「鶴の湯」は秋田乳頭温泉郷の秘湯!混浴露天風呂や食事など魅力を紹介!

秋田エリアで宿泊でも日帰りでも素敵な時間を過ごせるということで人気となっている、秋田乳頭温泉郷の「鶴の湯」という温泉の情報について、詳しくご紹介していきます。秋田乳頭温泉郷の鶴の湯はカップルでもご家族の旅行でも人気の温泉です。お食事や施設情報もまとめています。

「鶴の湯」は秋田乳頭温泉郷の秘湯!混浴露天風呂や食事など魅力を紹介!のイメージ

目次

  1. 1秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」へ行こう!
  2. 2秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」の特徴・魅力をご紹介!
  3. 3秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」ってどんなところ?
  4. 4秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」は日帰り入浴可能?
  5. 5秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」の温泉の特徴
  6. 6鶴の湯の混浴露天風呂が人気!
  7. 7秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」の食事処
  8. 8秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」の宿泊予約方法
  9. 9秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」へのアクセス
  10. 10秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」は宿泊利用がおすすめ

秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」へ行こう!

秋田県というと観光名所や、東北随一の魅力的なお出かけスポットも満載のところということで、旅行で行かれる人も多いはずです。魅力的なスポットがたくさんある秋田エリアではありますが、そんな秋田で秘湯として人気を集めている温泉があります。風情豊かな温泉として人気を集めている、秋田乳頭温泉郷の「鶴の湯」をご紹介します。

Thumb秋田乳頭温泉郷を巡る旅!名湯『鶴の湯』や日帰り湯を堪能しよう!
名湯と言えばどこの温泉を思い浮かべますか?人気の温泉、絶対行きたい温泉などで何度も1位に輝い...

秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」の特徴・魅力をご紹介!

秋田エリアで大人気となっている温泉スポットの、秋田乳頭温泉郷の鶴の湯ですが、そんな鶴の湯温泉の概要や魅力はもちろんですが、鶴の湯温泉の日帰りや宿泊の際に知っておきたい便利情報まで、まとめてご紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

秋田乳頭温泉郷の鶴の湯は、秋田の地元でも話題となっている温泉スポットです。昔から人気の温泉ではあったそうですが、最近は全国的にもどんどん人気が高まってきているそうで、東北エリアのみならず、全国各地から鶴の湯温泉にお客さんが訪れているそうです。秋田エリアで素敵な温泉をお探しなら、秋田乳頭温泉郷の鶴の湯がおすすめです。

秋田乳頭温泉郷の鶴の湯は、秋田ではとても有名な秘湯ですが、まだまだ秋田乳頭温泉郷の鶴の湯を知らないという人も多いはずです。鶴の湯温泉なんて初耳だという人にも、しっかりと温泉の魅力が伝わるように、秋田乳頭温泉郷の鶴の湯の温泉の具体的な特徴や、宿泊のお部屋、料金や予約についても詳しくまとめてご紹介していきます。

Thumb秋田市のおすすめ日帰り温泉プラン!貸切風呂や露天風呂も充実!
秋田には日頃の疲れを癒してくれる数多くの温泉が集まっています。のんびりと宿泊するのもいいです...

秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」ってどんなところ?

秋田で口コミでも話題が高まっているという人気の秋田乳頭温泉郷の鶴の湯ですが、そんな鶴の湯温泉とは具体的にはどういった特徴を持った温泉スポットなのでしょうか。秋田にお住いの人であっても、鶴の湯温泉を詳しくは知らない人も多いはずです。

鶴の湯温泉は、秋田乳頭温泉郷という温泉郷に位置している温泉施設で、地元の人からも昔から親しまれてきているスポットです。秋田乳頭温泉郷の鶴の湯は雰囲気抜群で、お風呂自体のクオリティもとても高いということで、いろんな人から大絶賛されているという秋田を代表するような温泉です。日帰りでも宿泊でもおすすめのスポットです。

