「浅見茶屋」は武蔵野うどんの超有名店!人気のメニューやアクセス方法は?

埼玉・飯能にある大変人気の老舗のうどん屋が「浅見茶屋」です。超有名店の一つであり、大変美味しいうどんを味わうことができるお店として評判です。埼玉・飯能の「浅見茶屋」について、情報をチョイスしました。是非行ってみてください。

「浅見茶屋」は武蔵野うどんの超有名店!人気のメニューやアクセス方法は?のイメージ

目次

  1. 1埼玉・飯能の老舗うどん屋「浅見茶屋」へ行こう!
  2. 2埼玉の飯能にある老舗うどん屋「浅見茶屋」とは?
  3. 3「浅見茶屋」で食べられる武蔵野うどんとは?
  4. 4「浅見茶屋」の外観と内観
  5. 5「浅見茶屋」のおすすめメニュー
  6. 6「浅見茶屋」の人気の甘味メニュー
  7. 7「浅見茶屋」の店舗情報とアクセス
  8. 8「浅見茶屋」のおすすめ周辺観光
  9. 9人気の老舗うどん屋「浅見茶屋」へ行ってみよう!

埼玉・飯能の老舗うどん屋「浅見茶屋」へ行こう!

埼玉・飯能にある大変美味しいうどんを食べることができるお店が「浅見茶屋」です。大変人気であり、いつも多くの人で混雑している話題のお店です。うどんはもちろん、甘味も大変評判です。埼玉・飯能にある「浅見茶屋」について、店舗情報やアクセス情報などの観光情報を交えながら紹介します。是非、寄ってみてください。

埼玉の飯能にある老舗うどん屋「浅見茶屋」とは?

「浅見茶屋」は、埼玉県の飯能市・大字坂石にある大変歴史のある老舗のうどん屋です。人気のお店であり、いつも多くの人で賑わっています。

1932年(昭和7年)に開業し、現在の店主が3代目であり、代々その美味しさやうどんづくりの技法などを受け継いできました。

地元の人はもちろん、登山客や観光客などの口コミ、SNSなどで人気となり、今ではここのうどんを目当てに飯能を訪れる人も多くいます。

うどんの美味しさはもちろん、大変風情溢れるお店のつくりであり、日本の和の文化に触れることができると、海外の人からも注目されています。

埼玉や飯能周辺に観光に行こうと考えている時には、是非少し時間を取って老舗のうどん屋「浅見茶屋」に行ってみることをおすすめします。

「浅見茶屋」で食べられる武蔵野うどんとは?

埼玉・飯能の老舗うどん屋「浅見茶屋」は、武蔵野うどんの有名店です。「浅見茶屋」で食べることができる武蔵のうどんとは、東京都の多摩地域や埼玉県に伝わるうどんのことを言います。

これらの地域は、粘性質の高い関東ローム層に覆われていて、土への浸水量が降水量を上回る地域です。そうした環境から昔から小麦づくりが盛んであり、うどんが多く作られていました。

武蔵のうどんに使われる小麦は、地元産のものであり、うどんは少し太く、少し茶色がかっています。コシが強いうどんであり、歯ごたえが良いとされています。

食べる時には、「ざるうどん」や「もりうどん」として食べるのが昔ながらの食べ方です。麺のつゆは、かつおのお出汁を主としていて、少し強めの味で甘みが感じられます。具として、しいたけやごまなどが入ります。

武蔵のうどんは、昔はお祝い事などのハレの日の食事として食べられていて、今でも冠婚葬祭の時、親戚などの集まりの時などに武蔵のうどんが食べられているところもあります。

「浅見茶屋」の外観と内観

埼玉・飯能の老舗うどん屋「浅見茶屋」は、江戸時代である1855年(安政2年)に建てられた大変和の雰囲気を感じることができる古民家です。

「名物 手打ちうどん 浅見茶屋」と大きく書かれた看板が掲げられています。大変人気のお店なので、入店までに行列となっていることがあり、店の外で多くの人が待っていることもあります。外には、椅子が置かれているので、入店までに待ち時間があった時には、そこに座って順番が来るのを待ちましょう。

店内は、テーブル席、靴を脱いで上がる座敷席などさまざまな形態の席があります。座敷席があるので、小さな子ども連れのファミリーや3世代で行っても安心です。

大変歴史を感じることができる内観となっていて、障子やふすま、古いたんす、いろりなど風情を感じることができるものがたくさんあります。

屋外の座席もあるので、季節や気候が良い時、花を眺めながら食事をしたい時などに特におすすめです。

「浅見茶屋」のおすすめメニュー

埼玉・飯能の老舗うどん屋「浅見茶屋」には、たくさんのメニューがあり、あれもこれもと食べたくなってしまうこと間違いなしです。

「浅見茶屋」の充実したメニューの中でも特に人気でおすすめのメニューについて、厳選して3つ紹介します。

おすすめメニュー(1) 肉汁つけうどん

「浅見茶屋」の充実したメニューの中でも特に人気でおすすめのメニューの一つ目は、「肉汁つけうどん」です。料金は、850円となっています。

竹を割ったお皿に冷たいうどんが乗ったつけうどんです。麺のつゆには、少し濃いめのお出汁に群馬県産の豚バラ肉・じっくりことことと煮て甘くなったたまねぎなどが入っていて、うまみがギュッと濃縮されています。大変人気でおすすめの逸品です。

