よみうりランドのバンジージャンプが怖い!高さや料金・年齢制限をまとめ!

皆さんは、よみうりランドはご存じですか。東京都稲城市にある広大な敷地を擁する遊園地です。そのよみうりランドにバンジージャンプを楽しめる施設があるんです。よみうりランドで怖いくらいの高さいからのバンジージャンプの魅力や料金をご紹介します。

よみうりランドのバンジージャンプが怖い!高さや料金・年齢制限をまとめ!のイメージ

目次

  1. 1よみうりランドのバンジージャンプって?
  2. 2バンジージャンプってどんなアトラクション?
  3. 3よみうりランドのバンジージャンプの基本情報
  4. 4よみうりランドのバンジージャンプの知っておきたいポイント
  5. 5よみうりランドのバンジージャンプが人気の理由
  6. 6よみうりランドのバンジージャンプと一緒にチェックしたいスピンランウェイ
  7. 7よみうりランドへのアクセス
  8. 8稲城のよみうりランドでバンジージャンプを楽しもう!

よみうりランドのバンジージャンプって?

よみうりランドは、東京都稲城市と神奈川県川崎市多摩区に跨る広大な敷地にある遊園地で、子供から大人までが楽しむことができます。夏にはプールやバーベキューも楽しめて、一年中遊べる遊園地で人気があります。

その人気の遊園地、稲城市のよみうりランドには、バンジージャンプがあるのはご存じでしょうか。他のアトラクションとは違い、ちょっと怖いと感じるアトラクションではありますが、そのドキドキ感がたまらない人気のアトラクションでもあります。

関東には、あちこちにバンジージャンプを楽しむことができる施設はありますが、稲城市にあるよみうりランドのバンジージャンプもなかなか怖い高さからのバンジージャンプができるので人気です。稲城市のよみうりランドのバンジージャンプの怖いと言われる高さや料金についてご紹介します。

ビル7F相当の高さからのジャンプ

稲城市にあるよみうりランドのバンジージャンプの高さはどのくらいだと思いますか。その高さは、ビルの7階に相当する22mもの高さからのバンジージャンプを楽しむことができます。ちょっとありがた迷惑的な高さのバンジージャンプになります。

ビルの7階あたりから下を覗き込んだけで、下を見るのも怖い高さではないでしょうか。そんな怖い高さからのバンジージャンプを楽しむことが、ここ稲城市にあるよみうりランドでは楽しむことができます。

ビルの7階に相当する22mもの高さは、バンジージャンプのクレーンの上部に行くと、さらにその怖さが現実のものとなります。きっと、その高さから足がすくむほどですが、しっかりとした設備なので安全にバンジージャンプを楽しめるのでご安心を。

怖いけれど飛びたいというチャレンジャーが多いバンジー

稲城市にあるよみうりランドのバンジージャンプは、今ではバンジー好きの間では有名となっていて、怖いけれど飛びたいというチャレンジャーが多いバンジージャンプなんです。高さ22メートルからのジャンプは、勢いに任させ行くのが一番です。

稲城市にあるよみうりランドのバンジージャンプのジャンプ台に到着したら、スタッフの方の1・2・3の合図で飛び出してしまうのが、もっとも怖さを感じずにすむ方法です。躊躇すればするほど怖さを感じてしまうので、勢いが大切です。

稲城市にあるよみうりランドのバンジージャンプは、しっかりとした設備なので、高さ22メートルと高さはありますが怖さも半減するはずです。稲城市にあるよみうりランドのバンジージャンプを楽しむ際には、ルールがありますのでそれについては守るようにしましょう。

バンジージャンプってどんなアトラクション?

ここでは、ちょっとバンジージャンプについて復習しておきましょう。バンジージャンプの起源ってご存じですか。バンジージャンプの起源は、バヌアツ共和国のペンテコスト島で行われていたナゴールと呼ばれた成人になるための通過儀礼だったそうです。

それこそ、伸びないツタを使っていたため衝撃も強く、今のバンジージャンプの比にならないくらいの怖い経験をしたに違いありません。

世界で初めてバンジージャンプが行われた場所は、ニュージーランドのカワラウブリッジからでした。カワラウ川へと飛び込むようなバンジージャンプは、その高さはなんと43mで、かなりの怖いです。

バンジージャンプの魅力

バンジージャンプの魅力は、なんといってもその怖さに打ち勝って、飛び込む際に出るアドレナリンではないでしょうか。ものすごい達成感を感じることができます。バンジージャンプは怖いだけでなく、その高さから飛び込む気持ちよさもあります。

