泉ヶ岳スキー場の楽しみ方ガイド!ソリ遊びやふわふわ遊具も面白い!

宮城県にある泉ヶ岳スキー場は、仙台市内から1時間圏内ということもあり宮城の人気スキー場として知られています。ちびっこが楽しめるソリ遊びも充実しているのでファミリーにもおすすめです。宮城県仙台市にある泉ヶ岳スキー場の楽しみ方をご紹介します。

泉ヶ岳スキー場の楽しみ方ガイド!ソリ遊びやふわふわ遊具も面白い!のイメージ

目次

  1. 1宮城の「泉ヶ岳スキー場」がおすすめ!
  2. 2泉ヶ岳スキー場のコース案内
  3. 3泉ヶ岳スキー場の営業時間・料金案内
  4. 4泉ヶ岳スキー場の口コミ評価は?
  5. 5泉ヶ岳スキー場のホームページも要チェック
  6. 6泉ヶ岳スキー場はグリーンシーズンもおすすめ!
  7. 7泉ヶ岳スキー場のアクセス・駐車場情報
  8. 8泉ヶ岳スキー場へ遊びに行こう

宮城の「泉ヶ岳スキー場」がおすすめ!

宮城は、冬になると豪雪地帯の場所もあるほど、雪の多いエリアで、人気のスキー場も多いです。そんな宮城のスキー場の中で仙台市内から1時間圏内という近さが売りのスキー場があるのはご存じでしょうか。

宮城県仙台市の人気スキー場「泉ヶ岳スキー場」は、コンパクトなスキー場ではありますが、初級者から上級者までが楽しむことができるスキー場でおすすめです。小さなお子さんがソリ遊びを楽しむことができるコースも2か所もあります。

また、ナイター設備も完備しているということもあり、ナイタースキーを楽しむことができるので人気があります。子供から大人まで、初級者から上級者までがオールマイティに楽しめるスキー場としておすすめです。そんな宮城県仙台市にある「泉ヶ岳スキー場」の楽しみ方をご紹介します。

宮城県仙台市の人気スキー場

仙台市内から1時間圏内ということもあり、宮城に住まわれている方はもちろんのこと、仙台に観光で訪れている他県の方にも利用しやすいスキー場となっています。料金もほかの宮城の人気スキー場に比べると安いのでファミリーにもおすすめです。

宮城県仙台市の人気スキー場「泉ヶ岳スキー場」は、車で仙台市内から小一時間ほどでアクセスできるスキー場ということもあり、宮城県仙台市にお住まいの方の日帰りスキー場として人気があります。

また、仙台市内から路線バスでアクセスもできるので、気軽に日帰りスキーを楽しむことができる宮城県でも人気のあるスキー場のひとつになります。宮城県仙台市の人気スキー場「泉ヶ岳スキー場」のゲレンデ情報やリフト料金・レンタル料金などをご紹介します。

泉ヶ岳登山ガイド!初心者にもおすすめの日帰りコースや人気の温泉も紹介!

泉ヶ岳スキー場のコース案内

ここでは、泉ヶ岳スキー場のコース案内をご紹介しましょう。宮城県仙台市の人気スキー場「泉ヶ岳スキー場」は、それほど大きなスキー場ではありませんが、初級者から上級者までが楽しむことができるコースが揃っています。

また、子供が安心してソリ遊びを楽しむことができるコースもあるので、スキーデビュー前の小さなお子様との雪遊びも親子で楽しむことができるのでおすすめです。それでは、コンパクトにまとまっているゲレンデコースをご紹介しましょう。

泉ヶ岳スキー場のコース一覧

泉ヶ岳スキー場のコース一覧ですが、まずは、メインバーンの初級者用のゲレンデコースがあります。メインバーンということもあり、横幅も広いので、初心者から初級者までがスキーの練習をするにもぴったりのバーンです。

その他には、中級・上級者向けのバーンには、小回りのターンができると面白いショートターンコースや新雪時にふかふかの雪を体験できるYⅠコース、上級者向けのバーンとしては、ダイナミックバーンコースやもっとも斜面が急なコースのYⅡコースなどがあります。

どのコースも、スキーもスノーボードも楽しむことができますが、自分でコントロールできる斜面を選ぶことが大切です。ゲレンデ内には、ヴェールハウスというレストランもあり、昼食をするにも便利です。

「チビッコそり場」のソリ遊びも人気

泉ヶ岳スキー場には、ソリ遊びのできる「チビッコそり場」がAコースとBコースの2つのソリ遊びコースがあります。山に向かって左側がAコースで、右側がBコースです。2か所もソリ遊びのできるコースがあるのは、それほどないので、一日中、ソリ遊びを満喫できます。

ソリ遊びが充実していると、スキーデビュー前の小さなお子様も一日中、ソリ遊びをして雪遊びを満喫できるのでおすすめです。ソリ遊び専用の「チビッコそり場」となっているので、子供だけでソリ遊びさせても安心です。

