ムーミンバレーパークの人気アトラクションまとめ!予約方法や料金は?

埼玉県飯能市にある「ムーミンバレーパーク」は、アトラクションなどでムーミンの世界を堪能できる人気のテーマパークです。そんな埼玉の「ムーミンバレーパーク」について、人気のアトラクションにスポットを当ててご紹介していきます。

ムーミンバレーパークの人気アトラクションまとめ!予約方法や料金は?のイメージ

目次

  1. 1埼玉のおすすめレジャースポット「ムーミンバレーパーク」
  2. 2ムーミンバレーパークの人気アトラクションをご紹介
  3. 3ムーミンバレーパークの人気アトラクション1:ムーミン屋敷
  4. 4ムーミンバレーパークの人気アトラクション2:KOKEMUS
  5. 5ムーミンバレーパークの人気アトラクション3:エンマの劇場
  6. 6ムーミンバレーパークの人気アトラクション4:海のオーケストラ号
  7. 7ムーミンバレーパークの人気アトラクション5:リトルミイのプレイスポット
  8. 8ムーミンバレーパークの人気アトラクション6:飛行おにのジップラインアドベンチャー
  9. 9ムーミンバレーパークの営業時間と入園料金
  10. 10ムーミンバレーパークへのアクセス方法
  11. 11ムーミンバレーパークのアトラクションを楽しもう

埼玉のおすすめレジャースポット「ムーミンバレーパーク」

埼玉で人気のテーマパーク「ムーミンバレーパーク」は、ムーミンの世界に触れる事ができる子どもから大人まで楽しめる施設です。埼玉県飯能市にある宮沢湖周辺に位置し、埼玉の自然をいかした造りとなっているので、埼玉の自然とともにゆったりとムーミンの世界に浸る事ができます。

今回の記事では「ムーミンバレーパーク」の人気アトラクションをご紹介していきます。「ムーミンバレーパーク」に訪問する際に参考にしてみてください。

ムーミンバレーパークの人気アトラクションをご紹介

埼玉で人気の「ムーミンバレーパーク」は、「metsa」(メッツァ)にある施設です。「metsa」には「ムーミンバレーパーク」とともに北欧をテーマにしたショッピングモールの「メッツァビレッジ」があり、ショッピングやグルメも楽しむ事ができます。

今回の記事では、「ムーミンバレーパーク」のアトラクションにスポットを当てて、人気アトラクションをご紹介します。

アトラクション料金は有料のものもあるので注意

「ムーミンバレーパーク」に入園する際には、入園料金が必要です。また、アトラクションは無料のものと有料のものがあるので、アトラクションを楽しみたい時にはお気を付けください。

「ムーミンバレーパーク」の入園料金や有料アトラクションの料金については後ほど、別の項目で詳しくご紹介していきますので、あわせて確認してみてください。

Thumbムーミンバレーパークの口コミや評判・感想を徹底調査!人気の秘密は?
埼玉県の飯能市にオープンした「ムーミンバレーパーク」は、北欧の雰囲気とムーミンの物語の世界観...

ムーミンバレーパークの人気アトラクション1:ムーミン屋敷

「ムーミン屋敷」(Muumitalo/ムーミタロ)は、青い外壁と三角の屋根が特徴的な、ムーミンバレーパークで一番人気のアトラクションです。「ムーミン屋敷」はムーミンパパが設計と建築をした建物で、ムーミンバレーパークのシンボルにもなっています。

これまで「ムーミン屋敷」は、地下1階から地上3階までガイドツアーによる有料での観賞でしたが、2019年11月30日からは地下1階の貯蔵庫と1階のキッチンとダイニングには「入園チケット」を購入すればだれでも観賞できるようになりました。おすすめのアトラクションとなっているのでぜひ観賞してみてください。

ムーミン達の住む屋敷を忠実に再現

「ムーミン屋敷」の2階のリビング、ムーミンパパとムーミンママの部屋、3階のムーミンの部屋、リトルミイの部屋、ゲスト部屋、屋根裏のムーミンパパの書斎は、ガイドツアーによる有料アトラクションとなっていて、「1デーパス」か「アトラクション共通チケット」が必要となります。

