与那国島のおすすめ観光スポットまとめ!人気グルメやお土産なども!

日本最西端の夕日が見れる与那国島は、日帰り観光でも人気の島。広い島内の観光名所を効率よく回るならレンタカーがおすすめです。今回は、与那国島観光でおすすめの観光スポット、また島への行き方や所要時間の他、与那国島で楽しめるグルメや限定お土産等をご紹介いたします!

与那国島のおすすめ観光スポットまとめ!人気グルメやお土産なども!のイメージ

目次

  1. 1日帰りで与那国島観光を楽しむならレンタカーがおすすめ!
  2. 2与那国島の観光コースをご紹介!
  3. 3与那国島の観光地1:Dr.コトー診療所ロケ地
  4. 4与那国島の観光地2:海底遺跡
  5. 5与那国島の観光地3:立神石
  6. 6与那国島の観光地4:ナーマ浜
  7. 7与那国島の観光地5:西崎
  8. 8与那国島観光で回りたいグルメな店1:わかなそば
  9. 9与那国島観光で回りたいグルメな店2:ユキさんち
  10. 10与那国島で買いたいおすすめのお土産
  11. 11レンタカーで日帰りもOK!与那国島観光を満喫しよう!

日帰りで与那国島観光を楽しむならレンタカーがおすすめ!

13183342 1606661829646732 1286863349 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mamstagram_030

沖縄県の石垣島から飛行機なら所要時間35分の距離にある与那国島は、有名ドラマの撮影地や自然が作り出した絶景を楽しめるおすすめの観光地はレンタカーで回るのがおすすめ。与那国グルメが味わえるお店や、与那国島のかわいい雑貨が買えるお土産ショップもありますので、今回は、与那国島への行き方もも含めて情報満載でお送りします!

与那国島の観光コースをご紹介!

21984495 1664170613602559 964930313614524416 n
abebebebeabet

広い島内に観光名所が点在する与那国島は、観光名所を効率よく回れるレンタカーでの観光がおすすめ。近隣の石垣島からなら、飛行機以外にもフェリーでのアクセスが可能です。石垣島から与那国島までの所要時間は約4時間。コストを抑えて、フェリーでアクセスするなら、日帰りではなく、のんびり過ごせる宿泊プランがおすすめです。

20067060 1710452785650207 8200298264168235008 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tripnote.jp

レンタカーでの観光コース、おすすめの行き方は、島を東まわりに回るコース。海岸沿いをドライブしながら、与那国島の景勝地やヨナグニウマが放牧されている岬などを回るプランです。もし、所要時間のかかるビーチやマリンアクティビティを入れると、日帰りするのは難しくなります。宿泊プランならお土産もゆっくり選べるのでおすすめです。

与那国島の観光地1:Dr.コトー診療所ロケ地

23279968 1162832973849653 7921074808098390016 n
___minchan___

まず、最初に回る観光地は、ドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地として有名な「志木那島診療所」(しぎなじま)です。行き方が少し分かり辛いですが、人気ドラマの舞台となった建物は、内部が撮影当時のまま保存されています。建物内にある待合室では、ドラマのハイライトも上映されているそうで、に人気の観光名所となっています。

10808560 1578473395706348 1409836570 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
girlywave

また、建物の屋上からは、比川浜の美しいビーチを見渡すこともでき、人気ドラマの俳優になった気分で海の風景も楽しめます。飛行機でアクセスした場合与那国空港からの所要時間は、レンタカーで約10分ほどとなります。入館料は300円で、開館時間は10:00から17:30までとなています。こちらの観光名所は、年中無休だそうです。

与那国島の観光地2:海底遺跡

26281712 157665401552215 2674620300091457536 n
okinawa.chabagua

続いてご紹介する与那国島の観光名所は「海底遺跡」です。美しいビーチとダイビングに人気の海が広がる与那国島の新名所として話題となっている海底遺跡は、与那国島の南側約50kmにあります。海底遺跡への行き方は、ダイビングやシュノーケリングツアーの他、高速半潜水艇ジャックスドルフィン号に乗って行くことができます。