おすすめメニュー(2) 肉汁釜揚げうどん

「浅見茶屋」の充実したメニューの中でも特に人気でおすすめのメニューの二つ目は、「肉汁釜揚げうどん」です。料金は、850円となっています。

竹をくりぬいた筒にお湯とうどんが入っています。麺のつゆは、「肉汁つけうどん」と同じですが、温かいうどんであり、寒い時期や、身体を温めたい時などにおすすめのメニューです。好みでねぎやごまを入れると良いです。

おすすめメニュー(3) ぶっかけうどん

「浅見茶屋」の充実したメニューの中でも特に人気でおすすめのメニューの三つ目は、「ぶっかけうどん」です。料金は、750円となっています。

大きなお椀に冷たいうどんが入っていて、のり、大根おろし、ごま、かつおぶしなどの7種類の薬味でじっくりと味わうことができます。うどんの食感が一番感じられる逸品です。

「浅見茶屋」の人気の甘味メニュー

埼玉・飯能の老舗うどん屋「浅見茶屋」には、うどんの他にもたくさんの甘味があり、うどんとあわせてデザートとして食べたり、旅の途中の休憩に足休めで食べたりと大変人気があります。

「浅見茶屋」にある甘味メニューの中でも特に人気でおすすめの甘味メニューを厳選して3つ紹介します。是非、ゆっくり甘いものを味わってみてください。

人気の甘味メニュー(1) 天草きなこ黒みつアイス

「浅見茶屋」にある甘味メニューの中でも特に人気でおすすめの甘味メニューの一つ目は、「天草きなこ黒みつアイス」です。料金は、450円となっています。

美味しさ満点のバニラアイスと寒天に黒蜜がたっぷりとかかっています。その上にきなこがかかっていて、古くから愛されている絶品の甘味の一つです。

人気の甘味メニュー(2) 自家製ところてん

「浅見茶屋」にある甘味メニューの中でも特に人気でおすすめの甘味メニューの二つ目は、「自家製ところてん」です。料金は、300円となっています。

徳島の鳴門海峡の天草でつくった手作りのところてんであり、弾力があり食べ応えがあります。細切りののりが乗っていて、美味しいたっぷりの出汁醤油がかかっていて、うまさ抜群です。

人気の甘味メニュー(3) クリームみつ豆

「浅見茶屋」にある甘味メニューの中でも特に人気でおすすめの甘味メニューの三つ目は、「クリームみつ豆」です。

バニラアイス・寒天・みつ豆のオーソドックスなクリームみつ豆ですが、見た目が大変かわいらしく、SNS映えばっちりの甘味メニューとなっています。

「浅見茶屋」の店舗情報とアクセス

埼玉・飯能の老舗うどん屋「浅見茶屋」に行きたいと思った時に、事前に知っておくとスムーズに行動できる店舗情報やアクセス情報などについて紹介します。

大変人気のうどん屋であり、混雑して、入店までに行列となっていることもあるので、時間にはたっぷりの余裕をもって行くようにすることをおすすめします。

店舗情報

「浅見茶屋」は、 埼玉県・飯能市の大字坂石にある老舗のうどん屋です。山の中腹にあるこじんまりとしたお店です。

営業時間は、11時から16時頃までとなっています。毎週水曜日と第4木曜日は定休日です。その他の休業日は、SNSなどに記載されるので、あらかじめチェックをしておくことをおすすめします。閉店時間が少し早めなので、注意をしておくと良いでしょう。

電車でのアクセス

埼玉・飯能の老舗うどん屋「浅見茶屋」に電車を利用してアクセスしようと思っている場合は、西部秩父線の「吾野駅」で降りると約3.2キロメートル・徒歩約50分でアクセスすることができます。

駅からはタクシーを利用しても良いですし、トレッキング・ハイキングをしながら周囲の自然に目を向けて歩いて訪れても良いでしょう。

登山途中などに歩いて訪れる人は、電車の運行本数や時間が限られているので、しっかりとスケジュールを組み、時計を見ながら行動するようにしましょう。

車でのアクセスと駐車場

埼玉・飯能の老舗うどん屋「浅見茶屋」に車を利用してアクセスしようと思っている場合は、首都圏中央連絡自動車道の「狭山日高インターチェンジ」で降りて、飯能市街・国道299号線を経て秩父方面へと向かうと約45分でアクセスすることができます。

都心部から約90分ほどで行くことができるので、ドライブ途中に寄る場所としても大変おすすめです。

「浅見茶屋」には、来店者の専用駐車場があります。比較的広いですが、駐車できる車の台数には限りがあります。大変人気のお店なので、週末やゴールデンウィークなどを中心に混雑することがあるので、到着した時に混雑していた時には特に譲り合いの気持ちをもって駐車するようにしましょう。

