ムーの子孫札幌店は月島もんじゃの人気店!ランチの食べ放題が激安?

北海道札幌市にある「ムーの子孫札幌店」はランチで食べ放題のメニューがある、人気のもんじゃのお店です。価格も安いと評判です。東京の下町グルメ、もんじゃがお腹いっぱい食べられます。そんな人気の「ムーの子孫札幌店」について、メニューや人気のコースなどを紹介します。

ムーの子孫札幌店は月島もんじゃの人気店!ランチの食べ放題が激安?のイメージ

目次

  1. 1月島もんじゃの人気店『ムーの子孫札幌店』とは?
  2. 2東京月島ともんじゃ焼き
  3. 3『ムーの子孫札幌店』の外観と内観
  4. 4『ムーの子孫札幌店』のランチとは?
  5. 5『ムーの子孫札幌店』のディナーにも食べ放題があるの?
  6. 6『ムーの子孫札幌店』って子連れでも大丈夫?
  7. 7『ムーの子孫札幌店』の予約方法
  8. 8『ムーの子孫札幌店』の店舗情報とアクセス
  9. 9『ムーの子孫札幌店』口コミ 
  10. 10安いと人気の食べ放題がある『ムーの子孫札幌店』へ行ってみよう!

月島もんじゃの人気店『ムーの子孫札幌店』とは?

札幌にあるもんじゃ焼きの人気店「ムーの子孫札幌店」は、もんじゃ焼きの名店です。月島もんじゃの札幌にあるお店です。

もんじゃ焼きは東京の下町が発祥の東京の下町を代表するグルメです。根強い人気があります。もんじゃ焼きとして、東京の下町、月島の人気グルメになっています。そんなもんじゃ焼きの札幌の名店が「ムーの子孫札幌店」です。

『ムーの子孫札幌店』は札幌のもんじゃ焼きの人気店

「ムーの子孫札幌店」は、とにかくコストパーフォーマンスが良いもんじゃのお店として知られています。全メニュー36品目食べ放題のコースもあります。

もんじゃ専門店ですが、お好み焼きや鉄板焼きや麺類まで揃っています。平日のランチタイムは比較的安い価格で、食べ放題、飲み放題のコースがあります。そんな「ムーの子孫札幌店」の紹介です。

東京月島ともんじゃ焼き

元々のもんじゃ焼きは、東京の下町に起源があります。水溶きした小麦粉に具材を交ぜて、鉄板で調理して食べる関東の粉ものグルメです。戦後に、東京の下町の駄菓子屋さんの店内で販売されていました。 

もんじゃ焼きの一大聖地、東京都中央区月島は「もんじゃ焼きの街」と呼ばれて、地域の観光資源になっています。月島にはもんじゃ屋さんが80店舗弱もあり、様々なタイプのもんじゃ焼きが楽しめます。月島といえばもんじゃ焼きといわれるほど、定着しています。

『ムーの子孫札幌店』の外観と内観

「ムーの子孫札幌店」は、札幌狸小路5丁目の複合ビル、ノルベサビルにあります。ノルベサビルは屋上に観覧車が回るビルで、一目でノルベサビルと分かります。エスカレーターで3階まで上がると、すぐ目の前に「ムーの子孫札幌店」があります。

広い窓際にテーブル席が並びます。内側にもテーブルが並んでいます。大型店で最大で約150名まで入店できるもんじゃ焼きのお店です。

大型店ですが、小テーブルもあります。親しいカップルで親密にもんじゃが楽しめます。2人にちょうど良いサイズで、それでいてゆったりくつろげます。

店内には大型テレビが設置されています。もんじゃは臭いが気になる人もいますが、「ムーの子孫札幌店」は全席ニオイも煙も残らないように無煙テーブルになっています。

『ムーの子孫札幌店』のランチとは?

「ムーの子孫札幌店」のランチには食べ放題の人気メニューがあります。安い値段でもんじゃ焼きやその他の美味しいメニューがお腹いっぱい食べられます。

ランチ時間の食べ放題は、月曜日から金曜日の平日限定で、12:00~17:00の時間帯で、時間無制限で食べ放題ができるコースがあります。それで1500円の値段です。ただし、人気コースですから混雑する場合は、時間制限になる場合もあります。

同じように月曜日から金曜日の平日限定で、12:00~17:00の時間帯で、120分間、食べ放題にコーラ、メロン、オレンジ、ウーロンのソフトドリンク飲み放題がついて、1300円のコースもあります。

シニア向けのランチコースもある

平日限定で月曜日から金曜日の12:00~17:00までの時間帯で、120分間、35品目食べ放題が990円です。1000円を切る安い値段でお腹いっぱい食べられます。食べ放題は祝日は除きます。価格は記事執筆時の価格で変更されることもあります。

60歳以上の高齢者にうれしい、シニアプランもあります。月曜日から金曜日の平日限定の12:00~17:00までの時間帯で、35品目が無制限で食べ放題に、ワンドリンクがプラスされ、1200円で食べられます。通常の半分の量で多くの種類が食べられます。