また、休日など混雑している時には別途、「整理券」が必要となるので、整理券を配布しているかを確認しておくのもおすすめです。人気のアトラクションのため、整理券の受付を早めに終了する場合もあるので混雑時には必ず早めに確認しておきましょう。

「ムーミン屋敷」のそれぞれの階への移動は階段となっています。足腰に不安のある場合や小さいお子様連れの場合にはお気を付けください。また、小学生未満の子どもは中学生以上の付き添い者が必要となります。

ムーミンバレーパークの人気アトラクション2:KOKEMUS

ムーミンバレーパークの「KOKEMUS」(コケムス)は、「入園チケット」で入園すればだれでも利用できる展示施設です。地上3階建ての「KOKEMUS」では、ムーミンの作者のトーベ・ヤンソンの人生やムーミン作品に触れる事ができます。

また、ムーミン谷の巨大なジオラマもおすすめの見どころとなっています。「KOKEMUS」では常設展のほかに企画展も開催しているので、訪問するたびに楽しめます。

作家トーベ・ヤンソンやムーミン作品の展示

「KOKEMUS」はムーミンの世界に触れる事ができる展示を観賞するアトラクションです。飲食物の持ち込みやペットを連れての入館はできません。

また、「KOKEMUS」にはベビーカーの持ち込みができません。ベビーカーの場合には、施設の入口のベビーカー置き場にベビーカーを置いて観賞するスタイルとなります。小さいお子さんを連れて行く場合にはお気を付けください。

「KOKEMUS」にある「ワークショップ」では、季節にあわせたムーミンにまつわる物づくりが楽しめます。期間限定でさまざまな物づくりが楽しめるので、開催日や開催時間、料金を確認して参加してみてください。また、予約ができるワークショップもあるので公式サイトで確認して、興味があれば予約をしてみてください。

ムーミンバレーパークの人気アトラクション3:エンマの劇場

ムーミンバレーパークの「エンマの劇場」(Emma teatteri /エンマ テアッテリ)は、ムーミンの物語に登場する「ムーミン谷が洪水にあった時に流れてきた劇場」をモチーフにした、屋外にあるショーをおこなうステージです。

「入園チケット」で入園すればだれでもショーを観賞する事ができるおすすめのアトラクションですが、屋外にあるため暑さ・寒さ対策をしっかりとしておきましょう。また、天候などにより中止になる事もあるのでお気を付けください。

また、「エンマの劇場」の隣にある「エンマの店」ではエンマの劇場でショーを楽しむ際におすすめのグッズなどの販売をしています。こちらにもぜひ立ち寄ってみてください。

ムーミンのショーが楽しめる人気スポット

「エンマの劇場」のショーには、ムーミン一家やスナフキンなどムーミンの物語で人気のキャラクターが登場します。

公演は午前11時25分から、午後2時15分から、午後3時45分からの1日3回おこなわれていますが、季節により4回になる場合もあります。ショーの回数や公演時間をしっかりと確認しておきましょう。

「エンマの劇場」には石のイスがありますが数が少なめとなっています。座る場所は先着順となっているので、キャラクターに近い最前列など人気の場所で見たい場合には早めに「エンマの劇場」へ向かうようにしましょう。地面に座るかたちとなるので、シートなどを持参するのもおすすめです。

ムーミンバレーパークの人気アトラクション4:海のオーケストラ号

ムーミンバレーパークの「海のオーケストラ号」(Merenhuiske/メレンフイスケ)は、スクリーンに映し出された映像などを見ながら、ムーミンの物語に登場する「海のオーケストラ号」にまつわるエピソードを体感できる有料アトラクションです。

若い頃のムーミンパパ、スナフキンのお父さん、スニフのお父さんたちが登場し、「勇気・挑戦・友情・家族の絆」に触れる事ができます。映像はもちろん、音や風なども再現されているので子どもから大人まで楽しめるおすすめのアトラクションです。