ツーリングなどでバイクで訪れる人も大変多いお店です。バイクの駐車の場合もしっかりと周囲の様子を見ながら駐車するようにしましょう。

「浅見茶屋」のおすすめ周辺観光

埼玉・飯能の老舗うどん屋「浅見茶屋」の近くには、たくさんの観光スポットがあり、観光途中に寄ってみるのもおすすめです。

「浅見茶屋」の周辺にあるおすすめ観光スポットについて、厳選して紹介します。是非、観光スケジュールをつくる時の参考にしてください。

さわらびの湯

「さわらびの湯」は、埼玉県・飯能市の下名栗にある日帰りで入浴を楽しめる温泉施設です。ログハウスふうの建物となっていて、地元の木材をふんだんに使い、温もりを感じることができます。

開放感抜群で青空や夜空を見上げながら入浴ができる露天風呂や、広びろとした大浴場には、アルカリ性単純泉のお湯がなみなみと注がれています。

備え付けのボディーソープやシャンプーがあり、バスタオル・メイク落とし・化粧水などの販売もあるので、観光途中で手ぶらで急に訪れても安心です。

さまざまな時期に合わせたイベントなども行われていて、地元の特産品や名産品などを購入できるお土産屋もあり、それぞれの時間をゆったりと過ごすことができます。

「さわらびの湯」に電車を利用してアクセスする場合は、西武池袋線の「飯能駅」で降りてバスに乗りかえて約45分の「さわらびの湯バス停」で降りるとアクセスすることができます。車の場合は、首都圏中央連絡自動車道の「狭山日高インターチェンジ」で降りると良いでしょう。

開館時間は、10時から18時までとなっています。毎週第1水曜日は定休日です。料金は、大人が800円、小・中学生が400円、乳幼児は無料となっています。

宮沢湖温泉 喜楽里 別邸

「宮沢湖温泉 喜楽里 別邸」は、埼玉県・飯能市の大字宮沢にある日帰りで入浴を楽しむことができる温泉施設です。

移り行く四季の木々を眺めながらゆったりと入浴できる露天風呂や、岩づくりの天然温泉が源泉掛け流しで楽しめる源泉風呂、じっくりと疲れを癒せると評判の高濃度炭酸泉など、さまざまな湯船でのんびりとした時間を過ごせます。サウナもあるので、じっくりと汗を流して身体を癒せます。

岩盤浴があり、ダイエットやデトックスをしたい時などにもおすすめです。女性専用のスペースもあるので、異性の目を気にすることなく自由に過ごせると評判です。

ビュッフェレストランやそば処、カフェ・バーなど飲食ができる場所も充実していて、大切な人との大切な時間を素敵に過ごすことができます。

「宮沢湖温泉 喜楽里 別邸」に電車でのアクセスを考えている時には、西武池袋線の「飯能駅」で降りてバスに乗りかえるとアクセスすることができます。車の時には、首都圏中央連絡自動車道の「狭山日高インターチェンジ」で降りると行けます。

営業時間は、9時から24時までで、最終入館受付時間は23時となっています。料金は、入浴のみのシンプルコースが大人が平日1030円、土・休日・特定日が1050円、小学生が870円、土・休日・特定日が970円となっています。小学生未満の未就学児は入館することができません。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」は、埼玉県・飯能市の大字阿須にある自然に囲まれた広い敷地のある公園です。

ムーミンの世界観を楽しむことができる公園として有名で、不思議な形の建物があったり、小川が流れていたりと大変雰囲気が良く、どこからかひょっこりとムーミンが現れそうな魅力あふれる場所となっています。

子どもが自由に伸び伸びと遊べるようになっていて子どもに人気なのはもちろん、ここでしか味わうことができない世界観を堪能できると女性を中心に大変話題となっている公園です。夜にはライトアップがある時もあり、さらに幻想的な空間となります。

「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」に電車を利用して行く場合は、西武池袋線の「元加治駅」で降りると徒歩約20分でアクセスすることができます。車の時には、首都圏中央連絡自動車道の「狭山日高インターチェンジ」で降りると約20分です。

開園時間は、基本的には9時から17時までとなっていますが、季節によって変動したり、ライトアップがある時には21時まで延長したりします。毎週月曜日は休園日です。料金無料で入園することができます。

Thumbトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園はムーミンの世界!混雑状況や料金は?
埼玉・飯能にある「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」は、大変人気の公園です。自然にあふ...

人気の老舗うどん屋「浅見茶屋」へ行ってみよう!

埼玉・飯能にある「浅見茶屋」は、老舗のうどん屋であり、大変美味しいうどんを味わうことができるお店として人気があります。ここでしか味わうことができない風情と共にうまみ満載のうどんを食べてみることをおすすめします。埼玉・飯能周辺に観光に行く時には、老舗のうどん屋「浅見茶屋」にも行ってみることをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