平日限定で150分間、アルコール飲み放題&食べ放題のコースがあります。平日(月曜日~木曜日)の11時~17時の時間帯で、2250円になります。36品目は、もんじゃ、お好み焼き、鉄板焼きなどが食べ放題です。

平日限定の食べ放題が安いと人気

平日限定で、時間帯の制限もありますが、食べ放題はおすすめです。特にランチはおすすめです。通常単品でオーダーするとそれだけで1000円近い値段になります。それが食べ放題だと、何種類も食べられます。個別の価格にするとかなり安い値段になります。

食べ放題も複数コースがって、1000円以下の安い価格から、高くても1500円で食べられるメニューの内容からすると、かなりコストパーフォーマンスが良いお店です。たくさんの人が食べ放題は安いと感じています。

『ムーの子孫札幌店』のディナーにも食べ放題があるの?

「ムーの子孫札幌店」のディナーにも食べ放題があります。食べ放題は「ムーの子孫札幌店」の人気看板メニューです。

ただし、ディナーの食べ放題も複数コースがあり、自分の好みに合わせて最適なコースが選べます。そんな、「ムーの子孫札幌店」のディナーで人気の食べ放題コースを紹介します。価格はクーポン使用などで最も安い価格になっています。

飲み放題と食べ放題のコースを提供

平日限定で150分間、アルコール飲み放題&食べ放題のコースがあります。平日(月曜日~木曜日、祝日前は除く)の11時~17時の時間帯で、値段は2500円になります。さらに、20時30分以降は2350円です。もんじゃ、お好み焼き、鉄板焼きなど36品目が食べ放題です。

学生限定で2名から、150分で全36品目、食べ放題にソフトドリンク飲み放題で1700円のコースがあります。20時30分以降は1600円になります。36品目食べ放題とソフトドリンク飲み放題でこの値段はお得です。

女子会向けのメニューもあります。グループ限定でカクテル中心で180分間、食べ放題&アルコール飲み放題に、ミニパフェまで付いてきます。もんじゃやお好み焼きなど36品目食べ放題に、さらに+180円で生ビールがプラスになります。

もちろん単品メニューも!

「ムーの子孫札幌店」では単品でもオーダーできます。もんじゃ焼きで人気メニューは、人気No1の「明太子もち(960円)」、たまごをかけて完成の「すき焼き(960円)」、中華テイストの「マーボー豆腐(960円)」などが人気です。

駄菓子屋で食べた、昔ながらの定番もんじゃもあります。「桜えび(770円)」、「ぶた(770円)」、「ベビースター(770円)」、「ミックス(790円)」は懐かしい味です。

メニューにお好み焼きも

「ムーの子孫札幌店」のもんじゃには他にも、韓流の「韓国風(960円)」、辛い物の好きに「レッドチリ(960円)」、人気の「ツナマヨ(960円)」、「ナスチーズ(960円)」、「ポテトチーズ(960円)」、「グルメミックス(960円)」もあります。

お好み焼きも人気メニューです。「豚玉(960円)」、「牛玉(960円)」、「えび玉(960円)」、「イカ玉(960円)」、「ミックス」は豚、イカ、えびが入りで990円です。

『ムーの子孫札幌店』って子連れでも大丈夫?

「ムーの子孫札幌店」は、最大150名も入れる大型のもんじゃ焼きのお店です。店内も広く余裕がある造りです。子連れでも入店できるお店です。お店も子連れを大歓迎しています。

ノルベサビルそのものが大きな商業ビルですから、子連れでもビルへの入店も楽ですし、アメニティーが完璧です。子連れでの入店ができないお店は、バリアフリー迄求められる時代からは遅れていきます。

『ムーの子孫札幌店』の予約方法

「ムーの子孫札幌店」の予約ですが、インターネットでの予約をおすすめします。まず、お店のホームページにアクセスして、希望する日時の空席を探します。日付と時間が決まれば、参加する人数を決め入力します。次に、訪店する時間を選び入力します。そして訪店するの日付を選んで入力します。

インターネットから、即予約はお店のHPのサイトで予約し、予約の入力が完了した時点で予約が確定します。リクエスト予約は、自分の予約希望日を店にリクエストして、店から確定連絡がメールか電話で知らされます。

『ムーの子孫札幌店』の店舗情報とアクセス

36品目時間無制限食べ放題のメニューなど、食べ放題が人気の「ムーの子孫札幌店」の店舗情報を紹介します。お店のアウトラインの基本ともいえる情報です。

最大150名まで入れる大型店ですから、各種宴会やイベントもできます。もちろん、プライベートの食事も楽しめます。店内には最新の設備が完備していて、楽しい時間が過ごせ、お腹いっぱいもんじゃが食べられます。

店舗情報

「ムーの子孫札幌店」は席数が150席と大型店です。ベビーカーでの子連れの入店もできます。店内ではWi-Fiが利用可能で、ネットでの予約もできます。最先端のお店です。 

