「札幌 炎神」は剛火であぶるラーメンで有名な人気店!メニューのおすすめは?

北海道にある「札幌 炎神」は剛火であぶるラーメンで人気のお店です。札幌には数多くのラーメン店がありますが、このお店を目的に札幌を訪れる人もいます。ここで紹介する「札幌 炎神」のことを知ってもらい、剛火であぶるラーメンとはどんなものかを味わいに行きましょう。

 「札幌 炎神」は剛火であぶるラーメンで有名な人気店!メニューのおすすめは?のイメージ

目次

  1. 1「札幌 炎神」って?
  2. 2札幌 炎神には7つのこだわりがある
  3. 3札幌 炎神の外観・内観
  4. 4札幌 炎神の魅力を解説
  5. 5札幌 炎神のおすすめメニュー5選
  6. 6札幌 炎神の口コミ・評価は
  7. 7札幌 炎神の詳細情報
  8. 8札幌 炎神のラーメンを食べに行こう

「札幌 炎神」って?

北海道にある「札幌 炎神」は、非常に人気が高いラーメン店です。札幌には美味しいラーメンが食べられるお店がたくさんあり、どのお店に行こうか迷ってしまう観光客もたくさんいます。そんな時に「札幌 炎神」のことを知っておき、ぜひ足を運んでください。目的のお店があると、北海道旅行の楽しみにしてもらえるはずです。

北海道札幌市の狸小路商店街内にあるラーメン店

「札幌 炎神」は、北海道札幌市の狸小路商店街内にあるラーメン店です。狸小路商店街とは、北海道で最古の商店街の1つです。2019年でなんと146年目を迎えました。明治時代初期から営業している商店街で、現在のアーケードは二代目になります。長い歴史を持つ商店街は、北海道の観光名所となっています。

北海道の観光名所となっている狸小路商店街の中にあるラーメン店なので、商店街と一緒に楽しんでもらえます。「札幌 炎神」に足を運んでもらうと同時に、狸小路商店街がどのような商店街なのか、ぜひ歩いて満喫してください。

1丁目から7丁目まで、非常に多くのお店があるので、気になるお店があったら、積極的に立ち寄ってもらうことをおすすめします。ちなみに札幌 炎神は4丁目北にあります。

Thumb札幌ラーメンランキング!定番の味噌や醤油が美味しい店から穴場店まで一挙紹介
札幌ラーメンは、ランキング定番のみそラーメンだけでなく、醤油ラーメンや進化系と言われる札幌ラ...

札幌 炎神には7つのこだわりがある

札幌 炎神には7つのこだわりがあります。どのようなこだわりを持っているのか知っておきましょう。1つ目はWファイアー製法です。Wファイアー製法については、後ほど詳しく紹介します。2つ目は北海道産の3つの味噌を厳選して使用していることです。この味噌が札幌 炎神の味噌ラーメンの美味しさの主役となります。

3つ目は3種類のスープを併せていることです。複数の魚介を寝かせて作ったダシに2種類の塩を使用して塩ダレを作ります。この塩ダレに魚介スープ・白湯スープ・野菜スープの3つのスープを併せて使用します。札幌 炎神の塩ラーメンに注目してください。

4つ目は北海道の大地の味と海の恵みを使用してスープを作っている点です。これが北海道の味というスープを作り上げています。5つ目はカネジンの麺を使用している点です。札幌に本社があるカネジン食品の麺は、東京にあるラーメンの名店の多くが支持しています。生き生きとした歯ごたえとのど越しを楽しんでもらえます。

6つ目はすべて手作業で行っている点です。現在の仕事は機械に任せる部分が増えてきましたが、札幌 炎神では、すべて手作業で行っています。こうやって手間暇かけて手作業でラーメンを作っていると、職人の気持ちがお客さんに伝わります。

7つ目は調理シーンが目の前で見られるようになっている点です。調理シーンが目の前で見られるのは、お客さんにとっては最大の魅力に違いありません。

札幌 炎神の外観・内観

札幌 炎神の外観・内観を紹介します。お店の外観・内観を知っておけば、札幌 炎神をすぐに見つけてもらえるはずです。お店の外観・内観は、インターネットが現在のように発達する前は、知ることはなかなかできませんでした。そのため、お店に行って外観・内観を見たら、がっかりしてしまったという経験を持つ人もいるでしょう。

飲食店の外観や内観を知ることは、現在では容易にできるようになったので、お目当ての飲食店に行く前は、あらかじめ調べてから訪れることをおすすめします。そうすれば、安心してお店に行くことができるはずです。

