榛名山ヒルクライム攻略ガイド!初心者におすすめのコースや持ち物は?

毎年5月に行われている自転車レースの榛名山ヒルクライムは、2019年で第7回目を迎えましたが年々注目度が増している人気の大会です。ここでは群馬県の榛名山ヒルクライムについて紹介します。初心者におすすめのコースや持ち物などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

榛名山ヒルクライム攻略ガイド!初心者におすすめのコースや持ち物は?のイメージ

目次

  1. 1群馬の榛名山ヒルクライムってどんなコース?
  2. 2榛名山ヒルクライムのコース
  3. 3榛名山ヒルクライムの初心者向けコース
  4. 4榛名山ヒルクライムでエントリーできるレース
  5. 5榛名山ヒルクライムの受付から当日の流れ
  6. 6榛名山ヒルクライムでの表彰について
  7. 7榛名山ヒルクライムの人気の楽しみ方
  8. 8たくさんの人がおすすめする榛名山ヒルクライムへ参加してみよう!

群馬の榛名山ヒルクライムってどんなコース?

群馬県の榛名山では毎年5月に榛名山ヒルクライムという自転車レースが開催されます。榛名山の麓にある榛名湖を目指して自転車で駆け抜ける大会です。2019年大会は既に終了してしまいましたが、2020年の大会を目指している人もたくさんいるはずです。ここで紹介する内容を知ってもらい、榛名山ヒルクライムに挑戦しましょう。

初心者から上級者まで魅力的なコース

群馬県で行われる榛名山ヒルクライムには、初心者から上級者まで魅力的なコースとなっています。どのコースを選んでも、素晴らしい風景を見ながら走ることができます。といってもレースなので、景色を見ながらのんびりと走ることはできません。ただ、素晴らしい風景が目の前に広がっていれば、やる気も増してくるはずです。

榛名山ヒルクライムに一度参加した人がリピーターとして翌年もエントリーするケースもたくさんあります。毎年5月に開催されることもあり、良い気候の中で自転車レースが楽しめるのが、参加者にとって魅力的に感じるのでしょう。

榛名山ヒルクライムは初心者から上級者まで魅力的コースがあることを知っておきましょう。最高のレースが楽しめるはずです。

レベルに応じたコースを選ぶことができる

群馬県で開催される榛名山ヒルクライムでは、レベルに応じたコースを選ぶことができます。コース選びは自己申告制になっています。ただし、各コースには定員が設定されています。定員に達してしまうと、そのコースには参加できなくなってしまいます。募集は先着順となっているので、参加希望の人は早めにエントリーしましょう。

榛名山ヒルクライムはレベルに応じたコース選びができる点が人気の点で、多くの人におすすめできる点です。本格的に自転車競技に取り組む人は増えており、榛名山ヒルクライムのようなレースは良い腕試しになります。

榛名山ヒルクライムで、自分がどのくらいのレベルなのかを試してみましょう。最初は初心者コースを選ぶことをおすすめします。

Thumb榛名山ロープウェイで山頂へ登山!アクセス方法や料金まで徹底調査!
群馬県にある観光スポット榛名山にはロープウェイがあります。榛名山ロープウェイで山頂まで行ける...

榛名山ヒルクライムのコース

群馬県で開催される榛名山ヒルクライムのコースを紹介します。榛名山ヒルクライムには3つのコースが設定されています。初心者コース・榛名神社コース・榛名湖コースの3つがあります。この3つのコースがそれぞれどのようなコース設定になっているのかを知っておきましょう。榛名山ヒルクライムに参加する人には必要な情報でしょう。

前述した通り、どのコースも素晴らしい風景が見られるため、気持ちよくレースができるはずです。ツール・ド・フランスのような長距離レースではありませんが、自転車競技をしている人にとっては重要な大会であることは間違いないでしょう。

初心者コース

初心者コースは6.7キロのコースとなっています。大森神社前をスタートして、県道あら町・下室田線を通り、県道安中・榛名湖線を走り、高崎KGカントリークラブ入口がゴールです。平均勾配は4.6%、最大勾配は6.5%、標高差は299メートルのコースです。初心者コースとはいえ、勾配が平均4.6%もあるので大変なコースです。

初心者コースは自転車レースを体験するには人気でおすすめのコース設定です。自転車レースとは、簡単ではないということを体験してもらい、さらに自転車レースの楽しさを実感してもらうためのコースです。人気の初心者コースにぜひ参加してください。

