横谷渓谷(横谷峡)遊歩道で滝巡りを楽しもう!紅葉時期のハイキングは絶景!

マイナスイオンがみなぎる長野のとっておきの癒しのスポットの横谷渓谷(横谷峡)。横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道の滝巡りでは、滝つぼや激流からの水しぶきで、マイナスイオンをいっぱい浴びることができます。ここでは長野の横谷渓谷(横谷峡)についてご紹介します。

横谷渓谷(横谷峡)遊歩道で滝巡りを楽しもう!紅葉時期のハイキングは絶景!のイメージ

目次

  1. 1長野のおすすめ観光スポット『横谷渓谷(横谷峡)』
  2. 2滝の音とマイナスイオンを体感できる横谷渓谷(横谷峡)
  3. 3横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道
  4. 4横谷渓谷(横谷峡)の人気スポット
  5. 5スポット巡りはレンタサイクルの利用も便利!
  6. 6横谷渓谷の紅葉情報
  7. 7横谷渓谷(横谷峡)の日帰温泉も見逃せない!
  8. 8横谷渓谷(横谷峡)へのアクセス
  9. 9横谷渓谷(横谷峡)でリラックスタイム

長野のおすすめ観光スポット『横谷渓谷(横谷峡)』

長野のおすすめ観光スポットである横谷渓谷(横谷峡)は、滝の激流や滝つぼなどからの水しぶきによってたくさんのマイナスイオンが生み出され、横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道を散策すると、半端ないマイナスイオンを浴びることができます。

一般的な生活環境では1㎤あたりマイナスイオンの量は200個くらいですが、長野の横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道沿いには、なんと3000個から25000個ものマイナスイオンがあるそうです。

マイナスイオンといっても、普通では目に見えないものですから、個数を上げみてもピンとこない方もいらっしゃることと思います。ただその場に行くと実感できる心地よさこそが、マイナスイオンが多いという証拠なのです。

今回は長野県の数ある名所の中でも、マイナスイオンをとくと浴びることができる長野観光のおすすめのスポット横谷渓谷(横谷峡)についてご紹介します。長野観光では横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道の滝巡りでマイナスイオンをたくさん浴びて、心と体に健康のエッセンスをたっぷりと与えてください。

滝の音とマイナスイオンを体感できる横谷渓谷(横谷峡)

長野の横谷渓谷(横谷峡)は北八ヶ岳を横断する国道299号線のメルヘン街道沿いに広がる蓼科中央高原に位置します。渓谷の美しさと、マイナスイオンをたっぷりと浴びることができる遊歩道は、長野のおすすめ人気の観光スポットです。

遊歩道では、乙女滝、霧降の滝、鷲岩のつららや、川底が数十メートルにわたって1枚の岩盤になっている一枚岩、王滝などが見どころで、秋は長野の人気の紅葉のメッカです。

それぞれの滝の周囲はマイナスイオンが満ち満ちており、遊歩道の途中の立て看板にもその個数の記載がありますが、蓼科中央高原観光協会の公式ホームページでも紹介されていますのでご参照ください。

横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道

さて、マイナスイオンを存分に浴びることができる横谷渓谷(横谷峡)についてご紹介していきます。横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道は渓谷沿いにできた遊歩道。入り口は「横谷峡入り口」と「横谷観音入り口」の2か所です。

「横谷峡入り口」から遊歩道にアクセスすると渓流を望みながら緩やかな坂道を登っていきます。「乙女滝」を最初に望み、「霜降りの滝」「一枚岩」などをゆるやかな坂道を上りながら望み、そして「王滝」へとアクセス。ここから先は急な坂道を上り「横谷観音入り口」にたどり着きます。およそ6km、約1時間15分から1時間30分ほどの道のりです。

