雑司が谷の手創り市に行ってみよう!おしゃれな雑貨やアクセサリーをゲット!

手創り市は、東京都豊島区の雑司が谷の鬼子母神や大鳥神社にて毎月開催されます。出展者が自分で作ったオリジナルのアイテムを販売していたり、いろいろな物が展示してあるなどどなたでも楽しめます。ぜひこの機会に雑司が谷の手創り市に出かけてみましょう。

雑司が谷の手創り市に行ってみよう!おしゃれな雑貨やアクセサリーをゲット!のイメージ

目次

  1. 1雑司が谷の手創り市は東京都内で人気のイベント!
  2. 2雑司が谷の手創り市って?
  3. 3雑司が谷の手創り市の開催日・申し込み期間は?
  4. 4雑司が谷の手創り市のおしゃれな雑貨
  5. 5雑司が谷の手創り市の開催日・申し込み期間
  6. 6雑司が谷の手創り市の行き方
  7. 7雑司が谷の手創り市へ行ってみよう

雑司が谷の手創り市は東京都内で人気のイベント!

それぞれの作家の人たちがハンドメイド作品を自ら販売するといったマーケットが手創り市になります。アクセサリー雑貨をはじめ、フードメニューなどといった感じに様々なお店があります。気軽に楽しむことができるので、ぜひ足を運んでみませんか。

雑司ヶ谷にある鬼子母神と大鳥神社でも、月に1度日曜日に開催されています。都電荒川線の鬼子母神前駅もしくは、副都心線の雑司が谷駅より徒歩5分ほどでアクセスができるのでふらりと立ち寄ることができます。見どころについても触れていきます。

Thumb「雑司が谷」は東京の人気スポット!おすすめのグルメや名所をご紹介!
雑司が谷は、東京都豊島区のにある町名になります。鬼子母神堂や雑司が雑司ヶ谷霊園などといった観...

雑司が谷の手創り市って?

手創り市は東京都豊島区雑司ヶ谷で行われる人気のイベントとなっています。開催日には多くの人で賑わい、見どころも満載となっています。おしゃれなアイテムも数多く売られており、人気の雑貨も会場内にたくさん並んでいます。

ハンドメイド作家、自らが出展しているといったこともあり、コミュニケーションを図ることもできます。おしゃれなアイテムを見つけに出かけてみませんか。ハンドメイド作品のフリーマーケットといった感じでおすすめです。多くの見どころがあります。

斬新的な作品であったり、個性的な雑貨などが購入ができるので、おしゃれなアイテムが欲しいといった方におすすめとなっています。お気に入りのアイテムを見つけに出かけてみましょう。休日の余暇を楽しみたいといった方にもおすすめとなっています。

鬼子母神と大鳥神社の2箇所で行われ、それぞれにたくさんのブースが登場します。オリジナル雑貨から食品まで内容も多彩となっています。ゆっくりと棚しい時間を過ごしたいといった方にもおすすめで、人気の作家もいるのでぜひチェックしてみましょう。

会場のひとつでもある鬼子母神堂は開創より1200年以上の歴史を誇る、人々に親しまれてきた場所になります。境内にある大銀杏は樹齢700年以上を誇るといった観光名所でもあります。たくさんの見どころもあるので、ぜひこの機会に出かけてみましょう。

手創り市は、ハンドメイド作家が自身の作品を販売する場になります。出店の厳しい選考もあるので、プロやセミプロのお店が集います。クオリティの高い作品に出会うことができるといった点でも人気があります。お気に入りのアイテムを見つけましょう。

鬼子母神・大鳥神社で毎月開催の人気イベント

東京都豊島区雑司ヶ谷で行われる手創り市は、鬼子母神と大鳥神社といった2つの会場で毎月1回、第3日曜日を基本に行われます。作家それぞれの想いが入った、素敵なハンドメイド作品に出会うことのできる場所になります。たくさんの魅力が詰まっています。

アクセサリーや小物などといったオリジナルのハンドメイド雑貨のほか、パンやお菓子などを販売する食品ブースもあり、人それぞれの楽しみ方ができるので、おすすめとなっています。たくさんの見どころがあるので、この機会に出かけてみませんか。

都電荒川線の鬼子母神前駅もしくは、副都心線の雑司が谷駅より、徒歩5分ほどの場所で開催されるので、散策も兼ねながらふらりと立ち寄ることができます。ぜひこの機会に足を運んでみませんか。オリジナルの作品の数々に出会えます。

開催日については、公式のホームページやツイッターで更新されるので、事前にチェックしておきましょう。人気の作家やおしゃれな雑貨などに出会うことができるので、開催日に合わせて予定を入れておきましょう。人気のイベントに参加してみませんか。

雑司が谷の手創り市の開催日・申し込み期間は?