ムーミンパパ達と冒険が出来る体験型施設

「海のオーケストラ号」の所要時間は15分ほどです。有料アトラクションのため、「1デーパス」か「アトラクション共通チケット」が必要となります。小学生未満の子どもには中学生以上の付き添いが必要となります。

最終上演時間は午後5時45分となっていますが、混雑している場合などは受付が早めに終了する事もあるのでお気を付けください。

また、「海のオーケストラ号」の向かい側にある「ニブリングの店」では、アトラクションに関するグッズなどの販売をしていて、あわせておすすめです。

ムーミンバレーパークの人気アトラクション5:リトルミイのプレイスポット

ムーミンバレーパークの「リトルミイのプレイスポット」(Pikku Myyn leikkipaikka/ピック ムーン レイッキパイッカ)は、案内役のガイドとともにスクリーンの映像を見ながら楽しむ、参加型シアターの有料アトラクションです。

自由気ままな性格のリトルミイが主人公となっていて、さまざまないたずらに巻き込まれながら楽しい体験ができ、子どもから大人までおすすめのアトラクションとなっています。

リトルミイと楽しむシアター型アトラクション

「リトルミイのプレイスポット」の所要時間は15分ほどです。有料アトラクションのため、「1デーパス」か「アトラクション共通チケット」が必要となります。子どもにもおすすめのアトラクションですが、小学生未満の場合には中学生以上の付き添いが必要です。

最終上演時間は午後5時45分となっていますが、混雑している場合には早めに受付終了となる事もあるのでお気を付けください。

また、「リトルミイのお店」はリトルミイのグッズをそろえた専門店となっていて、ぬいぐるみの販売などをしています。ここでしか購入できないオリジナルのリトルミイのグッズもあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

ムーミンバレーパークの人気アトラクション6:飛行おにのジップラインアドベンチャー

ムーミンバレーパークの「飛行おにのジップラインアドベンチャー」(Taikurin seikkailupaikka/タイクリン セイッカイルパイッカ)は、ムーミンの小説に登場する「飛行おに」の気分で空中散歩が楽しめる有料のアトラクションです。

おさびし山の山頂から宮沢湖の湖上や森の中に張られたワイヤーを滑車で滑空するアトラクションで、ムーミンの世界とともに埼玉の自然も体感できる人気の施設です。ただし、「飛行おにのジップラインアドベンチャー」は身長制限などもあるため、体験したい場合には事前にしっかりと確認しておきましょう。

スリル満点の空中散歩が楽しめるアクティビティ

「飛行おにのジップラインアドベンチャー」は有料アトラクションですが、「1デーパス」や「アトラクション共通チケット」では利用できず、別途1500円の料金が必要となります。日没まで体験できますが、時間予約制のためチケットが売切れ次第、終了となるのでお気を付けください。

「飛行おにのジップラインアドベンチャー」が利用できるのは小学3年生以上で、さらに身長120cm以上190cm未満、体重30kg以上100kg未満の制限があります。

利用できる制限内でも、ハーネスの装着ができなかったり、天候の状況などによりスタッフが判断した場合には利用できない場合もあります。また、利用する前には同意書への署名が必要となり、18歳未満の場合には保護者の同意も必要となります。

「飛行おにのジップラインアドベンチャー」は制限が多くなっていますが、決まりを守って体験すれば安全に楽しめるアトラクションです。スタッフさんの指示に従って、空中散歩を堪能してください。

アトラクションはそのほかにも!