その高さから飛び込むということは、日常的にはあり得ないわけで、非日常を味わうにも最高なんです。今では、その爽快感から全国のあちこちにバンジャンプを楽しむことができるスポットがあります。

日本でもっとも高いところからのバンジージャンプは、茨城県の竜神大吊橋バンジージャンプdriveえ、なんとその高さは最大で100mもあるということです。ちょっと想像を絶する高さではありますが、四季折々の景観を楽しむこともできます。

バンジージャンプをする上で必要なこと

バンジージャンプをする上で必要なことはなんだろうかと考えてみると、やはり、思い切りの良さではないでしょうか。飛んでしまえば、そのあとは、意外に怖さは感じることはありません。アドレナリンが出て、怖さよりも爽快感を感じることでしょう。

それから、バンジージャンプをする上で必要なことと言えば、やはり体調を整えておくということでしょうか。ただでさえも、ドキドキ感が止まりませんので、体調が行くない時にはおすすめできません。

それと、服装についてですが、あまり、ファッション性に優れたものではなく、動きやすい服を着ておくと良いでしょう。靴についてもスニーカーなどが適しています。サンダルなどはやめた方が良いでしょう。あとは、安全についてはスタッフの方にお任せして、1・2・3で飛び出しましょう。

よみうりランドのバンジージャンプの基本情報

ここでは、よみうりランドのバンジージャンプの基本情報についてご紹介しましょう。よみうりランドのバンジージャンプを楽しむには、身長制限と体重制限、年齢制限、料金などを知っておく必要があります。

よみうりランドのバンジージャンプを楽しむためのルールなので、必ず把握しておきましょう。よみうりランドのバンジージャンプを楽しむには、誰でもかれでも楽しめるというものではありません。

よみうりランドのバンジージャンプは、身長制限と体重制限、さらには年齢制限などを設けて安全にバンジージャンプを楽しめるようにしています。

身長制限と体重制限

よみうりランドのバンジージャンプの身長制限と体重制限ですが、まず、体重制限で縛りがあります。体重は、38kgから109kgまでの方が楽しむことができます。また、器具の関係からウエストは102cmまでの方が対象となります。

身長での縛りはありませんが、体重での縛りがあることで、身長での縛りを網羅しています。体重での縛りは、安全を確保するために必要なことなので、ご理解ください。38kg以下の方が利用できないのは、低学年の子供については利用できないということです。

年齢制限

よみうりランドのバンジージャンプではさらに年齢制限もあります。年齢制限は、12歳以上からよみうりランドのバンジージャンプを楽しめることになっています。さらに、18歳未満は保護者の同意・同伴が必要になるのでご注意ください。

18歳未満の高校生であっても、同じように保護者の同意・同伴が必要になります。よみうりランドのバンジージャンプは12歳以上であれば、お父さん・お母さんとバンジーを楽しむことができるので、ファミリーでバンジージャンプを楽しんでいます。

料金

よみうりランドのバンジージャンプの料金ですが、1回900円となっています。料金ですが、お支払い後に、ジャンプ台まで行ったわいいけど怖いために中止しても料金は戻らないのでご注意ください。

よみうりランドのバンジージャンプの料金は、とてもリーズナブルな料金なので、気軽に楽しむことができるのでおすすめです。ぜひとも、料金もリーズナブルなので、家族みんなで楽しんではいかがでしょうか。

900円というリーズナブルな料金からは、想像もできない爽快な気分を味わうことができるのでおすすめです。料金については、ちょっと注意点があるのでこのあとご説明します。

よみうりランドのバンジージャンプの知っておきたいポイント

ここでは、よみうりランドのバンジージャンプを楽しむ上で、知っておきたいポイントをご紹介します。料金についてもちょっと注意すべき点があります。また、よみうりランドのバンジージャンプでは、バンジージャンプ体験記念を動画で撮ることが可能です。

また、持病持ちの人は飛べないこともあるので、よみうりランドのアトラクション規定についてご紹介しておきましょう。よみうりランドのバンジーを楽しみに行ったわいいけど、規定により断られることもあるので注意してください。

知っておきたいポイント(1) ワンデーパスなどの対象外

最初にご紹介するよみうりランドのバンジージャンプを楽しむ上で、知っておきたいポイントは、料金についてで料金は900円ですが、ワンデーパスやひよこパス、夕方パス、プール付ワンデーパスなどの各種パスは対象外となります。

