利尻山登山に挑戦しよう!難易度や初心者におすすめのコースも紹介!

北海道の最果ての地「利尻島」にある利尻山は、標高1721m。利尻山は、日本最北の「富士山」とも称される美しい山容が人気の山です。今回は、そんな利尻山で初心者におすすめのコースから中級者以上向けの難易度の高いコースまで、見どころを含めてご紹介いたします。

利尻山登山に挑戦しよう!難易度や初心者におすすめのコースも紹介!のイメージ

目次

  1. 1利尻島の名峰「利尻山」は登山初心者でも登れる山!
  2. 2利尻山ってどんな山?その難易度は?
  3. 3利尻山の登山コース1:鴛泊コース
  4. 4利尻山の登山コース2:沓形コース
  5. 5利尻山の登山コース3:鬼脇コース
  6. 6利尻山に咲く美しい植物たち
  7. 7利尻山登山おすすめのシーズン
  8. 8利尻山登山おすすめの装備
  9. 9利尻山へのアクセス方法
  10. 10利尻山の山頂から360度の大パノラマを楽しもう!

利尻島の名峰「利尻山」は登山初心者でも登れる山!

20766458 2010347942520140 1710222961853595648 n
y.yuusuke7

北海道の稚内の外れにある利尻島は、全国的に有名な「利尻昆布」の名産地。その利尻島のほぼ中央にそびえ立つ標高1721mの利尻山(りしりざん)は、山頂からの望める360度の大パノラマが登山者に人気の山です。今回は、利尻山へのアクセス方法を含めて、初心者から中級者以上まで利尻山登山コースを難易度別にご紹介していきます。

利尻山ってどんな山?その難易度は?

北海道の利尻島で、島のどこからも見ることのできる独立峰「利尻山」標高が2000m近くある高山は、利尻富士の相性でも親しまれています。利尻山は、利尻島の二つの町にまたがる火山で、利尻礼文サロベツ国立公園にも指定されています。また、その美しい眺望や山容から、日本百名山にも選ばれた名峰で、全国各地から多くの登山客が訪れます。

17881845 1070511783054257 2899783556857331712 n
makochan009

利尻山は、北海道の短い夏には、色とりどりの高山植物が咲き乱れる登山道も人気で、花の百名山にも認定されています。自然豊かな北海道の中でも、利尻島でしか見ることのできない固有種もあり、登山者に人気を集めています。標高が2000m近くあり、北海道北部の稚内などに近いことから、難易度の高い雪山のイメージが強い利尻山。

13531936 513241915543950 841013330 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
arukr

そのイメージとは裏腹に、初心者でも登りやすい比較的難易度の低いコースもあります。実は、この後ご紹介する初心者向けのコースでは、甘露泉水(かんろせんすい)と呼ばれる日本百名水にも選ばれた美味しい湧水が出ていることでも有名です。登山者の荷物が重くなるのは、一般的に飲み水が理由ですので、湧水を確保できるコースがおすすめです。

Thumb稚内のグルメ特集!海鮮や郷土料理など地元の名物をまとめて紹介!
海の幸豊かな稚内のおすすめグルメスポットを特集していきます。稚内でしか食べられない絶品海鮮料...

利尻山の登山コース1:鴛泊コース

13694654 1208449232551145 2102468303 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
cirociro6

ここからは、利尻山登山コースを難易度別にご紹介していきます。まず、初心者にもおすすめで、登山客にもっとも人気のあるコースは「鴛泊コース」です。3合目にある登山口からスタートし、5合目ぐらいまでは比較的単調な道が続くこのコースは、初心者でも登りやすいコースとして人気です。また、3合目には日本最北の百名水の湧水もあります。

11325344 869332869818921 608167728 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
syoudat1

利尻登山道の中でも、この湧水が汲めるのは、鴛泊コースだけです!初心者で無くても、おすすめのコースです。湧水を汲んで山頂まで登って、標高1721mの大パノラマをバックに、山頂カフェを楽しむのも利尻山登山の楽しみです。6合目から8合目までは、崩れやすい岩場の始まりとなり、9合目付近には、危険箇所にロープも設置されています。

標高が高くなるにつれて、足場が悪くなってきますので、登山初心者は、滑らないように特に注意が必要です。鴛泊コースの登山にかかる所要時間は、上りが約5、6時間、下りが3、4時間となります。山頂での休憩時間も考慮すると、最低10時間から11時間のコースタイムで登山計画を立てておくのが安全です。ゆっくりと登りましょう。

利尻山の登山コース2:沓形コース

続いてご紹介するコースは、鴛泊コースよりかなり難易度の高い「沓形コース」です。中級者以上向けの登山コースとなるこちらのコースは、鴛泊コースに比べて登山道の傾斜がきつく、上りも下りも体力を消耗するコースです。登山コースの8合目を過ぎて、標高1461mの三眺山まで登ったら、まずはお茶でも飲んで一息入れたいところです。

21433460 1171703092970857 4858293179318796288 n
ns.torasan

一息ついたのもつかの間、沓形コースの難易度が高くなるのは、ここからです!三眺山を過ぎると、尾根づたいに険しい登山道が続いています。利尻山の沓形コースで最大の難所と呼ばれる「親不知子不知」(おやしらずこしらず)が登山者を待ち受けています。かなり足場の悪いコースは、滑落の危険もあり、場合によっては事故につながることも。

沓形コースのコースタイムは、登りが約4時間から5時間、下りが約3時間から4時間ほどとなっています。5合目からの登山なので鴛泊コースより登山時間は短いですが、コースの難易度は高いです!せっかくの利尻山登山も、怪我や事故が発生してしまっては、本末転倒です。沓形コースを登山する際は、中級者以上の方も気を引き締めて行きましょう。

利尻山の登山コース3:鬼脇コース

利尻山には、もう一つ「鬼脇コース」という登山道がありますが、現在は崩落が激しく、大変危険なため7合目以降が立入禁止となっているようです。利尻山は岩が砕けたガレ場が中心になっている山で、登山客の急増で山道が劣化し、場所によっては、登山道がかなり沈下しているそうです。安全に登山を楽しむためにもルールを守って登りましょう。

Thumb稚内の観光スポットまとめ!定番からマニアックな穴場まで一挙紹介!
日本最北端の地として有名な「稚内市」。北海道の見せる大自然の景色をはじめ、子供から大人まで楽...