お店の第一印象は非常に大切なことなので、インターネットで調べて、どんなお店なのかを知っておきましょう。

札幌 炎神の外観

札幌 炎神の外観を紹介します。外観で注目してもらいたいのは、札幌 炎神と書かれた大きな看板です。この看板は、遠くから見ても非常にインパクトがあります。鶴と亀が描かれており、日本らしい看板と言えます。この看板を外国人観光客が見たら、撮影してSNSなどにアップしたくなるでしょう。それくらいのインパクトはあります。

インパクトがある看板の下に入口があります。木の温かみが感じられる外観になっており、営業中と描かれている看板も日本らしさを演出しています。お店の前には、札幌 炎神で提供しているメニューの一部を紹介している立て看板が出ています。

札幌 炎神の外観は、非常にインパクトがあるため、一目見たらすぐに札幌 炎神だということがわかってもらえるはずです。

札幌 炎神の内観

札幌 炎神の内観を紹介します。お店に入ると最初に券売機が出てきます。ラーメン店で券売機があるのは、今や一般的になってきました。食券を買って、お店の中に注目してもらうと、ラーメン店とは思えないくらいおしゃれな店内になっています。お店は2階建てになっており、カウンター席とテーブル席があります。

席に着いてから注目してもらいたいのが、コンセントがあることです。スマホや携帯電話などを充電できるコンセントがあるのは、現在では非常にうれしいサービスと言えます。北海道を訪れた外国人観光客にもありがたいサービスと思ってもらえるでしょう。

非常におしゃれな店内で、美味しいラーメンをしっかりと堪能しましょう。とても清潔感が感じられる店内も人気の理由の1つと言えます。

札幌 炎神の魅力を解説

札幌 炎神の魅力を紹介します。このお店の最大の魅力は、前述したWファイアー製法です。Wファイアー製法は、札幌 炎神が独自に編み出した方法で、最高に美味しいラーメンを提供できるようになりました。他のお店ではなかなか真似できない製法と言えるでしょう。目の前で豪快に調理される様子は、圧巻としか言いようがありません。

Wファイアー製法は、美味しいラーメンを提供する方法に違いありませんが、パフォーマンスとしても非常に魅力があります。強い火を扱うには、それなりの技術と経験がなければいけません。札幌 炎神の職人はしっかりとした技術と経験があります。

Wファイアー製法で作られたラーメンの美味しさの秘密を知ってください。札幌 炎神の魅力をより知ってもらえるはずです。

1300度の豪火の秘密とは?

Wファイアー製法では1300度の豪火を使用します。1300度もの豪火を使うこだわりを紹介します。壱の火と弐の火に分けられています。壱の火は、スープの基礎を作るために必要な火です。肉や野菜を炒めて、自家製の味噌だれを併せるために使用します。これらを焼き上げることによって、風味や香りが引き立ちます。

弐の火は、濃い味でありながら、あっさりとキレがあるスープを作りだすために使います。スープとラードは通常では、一体化することはありません。しかし、豪火を使用することによって、これらは一体化して乳化します。これがまろやかさとコクを生みます。

壱の火と弐の火をうまく使い分けることによって、札幌 炎神の美味しいラーメンが完成します。豪火のことを知っておくことをおすすめします。

札幌 炎神のおすすめメニュー5選

札幌 炎神のおすすめメニュー5選を紹介します。札幌 炎神の魅力やこだわりを紹介しましたが、どんなおすすめメニューがあるのか知っておきましょう。どんなメニューがあるのか知っておけば、あらかじめ食べたいメニューを決めることができます。食べたいメニューが決まれば、お店に行きたいという気持ちがより高まるはずです。

すべてのメニューがおすすめですが、その中でも厳選したおすすめメニューを紹介します。どれも人気が高いラーメンなので、ぜひ参考にしてください。

人気(1)芳醇味噌らーめん

芳醇味噌らーめんは、本店のみで年間10万杯以上を売り上げるという大人気メニューです。美食の王様と言われている来栖けい氏と共同開発したメニューです。北海道の食材の美味しさを凝縮したラーメンです。札幌 炎神に初めて訪れるならば、このメニューを味わってもらうことをおすすめします。このお店のスタンダードメニューです。

札幌 炎神のこだわりがしっかりと感じられる1杯になっています。一口一口をしっかりと味わってもらい、食べて良かったと思ってもらえれば幸いです。

人気(2)海老みそ味噌らーめん

海老みそ味噌ラーメンは、海老味噌を使用したラーメンです。海老の風味がしっかりと感じられるように仕上がっています。通常の味噌ラーメンに海老味噌の風味が加わり、海老が好きな人にとっては、最高の美味しさを感じてもらえるに違いありません。このラーメンも、前述した来栖けい氏との共同開発によって生まれたメニューです。

