「信州亀齢」は長野で話題の蕎麦に合う日本酒!販売店や価格は?

みなさんは長野県で話題になっている「信州亀齢」という日本酒をご存じでしょうか。信州亀齢は蕎麦に合う日本酒として人気になっていまして、現在全国でもじわじわと人気になってきています。そこで今回は長野県の岡崎酒造が誇る信州亀齢についてご紹介していきます。

「信州亀齢」は長野で話題の蕎麦に合う日本酒!販売店や価格は?のイメージ

目次

  1. 1長野で人気の日本酒「信州亀齢」とは?
  2. 2そもそも日本酒とは?
  3. 3「信州亀齢」が人気の理由
  4. 4「信州亀齢」ってどこの酒蔵が作っているの?
  5. 5岡崎酒造について
  6. 6「信州亀齢」のおすすめ銘柄
  7. 7「信州亀齢」を購入できる販売店
  8. 8おすすめの日本酒
  9. 9人気の日本酒「信州亀齢」を購入してみよう!

長野で人気の日本酒「信州亀齢」とは?

みなさんは現在長野県で人気になっている「信州亀齢(しんしゅうきれい)」という日本酒をご存じでしょうか。こだわりを持って日本酒を作っていますので、信州亀齢という日本酒は米にも水にもこだわった、とても美味しい日本酒になっています。

そこで今回は長野県の岡崎酒造で作られている「信州亀齢」という日本酒についてご紹介していきます。信州亀齢についてはもちろんのこと、岡崎酒造についてもご紹介していきますし、販売店などについてもご紹介していきます。ぜひ下記の情報を参考に岡崎酒造の信州亀齢を味わってみてください。おすすめの飲み方などもご紹介していきます。

そもそも日本酒とは?

ではまずは信州亀齢についてではなく、日本酒についてご紹介していきます。日本酒というのは日本で作られているお酒になっていまして、主に米と水から作られている清酒のことになっています。使われる米の違いによって味や香りなどもかわってきます。

また日本酒は縄文時代から弥生時代にはあったとされていまして、とても歴史のあるお酒となっています。同じ日本酒ですが吟醸酒、大吟醸酒、純米酒、純米吟醸酒、本醸造酒、特別本醸造酒などさまざまな日本酒が存在していますので、奥の深いお酒になっています。それぞれ違った香りや味を楽しむことができますので、ぜひ楽しんでみてください。

Thumb長野の日本酒ランキングTOP17!美味しいと話題の地酒の銘柄は?
長野県は、全国で2番目に酒蔵の多い県です。長野県で生まれたおいしい地酒はお土産にも大人気です...
Thumb上野で日本酒を堪能しよう!デートにおすすめのバー&居酒屋や飲み放題は?
東京上野界隈は、都内の中では比較的物価が安いエリア。そんな上野エリアには、美味しい日本酒が楽...

「信州亀齢」が人気の理由

ではここかは長野で人気になっている信州亀齢についてご紹介していきます。まずご紹介するのは信州亀齢が人気の理由についてです。日本酒は全国にたくさんの種類がありますし、各地で美味しいと話題になっている日本酒などが誕生しています。

そんな中で長野の信州亀齢も現在話題を集めていまして、ここではその人気の理由についてご紹介していきます。ぜひなぜ信州亀齢が人気なのかを知ったうえで、みなさんも信州亀齢を味わってみてはいかがでしょうか。日本酒にはいろいろな楽しみ方がありますので、きっと気に入る飲み方などを見つけることなどもできるはずです。

人気の理由(1) アルプスの水を使い米の本来の味を感じられる

日本酒を作る際にお水がどのくらい必要になるのか、みなさんはおわかりでしょうか。だいたい一升の日本酒を作るにあたって必要になるお水の量は、その約20倍にもなるといわれています。そのため信州亀齢のようにアルプスの美味しいお水などを使っている日本酒というのは、日本酒本来の味わいや香りなどを楽しめると人気になっています。

たしかに使われているお米もこだわっているのですが、大量に使われているお水が美味しいからこそ、お米の味や香りなども際立つのではないでしょうか。ぜひみなさんもアルプスの水を使った美味しい日本酒を味わってみてはいかがでしょうか。

人気の理由(2) 蕎麦との相性も抜群

また信州亀齢は蕎麦と合うお酒として作られていまして、さっぱりとした味わいが特徴になっています。また信州亀齢は辛口のお酒が多くなっていますので、蕎麦以外のお料理などと一緒に楽しむこともできますし、食中酒としても人気になっています。

日本酒が好きな方はもちろんなのですが、蕎麦がお好きな方はぜひ蕎麦と一緒に信州亀齢を楽しんでみてはいかがでしょうか。あっさりとした口当たりの日本酒が、蕎麦との相性もぴったりでゆっくりお酒を楽しめること間違いなしになっています。

「信州亀齢」ってどこの酒蔵が作っているの?