秋田乳頭温泉郷の鶴の湯は、温泉の泉質も素晴らしいので、シンプルに温泉に入るだけでも魅力を満喫することができますが、建物や周辺の雰囲気が良いということも魅力です。カップルの温泉デートでも是非おすすめしたいスポットです。

温泉がお好きで普段から旅行で、各地の温泉を周っているなんていう人も多いのではないでしょうか。そんな温泉好きの人にも、秋田乳頭温泉郷の鶴の湯がおすすめです。秋田乳頭温泉郷の鶴の湯は、他の温泉とはまた違った魅力を秘めている温泉施設です。いつもとは違った温泉体験ができるはずなので、秋田の鶴の湯温泉にいってみて下さい。

秋田乳頭温泉郷って?

秋田のみならず、東北エリアでも屈指の人気温泉施設として注目を集めている秋田乳頭温泉郷の鶴の湯ですが、そもそも鶴の湯温泉が位置している「秋田乳頭温泉郷」とは一体どういったところなのでしょうか。秋田乳頭温泉郷を知らない人も多いはずです。

秋田乳頭温泉郷は、十和田・八幡平国立公園という公園に位置している温泉郷です。秋田エリアでも近年注目が集まっているエリアで、観光客の人も増えているようです。十和田・八幡平国立公園の豊かな自然を感じながら入浴を楽しめるのが、秋田乳頭温泉郷です。温泉郷には、鶴の湯温泉の他にも、いくつかの温泉があってどこも人気です。

十和田・八幡平国立公園の乳頭山麓周辺に位置している温泉施設7個を総称して、秋田乳頭温泉郷と呼ばれています。秋田乳頭温泉郷にある7つの温泉は、どこも違った魅力を持っていて、湯めぐりを楽しめる名所として有名です。温泉好きの人にはパラダイスのようなスポットです。秋田乳頭温泉郷でいろんな温泉を巡ってみてはいかがでしょうか。

秋田乳頭温泉郷は、いろんな泉質のお湯が湧き出しているというちょっと珍しいスポットです。温泉施設やお風呂によっても効能が違っているので、自分好みの温泉を見つけて楽しんでみて下さい。秋田乳頭温泉郷には鶴の湯温泉の他にも、「妙乃湯」や「孫六温泉」などといった温泉があります。どこも素敵なお風呂があって雰囲気が良いです。

Thumb秋田の人気温泉17選!宿泊におすすめな旅館や秘湯も紹介!
秋田県には人気の温泉宿泊施設がたくさんあります。秘湯の温泉に入ることができる温泉宿泊施設や、...

秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」は日帰り入浴可能?

秋田乳頭温泉郷にある7つの温泉の中でも、特に人気の温泉スポットとして有名な鶴の湯温泉ですが、そんな秋田乳頭温泉郷の鶴の湯のおすすめ情報としてご紹介しておきたいポイントが、日帰りについてです。日帰り温泉の利用を考えている人は必見の情報です。

日本全国にはとにかくたくさんの温泉があって、リーズナブルに日帰り入浴ができる温泉もあれば、宿泊専用で日帰り利用ができないスポットもあります。秋田乳頭温泉郷の鶴の湯が日帰りで利用できるか疑問に思っている人も多いと思いますが、鶴の湯温泉の場合は日帰り利用が可能なので、お一人でもカップルでも気軽に日帰りで行けます。

秋田乳頭温泉郷の鶴の湯は、宿泊をせずに日帰りでも利用できるということで、ちょっとしたドライブや小旅行にもおすすめです。ただ、秋田の鶴の湯温泉の日帰り入浴では少しだけ注意が必要となります。宿泊とは少し違いがあるので注意してみて下さい。

秋田の鶴の湯温泉は宿泊利用すれば、全部の建物内を利用することができますが、日帰り利用の場合は、当然ながら宿泊用の建物を利用することはできないので、注意して下さい。日帰りで秋田の鶴の湯温泉を利用するメリットとしては、忙しくてお時間がないという人でも気軽に温泉に入れるのと、リーズナブルに温泉を楽しめるということです。

秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」の温泉の特徴

日帰りでも気軽に温泉利用をすることができる秋田乳頭温泉郷の鶴の湯ですが、そんな鶴の湯温泉のおすすめ情報として次にご紹介しておきたいのが、具体的な温泉の特徴についてです。秋田の鶴の湯温泉にどんなお風呂があるかチェックしてみてください。

秋田乳頭温泉郷の鶴の湯の温泉の特徴として、ご紹介しておきたいのが4種類の違った成分の温泉があるということです。一つの温泉地で4つの温泉が一気に楽しめるということで、とても魅力的な温泉地です。お好みの温泉を楽しんでみてください。

白湯

秋田の鶴の湯温泉の温泉として、まずご紹介しておきたいのが「白湯」です。鶴の湯温泉の白湯はネーミングの通りで白くて濁った色合いの温泉となっています。美人の湯として大人気となっている温泉スポットです。

秋田の鶴の湯温泉の白湯は、美人の湯ということでお肌にもとても良い温泉となっているので、女性におすすめしたい温泉です。含硫黄ナトリウムやカルシウム塩化物の成分が多めの温泉となります。

黒湯

秋田の鶴の湯温泉の温泉として、次にご紹介しておきたいのが「黒湯」です。鶴の湯温泉の黒湯は、白湯とは違っていて、見た目にはちょっとブラックがかった色合いの温泉となっています。

秋田の鶴の湯温泉の黒湯は、別名でぬぐだまりの湯と呼ばれていたり、子宝の湯とも呼ばれている温泉スポットとなっています。子宝の湯ということで、お子さんに恵まれたい女性などに人気があるという温泉です。

中の湯

秋田の鶴の湯温泉の温泉として、次にご紹介しておきたいのが「中の湯」です。鶴の湯温泉の中の湯は、硫黄の香りが豊かで、シンプルながら落ち着いた雰囲気の温泉です。

秋田の鶴の湯温泉の中の湯は、含重曹や食塩硫化水素泉などの成分が多めとなっていて、肌触りも良い温泉です。黒湯や白湯などの他の温泉と合わせて楽しんでみてください。

滝の湯

秋田の鶴の湯温泉の温泉として、次にご紹介しておきたいのが「滝の湯」です。鶴の湯温泉の滝の湯は、スタンダードな温泉とは違っていて、打たせ湯スタイルの温泉となっています。

秋田の鶴の湯温泉の滝の湯は、さっぱりとリフレッシュしたい時にぴったりの温泉です。外の風を感じながら、お湯に打たれてみてください。硫黄ナトリウム塩化物や炭酸水素泉を含んでいる温泉です。

鶴の湯の混浴露天風呂が人気!

4種類のバリエーション豊かな泉質の温泉が魅力的な、秋田乳頭温泉郷の鶴の湯ですが、そんな秋田の鶴の湯温泉のおすすめ情報として次にご紹介しておきたいのが、混浴露天風呂です。秋田の鶴の湯温泉は混浴露天風呂も大人気となっている温泉施設です。
 

秋田乳頭温泉郷の鶴の湯は、スタンダードなお風呂も魅力的ではありますが、混浴露天風呂も雰囲気抜群で素敵なところです。秋田の鶴の湯温泉の混浴露天風呂は、カップルや子連れのファミリーの方などに大人気となっています。カップルで温泉デートをしたいなんていう人にもおすすめです。
 

秋田にもたくさんの温泉がありますが、秋田の鶴の湯温泉のように混浴露天風呂を設置している施設は多くはないようなので、混浴温泉をお探しならおすすめです。混浴ながら露天風呂であるということも大きな魅力となっています。

雰囲気のある夜間利用がおすすめ

秋田の鶴の湯温泉でカップルにもファミリーにも人気となっている混浴露天風呂ですが、そんな混浴露天風呂のおすすめ情報としてご紹介しておきたいポイントが、夜間でのご利用がおすすめであるということです。

