよりは、死者を弔う心を保ちながら明るい雰囲気をつくり出すことを考えた結果、自然と観光客をも惹きつける要素が増えたようです。また、外国のものを導入することは、「宗旨を問わない」という霊園の方針も体現しているとのことです。

真駒内滝野霊園のおすすめの見どころ①【頭大仏】

ここから、北海道札幌の「真駒内滝野霊園」のおすすめの見どころをご紹介します。はじめにご紹介するのは、この霊園のシンボルともいえる「頭大仏」です。「頭大仏」は開園30周年記念事業として2016年に造られたものです。

1つの丘全体が大仏を包み込むように設計されていて、外から見るとその丘のてっぺんに大仏の螺髪の頭が見えているので「頭大仏」と名付けられているのです。

「頭大仏」の拝観時間は、4月から10月は9:00から16:00、11月から3月は10:00から15:00となっています。12月29日から1月4日とメンテナンス日は拝観することができませんので、心配な方は事前にチェックしておくとよいでしょう。

ラベンダー畑の真ん中にある頭大仏

「頭大仏」が頭頂をのぞかせている丘には一面ラベンダーが植えられていて、夏には周囲がラベンダーの紫色と、気持ちが落ち着く香りに満ち溢れます。

大仏を拝観するためには、まず長さ60メートルの参道を歩きます。ラベンダー維持管理のため、「維持協力金及び拝観寄付金」として300円(推奨額)のご芳志を入れる箱が設置されていますので、「頭大仏」を拝観する際には心づけをお忘れなく。

参道を過ぎると今度は幅およそ16メートル、長さ約61メートルの結界を意味する「水庭」に行き当たります。水庭の奥に長さ約40メートルのトンネルがあり、そこを抜けてやっと大仏様を仰ぎ見ることができます。なお、水庭は11月から4月頃まで、凍結のため見ることができません。

大仏殿は有名建築家の作

「頭大仏」のある場所は外から見ると丘に見えるのですが、近づくとその丘の中は大仏殿になっていることがわかります。この大仏殿は、世界的な建築家である安藤忠雄氏の設計です。

大仏殿の天井が丸く空いていて、そこから大仏の頭頂部が外に出ているのです。下から見上げると円い青空と外の光が、大仏の光背のように見えます。輝きを背負う大仏はとても神々しく見えます。

全身がある頭大仏

外から見ると頭しか見えない「頭大仏」ですが、大仏殿の中に入れば全身がある坐像だということがわかります。「頭大仏」の高さは13.5mで、有名な鎌倉大仏の台座を入れた高さとほぼ同じです。

石造りの「頭大仏」の重さは1500トンですが、これは金属製で中が空洞になっている鎌倉大仏の121トンをはるかにしのぎます。ちなみに奈良の大仏でも重さは250トンしかありませんから、いかに頭大仏が重いかが分かります。

「頭大仏」は57の石の塊からできていますが、原石は4000トンもあり、そこから大仏を造るにふさわしい質をもつ部分を選別して加工したものです。

真駒内滝野霊園のおすすめの見どころ②【モアイ像】

北海道札幌の「真駒内滝野霊園」のおすすめの見どころ2つ目は「モアイ像」です。イースター島の巨大な石像群であるモアイは誰でも知っているものですが、なぜモアイ像が札幌の霊園にあるのでしょうか。

モアイの「モ」には「未来」、「アイ」には「生きる」という意味があります。「真駒内滝野霊園」では人が生きた証を未来につなげていきたい、という願いからモアイ像を設置したのです。

イースター島にあるオリジナルのモアイ像

イースター島はチリ領で、南アメリカ大陸の西側の太平洋に浮かぶ島です。日本からは遠く離れていますが、人面型の石像であるモアイ像は誰でもが知っているイースター島の風景です。長い期間にわたって造られてきたイースター島のモアイ像は、建造途中で投げやられたものも含めて900体近くあります。

イースター島のモアイ像は平均の高さ3.5メートル、重さ20トンほどですが、最大のものは高さ約20メートル、重さ約90トンにもなります。

モアイ像が建造された理由ははっきりしていませんが、周囲から人骨が多く発見されているため、墓碑として造られたのではないかという説が有力になっています。

真駒内滝野霊園のモアイ像

札幌の「真駒内滝野霊園」のモアイ像は正門を入ってすぐ左側に並んでいます。「33モアイ地蔵」とあるように33体あり、小さいもので高さ6.5メートル重さ60トン、大きなものは高さ9.5メートル重さ120トンにもなりますから、本家のイースター島のモアイ像に引けを取らない大きさです。

大きな各モアイ像の足元には、1体につき小さな仏像1体が設置されています。モアイ像も1体1体顔が違っていますが、一緒にいる仏像も1体1体違う種類の仏像になっています。

モアイ像の近くには「人頭有翼の獅子像(翼をもつ女性のスフィンクス)」や、鹿の像も設置されています。ベンチもあるので、すわってじっくりモアイ像などを鑑賞することができます。

Thumbモアイ像で有名な『イースター島』を観光!行き方や島の謎を詳しく解説!
太平洋のチリ領に浮かぶイースター島は、島内にモアイ像が建つ謎の島です。日本からはかなり遠いイ...