ワンデーパスやひよこパス、夕方パス、プール付ワンデーパスなどの各種パスを持っていても、バンジージャンプを楽しむには、別途900円の料金がかかるのでご注意ください。

別途かかるとは言っても、900円の利用料金なのでとてもリーズナブルですから、ぜひともバンジージャンプを楽しんでみてください。

知っておきたいポイント(2) 記念体験を動画に収められる

次にご紹介するよみうりランドのバンジージャンプを楽しむ上で、知っておきたいポイントは、記念体験を動画に収められるということです。皆さんは、テレビなどで芸能人がヘルメットにCCDをつけて、バンジーをやっている姿を見たことがあるのではないでしょうか。

そうなんです。よみうりランドのバンジージャンプでバンジージャンプ体験記念を動画で撮る場合にはあんな感じで撮影が行われます。飛ぶ瞬間はもちろんのこと、4台ものカメラで撮影するということでかなり本格的な動画を撮影できます。

バンジージャンプを知る尽くしたスタッフによる映像は、きっと良い思い出になるに違いありません。利用料金は別途税込み2000円かかります。15分程度でDVDにしてお渡しすることができます。

知っておきたいポイント(3) 持病持ちの人は飛べないことも!

さきほどは、年齢や体重などによる利用制限をご紹介しましたが、そのほかにもよみうりランドのバンジージャンプを利用する上で、規定があります。それは、妊娠中の方や首・背中・腰に疾患を抱えている方、骨折治療をされている方などは利用できません。

その他にも、シートベルトで体を保持できない方や心臓の弱い方、循環器系に疾患のある方、低血圧や高血圧の方も利用ができません。当たり前と言っては当たり前のことばばかりですが、利用する際には注意してください。

これらのよみうりランドのバンジージャンプを利用する上での利用制限については、公式ホームページに記載されているので、該当しないかチェックをしておきましょう。

よみうりランドのバンジージャンプが人気の理由

ここでは、よみうりランドのバンジージャンプが人気の理由についてご紹介しておきましょう。今や、日本全国にバンジージャンプを楽しめるスポットがありますが、ここよみうりランドのバンジージャンプが人気なのには理由があります。ここでは、その理由について迫っていきます。

人気の理由(1) 都内で唯一のバンジージャンプ

最初にご紹介するよみうりランドのバンジージャンプが人気の理由は、「都内で唯一のバンジージャンプ」であるということです。関東にもあちこちにバンジージャンプを楽しむことができるスポットはありますが、都内では唯一の施設となります。

都内にあるということで、都内に住まわれている方にとってはアクセスも良く、迫力あるバンジージャンプを楽しめるということで人気があります。都内にあるということで、週末にサクッとバンジージャンプを楽しむことができるのでおすすめです。

人気の理由(2) 22mの高さから飛ぶことができる

次にご紹介するよみうりランドのバンジージャンプが人気の理由は、なんといっても、やはり、22mの高さから飛ぶことができるバンジージャンプであるということです。関東の中でも五本指には入ると思われるバンジーを楽しめます。

22mというと、ビルの7階にも達する高さで、その高さからのバンジージャンプは怖さもありますが、スリル感も味わえて最高です。

よみうりランドのバンジージャンプと一緒にチェックしたいスピンランウェイ

よみうりランドのバンジージャンプと一緒にチェックしたいアトラクションをご紹介します。スピンランウェイは、屋内型コースターで、らせん状のスパイラルリフトでスリル満点のコースターで人気があります。

洋服の製造工程を再現した室内で、爽快な風を感じることができます。光と音による演出は、ロマンティックでもあり、カップルにもおすすめです。スピンランウェイは、利用料金が900円で、ワンデーパスで利用できます。

よみうりランドへのアクセス

よみうりランドへのアクセスですが、京王線新宿駅から京王よみうりランド駅までは最短21分で、小田急線新宿駅からは読売ランド前駅まで最短30分でアクセスできます。

京王よみうりランド駅や読売ランド前駅からは、ゴンドラや小田急バスでアクセスできます。駐車場の完備もされているので、車でのアクセスもおすすめです。

「よみうりランド丘の湯」は遊園地後に最適!料金や混雑状況・お風呂の種類紹介!

稲城のよみうりランドでバンジージャンプを楽しもう!

稲城のよみうりランドでバンジージャンプの魅力や料金などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ビルの7階に相当する高さ22mからのバンジージャンプは怖いですが、爽快でおすすめです。

稲城のよみうりランドにお越しの際には、他のアトラクションとともに、バンジージャンプを楽しんではいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