「ムーの子孫札幌店」の定休日は年末年始だけです。営業時間は、日曜~木曜は12:00~23:00です。金曜、土曜、祝日前は12:00~24:00です。ランチタイムは12:00から17:00までになります。

住所 札幌市中央区南3条西5丁目 ノルベサビル3F
電話番号 011-232-0699

すすきの駅からのアクセス

「ムーの子孫札幌店」へ地下鉄でアクセスする場合は、地下鉄南北線の「すすきの駅」より徒歩で約2分です。 地下鉄「すすきの駅」の北口方面に出て、大通りを西側に進みます最初の路地を入るとすぐの場所にある、ノルベサビルです。その3階にあります。3階へはエスカレーターで直行できます。

車でのアクセスと駐車場

「ムーの子孫札幌店」に車でアクセスする場合は、札幌狸小路の屋上に観覧車が回るノルベサビルを目指して車を走らせます。駐車場はノルベサビルの隣のビルです。

「ムーの子孫札幌店」にお客さん専用の駐車場はありません。車はお店の隣の「3・5狸パーキング」を利用すると、お店に手軽にアクセスできます。駐車場の住所と電話番号は以下になります。

住所 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1番地9
電話番号 011-218-1774

気になる店名『ムーの子孫札幌店』

お店の店名「ムーの子孫」ですが、ムーといえば一般的には、太平洋上にあったといわれる、幻の大陸であるムー大陸を想像しますが、「ムーの子孫札幌店」に関係あるのでしょうか。

実際、日本人がムー大陸の子孫であるという一部の説もあります。いっぽうで、ムー大陸そのものの存在も認めてないという説もあります。どうなのでしょうか。

実際のところ、「ムーの子孫札幌店」のムー大陸の子孫については、調べた限り命名された経緯は良くわかりませんでした。開店当時からの店名です。

Thumb札幌ノルベサは話題の新観光名所!人気の飲食店や行き方・駐車場まで徹底ガイド!
札幌に新しい新名所ができたのはご存じでしょうか。その名も「札幌ノルベサ」で、なんと、屋上に観...

『ムーの子孫札幌店』口コミ 

ランチでもディナーでも食べ放題が人気の「ムーの子孫札幌店」ですが、実際にどのような評判なのか、インターネット上の書き込みを参考にしてみましょう。

匿名で書かれるインターネットの書き込みはストレートな感想が書かれ、お店の評判を知る時に大変役に立ちます。

コスパが良い

ランチの食べ放題990円は安いです。明太子のもんじゃに、いか玉のお好み焼きを食べて、その次が焼きそばです。1品のオーダーと食べ放題の値段がほとんど変わらないのは、やはり食べ放題になります。コスパ抜群です。コスパ評価の口コミです。

とにかく、ランチで1000円以下で、もんじゃやお好み焼きが食べ放題は、安いです。安いのですが味は確かです。2種類の粉ものが一度に楽しめるのはうれしいランチになります。お腹もいっぱいになります。と、価格の高評価です。

おっさんでも、おばさんでも、誰が行くてもオーダー次第で損はないお店です。学生さんにもおすすめのお店です。ビールも呑めます。入りやすいお店の評判です。

とにかくコスパが最高です。もんじゃ以外にもお好み焼きもあり、時間最後まで、飽きることがなく食べられます。デザートあって、楽しい満足できるお店です。と高評価です。

メニューが豊富

メニューも豊富にそろい、150分間、時間いっぱい食べて、飲みまくりました。もんじゃや、お好み焼きを焼くスペースが少し小さい気はしますが、どんなメニューもおいしい味でした。お店のスタッフさんの対応も申し分なく、オーダーから提供されるまでの時間もスピーディでした。コスパの良いお店です。と、高評価です。

「ムーの子孫札幌店」で、お好み焼きのメニューは5種類程ありました。もんじゃもそれなりに種類があって選ぶのに躊躇しました。最大の驚きは、「デザートもんじゃ」です。さらに、味が4、5種あって、もんじゃは奥が深いです。と、デザートに感心です。

デザートもんじゃは生クリームがたっぷり入ります。それを鉄板で焼くのです。生クリームとコーン、イチゴを絡んで出来上がりです。パフェです。焼いたパフェといえます。トライする価値はあります。デザートおすすめです。

Thumb札幌駅周辺の観光スポットおすすめ21選!必ず行きたい名所から穴場まで!
札幌駅周辺で観光スポットを探している人も多いようです。今回は、札幌駅周辺ですぐにアクセスでき...

安いと人気の食べ放題がある『ムーの子孫札幌店』へ行ってみよう!

コストパーフォーマンスが良いお店として人気の「ムーの子孫札幌店」は、ランチもディナーもメニューによって、安い値段でお腹いっぱい食べられるお店です。食べ放題はなぜか安心して食べられます。実際には、それほどいっぱい食べられないこともありますが、それでも楽しいひと時が送れます。ムーの子孫札幌店へ出かけましょう!

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