「横谷観音入り口」から遊歩道にアクセスする場合は、この逆の道のりをたどることになりますが、「横谷観音入り口」から王滝までは、かなり急な坂道を下ることになります。

上るよりも下る方が時間はかかりませんが、足への負担が大きいので、脚力に自信のない方は「横谷峡入り口」から遊歩道にアクセスすることをおすすめします。

また「横谷峡入り口」よりアクセスして、「王滝」から先の坂道を上るのに自信がないという方は、「王滝」の先にある「王滝展望台東屋」からの眺めも綺麗でおすすめのスポットです。また王滝より約25分先にある「おしどり隠しの滝」も人気の見どころです。

四季折々素晴らしい景観を望むことができる横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道。季節を変えて訪れると、また違った感動の場面を目にすることができる、長野でおすすめ人気の観光スポットです。

横谷渓谷(横谷峡)の人気スポット

四季折々、長野の蓼科の自然を堪能できる、長野のおすすめ観光スポットの横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道は、マイナスイオンを浴びるのと同時に、滝つぼに流れ落ちる水の音の迫力も体感できます。

ここでは横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道で人気のスポットをいくつかご紹介します。横谷渓谷(横谷峡)の観光での参考にしてください。

乙女滝

横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道の観光で人気のスポット1選目は「横谷峡入り口」からおそよ200m、約5分遊歩道を進んだ先にある「乙女滝」です。恋の願いが叶うといわれるパワースポットでもあり、カップルで訪れるのもおすすめです。

なんと「乙女滝」のマイナスイオンの数は20000個もあるそうです。新緑に季節は水しぶきに癒され、秋は紅葉、冬は滝のしぶきが凍った光景が美しい、四季折々の見どころのある人気のスポットです。

晴れた日の午前中には、太陽の光が乙女滝にあたり、水しぶきに綺麗な虹にかかった光景を目にすることができることもあるそうです。

霧降の滝

横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道の観光で人気のスポット2選目は、「横谷峡入り口」から遊歩道にアクセスし、「乙女滝」の次に現れる見どころの滝である「霧降の滝」です。「乙女滝」から15分程先に進んだ場所にあります。

新緑の時期も、グリーンが綺麗な癒しのスポットですが、秋は紅葉と白い水しぶきを上げる滝のコントラストが見どころのエリアです。

そして冬の季節は滝の流れが凍った滝の氷瀑(ひょうばく)が人気の見どころです。ちなみに「霧降の滝」エリアのマイナスイオンは20000個だといわれます。胸いっぱいにマイナスイオンを吸いこんで、ぜひ健康増進に役立ててください。

屏風岩・氷瀑

横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道の観光で人気のスポット3選目は、「屏風岩・氷瀑」のスポットです。ここは新緑の時期は木々の緑と滝の白い水しぶきのコントラストが美しく、また紅葉の時期はオレンジや黄色に色づく木々とコントラストが綺麗な滝の光景を望めます。

横谷渓谷(横谷峡)の冬は、毎氷点下10℃前後ほどの寒さです。その寒さで滝が凍る「氷瀑」は冬に見られる白い芸術です。氷瀑の見頃の時期は1月上旬から2月下旬です。ちなみにこのスポットのマイナスイオンは3000個だといわれています。

王滝

横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道の観光で人気のスポット4選目は、横谷渓谷(横谷峡)のメインスポットでもある「王滝」です。

高さ40m幅18mの2段に落ちる滝の豪快さには圧巻です。横谷渓谷の最大の滝であるここのマイナスイオンは、なんと25000個もあるといわれる人気のスポットです。

四季折々、彩り豊かに変化する渓谷の美しい姿を望むことができます。「横谷漢音入り口」の方に向かって少し行くとある「大滝展望台東屋」があります。この東屋からは「王滝」の全景は望めませんが、木々の間から望む王滝の迫力は、十分満喫できます。

横谷観音展望台

横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道の観光で人気のスポット5選目は、「王滝」から「横谷観音入り口」の急激な坂の途中にある「横谷観音展望台」です。

