「久米島イーフビーチホテル」の宿泊が口コミで人気!設備や施設情報もチェック!

沖縄諸島に属する久米島にある「久米島イーフビーチホテル」は、口コミで人気の宿泊施設です。そんな「久米島イーフビーチホテル」について、レストランや客室などの施設情報とともにおすすめのアクティビティをご紹介していきますので参考にしてください。

「久米島イーフビーチホテル」の宿泊が口コミで人気!設備や施設情報もチェック!のイメージ

目次

  1. 1沖縄久米島の人気ホテル「久米島イーフビーチホテル」をご紹介!
  2. 2「久米島イーフビーチホテル」ってどんなホテル?
  3. 3「久米島イーフビーチホテル」の客室
  4. 4「久米島イーフビーチホテル」のおすすめ設備
  5. 5「久米島イーフビーチホテル」の施設情報
  6. 6「久米島イーフビーチホテル」の基本情報とアクセス
  7. 7人気ホテル「久米島イーフビーチホテル」に宿泊してみよう!

沖縄久米島の人気ホテル「久米島イーフビーチホテル」をご紹介!

沖縄の離島・久米島にある「久米島イーフビーチホテル」は、絶景やさまざまなアクティビティが楽しめる人気の宿泊施設です。今回の記事では「久米島イーフビーチホテル」のレストランや大浴場、客室など、宿泊する際に気になるポイントをご紹介していきますので、魅力に触れてみてください。

「久米島イーフビーチホテル」ってどんなホテル?

久米島イーフビーチホテルは、沖縄本島から西へ100kmほど離れた「久米島」にある宿泊施設です。久米島の人気スポット「イーフビーチ」に面した立地で、お部屋やレストランなどからの絶景が楽しめる事で人気となっています。

また、レストランでいただく琉球料理や海洋深層水の大浴場など、施設も充実しています。さらにマリンレジャーが楽しめるプランもあり、シーンにあわせてさまざまな過ごし方ができるホテルとなっています。

久米島でも屈指のロケーションを誇るホテル

久米島イーフビーチホテルは、日本の渚100選のひとつの「イーフビーチ」に面したホテルです。

真っ白な砂浜が2kmにも続くビーチやエメラルドグリーンの海、青い空といった景色をお部屋やレストラン、大浴場から堪能する事ができます。久米島イーフビーチホテルのお部屋はゆったりとくつろげる空間となっているので、沖縄の離島で癒しの時間を過ごしたい人におすすめのホテルです。

施設内に充実したアクテビティも!

久米島イーフビーチホテルでは、さまざまなアクティビティが楽しめます。子どもから大人まで楽しめるプランがそろっていて、「はての浜」へのツアーやダイビングなどが人気となっています。プランや設備が充実しているので初心者でも安心して楽しめます。

後ほど別の項目で詳しくご紹介しますので、気になるプランがあればぜひ体験してみてください。

「久米島イーフビーチホテル」の客室

ここでは、久米島イーフビーチホテルに宿泊する際に気になる客室についてご紹介していきます。

久米島イーフビーチホテルの部屋数は全部で80室で、さまざまなお部屋がそろっています。全客室がWi-Fiに対応しているほか、フロント前には無料のパソコンも設置してあるので便利です。

また、宿泊プランも豊富にそろっています。「朝食付き、2食付き」といった基本的なプランや、リラクゼーション施設を利用してゆったりと過ごす「島の癒しプラン」、自転車で久米島を満喫したい人におすすめの「サイクリストプラン」などがあるので、好みにあわせて選んでみてください。

スタンダードツイン

「スタンダードツイン」は広さが20平方メートルのお部屋で、客室数は11室となっています。ベッドサイズは100cm×195cmで、ユニットバスと冷蔵庫があり、定員は1名から2名となっています。

「スタンダードツイン」は2階にあり、11室とも山側となっているので山の景色となりますが、開放感のある空間となっています。景色は山側ですが、リーズナブルに宿泊したい人におすすめです。

デラックスツイン

「デラックスツイン」は広さが28~30平方メートルのお部屋で、客室数は64室と、久米島イーフビーチホテルの中で一番客室数が多いお部屋となっています。

ユニットバスと冷蔵庫があり、ベッドサイズは115cm×195cmで、ソファベッド(100cm×198cm)やエキストラベッド(90cm×195cm)を利用すれば最大4名まで宿泊する事ができます。喫煙ルームと禁煙ルームを選ぶ事ができるので、タバコを吸う人も吸わない人にもおすすめです。

