「久米アイランド」は久米島で人気のリゾートホテル!施設情報や口コミも調査!

沖縄の青い海に浮かぶ離島・久米島はリゾート気分で過ごすのにおすすめの観光スポットです。宿泊先として人気の「久米アイランド」はビーチに近いだけでなくプールやゴルフなどの施設も充実しています。今回は久米島のリゾートホテル「久米アイランド」を徹底リサーチしました。

「久米アイランド」は久米島で人気のリゾートホテル!施設情報や口コミも調査!のイメージ

目次

  1. 1久米島人気のリゾートホテル「久米アイランド」をご紹介!
  2. 2沖縄にある久米島とは?
  3. 3「久米アイランド」ってどんなホテル?
  4. 4「久米アイランド」の客室
  5. 5「久米アイランド」のおすすめの設備
  6. 6「久米アイランド」のレストラン
  7. 7「久米アイランド」へのアクセス
  8. 8沖縄久米島の人気ホテル「久米アイランド」に宿泊してみよう!

久米島人気のリゾートホテル「久米アイランド」をご紹介!

沖縄本島へ行ったことはあっても、離島の久米島はまだという方もおられるのではないでしょうか?久米島は沖縄よりもずっと小さい島なのでリゾート気分を味わうのに最高のロケーションがそろっています。本島とはまた違った旅行を楽しめるはずです。せっかくならリゾートホテル「久米アイランド」に泊まって島時間をゆったり過ごしてみませんか?

沖縄にある久米島とは?

沖縄離島の「久米島」と聞いてもどこにあるのかいまいちピンとこないという方のために、まずは簡単にご紹介しましょう。久米島は沖縄本島から西へ100㎞の海に浮かぶ人口1万人ほどの小さな離島です。1日もあれば余裕で島を1周できる大きさです。

石垣島や宮古島よりもう一回り小さい島ですが、観光スポットがたくさんあるのでいろいろな楽しみ方ができるでしょう。なかでも白い砂浜の無人島「はての浜」はリゾート感満載の大人気スポットです。沖縄から飛行機かフェリーが出ているので日帰りもできます。

はての浜

久米島で一番人気のリゾートスポットといえば、沖縄屈指の絶景が見られる「はての浜」です。久米島から5km沖合に浮かぶ白い砂浜でできた無人島で、その美しさに圧倒されてしまいそう。久米島へ旅行するなら絶対にはずせない絶景ポイントです。

久米島から「はての浜」へ行くためにはツアーに申し込む必要があります。定期船などは就航していないので、当日思い立ってふらりと行くなんてことはできません。

「久米アイランド」ホテル内にあるスポーツデスクでは「はての浜ツアー」のアクティビティが用意されているのでぜひ活用してみてください。はての浜海水浴かシュノーケリングの2種類のプランから選べて、1日たっぷりと満喫できます。

宇江城城後

久米島で一番高い標高310mの山頂にある「宇江城城後(うえぐすくじょう)」は日本の史跡にも登録されている文化遺産です。久米島を360℃ぐるりと一望できることでも人気の観光スポットで、山頂まで車か徒歩でアクセスできます。琉球統一前の1500年代の歴史を感じられる貴重な城跡なので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

「久米アイランド」ってどんなホテル?

沖縄から日帰りでも行ける久米島ですが、せっかく足を延ばすなら現地のリゾートホテルにも宿泊してみたいものです。数ある宿泊ホテルのなかでも「久米アイランド」はイーフビーチが目の前で、屋外プールをはじめホテル内の施設も充実していたり、併設されているレストランも美味しいと評判で旅行者から人気があります。

久米島の大規模ホテルの一つ

久米島には「久米アイランド」に並んで「久米島イーフビーチホテル」「サイプレスリゾート久米島」など大規模なリゾートホテルがあります。「久米アイランド」に近い「久米島イーフビーチホテル」は海洋深層水のお風呂やプライベートビーチつきのホテルです。

「サイプレスリゾート久米島」はシンリ浜が目の前にある大型リゾートホテルで、久米島の美しい海や夕陽を眺めながらのんびりと過ごすのにぴったりでしょう。スポーツ施設やアクティビティが充実している「久米アイランド」はアクティブ派におすすめです。

久米島の大規模ホテルといってもそれぞれに特徴があるので、比べながら旅プランを考えるといいかもしれません。ほかにも手ごろな値段で宿泊できるホテルやこじんまりとした民泊、ゲストハウスもあるので、好みやロケーションに合わせて選んでみてください。

