久米島へフェリーで渡航!予約方法や乗り場・料金・所要時間まで徹底ガイド!

沖縄県の久米島にはフェリーで行くことができます。沖縄の素晴らしい海を見ながら久米島までの船旅が楽しめます。ここでは、久米島へのフェリーについて紹介します。予約方法や乗り場、料金、所要時間といった情報を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 久米島へフェリーで渡航!予約方法や乗り場・料金・所要時間まで徹底ガイド!のイメージ

目次

  1. 1久米島へフェリーを利用して訪れるには?
  2. 2久米島と那覇のフェリー料金
  3. 3久米島へフェリーの予約方法
  4. 4那覇と久米島を結ぶフェリーの乗り場案内
  5. 5久米島と那覇を結ぶフェリーの時刻
  6. 6久米島と那覇を結ぶフェリーを利用するときの知っておきたいポイント
  7. 7久米島までフェリーと飛行機どちらがおすすめ?
  8. 8久米島へフェリーで訪れてみよう!

久米島へフェリーを利用して訪れるには?

久米島は沖縄諸島の最西端にある島です。久米島周辺では、素晴らしい海の風景が楽しめます。久米島に行く場合にはフェリーをおすすめします。素晴らしい海の風景をすぐ近くに感じながら、久米島まで行くことができます。ここで紹介するフェリーの情報を参考にしてもらい、久米島までの船旅を楽しんでください。

那覇市内の泊港からのフェリー

久米島へのフェリーは那覇市内にある泊港から出ています。那覇市内から出ているため、非常に利用しやすいところにフェリー乗り場があります。泊港を出発して、途中渡名喜島を経由して久米島まで至るルートになっていますが、渡名喜島を経由しないフェリーもあります。船から見られる海の風景にはくぎずけになるでしょう。

泊港が那覇市内のどこにあるのかは後ほど紹介しますが、沖縄本島を訪れる人のほとんどが那覇空港を利用しているでしょう。沖縄本島に滞在して、久米島に遊びに行くことも可能です。那覇市内にフェリー乗り場があるのは、大きなメリットです。

久米島へのフェリーは那覇市内の泊港から出ていることを知っておきましょう。久米島に行くためには便利な乗り場と言えます。

Thumb久米島の観光を大特集!人気スポットやお土産からアクティビティ・グルメまで!
沖縄本島から日帰りでもアクセスが可能な久米島で観光を満喫しよう!久米島観光では美しい砂浜でで...

久米島と那覇のフェリー料金

久米島と那覇を結ぶフェリーの料金を紹介します。久米島と那覇の片道料金は、大人料金3390円・小人料金1700円です。往復料金は大人料金6450円で、少し割引になっています。小人の往復料金の設定はないため、往復で利用する場合、片道料金を2回払わなければいけません。なお、小人は6歳から11歳までの小学生となっています。

障がい者の片道料金は大人1700円・小人850円です。障がい者の往復料金は大人3400円・小人1700円です。障がい者割引を利用する際には、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳の提示が必要となります。

久米島と那覇を結ぶフェリーの料金を知っておきましょう。大人が往復で利用すれば割引となるので、良いシステムと言えるでしょう。

久米島へフェリーの予約方法

久米島へのフェリーの予約方法を紹介します。久米島へのフェリーは、フェリー琉球とフェリー海邦の2つがあります。どちらのフェリーも定員が350名となっています。大きなフェリーなので、十分な乗船人員となっていますが、混雑時になると一杯になってしまうことがあります。そのため、確実に席を確保しておく必要があります。

久米島へのフェリーの予約方法には2つの方法があります。窓口での予約・オンラインでの予約の2つの方法があるので、どちらかやりやすい方法で予約をしてください。フェリーの予約をしておけば、間違いなく席が確保されるため安心です。

久米島へのフェリーの予約方法を知っておきましょう。難しい方法ではないので、すぐにわかってもらえるはずです。

窓口での予約

久米島へのフェリーの窓口での予約方法を紹介します。泊港の窓口で乗船日の1ヶ月前から予約することができます。窓口で希望の乗船日と乗船時間、乗船人数を伝えてください。希望のフェリーに空きがあれば、すぐに予約することができます。予約をしたら、当日は乗船名簿を記入して、チケットを購入することになります。

久米島のフェリーの窓口での予約は、沖縄に住んでいる人におすすめの方法です。沖縄に住んでおり、泊港に行ける環境ならば、窓口の方が便利かもしれません。また、オンライン予約が苦手だと思う人にもおすすめの方法です。