開催スケジュールは法明寺鬼子母神堂とのスケジュールの兼ね合いで決定し、毎月第3日曜日の開催日が基本となっています。月によって開催日が異なるので、ツイッターやホームページなどで情報を事前に確認しておくことをおすすめします。

11月は酉の市が開催されるので大鳥神社会場はお休みとなり、鬼子母神会場のみの開催となるので、申し込みの際には注意が必要となります。出展基準についても触れていくので、参加をお考えの方はぜひチェックしてみましょう。

ツイッター・ブログをチェック

ブログやツイッターでは出展者の情報もチェックすることができます。気になるアイテムなどをチェックしてみませんか。雑司が谷の手創り市の情報も事前にしっかりと確認を行っておきましょう。様々なハンドメイド作品に出会うことができます。

公式のブログには様々な情報が紹介されていますので、有意義に雑司が谷の手創り市を楽しむことができます。出展者の紹介記事などもあるのでぜひこの機会にチェックしてみませんか。お得な情報も盛りだくさんです。たくさんの見どころがあります。

手創り市の選考基準は?

自身で作ったもの作品以外での出展は不可となっています。ハンドメイド作家の作品で扱うお店であったり、代理での出展はできません。不明点がある場合は、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。開催日にも注意しておきましょう。

古物全般であったり、不要な贈答品などといった自身の作品以外いものについては、出展ができないので注意が必要です。古着等を使ってリメイクしたものについては古物にはあたらないので、出展することができます。選考の際には、厳しい条件があります。

アロマオイルやクリーム、耳つぼシールなどといった感じに、人体に大きな負担がないものについては出展可能となっています。鍼灸や整体、カイロプラクティックなどといったものは出展不可となっています。申し込みの際には注意が必要です。

基準に反する出展物があった場合は、出展取り消しとなりますので、しっかりと確認を行いながら出展を検討しましょう。ワークショップを行うといった場合には、申込書に「ワークショップ開催希望」と記載しておくようにしましょう。

雑司が谷の手創り市のおしゃれな雑貨

雑司が谷の手創り市は2つの会場で行われます。鬼子母神会場では100店ほどのブースがあり、大鳥神社の会場では30ほどのブースがあります。多くの人で賑わうので、開催日もチェックしながら、ぜひ足を運んでみましょう。いろいろなお店があります。

緑豊かな自然豊かな雰囲気を楽しみつつ、落ち着いた境内でゆったりとショッピングを楽しむことができます。天候により中止になることができるので、お出かけ前に情報をチェックしておきましょう。ゆっくりと楽しい時間を過ごしてみましょう。

手作りのハンドメイド作品が並ぶ

ハンドメイド作品の作家が自ら販売を行っているマーケットで、東京都内のお寺や神社、公園などでは、雑司ヶ谷手創り市のほか5箇所で行われています。人気の作家の作品もあるので、ぜひこの機会に足を運んでみましょう。

鬼子母神会場よりも大鳥陣神社の会場のほうが、こじんまりとした感じがあり、雑貨や食品などといったハンドメイド作品を購入することができます。いろいろなお店を巡ってみましょう。

作家の個性や特徴が出るといったところもハンドメイド作品の特徴となっています。おしゃれな雰囲気を楽しみ、有意義な時間を過ごすことができるのでおすすめとなっています。ご家族やカップル、おひとりと気軽に楽しめます。

たくさんの見どころや魅力が詰まった、東京都内においても人気のイベントとなっているので、ぜひ参加してみましょう。ふらりと立ち寄って、お気に入りの雑貨を見つけてみませんか。

伊勢木綿を使った色鮮やかな手ぬぐいであったり、オリジナルのストールなど個性豊かなアイテムが揃っているといった点もハンドメイドの魅力となっています。おしゃれなアイテムを手に入れたいといった方におすすめです。

オリジナリティあふれる作品に数多く出会うことがでいるので、様々な作家たちとのコミュニケーションも楽しみながら参加してみませんか。優雅で楽しい時間を過ごすことができます。東京都内でも人気のイベントとなっています。

どんな作品があるの?