「王滝」から15分程急激な坂道を上ったエリアにあります。標高1530にあるこの展望台からは、長野の雄大な風景をパノラマで望むことができ、横谷渓谷(横谷峡)のおすすめ人気のスポットです。

展望台からの眺めは壮観な眺めです。展望台の小さな広場の右側には「横谷観音」があります。ここで観音様に手合わせ参拝したら、控えめに鎮座している石像宇賀神像にもご注目ください。招福、蓄財、開運、健康運にご利益がある神様だそうです。

スポット巡りはレンタサイクルの利用も便利!

近年、「横谷峡入り口」から遊歩道へアクセスし「王滝」でUターンして「横谷峡入り口」へ戻る方のために、レンタサイクルの貸し出し店できました。

「横谷峡入り口」から王滝までは坂道ですが、緩やかな坂道で、遊歩道も整備されているので電動自転車で渓谷巡りをするのも、時間を短縮できておすすめです。

レンタサイクルの料金は、30分400円、60分600円です。横谷渓谷(横谷峡)の渓谷巡りの時の参考にしてください。

横谷渓谷の紅葉情報

長野の横谷渓谷(横谷峡)は、長野の高山村の千曲川の支流の松川が流れる松川渓谷と並んで、長野の紅葉の人気の名所。紅葉は10月の半ばから11月の初めに見頃を迎えます。

横谷渓谷(横谷峡)の中で標高が高いエリアである横谷観音あたりから紅葉は始まります。横谷観音駐車場に続く一本道の紅葉は、おすすめの見どころです。観音堂周辺には樹木がたくさんあるので紅葉も見ごたえがあります。

王滝から奥に進んだ「おしどり隠しの滝」周辺、王滝の南側のある「御社射鹿池」周辺、「一枚岩」周辺、「霧降の滝」周辺と順々に色づき、紅葉の見ごろを迎えます。紅葉シーズンは長野のもみじ狩りの人気のスポットとしてたくさんの人で賑わいます。

四季折々の美しい渓谷の様子を観賞できる横谷渓谷(横谷峡)は、新緑の季節から、色とりどりに衣替えした樹木と渓谷の水しぶきの景色も、長野観光で人気を呼んでいます。

Thumb長野の紅葉名所ランキングTOP7!絶景スポットや温泉の見頃を詳しく紹介!
長野県は有名な紅葉名所がある県です。ここでは数ある長野の紅葉名所な中でもおすすめの7つをラン...

横谷渓谷(横谷峡)の日帰温泉も見逃せない!

横谷渓谷(横谷峡)では、マイナスイオンを浴びて心と体にリフレッシュかけるばかりではなく、のんびり浸かれる日帰り温泉も見逃せない癒しのスポットです。

奥蓼科温泉郷内の一つである横谷温泉は横谷渓谷(横谷峡)にある温泉です。国道299号線のメルヘン街道からすぐにある一軒宿の横谷温泉旅館は、宿泊施設を備えた温泉施設。紅葉シーズンなどの繁忙期を除く平日は日帰り入浴も可能です。

横谷温泉旅館

横谷渓谷(横谷峡)の人気のスポットである「乙女滝」から5分ほどのところにある一軒宿の「横谷温泉旅館」では日帰り入浴することができます。

入浴可能な時間は12時から15時まで、最終受付は14時30分です。大人1人1500円、子供1人750円です。有料でタオルを借りることが可能です。土日祝日及び紅葉シーズンなどの繁忙期を除く平日のみ利用することができます。

渓流を望む2つの露天風呂と2つの内湯は、鉄分と炭酸ガスを含んだ自家源泉。湯は湧き出したときは無色透明ですが、源泉に鉄分が含まれているので空気に触れた途端、酸化して茶褐色の湯の色になります。そのためお湯は黄金色の濁り湯です。