「デラックスツイン」は1階から3階にあり、全室、海側となっているので、お部屋からゆったりと海をながめる事ができます。

ジュニアスイート

「ジュニアスイート」は広さが45平方メートルのお部屋で、「ジュニアスイートA」と「ジュニアスイートB」の合計2室があります。

「ジュニアスイートA」は定員が1名から2名の3階にある禁煙のお部屋で、140cm×200cmのベッドが2つとユニットバスがあります。海側に面しているので窓からは海をながめる事ができ、お部屋も広々としていて開放感のある空間となっています。

「ジュニアスイートB」は定員が1名から2名の2階にある禁煙のお部屋で、ユニットバスがあります。こちらのベッドは120cm×195cmと「ジュニアスイートA」と比べると小さめですが、お部屋の大きさはどちらも同じで、海がながめられる開放感のあるお部屋となっています。

スイート

「スイート」は広さが60平方メートルのお部屋で、「スイートA」と「スイートB」の合計2室があります。

「スイートA」は定員が1名から2名の3階にある禁煙のお部屋で、140cm×200cmのベッドが2つあります。冷蔵庫やユニットバスのほかに独立した洗面所もあり、使いやすい間取りとなっています。もちろん海側のお部屋なので景色も良く、お部屋にはソファーも置いてあるのでゆったりとくつろぐ事ができます。

「スイートB」は、140cm×200cmのベッドが2つと琉球畳の6畳のお部屋があり、定員は1名から4名となっています。こちらも冷蔵庫とユニットバスのほかに独立した洗面所があり、窓からは海をながめる事ができます。お部屋が広々としているので思い思いに過ごす事ができ、グループやファミリーにおすすめです。

和室

「和室」は広さが60平方メートルの1室しかないお部屋で、久米島イーフビーチホテルで唯一の和室となっています。木を基調とした壁と、琉球畳が26枚も敷き詰められた明るく広々としたお部屋で、定員は1名から4名となっているのでグループや小さいお子様がいるファミリーにおすすめです。

お部屋は1階にあり、冷蔵庫とユニットバスもあります。窓の外にある木が茂っていると少し景色が見えにくいかもしれませんが、海に面しているので開放感のある景色が楽しめます。

「久米島イーフビーチホテル」のおすすめ設備

ここでは、久米島イーフビーチホテルのおすすめの設備をご紹介していきます。深度200m以深の海水深層水を利用した「大浴場」、ゆったりとした空間にあるバー&ラウンジ「YUKURU」、美味しい料理が楽しめるレストラン「サバニ」を、順番にご紹介していきますので、魅力に触れてみてください。

海洋深層水を利用した大浴場

久米島イーフビーチホテルの大浴場は、久米島の海洋深層水を使っています。海洋深層水はその名のとおり深海の海水で、汚染を受けにくく清浄な状態である事からさまざまな効果があるといわれています。

特に人間の体に必要なミネラルを多く含んでいるので体にも良く、肌にもなじみやすいのでリラクゼーション効果も期待できます。

大浴場が利用できる時間は、午前6時から午前9時までと、午後2時から午後10時となっています。大浴場には露天風呂はなく、内風呂のみとなりますが、大きな窓に面した浴槽からは海をながめる事ができるので、ゆったりとお湯に浸かって疲れを癒してみてください。

ホテルのオリジナルバー

久米島イーフビーチホテルの「YUKURU」は、2018年にリニューアルオープンしたバー&ラウンジです。店名の「YUKURU」(ゆくる)は、沖縄の方言で「くつろぐ、休む」といった意味を持ち、その名のとおりゆったりとくつろげる場となっています。

店内はカウンター6席のほかに窓に面したテーブル席があります。大きな窓からは海をながめられ、カフェタイムには爽やかな海の風景や夕暮れなど時の流れを感じながら過ごす事ができます。また、バータイムには落ち着いた雰囲気の中で、月明かりに照らされた海をながめる事ができます。

カフェタイムは午前9時から午後9時までで、沖縄ならではのスイーツが楽しめます。バータイムにはオリジナルカクテルや泡盛などをいただく事ができます。バータイムの営業時間は午後9時から深夜0時までで、料理のラストオーダーは午後11時となっています。

ホテル唯一のレストラン「サバニ」

久米島イーフビーチホテルのレストラン「SABANY」(サバニ)はホテルの1階にあり、96席の広々とした空間となっています。レストランの窓際の席に座れば海をながめながらの食事が楽しめます。

レストランで提供している料理は、久米島で養殖した車海老を中心に、旬の食材を使った琉球メニューや和洋中料理がそろっています。宿泊プランにより、バイキングや和食・洋食などが選べるので、好みにあわせて美味しい料理を堪能してみてください。