プロ野球球団のキャンプでも利用されるホテル

プロ野球好きには耳寄りな情報ですが、久米島は毎年楽天イーグルスのプロ野球選手たちが春季キャンプで訪れる場所です。その間、一軍の選手たちはここ「久米アイランド」ホテルに宿泊していますので選手たちに一目会えるかもしれません。練習場になっている久米島野球場へ行けば、野球に励んでいる選手たちの姿も見ることができます。

「久米アイランド」の客室

「久米アイランド」は全部で200もの客室が用意されています。部屋のタイプはスタンダードツイン、デラックスツイン、和洋室、禁煙ルームのほかにグループでの利用に便利な客室やバリアフリータイプの客室も選べます。

ホテルの外観は古く感じられても客室やバスルームは清潔感があって、ゆったりとした広さがあるので快適に過ごせるでしょう。

宿泊客からの評判もよく、部屋からは海こそ見えませんがやしの木が見えたり、久米島で人気のイーフビーチまでは歩いて1分というロケーションの良さも抜群です。

全部で4つの客室棟

大規模なリゾートホテル「久米アイランド」には全部で4つの客室棟があります。メインロビーに一番近いのはセンターボードでその向こうにあるのがサウスウイングです。ホテルの一番奥にある客室棟はウェストタワーでクラブハウスやダイビングハウスの近くある客室棟はノースタワーになります。通路沿いに南国らしいヤシの木が植えられています。

洋室から和室まで幅広く完備

「久米アイランド」ホテルの特徴として洋室から和室までいろいろなタイプの客室がそろっているので、宿泊人数や希望に応じて自由に選べるのが魅力です。

久米島ならではの南国テイストのお部屋や畳でくつろげるベッドルーム、カジュアルな雰囲気のお部屋など好みのお部屋で宿泊してみましょう。

大家族やグループでの宿泊には広々としたコネクティングルームがおすすめです。乳幼児がいる場合はベビーベッドやベビーカーの貸し出しも行っています。さらに車椅子の方や段差が苦手な方にはバリアフリータイプのお部屋が用意されています。

「久米アイランド」のおすすめの設備

大規模なリゾートホテルなので宿泊施設以外にもレジャー施設が充実しています。思いっきり遊べる屋外プールからグランドゴルフ、テニス、ビリヤード、ピンポンまで幅広くそろっているのでホテル滞在中も飽きないでしょう。

「久米アイランド」内にあるスポーツデスクではマリンスポーツやダイビング、スノーケリングなどのアクティビティを申し込むこともできます。久米島のリゾートスポット、はての浜ツアーも人気があります。

おすすめの設備(1) プール

「久米アイランド」のメイン施設ともいえるプールは、開放的なリゾート気分を味わううえで欠かせない存在でしょう。更衣室も完備されている屋外プールで、久米島の青空のもと思いっきり泳いだり水遊びができます。

営業時間は9:00~18:00なので近くのイーフビーチで海遊びを楽しんだあとホテルに帰ってきてからプールでひと泳ぎするのもいいかもしれません。ただし冬季は利用できませんのでご注意ください。プールもお目当てで泊まるなら4月~10月の間に行きましょう。

おすすめの設備(2) グランドゴルフ

プールよりもゴルフ派にはグランドゴルフがおすすめです。営業時間は9:00~18:00で、1年を通じて利用できます。広大なホテル敷地内に専用のグランドゴルフ場が設けられていて場所はメインロビーから見るとプールの後ろ奥にあります。ホテル滞在中は家族やグループそれぞれの好きなスポーツ施設でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

整備された広いガーデンでできるグランドゴルフは全8ホール、最大20人まで利用できます。パターゴルフは8ホール、最大8人まで、ゴルフレンジは最大4人まで楽しめます。有料になりますがゴルフクラブや球も貸し出しています。沖縄の海風を感じながら、美しい緑のなかでゴルフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

おすすめの設備(3) ビリヤード

「久米アイランド」では屋外施設だけでなく、ホテル内にあるレジャー施設も利用できます。ビリヤードは9:00~21:00まで開いているので、夜の時間でもゆっくり遊べます。ビリヤードの利用料金は1台1時間1,000円です。ビリヤード台は2台、最大8人まで遊ぶことができます。

「久米アイランド」のレストラン

「久米アイランド」には久米島の新鮮な魚介類をいただけるレストランも併設されているので、ホテル内で手軽に食事したいときにおすすめです。「レストランアカバナ」は1階のメインロビーすぐ隣にあります。そのほかにもプール前にある「ティーラウンジ ティーダ」や「居酒屋南島食楽園」も南国リゾートらしくておすすめです。

朝食からディナーまで利用できるレストラン

「レストランアカバナ」は朝食からランチ、ディナーまでホテル内での食事タイムに利用しやすいレストランです。朝食は6:30~9:30までの提供で、和洋のバイキングスタイルになっています。