泉ヶ岳スキー場はナイターも楽しめる

ナイターコースは、ペアリフト2基のメインバーンでナイター設備が完備されています。ナイタースキーができるゲレンデコースは初級者バーンということもあって、初級・中級者の方にとって楽しむことができるナイターゲレンデです。

上級者には少し物足りないバーンではありますが、リラックスして滑ることのできるナイターゲレンデになります。ナイタースキーをまだされていない方は、これくらいのバーンですと、安心してナイタースキーを楽しむことができるのでおすすめです。

ナイターは、土曜日と休祭日の16時30分から21時まで行われています。仙台市内から小一時間でアクセスできることもあり、ナイターのみを楽しむことができるのでおすすめのスキー場です。

泉ヶ岳スキー場の営業時間・料金案内

ここでは、泉ヶ岳スキー場の営業時間・料金案内についてご紹介しましょう。泉ヶ岳スキー場の営業時間は、例年ですと、12月下旬から3月下旬までとなっています。公式ホームページを確認すると、2019/2020シーズンは、12月21日の土曜日にオープン予定しているようです。

昨年は、雪不測のためにオープンが少しずれこみました。近年の暖冬により、オープンがずれ込むことも多いので、公式ホームページで確認をしてください。

料金案内については、冬季営業リフト料金をはじめ、泉ヶ岳スキー場のレンタル案内と料金、お得な料金割引情報、スキー・スノーボードスクールの料金なども併せてご紹介します。

冬季営業リフト料金

それでは、まずは、冬季営業リフト料金についてご紹介しましょう。冬季営業リフト料金ですが、ひとつは基本が時間制となっています。4時間券が大人2800円で、中学生とシニアが2200円、小学生のジュニアが2000円です。

6時間券は、大人3000円で、中学生とシニアが2400円、小学生のジュニアが2000円です。8時間券は大人3300円で、中学生とシニアが2500円、小学生のジュニアが2000円です。10時間券は大人6300円で、中学生とシニアが5000円、小学生のジュニアが5000円です。

1回券は大人350円で、中学生とシニアが350円、小学生のジュニアが300円です。11回券は大人2800円で、中学生とシニアが2200円、小学生のジュニアが2000円です。5歳までの未就学児は1回券300円で、終日券は500円です。

泉ヶ岳スキー場のレンタル案内と料金

泉ヶ岳スキー場のレンタル案内と料金ですが、スキー3点セットは板・ブーツ・ストックのセットになります。スノーボードセットは、板・ブーツのセットです。ウェアセットは、ウエアの上下のセットになります。

レンタル料金ですが、スキー3点セットは中学生以上が2800円で、小学生までが2500円です。スノーボードセットは中学生以上が3200円で、小学生までが2700円です。ウェアセットは、中学生以上が2800円で、小学生までが2200円です。

板のみのレンタル料金は、中学生以上が2000円で、小学生までが1500円です。ブーツのみのレンタル料金は中学生以上が1800円で、小学生までが1500円です。レンタル料金は1日での料金のみになります。

お得な料金割引情報

ここでは、泉ヶ岳スキー場のお得な料金割引情報についてご紹介しましょう。レディーチケットは、女性が平日限定で終日券が2000円で利用できる割引です。SAJ/SIA有資格者待遇は準指導員以上で、会員証提示で終日券が2000円となります。

その他には、自衛隊証提示で、各チケットから500円割引になります。この割引は同伴者にも適用となります。学生は、学生証提示で各チケットから500円割引となります。

夏油高原スキー場との相互優待もあります。泉ヶ岳シーズン券所持者は、夏油高原スキー場の一日券が半額となります。夏油高原スキー場シーズン券所持者は、泉ヶ岳スキー場の6時間券が半額となる相互割引ができます。

泉ヶ岳スキー場のスキー・スノーボードスクール案内

ここでは、泉ヶ岳スキー場のスキー・スノーボードスクール案内や料金についてご紹介しましょう。講習は、一般とキッズ、プライベートに分かれています。キッズコースは、雪で遊んでスキーになれることから始めます。

キッズコースは、5歳以上の未就学児が対象となります。1.5時間のコースで受講料金は4000円になります。一般コースは、クラス別でスキー技術によってクラス分けされますので、上達も早いのでおすすめです。

初めてスキーを履く方はもちろんですが、中級クラスの方などもスキースクールで改めて講習を受けると、もっとスキーを楽しむことができるのでおすすめです。レディースデイは月曜日で、受講料が500円割引されて、木曜日はメンズデイで受講料が500円割引されます。

泉ヶ岳スキー場の口コミ評価は?