また、夕食では、レストランに併設されたBBQテラスでのバーベキューも楽しめます。海に面した開放感のあるテラスでバーベキューを楽しみたい時にはBBQ付きのプランを選んでみてください。

BBQテラスでバーベキューが楽しめるのは夜のみですが、朝食をいただく時にテーブルとして利用するのは可能となっています。朝から爽やかに食事を楽しむ事ができるので、おすすめです。

「久米島イーフビーチホテル」の施設情報

久米島イーフビーチホテルは海に囲まれた久米島にあり、その立地を活かしたさまざまなアクティビティが楽しめます。ここでは久米島イーフビーチホテルで楽しめるアクティビティをご紹介していきます。マリンレジャー初心者から上級者まで楽しめるアクティビティがそろっているので、ぜひ活用してみてください。

今回ご紹介するアクティビティは、予約が必要なプランもあるので利用する際にはしっかりと確認してください。また、ダイビングは危険を伴うマリンスポーツです。事前に注意事項を確認して、安全にお楽しみください。

イーフスポーツクラブ

イーフスポーツクラブは、久米島イーフビーチホテルに併設されているダイビング・マリンスポーツショップです。こちらにはさまざまなアクティビティのプランがそろっています。

中でも人気のアクティビティは「はての浜ツアープラン」です。久米島で人気の観光スポット「はての浜」は沖合にある砂浜だけの島で、このプランを利用すれば「はての浜」でのアクティビティが楽しめます。シュノーケルやドラゴンボート、マリンジェットなどさまざまなアクティビティがそろっているので、好みにあわせてお楽しみください。

多彩なアクティビティを満喫することができる

そのほかにもイーフスポーツクラブには、子供から大人まで楽しめる人気のアクティビティがそろっています。

初心者でも安心の「体験ダイビング」や「シュノーケリング」、本格的に楽しみたい人におすすめの「ダイビング・ライセンス取得コース」や「ファンダイビング」といったアクティビティのプランがそろっています。レンタル機材も充実しているので、技量にあわせてお楽しみください。

Thumb久米島の観光を大特集!人気スポットやお土産からアクティビティ・グルメまで!
沖縄本島から日帰りでもアクセスが可能な久米島で観光を満喫しよう!久米島観光では美しい砂浜でで...

「久米島イーフビーチホテル」の基本情報とアクセス

最後に、久米島イーフビーチホテルの基本情報とアクセス方法をご紹介します。久米島は沖縄の離島のため、アクセスする際には飛行機やフェリーの利用となります。

久米島イーフビーチホテルには40台分の駐車場も完備しているので、空港や港からレンタカーを利用するのもおすすめです。久米島には観光スポットもそろっているので、久米島イーフビーチホテルに宿泊をしてすみずみまでお楽しみください。

基本情報

久米島イーフビーチホテルは、総部屋数80室の宿泊施設です。先ほどご紹介して来た施設以外にも、売店や自動販売機、宴会場などもあります。

久米島イーフビーチホテルには、シーンにあわせたさまざまな宿泊プランがそろっているので、好みにあわせてお部屋を選んで、ゆったりと過ごしてみてください。

住所 沖縄県島尻郡久米島町字謝名堂548
電話番号 098-985-7111

久米島空港からのアクセス

久米島イーフビーチホテルへ飛行機でアクセスする方法をご紹介します。沖縄県那覇市の「那覇空港」からJTA(日本トランスオーシャン航空)やRAC(琉球エアコミューター)で、久米島にある「久米島空港」へと向かいます。所要時間は35分ほどです。

「久米島空港」からは、タクシーやレンタカーを利用した場合は25分ほどとなります。久米島町営バス空港線を利用した場合には30分ほど乗車して、「イーフビーチホテル」バス停で下車となります。

兼城港からのアクセス

久米島イーフビーチホテルへフェリーでアクセスする方法をご紹介します。沖縄県那覇市の「泊港」から、久米島にある「兼城港」へと向かいます。所領時間は4時間ほどです。

「兼城港」からは、タクシーやレンタカーで15分ほどです。久米島町営バス空港線を利用した場合には20分ほど乗車して、「イーフビーチホテル」バス停で下車となります。

人気ホテル「久米島イーフビーチホテル」に宿泊してみよう!

沖縄の「久米島イーフビーチホテル」について、レストランや客室、人気のアクティビティなどをご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?「久米島イーフビーチホテル」は宿泊はもちろん、さまざまな楽しみ方ができる宿泊施設となっているので、ぜひ訪問してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