初心者コースの定員は500名となっており、すぐにエントリーしないと満員になってしまう人気のコースです。

榛名神社コース

榛名神社コースは11.6キロのコースとなっています。大森神社前をスタートして、県道あら町・下室田線を通り、県道安中・榛名湖線を走り、県道渋川・松井田線を経て、榛名神社がゴールです。平均勾配は5.2%、最大勾配は11.0%、標高差は604メートルのコースです。榛名神社コースはいわば中級者コースといったところです。

榛名神社コースは初心者コースと比べたら、標高差が倍以上になり、最大勾配も11.0%という、かなり大変になります。初心者コースを卒業したら、榛名神社コースに挑戦してもらうことをおすすめします。一気にレベルが上がったことを実感できるはずです。

榛名神社コースの定員も初心者コースと同じく500名となっています。初心者の人が次のステップに踏み出すために挑戦してください。

榛名湖コース

榛名湖コースは16.1キロのコースとなっています。大森神社前をスタートして、県道あら町・下室田線を通り、県道安中・榛名湖線を走り、県道渋川・松井田線を経て、榛名湖多目的グラウンドがゴールです。平均勾配は6.0%、最大勾配14.0%、標高差は907メートルにもなります。榛名湖コースが上級者コースとなっています。

とても厳しいコース設定になっていますが、トップクラスのレースともなると、これくらい厳しくなります。榛名湖コースの厳しい設定をクリアしなければ、さらなるトップクラスのレースで勝つことはできないと言えます。

榛名湖コースの定員は4000名(うちエキスパートは350名)となっています。榛名山ヒルクライムのメインのレースとなります。

榛名山ヒルクライムの初心者向けコース

榛名山ヒルクライムの初心者向けコースは、徐々に標高が上がっていくように設定されています。スタートしたら、緩やかな登りがゴールまで続くというコースになっています。時には急な登り坂も出現するので、足を目一杯使わなければいけないコースです。初心者コースといえど、侮ることができないコース設計になっています。

一之鳥塚の先がゴール

コース内はカーブが少ないので、登り坂ですが走りやすい道になっています。ゴールの一之鳥塚までの6.7キロの道のりは長く感じられるかもしれません。誰よりも早くゴールすることを目指すのはもちろんですが、初心者コースではレースの楽しみを知ってもらうことも重要です。他の参加者と会話をしながらレースをしている人もいます。

初心者コースに参加する場合は、レースを楽しむことを目的にしてもらうことをおすすめします。楽しくレースができれば、また参加したいと思ってもらえるでしょう。

榛名山ヒルクライムでエントリーできるレース

群馬県で開催される榛名山ヒルクライムでエントリーできるレースについて紹介します。榛名山ヒルクライムには、タイムトライアルレースとヒルクライムレースの2つがあります。なお、タイムトライアルレースのみ参加することはできません。タイムトライアルレースは6.8キロの周回コースをどれだけ速く走れるかを競います。

榛名山ヒルクライムは2日間に分けて開催され、タイムトライアルレースは初日に行われます。翌日にヒルクライムレースが行われ、前述した3つのコースで開催されます。また、ヒルクライムレースでは個人戦の他にチーム戦も行われます。

なお、チーム戦のみのエントリーもできません。チーム戦は同じレースに出場している3名1チームで競います。

榛名山ヒルクライムの受付から当日の流れ

群馬県で開催される榛名山ヒルクライムの受付から当日までの流れを紹介します。榛名山ヒルクライムに参加する際の参考にしてもらうことをおすすめします。初心者コースでレースを体験する人も、榛名湖コースで本格的にレース参戦する人にも参考にしてもらいたいです。大まかな流れをつかんでもらうことをおすすめします。

前日の受付

ヒルクライムレースに参加する人は、前日の受付になります。2019年に開催された例で紹介すると、前日の10時から19時までに榛名体育館もしくは高崎駅東口でエントリーします。エントリー場所に関しては、事前に選択する形式となっているので、どちらか行きやすい方を選択してください。選択した会場以外の受付はできません。

レースに参加する本人が当日受付に行けない場合には、代理受付が可能です。署名済みのナンバーカードと誓約書を持参してください。タイムトライアルレースに参加した人は、榛名体育館でヒルクライムレースの受付を行います。