ムーミンバレーパークにはここまでご紹介したほかにも、さまざまなアトラクションがそろっています。6歳から12歳までを対象にしたアスレチック「ヘムレンさんの遊園地」(Hemulin leikkipaikka /ヘムリン レイッキパイッカ)は埼玉の自然をいかした造りになっていて、子どもが遊具で遊んでいる間に大人は森林浴が楽しめます。

そのほかにも、ムーミン一家で移住した「灯台」(Majakka/マヤッカ)や、ムーミンパパが作った「水浴び小屋」(Uimahuone/ウイマフオネ)、成功すれば景品がもらえる「アーケードゲーム」(Peli & Leikki/ペリ ヤ レイッキ)などもあります。

今回の記事ではご紹介していませんがムーミンの世界をイメージしたレストランもあるので、ムーミンバレーパークではさまざまな楽しみ方ができます。

また、「メッツァビレッジ」にも足を延ばせばショッピングやグルメなど、さらに楽しめるスポットがそろっています。

時間に余裕を持って訪問して、ムーミンバレーパークやメッツァビレッジをすみずみまで堪能してみてください。

ムーミンバレーパークの営業時間と入園料金

ムーミンバレーパークの営業時間は午前10時から午後8時までとなっています。入園は有料となっているので、ムーミンバレーパークに入園する際には4歳以上からチケットが必要となります。

ムーミンバレーパークのチケットには種類がいくつかあるので、アトラクションの利用や入園する時間などにあわせて購入してみてください。

入園チケット・ナイト入園チケット

「入園チケット」は、開園から午後5時まで販売しているチケットです。ムーミンバレーパークへの入園のほか、ムーミン屋敷の地下と1階の鑑賞やショーの鑑賞などの無料のアトラクションが楽しめます。

「入園チケット」の料金はおとな(中学生以上)1500円、こども(4歳以上小学生以下)1000円となっています。

「ナイト入園チケット」は、午後5時から入園ができるチケットで、午後7時まで販売しています。

「KOKEMUS」の鑑賞とイルミネーションイベントが楽しめますが、アトラクションは利用できないのでお気を付けください。料金はおとな(中学生以上)1000円、こども(4歳以上小学生以下)500円です。

1デーパス

「1デーパス」は、開園から午後4時まで販売しているチケットです。ムーミンバレーパークの有料アトラクションも楽しむ事ができるおすすめのチケットですが、1日の販売数に上限があるので購入する際にはお気を付けください。料金はおとな(中学生以上)2800円、こども(4歳以上小学生以下)1800円となっています。

有料アトラクションのチケット

入園チケットを購入して入園したあと、有料アトラクションを楽しみたい場合には「アトラクション共通チケット」がおすすめです。料金はおとな(中学生以上)1300円、こども(4歳以上小学生以下)800円となっています。

ただし、有料アトラクションである「飛行おにのジップラインアドベンチャー」は、料金がおとな・こども共通で1回1500円となっているのでお気を付けください。

Thumbムーミンバレーパークのチケット情報まとめ!料金割引や事前予約方法は?
埼玉にある人気のテーマパーク・ムーミンバレーパーク。ムーミンバレーパークには、入場チケットが...

ムーミンバレーパークへのアクセス方法

ムーミンパークへのアクセス方法をご紹介します。ムーミンバレーパークは埼玉県飯能市にあり、電車でアクセスする場合の最寄り駅は、西武線の「飯能駅」、またはJR「東飯能駅」となります。

また、駐車場や駐輪場完備で車や二輪車でのアクセスもおすすめです。電車でのアクセス方法や駐車場・駐輪場の情報について詳しくご紹介していきます。

住所 埼玉県飯能市宮沢327-6

西武線「飯能駅」で下車する場合の電車でのアクセス方法

西武線「飯能駅」で下車する場合の電車でのアクセス方法をご紹介します。池袋駅から飯能駅までアクセスする場合は、西武池袋線の急行に乗って50分ほど、特急レッドアロー号を利用した場合には40分ほどとなります。

東京駅から飯能駅へアクセスする場合は、東京駅から東京メトロ丸ノ内線に15分ほど乗って池袋駅で下車し、池袋駅から西武池袋線に乗り換えとなります。横浜駅から飯能駅までアクセスする場合は、横浜駅から湘南新宿ラインに40分ほど乗車して池袋駅で下車し、池袋駅で西武池袋線に乗り換えとなります。