久米島に行く日が決まったら、すぐにフェリーの予約をすることをおすすめします。確実にフェリーの席を確保しておきましょう。

オンラインでの予約

久米島へのフェリーのオンラインでの予約方法を紹介します。窓口での予約だと沖縄に行かなければいけないため、沖縄に住んでいない人にはオンライン予約をおすすめします。オンライン予約をするためには「skychiket」というサイトを利用して行います。このサイトでは久米島へのフェリーの他にも、ホテルや航空券の予約もできます。

「skychiket」のサイトを開いたら、フェリーという項目を選択してください。選択すると、フェリーの格安乗船券という項目があり、ここに出発港と到着港、出発日、乗船人数、車両の有無を選択して、最安値を検索をクリックすると、結果がすぐに出てきます。

出発港に那覇港、到着港に久米島兼城港を選択してください。選んだ乗船日で予約可能な便とプランが出てきます。予約可能な便とプランが出てきたら、希望の便の予約ボタンを選択してください。予約ボタンを選択すると、選択したプランの詳細が表示されます。詳細を確認して、この便で大丈夫ならば、予約を進めていきましょう。

「skychiket」での予約の場合の支払い方法は、クレジットカードになります。使用可能なクレジットカードが表示されるので、必ずチェックしてください。あとは、画面の指示に従って進めていけば、予約をすることができます。

久米島へのフェリーは便利なオンライン予約がおすすめです。時間や料金、船について詳しく説明されているので、事前知識の収集にもつながります。

那覇と久米島を結ぶフェリーの乗り場案内

那覇と久米島を結ぶフェリーの乗り場を紹介します。フェリーの乗り場がどこにあるのかわからなければ、フェリーを利用することができません。フェリーに関するいろいろな情報を紹介しますが、肝心の乗り場に関する情報は必要不可欠です。久米島の兼城港と那覇の泊港の乗り場の場所や行き方について紹介します。

フェリー乗り場をあらかじめしっかりと把握しておき、フェリーを利用する際には乗り場がわからないということがないようにしておきましょう。乗り場を把握しておくことは、フェリーを利用する際に最も重要な情報と言えるでしょう。

久米島の兼城港の乗り場

久米島の兼城港は、久米島の西にあります。県道89号線沿いにあるため、わかりやすい位置にあります。久米島の海の玄関口で、こじんまりとした港ですが、お土産店や喫茶コーナーもあります。また、船の時間に合わせて、レンタカーの受付をしています。久米島では車があると便利なので、レンタカーをうまく活用しましょう。

久米島には公共交通機関としてバスが運行していますが、本数が限られているため、久米島の隅々まで楽しむならばレンタカーがおすすめです。レンタカーならば、最終的に兼城港まで戻ってこれば良いので、帰りが楽になります。

那覇の泊港の乗り場

那覇の泊港には、久米島行きのフェリーの他にも、沖縄の離島へのフェリーが運航されています。泊港は「とまりん」という愛称で親しまれています。那覇空港から行きやすいところにあるので、非常に便利です。那覇空港から泊港への行き方は、那覇空港駅からモノレールを利用すると便利です。美栄橋駅で降りて、徒歩10分のところにあります。

那覇空港から路線バスや高速バスでも泊港に行くことができます。泊高橋というバス停で降りてから徒歩8分くらいで泊港まで行くことができます。あまり歩きたくない人は、那覇空港からタクシーを利用することをおすすめします。

泊港は那覇空港から行きやすい位置にあるため、沖縄に着いた日に久米島までいきなり向かっても良いでしょう。

久米島と那覇を結ぶフェリーの時刻

久米島と那覇を結ぶフェリーの時刻を紹介します。ここで紹介する時刻は2019年8月現在のものです。通年運行されている便で、1便が那覇泊港を9時に出発して、10時55分に渡名喜島に到着します。11時10分に渡名喜島を出発して、12時30分に久米島に到着します。2便が泊港を14時00分に出発して、渡名喜島を経由せず、17時00分に到着します。

なお、2便は月曜日は運休となっています。久米島を出発する便で、4月1日から10月31日以外は1便9時00分久米島発で、10時20分に渡名喜島を経由して、10時35分に渡名喜島を出発し、12時30分に那覇泊港に到着します。2便は14時久米島発で渡名喜島を経由せず、17時那覇泊港着です。これも2便は月曜日運休となっています。