では肝心の信州亀齢がどこで作られているのかについてご紹介していきます。日本酒などはそもそもどこかの酒造が作っていることが多く、それぞれこだわりの味を楽しめるようになっています。そのため信州亀齢がどこで作られているのか気になる方も多いのではないでしょうか。また販売店などを知るためにも知りたい!という方は多いです。

ですので信州亀齢がどこで作られていて、どこが販売店になっているのかをご紹介していきますので、気になる方はぜひ問い合わせてみてはいかがでしょうか。こだわりの日本酒になっていますので販売店は限られています。

岡崎酒造が製造と販売

では信州亀齢を作っている酒造や、販売店についてご紹介していきます。信州亀齢を作っているのは岡崎酒造といいまして、1665年以降ずっと日本酒などを作っています。そんな歴史ある岡崎酒造で作られていて、販売店も岡崎酒造になっています。

昔から代々伝わる作り方を受け継いでいますので、いつまでも美味しいお酒を味わうことができると人気になっています。蔵自体は小さいのですが、そのぶんみなさんが愛情をこめてお酒作りにとりかかっていますので、変わらぬおいしさのお酒を楽しめるようになっています。

また岡崎酒造が製造はもちろんのこと、販売店にもなっていますので、作り立ての信州亀齢などを楽しむこともできるようになっています。ぜひ気になる方は岡崎酒造に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

岡崎酒造について

ではここからは信州亀齢の販売店でもある岡崎酒造についてご紹介していきます。先ほどご紹介しましたように岡崎酒造は1665年より前から酒作りをしている酒造となっています。現在でも小さい酒造ですので昔ながらの製法などを守って作っています。

そのためこだわりの日本酒を味わうことができるようになっていますし、信州亀齢のような人気の日本酒などもあります。お米やお水にこだわっているのはもちろんなのですが、信州の自然も大切にする心を忘れない岡崎酒造だからこその日本酒を楽しむことができるようになっています。ぜひみなさんも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

「信州亀齢」のおすすめ銘柄

では続いて信州亀齢の中でもおすすめの銘柄についてご紹介していきます。信州亀齢といいましてもいろいろな種類の銘柄がありまして、それぞれに特徴などがあるものです。

もちろん下記でご紹介する銘柄以外にもおすすめの銘柄などがありますので、ぜひいろいろな銘柄を試してみてはいかがでしょうか。お気に入りの銘柄が見つかること間違いなしになっています。蕎麦などと一緒に信州亀齢を楽しんでみてください。

おすすめ銘柄(1) 稲倉の棚田産 ひとごこち

まずご紹介するのは「稲倉の棚田産 ひとごこち」です。この稲倉の棚田産 ひとごこちというのは、小さな小さな田んぼで愛情込めて育てられた「ひとごこち」という酒米を使って作られた日本酒になっています。もちろんお水にもこだわっていますので、ひとごこちの良さを最大限に活かした日本酒を楽しむことができるようになっています。

数に限りのある商品になっていますので、希望される方は予約などをされるのがおすすめになっています。長野県以外からの問い合わせなども多くなっていますので、ぜひみなさんも発売されたときには、予約されてみてはいかがでしょうか。

おすすめ銘柄(2) ひとごこち 純米吟醸 <無濾過生原酒>

続いてご紹介するのは「ひとごこち 純米吟醸 <無濾過生原酒>」です。こちらは先ほどご紹介した銘柄と同じくひとごこちを使用した日本酒になっています。フレッシュなだけではなくフルーティーな味わいの日本酒になっていまして、さっぱりとしているのですが飲みごたえのある素敵な日本酒になっています。

女性の方にも人気になっていまして、飲みやすいさわやかな味わいは男女問わずおすすめになっています。アルコール度数は15度となっていまして、なかなかない日本酒になっていますので、ぜひみなさんも味わってみてはいかがでしょうか。

おすすめ銘柄(3) 美山錦 純米大吟醸

最後にご紹介するのは「美山錦 純米大吟醸」です。こちらはシャープな味わいが特徴的な日本酒になっていまして、大人の味を楽しむことができると人気になっています。ラベルもとてもシンプルなラベルになっていまして、かっこいいデザインが特徴です。

2015年関東信越局鑑評会で首席の成績を収めた銘柄でもありますので、ご自身用として楽しむのはもちろんのこと、贈答用などにもおすすめの銘柄になっています。山田錦を39%まで磨いて醸した銘柄になっていますので、ぜひみなさんも味わい深いシャープなキレのある日本酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