沖縄・久米島の食材である海ぶどうや沖縄もずく、ゴーヤチャンプルー、油みそなどが食べられると人気の朝食メニューで大人1,604円です。

ランチはパスタや海ぶどうを使ったメニュー、新鮮な魚介料理などが用意されています。ランチタイムは11:30~14:30(L.O.13:30)です。ディナータイムは18:00~21:30(L.O.20:30)で、アラカルトかコース料理のどちらかから選べます。電話での予約も受け付けています。

ゆったり気分で軽食やカクテルを楽しめるティーラウンジ

「久米アイランド」ホテル自慢のプールを眺めながらくつろげる「ティーラウンジ ティーダ」もおすすめです。サンドイッチなどの軽食からスイーツ、ソフトドリンク、カクテルまで用意されています。明るくて落ち着いた店内は南国リゾートの雰囲気が漂っていて、9:00~21:30(L.O.20:30)まで利用できます。

プールサイドで豪華にバーベキュー

こちらは予約制になりますが、プールサイドで豪華に夜のバーベキューが楽しめる食事プランになっています。「プールサイドバーベキュー」の予約は数に限りがあるため、当日17:00までに「レストランアカバナ」へ申し込みましょう。利用できる時間帯は18:00~21:30(L.O.20:00)です。

地魚や沖縄料理が自慢の居酒屋

地元の美味しい料理と一緒に飲みたいときには「居酒屋 南島食楽園」もおすすめです。「久米アイランド」前の県道89号線をはさんで斜め向かいにある居酒屋で、ホテルから歩いて1分という近さです。運転の心配をすることなく美味しいお酒を飲めるでしょう。

「居酒屋 南島食楽園」では泡盛やオリオンビール、南国カクテルなどのお酒のほか料理メニューとして久米島近海で採れた地魚や沖縄料理もいただけます。海ぶどうの天ぷらや久米島特産もずく酢、赤鶏、アグー豚など地元ならではのメニューが盛りだくさんです。

居酒屋なのでランチタイムは利用できませんが、木曜日以外は毎日17:30~23:30(L.O.22:30)まで営業しています。カウンター席もあるので一人で立ち寄るにもおすすめです。テーブル席は約70席用意されているので、もちろんグループでも楽しめます。

「久米アイランド」へのアクセス

沖縄から100km離れたところにある久米島までは飛行機かフェリーでアクセスすることになります。飛行機では片道35分の距離で、那覇空港~久米島空港間は一日7便ほど就航しています。片道4時間のフェリーに比べて時間に融通が効き利用しやすいでしょう。

フェリーでは那覇・泊港から出港し、渡名喜島経由で久米島の兼城港に寄港します。現在2つのフェリーが午前と午後に1便ずつ就航しています。ここでは久米島空港と兼城港からそれぞれ「久米アイランド」ホテルへアクセスする方法をご紹介します。

久米島空港からのアクセス

久米島空港から「久米アイランド」ホテルまでは車で20分ほどの距離になります。空港でレンタカーを借りてホテルまで行くほかに路線バスを利用する方法もあります。路線バスの空港線は久米島空港の離発着時間に合わせて運行しているので便利です。

久米島空港に到着したら、町営バスの空港線に乗ります。空港線の終点である「久米アイランドホテル」で下車しましょう。久米島空港から30分ほどで到着できます。バスの車窓から久米島の風景を眺めながらローカルな旅気分を味わうのにぴったりです。

町営バスは大人390円、子供200円で乗れますが、そのほかにイーフビーチ方面の無料シャトルバスでアクセスすることもできます。タクシーの場合は20分で2,700円ほどかかります。

兼城港からのアクセス

フェリーで兼城港に着いたら、そこから久米アイランドまでは車で15分ほどで到着できます。距離としては久米島空港よりもホテルに近い場所にありますが、車かタクシー以外には交通手段がないため不便かもしれません。

タクシーを利用すると15分で1,900円ほどの利用料金がかかります。兼城港でタクシーがすぐつかまる場合もありますが、見つからないときにはタクシー会社へ直接電話して頼む必要があります。

沖縄久米島の人気ホテル「久米アイランド」に宿泊してみよう!

沖縄離島の「久米アイランド」はいかがでしたか?ビーチが目の前の好立地な大型リゾートホテルで久米島の宿泊先に選ぶ旅行者も多いです。ホテルにはプールやグランドゴルフなどの施設が充実していたり地元の食材が味わえるレストランやバーベキュープランも用意されています。久米島で宿泊するならおすすめのリゾートホテルです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
EMMA

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