真駒内滝野霊園のおすすめの見どころ③【ストーンヘンジ】

北海道札幌の「真駒内滝野霊園」のおすすめの見どころ3つ目は「ストーンヘンジ」です。

「ストーンヘンジ」はイギリスにある、紀元前2000年より前の古代遺跡で、巨大な石を環状に配置したストーンサークルです。

「真駒内滝野霊園」のストーンヘンジは永代供養墓になっていて、未来の人々に希望を与えられるように、という願いを込めて造られているものです。

イギリスにあるオリジナルのストーンヘンジ

イギリスのストーンヘンジはロンドンから200キロ離れた地点にあり、世界遺産になっています。ストーンヘンジは巨石を円形に配置したものですが、この近くには杭を円形に打ったり、溝を楕円形に掘ったりした円形の遺跡が複数みつかっています。また、馬蹄形に石を配置した遺跡もみつかっています。

有名なストーンヘンジは石の配置から、天体観測や日食の予想、星に関する宗教的行事など、天体に関する目的のために造られたものではないかと推測されています。

真駒内滝野霊園のストーンヘンジ

「真駒内滝野霊園」のストーンヘンジは、イギリスにある本物のストーンヘンジのように、夏至の頃には正面から太陽が昇るように設計されています。オリジナルのストーンヘンジは豪族の墓地として使われていたのではないか、という説に関連づけて永代供養墓を併設しています。

「真駒内滝野霊園」のストーンヘンジの石の間からはモアイ像が見え、写真スポットとして観光客がカメラを構える姿をよく見かけます。

このストーンヘンジの隣りには、高さ13メートルを超える鎌倉の大仏そっくりの石造りの大仏が鎮座しています。また大きな鐘も設置されているので、そちらもお見逃しなく。

真駒内滝野霊園のおすすめの見どころ④【カフェ・売店】

真駒内滝野霊園の「ロタンダカフェ」は頭大仏殿の中にあるカフェで、コンクリート打ちっぱなしのおしゃれな空間です。パスタやうどんなどの軽食、コーヒーやアイスクリームなどが用意されていて、ちょっとした休憩に利用できます。「頭大仏オリジナル写真集」といった、ここでしか買えないオリジナルグッズの販売もしています。

礼拝堂・管理事務所の建物の中にもカフェがあります。こちらではコーヒーなどの他、天ぷらうどんや季節の御膳などがいただけます。また、同じ建物内の売店では、モアイ像のキャラクター「モイくん」のおやきや羊羹が販売されています。

真駒内滝野霊園のおすすめの見どころ⑤【その他】

北海道札幌の「真駒内滝野霊園」には、上記以外にも見どころがたくさんあります。まず、園内のいたるところに設置されている様々な像です。仏像が多いのですが、突然現れる意外性と周囲の景色との不調和で、不思議な感覚に陥ります。

ペット霊園エリアにある「モアイベンチ」は小さな人気スポットで、可愛い2人のモアイ像が向き合ってベンチを持っているというデザインです。座るより写真を撮りたくなってしまいます。

「滝野八角堂」はお盆やお彼岸に各宗派合同の読経を行う場所です。雪が降ってお墓に行くのが大変な場合にお参りする場所でもありますが、この中にはモアイ像の絵が、そして近くの日本庭園には金閣寺のミニチュアもあります。

真駒内滝野霊園周辺の観光スポット

「真駒内滝野霊園」を観光する際、時間に余裕があれば一緒に回りたいおすすめスポットを2つご紹介します。霊園を含めたこの3つのスポットは、札幌の新しい観光エリアとして注目されつつあります。

1つは「滝野すずらん丘陵公園」です。400ヘクタールもの敷地をもつ北海道唯一の国営公園で、季節の花畑のほか、大型遊具、滝巡り、釣り、パークゴルフなどが人気です。冬もスキーなどが楽しめるスポットです。

「札幌芸術の森」は屋内外の美術館で芸術鑑賞をしたり、体験で製作活動をしたり、札幌ゆかりの小説家である有島武郎について知ったりできる施設です。

真駒内滝野霊園へのアクセス

札幌市の「真駒内滝野霊園」へは車で行くのがおすすめです。近くに鉄道の駅がない上に、バスの本数が少ないからです。

また、園内がとても広く、徒歩で回るにはかなり困難が伴うという事情もあります。車があれば、上でご紹介した周辺のスポットへの移動も容易になります。

公共交通機関利用の場合

車がなく、「真駒内滝野霊園」へ公共交通機関を利用してアクセスする場合、地下鉄南北線「真駒内駅」から中央バス「真108便」に乗ることになります。所要時間は約25分ですが、便数は多くありません。

バスの本数は、4月から11月は往復共に1日5本ずつ、12月から3月はさらに本数が減り、平日は往復共に3本ずつ、土日祝日は4本ずつですから、時間をよく把握して利用する必要があります。

車利用の場合

「真駒内滝野霊園」へのアクセスは、公式HPに詳しく掲載されています。車利用なら、札幌の中心部から30分から45分くらいの所要時間になります。園内は広いので、カーナビに施設名を入れるより、入口のマップコードを入力した方が効率的にたどりつけるでしょう。

駐車場は頭大仏の近くに南駐車場・北駐車場の2つの駐車場があり、245台分駐車することができます。料金は無料になっています。

タクシーを利用の場合、地下鉄真駒内駅から約11キロの距離で4000円前後、地下鉄福住駅からだと約14キロの距離で5000円前後の料金がかかるでしょう。

住所 北海道札幌市南区滝野2
電話番号 011-592-1223

珍スポット「真駒内滝野霊園」に行ってみよう

以上、北海道札幌市の郊外にある「真駒内滝野霊園」をご紹介しました。頭大仏をはじめ、モアイ像やストーンヘンジ、数々の彫刻など、霊園というイメージを覆すようなものに溢れている「真駒内滝野霊園」は珍スポットと言われてはいますが、故人の魂を安らかに眠らせ、明るい雰囲気の中で未来に繋げていこうという思いにあふれた霊園です。

ユニークなスポットの数々は、墓参でなくても訪問して欲しいという気持ちの表れでもありますので、一度訪ねてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
MinminK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