久米島を出発する4月1日から10月31日は、1便と2便は前述した通りです。なお、2便の金曜日は14時久米島発で、15時20分渡名喜島を経由して、15時35分に渡名喜島を出発し、17時30分に那覇泊港に到着します。この時刻を頭に入れておきましょう。

久米島と那覇を結ぶフェリーを利用するときの知っておきたいポイント

久米島と那覇を結ぶフェリーを利用する時に知っておきたいポイントを紹介します。ここで紹介するポイントは、フェリーに乗船してもらうために必要な情報です。フェリーに乗船する場合は、電車と違っていろいろなルールがあります。そのルールを知っていれば、より安心してフェリーに乗船することができるはずです。

難しいポイントではないため、誰にでも理解してもらえるでしょう。あらかじめ、知っておきたいポイントを理解しておき、フェリーに乗船しましょう。フェリーに乗船した経験があまりない人には、参考にしてもらいたいです。

知っておきたいポイント(1) 車とバイクは別料金で輸送できる

久米島に車やバイクと一緒に乗り込みたいという人も少なくありません。久米島で沖縄の海を間近に感じながら、ドライブやツーリングをするのは間違いなく最高に気分になれます。久米島へのフェリーでは、車とバイクは別料金で輸送することができます。車とバイクの料金は、そのサイズによって決められています。

車と一緒にフェリーに乗りこむ場合には、車両1台につき運転手1名の料金は含まれます。またバイクの場合は、50ccを超えるか、超えないかで料金が異なります。車やバイクの料金に関しては、久米商船株式会社の公式ホームページを参照してください。

知っておきたいポイント(2) 乗船申込書は必須

久米島へのフェリーに乗船する前に、乗船申込書は必ず書かなければいけません。乗船申込書は何かあった時のために必要となるので、正しい氏名・住所などを記載してください。乗船申込書は、フェリーのチケットを購入する時に必ず記入してくださいと言われるはずです。用紙に従って記入すれば良いので、難しくはありません。

フェリーに乗船したことがある人ならば、乗船申込書を書いた経験はあるはずです。フェリーにあまり乗船した経験がない人は「何でこんなことをさせる」と思わずに、乗船申込書を記入してください。それほど時間がかかることでもありません。

知っておきたいポイント(3) 窓口の支払いは現金のみ

フェリーに乗船する際には窓口で申し込むことになりますが、窓口での支払いは現金のみとなっているので注意してください。最近は多くの場所で、クレジットカードや電子マネーといったように、いろいろな支払方法に対応しています。久米島へのフェリーの場合は、クレジットカードや電子マネーが使えないので注意してください。

日本の全ての場所でクレジットカードや電子マネーが普及するのは、なかなか難しいと言えます。そのため、旅行に行く時には現金をある程度持っておかないと困ったことになります。離島はATMもないところが多いので、あらかじめ現金を準備しておきましょう。

久米島までフェリーと飛行機どちらがおすすめ?

久米島までフェリーと飛行機のどちらがおすすめなのかを紹介します。久米島にはフェリーだけでなく、飛行機でも行くことができます。久米島空港には那覇空港からの飛行機が運航しています。また、那覇空港経由で羽田空港からも運航しています。那覇空港からは1日7便で所要時間約35分、羽田空港からは1日1便で所要時間約2時間35分です。

那覇空港から久米島まで飛行機で行く場合の料金は約12000円です。久米島までフェリーと飛行機でアクセスする場合の時間の比較をすると、フェリーの場合は3時間30分、飛行機の場合は35分なので、圧倒的に飛行機がおすすめです。

久米島までフェリーと飛行機での料金の比較は、フェリーの場合は片道3390円、飛行機の場合は片道12000円なので、圧倒的にフェリーがおすすめです。時間を優先したい人は飛行機がおすすめで、料金を優先したい人はフェリーがおすすめです。重要視したい要素でおすすめの交通手段は変わってきますが、飛行機も便利です。

久米島までのアクセスで、フェリーと共に飛行機での方法を知っておくと、比較をすることができるので良いです。どちらも那覇から行くことができるので、利用しやすい方法で行きましょう。

久米島へフェリーで訪れてみよう!

沖縄の久米島へのフェリーでの行き方を紹介しましたが、久米島に行く際の参考にしてもらえれば幸いです。フェリーは月曜日以外は2便運航されているので、久米島に旅行に行く際の参考にしてください。那覇の泊港から行くことができるため、沖縄旅行の際には久米島に遊びに行くスケジュールをぜひ立てて、久米島で楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