26869825 1996839150556538 6914562446485094400 n
okinawa.chabagua

海底遺跡のように見える巨大な岩は、高さ25m、幅が長い方で250m、狭い方は150mとなっています。人工的に作られたように見える通路や、柱を立てていた跡ではないかと思われるような穴があることから、謎の海底遺跡として、テレビや新聞等にも取材されました。高速半潜水艇なら、泳げない方やお子様連れでも観光することが可能です。

26225656 148470462527532 8310260903098449920 n
redorca_diving

海底遺跡の発見者であるサーウェス与那国の経営者「新嵩喜八郎さん」が運営するジャックスドルフィン号なら、日帰りツアーも催行しているようです。乗船料金は、大人一名が6000円、子供(小学生)が3000円です。港から海底遺跡までの所要時間は18分です。天候によっては、船が出港しない日もあるそうですので、ご注意下さい。

Thumb沖縄の海はいつまで泳げるのか!石垣島・宮古島は?おすすめの時期はいつ?
南にある沖縄は年間通して暑いイメージがあります。11月頃沖縄に行くけど気温は大丈夫?沖縄の海...

与那国島の観光地3:立神石

11085086 530350753772143 554369199 n
daidaicafe_yonaguni

続いてご紹介する与那国島の観光地は、立神岩(たてがみいわ)です。与那国島の美しい海に浮かぶ奇岩は、島のシンボル的存在です。立神岩への行き方は、断崖絶壁がつづく与那国島の問う南部をレンタカーですすみます。古くから地元の方々の信仰の対象となっている神聖な岩は、全体像を見るなら、立て神岩展望台へ行くのがおすすめです。

26068421 140466683309331 6599162326262218752 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
keisuke_1120

与那国空港から立神岩へのアクセスにかかる所要時間は、レンタカーで15分ほどです。先ほどご紹介した海底遺跡からなら、5分ほどの距離にあります。見学は無料で、駐車場は6台ほどあるようです。与那国島の自然が生み出した絶景はおすすめの撮影スポット。ぜひ、インスタ映えする「立神岩」を激写してみてください!

与那国島の観光地4:ナーマ浜

17332328 271679849937465 2526020620697731072 n
abebebebeabet

与那国島と言えば、やっぱり美しい海!というわけで、観光スポットとして外せないおすすめのビーチがナーマ浜です。こちらは、最後にご紹介する観光名所「西崎」(いりざき)や久部良港(くぶら)からもアクセスが良いおすすめのビーチです。与那国空港からナーマ浜までの所要時間は、レンタカーで約10分ほど。美しいビーチは目の前です!

22858410 1512413312140309 1192540636587229184 n
nabe.hiromichi

また、ナーマ浜とは違いますが、シュノーケリングに人気のビーチなら、ダンヌ浜があります。ダンヌ浜では、映画「ニモ」でお馴染みのカクレクマノミや、チョウチョウウオなど、美しい熱帯魚が珊瑚礁の間をゆったりと泳ぐ姿を楽しめます。 ビーチで木陰を見つけて、のんびりと海を眺めながら読書など、何もしない休日もおすすめです。

与那国島の観光地5:西崎

27880989 1897731843873016 6646976247253434368 n
y.kakehi

最後にご紹介する与那国島の観光地は「西崎」(いりざき)です。日本最西端の島として知られる沖縄県の離島「与那国島」。この西崎からは、日本で最後に沈む美しい夕日を眺めることができます。行き方は、先ほどご紹介したナーマ浜をレンタカーで少し北上するだけと簡単です。小高い丘の上には、日本最西端の石碑も設置されています。