利尻山に咲く美しい植物たち

20634655 1699300383437952 8968084648273903616 n
yahho_yamasanpo78

ここからは、利尻山で見られる美しい植物たちをご紹介していきます。まず、利尻島の固有種で、世界でこの島にしか咲かない花として有名なのが、写真の「リシリヒナゲシ」です。利尻山のような標高の高い山のガレ場に咲くこの花は、絶滅危惧種にも指定されている貴重な花です。透明感のある薄いレモン色をした可憐な姿が登山客に人気です。

20688312 255971894914018 1240742796852199424 n
hrt97kmp

利尻山でも標高の高い8合目以降の登山道に健気に咲いているリシリヒナゲシは、短い利尻島の夏を彩る美しい花です。夏の利尻山に登る際には、ぜひ、8合目以降の登山道で、リシリヒナゲシを探してみて下さい。また、利尻山では、ミヤマオダマキやエゾカンゾウなどの高山植物も見ることができます。特に、エゾカンゾウは礼文にも群生しています。

18723291 622548701286264 4577372931994157056 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kirattohikaru

この美しい利尻山の自然を守るためにも、利尻山登山協会では登山ルールを設けています。利尻山の登山ルール、1つめは「携帯トイレを持参し、使ったら必ず持ち帰ること」、2つめは「ストックにはキャップをつけ登山道を傷めないこと」、3つめは「 植物の上に座ったり踏んだりしないこと」です。いつまでも美しい山を守りましょう。

Thumb稚内の温泉特集!日帰りや人気の宿泊施設などおすすめを紹介!
北海道の稚内は見どころ豊富な観光スポットと共に多くの温泉がある場所としても良く知られています...

利尻山登山おすすめのシーズン

19122440 302151323576142 8770771333844828160 n
chihiro_sento

6月でも残雪が残っている利尻島の利尻山。登山におすすめの季節は、新緑と残雪を楽しめる5月上旬からとなります。リシリヒナゲシなどが見頃となる夏山登山なら、6月中旬から9月中旬頃がおすすめのシーズンです。また、9月上旬から10月上旬には、利尻山の紅葉も見事で、もみじの舞い散る美しい登山道を登ることができるのでおすすめです。

20688252 488715944822994 7493145707201691648 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mami2940

初心者におすすめなのは、やはり高山植物も合わせて楽しめ、比較的日の長い6月中旬頃から8月下旬頃までの夏山シーズンになります。上級者は、難易度の高い11月上旬から4月下旬の雪山シーズンに登る方もいるようですが、滑落の危険があるだけでなく、急な天候の悪化など、高度な登山技術も必要になるので、初心者にはおすすめしません。

利尻山登山おすすめの装備

21227629 351617368595405 35879353631899648 n
moe.k37

山頂からの美しい眺望や、固有種のリシリヒナゲシも楽しめる利尻山。特に初心者におすすめの夏山シーズンは、半袖に長ズボンなどの服装で快適に登山を楽しめます。どのコースもそうですが、利尻山の登山道は崩れやすく、足場の悪いところがありますので、登山靴は、足首までホールドがあり、靴底が滑りにくいタイプがおすすめです。

25018806 1789329517775410 3275648858033487872 n
mayu_vero23

また、難易度の高い冬山登山に挑戦する場合は、アイゼンやピッケルは必ず装備し、スキーウェアのような防寒・防水にすぐれた登山ウェアを着用しましょう。冬山登山での服装のポイントは、頭や首、そして手足をしっかりカバーすることです。休憩中に隙間から冷たい風が入ると、一気に体が冷えますので、暖かくして冬山登山を楽しみましょう。

利尻山へのアクセス方法

ここからは、利尻山へのアクセス方法をご紹介します。利尻山のある利尻島へはフェリーでのアクセスがおすすめ。フェリーのコースは稚内から鴛泊港までと、利尻島に隣接する礼文島から沓形港までに行く2つのコースがあります。北海道の最北端にある稚内から鴛泊港までのコースは、所要時間が1時間30分で料金は2140円からとなっています。

また、礼文島から沓形港までのフェリーの所要時間は、45分ほどで、料金は850円からとなっています。フェリーの上からは、遠くに利尻山を望むこともできます。ぜひ、ゆっくりと船旅をお楽しみ下さい。船が苦手な方は、夏期限定でANAが新千歳空港から利尻空港まで就航しているのでそちらをご利用下さい。JALは札幌飛行場から通年運航です。

Thumb稚内のラーメン屋おすすめまとめ!ミシュラン掲載の人気店もあり!
国内最北端にある都市として知られる稚内は、道内でも隠れたグルメスポットです。その中でも「ラー...

利尻山の山頂から360度の大パノラマを楽しもう!

20214160 156743518218142 5535630468453498880 n
hrt97kmp

北海道の利尻島にある「利尻山」についてご紹介致しました。利尻山は標高も高く崩れやすい登山道が難易度の高い山ですが、コースを選べば初心者でも登れます。登山コースの先には、360度の大パノラマが広がる利尻山の山頂が待っています。お天気の良い日には、礼文島も見渡せますので、北海道の雄大な景色を山頂からお楽しみ下さい。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