ここでは、泉ヶ岳スキー場の口コミ評価についてご紹介しましょう。まず、口コミで多いのは、そのアクセスの良さです。仙台市内から小一時間でアクセスできるということで、日帰りスキーを楽しんでいる方がとても多い印象です。

ソリ遊びを楽しむことができる「チビッコそり場」も充実していることから、子連れファミリーからの口コミも好評です。また、中級ゲレンデも充実しているので、中級者の方にも人気のあるスキー場になります。

泉ヶ岳スキー場は、実は、上級者スキーヤーにとっても穴場のスキー場という口コミも多いんです。それは、初級者・中級者向けのバーンが多いですが、山の頂上付近は、雪質も良く非圧雪エリアも多いので、ふかふかの新雪でスキーを楽しむことができます。

泉ヶ岳スキー場のホームページも要チェック

泉ヶ岳スキー場には、公式ホームページが用意されています。その公式ホームページには、ゲレンデ情報やリフト料金はもちろんのこと、スキースクールのことなども掲載されています。自分に合ったスクールを選ぶことができます。

2019/2020シーズンのオープン予定日などについても、公式ホームページのトップページに記載されています。積雪状況により、滑走可能かどうかについても記載されているので参考になります。

公式ホームページのトップページには、公式フェイスブックへのリンクもあるので、最新情報をチェックすることができるので、スキー場にお越しになる前にはチェックしておくと良いでしょう。

泉ヶ岳スキー場はグリーンシーズンもおすすめ!

ここでは、泉ヶ岳スキー場のグリーンシーズン、いわゆる雪の積もるスキーシーズン以外のシーズンについてご紹介しましょう。泉ヶ岳スキー場のグリーンシーズンもウィンターシーズンとはまた違った楽しみ方ができるのでおすすめなんです。

泉ヶ岳スキー場のグリーンシーズンは、仙台市内から小一時間ほどの場所にある標高1175メートルほどの泉ヶ岳を中心に楽しむことができるのでおすすめです。仙台市内に住む方々の避暑地にもなっているエリアでもあります。

泉ヶ岳スキー場のグリーンシーズンには、スキー場のリフトが、見晴らしリフトとして利用されて高原を楽しむことができます。

遊覧リフト運行

遊覧リフトは、スキーシーズンにスキーリフトとして利用されているリフトを利用して高原の散策を楽しむことができます。朝9時から運行していて、夏の高原の風を満喫することができるのでおすすめです。

遊覧リフトは、片道およそ13分ほどで、往復乗車も可能です。遊覧リフトの料金ですが、子供が片道300円で往復500円、大人が片道400円で往復700円となっています。見晴らしリフト乗り場付近には、ヴェールハウスというレストランもあります。

遊覧リフトは、往復乗車もできるということなので、小さなお子様やご高齢の方にもおすすめです。家族みんなで夏の高原を楽しむことができます。仙台市内からも近いので、観光客にもおすすめなスポットになります。

パラグライダー体験

1175メートルほどの高原では、パラグライダー体験をすることができるのでおすすめです。インストラクターとタンデムなので安心して楽しめます。

夏の気持ち良い風の中でのパラグライダー体験は、夏の思い出にもぴったりです。空から眺める泉ヶ岳の自然を満喫することができます。

泉岳自然ふれあい館

泉岳自然ふれあい館は、泉ヶ岳スキー場のふもとにある自然と触れ合える施設になり、夏にはたくさんの方が訪れます。

泉岳自然ふれあい館は、敷地内に整備されたキャンプ場もあるので、夏キャンプを楽しむスポットとしてもおすすめです。

泉ヶ岳スキー場のアクセス・駐車場情報

ここでは、泉ヶ岳スキー場のアクセス・駐車場情報についてご紹介しましょう。泉ヶ岳スキー場のアクセスは県道223号を経由して1時間ほどでアクセスすることができます。

泉ヶ岳スキー場の駐車場情報ですが、年始から3月1週目までの土日祝日のみに駐車料金がかかります。普通車が1台500円で、バスは1台1500円です。上記の日程意外や平日は駐車料金は無料となっています。

路線バスでもアクセスできる

泉ヶ岳スキー場のアクセスですが、車だけでなく、路線バスでのアクセスも可能なんです。地下鉄泉中央駅から泉岳自然ふれあい館行きのバスでおよそ40分ほどでアクセスできます。

泉ヶ岳スキー場へ路線バスでのアクセスは、それほど本数が多いわけではないので、時間をしっかりとチェックしておきましょう。

泉ヶ岳スキー場へ遊びに行こう

宮城県仙台市の泉ヶ岳スキー場のゲレンデ情報やリフト料金などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。泉ヶ岳スキー場は、仙台市内から小一時間ほどの場所にあるので、日帰りでスキーを楽しむことができるのでおすすめです。

泉ヶ岳スキー場は、ソリ遊びを楽しむことができる「チビッコそり場」が充実しているということもあり、子連れファミリーでスキーを楽しむにもぴったりなスキー場です。仙台にお越しの際には、スキーシーズンに子供とソリ遊びを楽しんではいかがですか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