また炭酸ガスを多く含んでいる温泉なので、肌に泡がつきます。身体を優しく刺激し、体に良い効果があるほか、角質が取れて美肌効果もあるので、女性からも人気温泉。お湯はサラサラした優しい湯で、湯あたりしにくい温泉だといわれています。

住所 長野県茅野市北山5513
電話番号 0266-67-2080

山の宿 明治温泉旅館

横谷渓谷(横谷峡)のメインスポットである「王滝」付近にある温泉宿の「山の宿 明治温泉旅館」でも日帰り入浴を楽しめます。

開放的な露天風呂、大きな窓から渓谷を自然の風景を望みながら浸かれる自慢の展望大浴場、そして自家源泉かけながしの冷泉の打たせ湯では、ほてった体をひんやり冷やし、温かな湯と交互に浸かることで湯冷めしにくくなります。

明治温泉は、江戸時代の半ばに発見され、当時は地元の農民の湯治場として利用されていた湯です。名称の由来は、「明らかに治る湯」ということが由来し、「明治温泉」と呼ばれているそうです。源泉は25℃の自然湧出。効果的な入浴の仕方はお湯と冷泉に交互に入ることだそうです。

住所 長野県茅野市奥蓼科4734
電話番号 0266-67-2660

横谷渓谷(横谷峡)へのアクセス

最後に横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道入り口までのアクセス方法をご案内します。横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道入り口までのおすすめのアクセスは、車でアクセスするか、電車(JR中央本線)を利用して「茅野駅」からタクシーを利用してアクセスするのがおすすめです。

「茅野駅」よりタクシーで約10kmおよそ5000円です。距離にすると「横谷渓谷入り口」の方が「横谷観音入り口」よりやや近いですが、それほど変わりありません。

JR茅野駅前にはたくさんタクシーが駐車していますので、行きは駅前でタクシーを拾えますが、帰りは遊歩道の入り口(出口)にはタクシーは駐車していませんので、帰りのタクシーは予約しなければなりません。横谷渓谷(横谷峡)でよく利用されるおすすめのタクシー会社は「アルピコタクシー(0266-71-1181)」です。

JR茅野駅からは蓼科中央高原周辺を周遊する「メルヘン街道バス」もしくは「蓼科高原ラウンドバス」も運行しており、アクセスの手段の一つとして紹介されていますが、調べるとバスの本数は2時間に1本であったりと大変本数が少くないのでおすすめはできません。

これらのバスを利用する場合は、「茅野市役所(0266-72-2101)」に問い合わせると、バスの運協状況を教えてもらえます。

ちなみにJR茅野駅までは新宿からJR特急あずさに乗車すると約2時間、JR中央線特快を利用すると途中高尾駅で乗り換えして約4時間でアクセスできます。

車でアクセスする場合

横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道に入るどちらの入り口付近にも無料の駐車場があります。スペースはかなり広いので、ほとんどの場合、駐車できますが、紅葉時期で混雑する場合は満車になることもあります。その場合は、誘導される場所に駐車してください。

車を利用して横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道へアクセスされる方で、中央自動車道路からアクセスした場合は「諏訪インター」もしくは「諏訪南インター」で下車して国道299号線を目指してアクセスします。

住所 長野県茅野市北山 

Thumb長野のおすすめドライブコースまとめ!観光やデートに人気のスポットも厳選!
長野は日本アルプスや川や渓流、高原、盆地など豊かな自然に恵まれた土地です。そんな長野の自然を...

横谷渓谷(横谷峡)でリラックスタイム

長野で人気の観光名所である横谷渓谷(横谷峡)の遊歩道は、季節ごとに綺麗な渓谷の景観が望めるとともに、マイナスイオンをたくさん発生しているスポットとしても人気です。渓谷の風景に癒されるとともに、マイナスイオンをたっぷり吸いこんで、心と体に健康のエネルギーを補給してください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
TinkerBell

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