朝食

ヒルクライムレースのスタート時間は7時となっています。そのため、その数時間前には朝食を摂らなければいけません。朝食を当日会場近くで調達しようとすると、会場周辺のコンビニなどは大混雑して朝食を調達するのが困難になります。安易に調達できると考えていると、朝食を摂るためにかなり苦労しなければいけないことになります。

そのため、朝食は前日のうちに調達しておくことをおすすめします。朝食を摂らなければ、レースどころではなくなります。安心してレースに臨むためにも、前日のうちに調達しておきましょう。それだけでも、レースへの気持ちが変わってきます。

ウォームアップ

レース前のウォームアップは、非常に大切なことです。レースに参加する人が一斉にウォームアップを始めるわけですが、スペースが限られているため、なるべくその場で脚を回すなどしましょう。本当はコースの試走ができれば良いですが、参加者が多いため、当日にコースの試走をしてもらうことができません。

ウォームアップは限られたスペースの中でできることをしましょう。少しでも脚を動かしておけば、レース開始前に体を温めることができます。人気の自転車レースの大会なので、ウォームアップするだけでも大変です。

手荷物預け

手荷物を預けることも重要なポイントです。手荷物受付開始は当日の朝5時からです。そして、5時50分には受付が終了するため、なるべく早く手荷物を預けてウォームアップできるようにしましょう。なお、手荷物は前日10時から受付開始で、19時に受付が終了します。ヒルクライムレースの受付と一緒に手荷物を預けることをおすすめします。

手荷物を預ける時に注意しなければいけないのは、必要なものまで預けてしまわないことです。あらかじめ預ける手荷物をまとめておくことをおすすめします。スムーズに受付を進めることも、レースに平常心で臨むためには必要なことです。

レース前

レース前になったら、スタート待ち区画に自転車を置いておくようにしましょう。人気の自転車レースなので、参加者の数もたくさんおり、きちんとスタート待ち区画に自転車を置いておかないと、どこに自分の自転車があるのか見失ってしまいます。毎年スタート時間になってもスタート地点にいない人も何人かいます。

スタート時間前には必ずスタート地点に戻るようにしてください。スタート地点でいかに平常心で号砲を待てるかがポイントです。スタート時間にスタート地点に戻れないと、平常心でレースに臨むことができなくなってしまいます。

スタート時間にきちんとスタート地点にいるという基本的なことをきちんと守りましょう。そのためにタイムスケジュールはしっかりと確認してください。

榛名山ヒルクライムでの表彰について

群馬県で開催される榛名山ヒルクライムでの表彰される人について紹介します。COPPA DI HARUNAは、タイムトライアルレースとヒルクライムレースの合計タイムが1位だった選手に表彰されます。弱虫ペダル杯は、榛名神社コースの中学生部門の男女それぞれ1位、初心者コースの小学生部門の男女それぞれ1位の人に表彰されます。

個人表彰は、榛名湖コースの1位から8位まで、榛名神社コースの男子・女子高校生以上の1位から8位、男子・女子中学生の1位から3位まで表彰されます。初心者コースの男子・女子中学生以上の1位から8位、男子・女子小学生の1位から3位まで表彰されます。

チーム戦は1位から3位までが表彰されます。タイムトライアルの男女1位から3位までが表彰されます。ぜひ表彰されることを目指してがんばりましょう。

榛名山ヒルクライムの人気の楽しみ方

群馬県で開催される榛名山ヒルクライムの人気の楽しみ方があります。榛名山ヒルクライムでは地元の人がおもてなしをしてくれます。沿道のいたるところで応援してくれたり、食べ物やドリンクなどを提供してくれます。1000名を超えるボランティアの人が榛名山ヒルクライムを支えてくれています。地元密着のイベントと言えます。

榛名山ヒルクライムに参加すると、会場で使える1000円の金券がもらえます。会場ではいろいろなものが販売されており、1000円の金券を有効活用できるようになっています。毎年会場でさまざまなものを買うのを楽しみに参加している人もいます。

榛名山ヒルクライムの人気の楽しみ方の一例を紹介しましたが、実際に参加してもらえればわかる楽しみ方もあるはずです。

たくさんの人がおすすめする榛名山ヒルクライムへ参加してみよう!

群馬県で開催される榛名山ヒルクライムについて紹介しましたが、ぜひ多くの人におすすめしたいです。

榛名湖コースでは、本格的なレースになりますが、初心者コースならば楽しみながらレース感覚に触れてもらえます。毎年大人気で、年々参加者が増えるかもしれません。地元密着で群馬の大人気イベント榛名山ヒルクライムに注目してください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