アクセサリーや雑貨のほか、器などといった感じに、たくさんのハンドメイドの作品に出会うことができます。おしゃれなアイテムがたくさんあるので、ぜひこの機会に参加してみませんか。ハンドメイド作品に興味がある方は足を運んでみましょう。

ハンドメイド作家が自ら出展しているといったこともあり、商品を購入するのみだけではなく、作家さんとのコミュニケーションを図るといった楽しみもあるといったところも魅力となってます。

手作り市の開催時間については、おおよそ朝から夕方頃にかけてとなっており、人気のお店だと商品がすぐに売り切れてしまうといったこともあるので、早めの時間帯に出かけるようにしましょう。たくさんのお店が集う人気のイベントとなっています。

作家それぞれに個性やこだわりがあり、たくさんの魅力あふれる作品に出会うことができるといったところも手創り市の魅力となっています。オリジナリティ溢れる作品を眺めるだけでも心を和ませることができます。

気軽に楽しめるといった点でもおすすめとなっているので、ぜひこの機会に参加してみましょう。有意義なひと時を満喫することができます。おしゃれで素敵なアイテムを見つけましょう。作家それぞれの想いが詰まった作品を手に入れましょう。

鬼子母神会場では、アクセサリーや小物、パンやお菓子などとバラエティ豊かな内容となっており、100店舗ほどが集います。出展者についてもホームページでチェックすることができます。おしゃれで人気のアイテムを手に入れましょう。

雑司が谷の手創り市の開催日・申し込み期間

雑司が谷で行われる手創り市の開催日や出展の際の申し込み期間についても触れていきます。様々な選考基準があり、選考の結果出展可能となるお店について、公式ホームページなどで公表されます。しっかりとチェックしておきましょう。

出展をお考えの方は、公式ツイッターやブログなどにも様々な情報が紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。多くの人で賑わう人気のイベントとなっています。ぜひこの機会に参加してみましょう。

公式ツイッター・ブログの確認がおすすめ

出店の申し込み方法には2通りあります。まずは、開催日当日に会場受付で「翌月開催分お申し込み用紙」を提出する方法と郵送による手創り市事務局への申し込み方法があります。雨天中止となった場合は郵送での受付のみとなります。

郵送申込については受付期間が決まっており、決められた期間以外の消印は無効となるので発送の際に注意が必要です。申し込み用紙については、開催分当日に会場にて配布を行っています。ホームページよりダウンロードするといった方法もあります。

出展の基準を紹介しているブログやツイッターなどの情報もあるので、ホームページの基準などとともに参考にしてみてください。開催前に鬼子母神会場でのブースの配置についても確認が行えます。おすすめの情報もたくさん紹介されています。

会場受付や郵送受付を経た後、選考を行い、開催日翌日から10日後を目安に手創り市のホームページにて出展するお店が発表されます。鬼子母神会場のみ参加者ブース配置についても公表されます。ブログやツイッターなどの情報も確認しておきましょう。

雑司が谷の手創り市の行き方

地下鉄副都心線「雑司が谷」下車にて徒歩3分ほどとなっています。池袋や目白駅より徒歩でのアクセスも可能です。JR池袋駅東口からは、明治通りを新宿方向へ進み「南池袋3丁目」歩道橋を左折して、およそ15分ほどとなります。

JR目白駅からは、目白通りを東方向に進んで得、徒歩で15分ほどとなります。JR池袋駅東口より都バス、西武バスの目白方面行、新宿・渋谷方面行に乗車して「東京音大前」もしくは「千登世橋」停留所にて下車します。

JR目白駅あらは、都バス新宿駅西口行に乗車して「鬼子母神前」停留所にて下車します。都電荒川線の三ノ輪・早稲田間にある「鬼子母神前」にて下車してすぐのところにあります。比較的アクセスが便利となっています。

鬼子母神や大鳥神社には駐車場がないので、手創り市へ車でお出かけの際には、池袋駅や目白駅周辺のコインパーキングを利用するようにしましょう。池袋駅や目白駅からは徒歩またはバスを利用して会場に向かいましょう。

雑司が谷の手創り市へ行ってみよう

鬼子母神には100以上のブースが立ち並んでおり、様々なハンドメイドの作品に出会うことができます。個性豊かなおしゃれな雑貨も売られているので、女性の方は必見となっています。お気に入りのアイテムを見つけに雑司が谷の手創り市に出かけてみませんか。

緑豊かな自然に触れながらショッピングが満喫できるので、気持ちを和ませることのできる魅力溢れるイベントとなっています。大鳥神社には30ほどのブースが出店しています。のんびりと休日の余暇を過ごしてみましょう。開催日は会場に出かけましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Rey_goal

新着一覧

最近公開されたまとめ