海老味噌がどれだけラーメンとよく合うのか、ぜひ試してください。海老と味噌ラーメンとの相性の良さがわかってもらえるでしょう。

人気(3)海薫る炎の潮チャーシューめん

海薫る炎の潮チャーシューめんは、今までの塩ラーメンの概念を打ち崩すと絶賛されている声があります。こだわりの塩ダレとトリプルスープを使用したラーメンは、今まで味わったことがない塩ラーメンになるに違いありません。非常に深みのある味に仕上がっており、豊かな風味を感じることができます。

メニュー名にも入っているように、チャーシューにも注目してください。手作りで仕上げられたチャーシューの味はどれだけでも食べたいと思ってもらえるはずです。

人気(4)W辛味噌らーめん

W辛味噌らーめんは、白麻婆と赤唐辛子を使用したラーメンです。これらの食材を使用したら激辛になると思われるかもしれませんが、ほどよい辛さになります。ほどよい辛さなので、辛い食べ物が苦手な人にもおすすめしたいメニューです。辛さの中に旨味がしっかりと感じられるため、何度も注文するリピーターがたくさんいます。

このラーメンの辛さは、とてもクセになる味と言えます。普段辛い食べ物をあまり注文しない人にもおすすめしたいメニューです。

人気(5)芳醇味噌炎神らーめん

芳醇味噌炎神らーめんは、各味噌ラーメンに味玉とチャーシュー3枚が追加されたメニューです。しっかりと味を染みこませて作られた味玉を、ラーメンに必ずトッピングするという人はたくさんいます。味玉は味噌ラーメンのスープとの相性が良く、もともとつけられている味に味噌の美味しい味が加わります。

手作りの人気チャーシューが3枚加わると、さらに贅沢なラーメンになります。味玉やチャーシュー3枚が加わる、芳醇味噌炎神らーめんにぜひ注目してください。

札幌 炎神の口コミ・評価は

札幌 炎神の口コミ・評価を紹介します。実際に札幌 炎神でラーメンを食べた人の声は、これからお店に行く人にとって参考にしてもらえるはずです。札幌 炎神の口コミは非常にたくさんあり、いろいろな感想を抱いていることがわかります。口コミで多い声は、1300度の豪火を使用することについての内容です。

口コミを見ていると、特定のメニューに偏ることなく、いろいろなメニューが食べられていることがわかります。いろいろなメニューが食べられていることは、どのメニューのラーメンを味わっても美味しく食べられることを意味しています。

バーナーで強烈な火を出して作る様子が見られれば、ぜひ見てください。お店のこだわりは、お客さんにきちんと伝わっています。

独自の製法はお客様からも高評価

札幌 炎神の1300度の豪火で作る、独自の製法は非常に高い評価を得ています。お客さんはパフォーマンスの一環として捉えられていることが多いことがわかります。パフォーマンスの一環として捉えられても、お店にとってはプラスであるに違いありません。他のお店では見ることができないことなので、ぜひ楽しんでください。

実際にラーメンを味わえば、パフォーマンスだけではないことがわかってもらえるはずです。口コミを見ると、非常に美味しいという評価がたくさんあるので、美味しいラーメンを作る秘訣ということがわかってもらっています。

札幌 炎神の詳細情報

札幌 炎神の詳細情報を紹介します。札幌 炎神は2011年8月24日にオープンし、2012年9月1日に現在の位置に移転しました。店内の席数は39席で、個室(2人用・4人用)も完備しています。定休日は基本的に年中無休となっており、営業時間は月から金が11時から16時、17時から23時で、土日祝が11時から23時となっています。

札幌 炎神へのアクセスは、地下鉄大通駅・すすきの駅から徒歩3分となっています。お店専用の駐車場がないため、公共交通機関でのアクセスをおすすめします。

住所 北海道札幌市中央区南二条西4-4 狸小路四丁目商店街
電話番号 011-206-9900

札幌 炎神のラーメンを食べに行こう

札幌で大人気のラーメン店「札幌 炎神」について紹介しましたが、お店に行ってみたいと思ってもらえれば幸いです。1300度の豪火で仕上げられたラーメンの味を多くの人におすすめしたいです。紹介したおすすめメニューを参考にしてもらい、札幌での素敵な思い出にしてください。来店者の評価が高いので、これからも人気であり続けるでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