秋田の鶴の湯温泉の混浴露天風呂は、もちろん昼間でもおすすめの温泉スポットではありますが、鶴の湯温泉の混浴露天風呂をもっと満喫できるのが、夜の時間帯です。夜はとても雰囲気がよくて、幻想的な空気感のお風呂となっていて、カップルに人気があります。夜の風を感じながら、混浴露天風呂を楽しんでみてください。
 

秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」の食事処

混浴でもお風呂を満喫できる秋田乳頭温泉郷の鶴の湯ですが、そんな鶴の湯温泉のおすすめ情報として次にご紹介しておきたいのが、お食事の情報です。鶴の湯温泉は美味しいグルメも味わうことができる温泉です。

鶴の湯温泉のお食事処で名物メニューとなっているのが、「山の芋鍋」です。秋田の鶴の湯温泉の山の芋鍋は特性味噌でじっくり煮込んだ鍋料理です。ランチタイムは11時半から13時までの受付となります。
 

別館 山の宿

秋田の鶴の湯温泉のお食事情報として、次にご紹介しておきたいのが「別館 山の宿」の情報です。秋田の鶴の湯温泉では、実は本館の他にも別館 山の宿もあって、本館とはまた違った奥ゆかしい雰囲気です。

秋田の鶴の湯温泉の別館 山の宿のお食事は、雰囲気の良い囲炉裏を囲みながらアットホームなお食事を楽しむことができます。炭火焼や山菜料理などを味わってみてください。

秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」の宿泊予約方法

美味しいご当地の食材を使った美味しいグルメを味わうことができる秋田の鶴の湯温泉ですが、そんな秋田の鶴の湯温泉のおすすめ情報として次にご紹介しておきたいのが、宿泊予約の情報についてです。宿泊をして温泉を満喫しようと思っている人は、予約方法をチェックしてみてください。

予約受付は電話のみ

秋田乳頭温泉郷の鶴の湯の宿泊予約方法について、具体的に解説していきます。最近は温泉旅館の予約方法も多様化していて、電話やメール、FAXやインターネットなどのいろんな予約手段がありますが、秋田の鶴の湯温泉の場合は予約は電話となります。

秋田の鶴の湯温泉の宿泊の予約は、基本的に電話での予約のみとなっているので、宿泊を希望の人は、まずは秋田の鶴の湯温泉に電話をしてみてください。秋田の鶴の湯温泉では6ヶ月先まで予約をすることができます。

宿泊料金は?

秋田の鶴の湯温泉の宿泊料金についてご紹介していきます。鶴の湯温泉に宿泊してみたいけど、詳しい料金が分からないという人は、料金情報もチェックしてみてください。鶴の湯温泉は料金も非常にリーズナブルなお値段となっています。

秋田の鶴の湯温泉の宿泊料金ですが、シーズンによっても前後するようですが、17750円から23250円程度のお値段となっています。秋田の鶴の湯温泉は冬のシーズンは一部屋1100円程度の暖房費用も掛かります。

秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」へのアクセス

秋田の鶴の湯温泉へのアクセスについてご紹介していきます。秋田の鶴の湯温泉へ電車でアクセスする場合は、JR田沢湖駅まで新幹線などの電車で行った後に、バスで「アルパこまくさ」のバス停までアクセスしてみてください。

鶴の湯温泉ではアルパこまくさのバス停から送迎を実施しているようです。車でアクセスする場合は、国道341号経由でのアクセスがおすすめです。飛行機で遠方から来る場合は、秋田空港か花巻空港を利用してみてください。

秋田乳頭温泉郷「鶴の湯」は宿泊利用がおすすめ

混浴の雰囲気の良い露天風呂もあって人気となっている、秋田乳頭温泉郷の鶴の湯のおすすめ情報は、いかがでしたでしょうか。秋田の鶴の湯温泉は種類豊富なお風呂もあって、美味しいお食事も味わうことができます。雰囲気も良い温泉なので、宿泊で温泉に行ってみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
kazuki.svsvsv@gmail.com

新着一覧

最近公開されたまとめ