27574588 159044391418205 2590565127229014016 n
goto_islands

ロマンチックな西崎の夕暮れを見るなら、日帰りよりも宿泊プランで与那国島へ行くのがおすすめ。勘プルでのドライブデートにもおすすめのスポットです。西崎の日没の時間は、夏場なら19:00前後、冬場なら18:00前後となっているようです。また、与那国島の観光協会が指定する販売所では、お土産にもおすすめの「日本最西端の証」が買えます。

与那国島観光で回りたいグルメな店1:わかなそば

26873036 223076268237326 290826701062012928 n
sattonh0313

ここからは、与那国島観光でおすすめのグルメ情報をご紹介していきます。まず、一軒目にご紹介したい与那国グルメのお店は「わかなそば」。八重山諸島の伝統的なグルメ言えばやっぱり「八重山そば」です。女性店主が一人でいるという「わかなそば」のメニューは、八重山そばのみ!港から近く、行き方も分かりやすいのでおすすめです。

沖縄本土のソーキそばとは、また一味違ったグルメとしてぜひ与那国島で味わっていただきたい「八重山そば」は、カツオの旨味が効いたコクのあるスープが自慢です。後味がさっぱりした「わかなそば」こだわりの一品は、そば小サイズが400円、並サイズが700円、大サイズが900円です。営業時間はランチタイムのみ11:30から14:00までです。

住所:沖縄県八重山郡与那国町与那国3083
電話番号:0980-87-3338

与那国島観光で回りたいグルメな店2:ユキさんち

続いてご紹介する与那国島のグルメなお店は「ユキさんち」です。与那国空港から、5kmほどと行き方もわかりやすいお店です。赤瓦の古民家で営まれている素朴な「ユキさんち」はカレーのお店。「与那国島まで行って、カレーがグルメってどういうこと?」と思われた方、ちょっとお待ち下さい!こちらのカレーにはヘチマや冬瓜が入っています!

「ユキさんち」のカレーには、本土では使われない八重山産の野菜がたっぷり使われており、とってもヘルシー。食べごたえも十分なカレーは、ここでしか味わえない与那国グルメです!スパイスから手作りしているこだわりのカレーは、日替わりで単品メニューが700円。自家製唐辛子もあるそうで、辛さを調節できるそうです!

与那国島で買いたいおすすめのお土産

さて、旅の最後にぜひ買いたいのがお土産です。与那国島でお土産を買うのにおすすめのお店は「民芸品のサンアイ」です。明治時代まで与那国島で使われていたという「カイダ文字」をモチーフにしたぽいー地やコースターなど、与那国島ならではのお土産が購入できます。また、島在住の陶芸家による作品等、ここでしか買えないお土産がてんこ盛り。

ぜひ、与那国島ならではの一品をゲットしてください。日帰りプランで、お土産をゆっくり選ぶ時間がないと言う方におすすめなのは「与那国町漁協 空港前店」です。お土産に人気のアイテムは、与那国島の特産品であるカジキを薄くスライスした「カジキジャーキー」。大変珍しいお土産です。空港内なら所要時間もかからないので安心です。

宿泊プランでのんびり与那国島を回る方には、与那国島の素材を使ったかわいいお土産が買えるお店「雑貨さくら」や与那国島の観光名所をモチーフにした手書きTシャツ等が購入できる「one mahina」等がおすすめ。自然に優しい物をコンセプトにした草木染めなどのお土産の他、ハイビスカス石けんなど、与那国島ならではのお土産が買えます。

レンタカーで日帰りもOK!与那国島観光を満喫しよう!

13256569 1595198300790303 1360871413 n
mamstagram_030

与那国島の観光プランをご紹介しました。石垣島からなら、フェリーか飛行機か、行き方によって所要時間も変わりますが、与那国島は自然がいっぱいの素晴らしい楽園です。今回ご紹介できなかった観光地にはヨナグニウマを見られる「東崎」や景勝地ティダバナ等もあります。ぜひ、与那国島の美しい自然をレンタカーで巡ってみて下さい。

関連記事

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