「信州亀齢」を購入できる販売店

では信州亀齢を購入できるそのほかの販売店についてご紹介していきます。もちろん先ほどご紹介しましたように、岡崎酒造でも販売されているのですが、そのほかにも信州亀齢を販売している販売店が存在していますので要チェックになっています。

そこでここでは全国にある信州亀齢を販売している販売店や、オンラインショップなどの情報をご紹介していきます。ぜひ実際に足を運ぶのが難しいという場合には、オンラインショップなどを活用して、信州亀齢のさまざまな銘柄をゲットされてみてはいかがでしょうか。

全国にある岡崎酒造と提携している販売店

ではまず信州亀齢を販売している岡崎酒造以外の販売店についてご紹介していきます。まずご紹介するのは長野県長野市にあります「はとや」です。こちらは蔵元直送の日本酒や梅酒や焼酎などを扱っているお店になっていまして、信州亀齢の販売も行っています。

そのほかにも「酒舗 清水屋」といいまして長野県南佐久郡小海町と長野県佐久市にお店を構える販売店などもあります。またそのほかにも「栄屋長谷商店」などでも購入することができるようになっています。また長野県以外ですと、東京都にあります「地酒専門店 鈴傳」などでも信州亀齢を購入することができるようになっています。

オンラインでも購入できる

またそのほかにもオンラインショップでも購入できるようになっていまして、販売店まで直接行くことができない!という場合にはオンラインショップを利用するのもおすすめになっています。大手サイトなどでも購入することができるのですが、公式ホームページに専用のアドレスなどもありますので、そこから問い合わせることも可能になっています。

また「ほりこし商店」というネットショップでも購入できるようになっていますので、ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。また信州亀齢の銘柄の中には数量限定のものなどもありますので、お早めに予約などをされるのがおすすめになっています。

おすすめの日本酒

ではここからは信州亀齢以外のおすすめの日本酒についてご紹介していきます。日本にはたくさんの日本酒の銘柄がありますので、飲んだことのない日本酒なども多いのではないでしょうか。ぜひみなさんもいろいろな銘柄の日本酒を楽しんでみてください。

またそれぞれの日本酒に特徴などもありますし、お料理に合う日本酒から、ちょっとずつ味わいたい日本酒までさまざまになっていますので、その銘柄にあった楽しみ方などを楽しんでみるのもおすすめになっています。ぜひみなさんも日本酒についてもっと詳しくなって、一番おいしく飲める飲み方などを学んでみてはいかがでしょうか。

獺祭 純米大吟醸45

まずご紹介するのは「獺祭 純米大吟醸45」です。山口県岩国市で製造されている日本酒になっていまして、芸能人の方々なども絶賛している日本酒の一つになっています。もともとは獺祭 純米大吟醸50という名前の日本酒だったのですが、獺祭 純米大吟醸45と名前を変え、現在は販売されている日本酒になっています。

獺祭はそもそも蔵出ししたあとは早めに飲まれるのがおすすめの銘柄になっていまして、贈答用などとしても人気になっています。まだまだ獺祭 純米大吟醸50が市場に残っている場合もありますが、獺祭 純米大吟醸45をぜひ購入されてみてください。

久保田 純米大吟醸 萬寿

続いてご紹介するのは「久保田 純米大吟醸 萬寿」です。こちらは人気の銘柄の一つとなっている久保田の最高峰ともいわれていまして、品のある味わいが特徴となっている日本酒です。そのためお料理などとの相性も抜群で和食との相性がとくにいいと評判です。

冷酒や常温で飲まれるのがおすすめになっていまして、ロックや熱燗にはそこまで適していない日本酒になっています。味わい深く、香りも豊かな日本酒になっていますので、ぜひみなさんも一度久保田 純米大吟醸 萬寿を飲んでみてはいかがでしょうか。

春鹿 超辛口 純米酒

最後にご紹介するのは「春鹿 超辛口 純米酒」です。こちらは辛口の日本酒になっていまして、クセになる味わいが人気となっています。辛口になっていますので和食との相性もぴったりですし、とくに辛口がお好きな方にはおすすめの日本酒になっています。

後味もさっぱりしていますので、食事の味などを変えることもないですし、大人の味わいを楽しむことができるようになっています。ぜひみなさんも春鹿 超辛口 純米酒と和食を一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。贈答用などとしても人気の銘柄になっていますのでおすすめです。

人気の日本酒「信州亀齢」を購入してみよう!

いかがでしたでしょうか。今回は長野県で人気になっている信州亀齢についてご紹介しました。信州亀齢は数量限定の銘柄などもありますし、とても人気の日本酒になっています。蕎麦との相性も抜群になっていますので、ぜひみなさんも歴史ある岡崎酒造が誇る信州亀齢を堪能されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

新着一覧

最近公開されたまとめ