「飯能駅」からムーミンバレーパークまでは3.2kmほどの距離があるので、バスの利用がおすすめです。

「飯能駅」からバスでムーミンバレーパークへ向かう場合は、飯能駅北口の1番乗り場から「メッツァ」行きの直行バス、または「メッツァ経由武蔵高萩駅」行きの路線バスに13分ほど乗って、「メッツァ」停留所で下車となります。

バスの出発時刻は平日と土曜・日曜・祝日で異なり、平日は土曜・日曜・祝日よりも本数が少なめとなっているのでお気を付けください。

JR「東飯能駅」で下車する場合の電車でのアクセス方法

JR「東飯能駅」で下車する場合の電車でのアクセス方法をご紹介します。八王子駅から東飯能駅までアクセスする場合は、JR八高線で35分ほどとなります。

川越駅から東飯能駅までアクセスする場合は、JR川越線・JR八高線で25分ほどとなっています。大宮駅から東飯能駅までアクセスする場合は、JR川越線・JR八高線で50分ほどとなります。

JR「東飯能駅」からムーミンバレーパークまでは2.6kmほどの距離があるので、バスでのアクセスがおすすめです。ただし、平日と土曜・日曜・祝日ともにバスの本数が少ないので運行時刻にお気を付けください。

JR「東飯能駅」からバスでムーミンバレーパークへ向かう場合は、JR東飯能駅東口の2番乗り場から「メッツァ」行き直通バスに12分ほど乗車して、「メッツァ」停留所で下車となります。

車でのアクセス方法と駐車場

埼玉のムーミンバレーパークへ車でアクセスする場合は、圏央道「狭山日高インターチェンジ」をおりて県道262号線を経由して5.4kmほどとなります。圏央道「青梅インターチェンジ」をおりる場合は、県道218号を経由して11kmほどです。

ムーミンバレーパークには駐車場があり、車でのアクセスもおすすめです。ただし、高さ2.1m以下、幅2.2m以下、長さ6m以下の車両制限があるので、事前に車のサイズを確認してみてください。駐車場の予約はできず、料金は現地で精算となります。営業時間は午前9時30分から午後9時30分までとなっています。

駐車場は通常は有料ですが、メッツァビレッジのオープン1周年を記念して2019年11月1日から2020年3月31日までは期間限定のキャンペーン料金となっています。この期間中は平日は無料、土曜・日曜・祝日は最大1500円で利用できるのでおすすめです。

また、土曜・日曜・祝日にメッツァビレッジで合計で税込5000円以上の利用をした場合には駐車料金が無料となります。お得に駐車場を利用したい人は活用してみてください。

駐車場の料金は、平日でもお正月やゴールデンウィークなどは土曜・日曜・祝日料金が適用されて有料となる場合があります。有料となる日にちは公式サイトの「駐車場カレンダー」に掲載されているので、訪問前に確認してみてください。

二輪車用の駐輪場

自動二輪車(オートバイ・原動機付自転車)でアクセスした場合には、収容台数が30台分の無料駐輪場を利用できます。また、自転車の場合には収容台数95台分の無料駐輪場が利用できます。

どちらの駐輪場も予約は不要で無料で利用できるので、二輪車でアクセスする場合には活用してみてください。

Thumbムーミンバレーパークへのアクセス方法を解説!電車・バス・車での行き方は?
埼玉県にあるムーミンバレーパークは、ムーミンの世界がしっかりと味わえるテーマパークです。ここ...

ムーミンバレーパークのアトラクションを楽しもう

埼玉で人気のテーマパーク「ムーミンバレーパーク」の人気アトラクションとともに、アクセス方法や料金などをご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?「ムーミンバレーパーク」は埼玉の自然とともに癒されるスポットとなっているので、ゆったりと過ごしてみてください。

今回ご紹介した埼玉の「ムーミンバレーパーク」のアトラクションや料金などの情報については今後、変更になる場合もあるのでお気を付けください。

関連記事

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