新潟のお菓子おすすめ11選!お土産にも人気の名物品や限定品もあり!

日本を代表する米どころ、新潟県はコシヒカリに代表される美味しいお米がたくさん収穫されます。そんな美味しいお米を使った新潟名物のお菓子もたくさんあります。また、新潟独自の新しいお菓子も揃っています。そんな、新潟の名物になっている美味しいお菓子の紹介です。

新潟のお菓子おすすめ11選!お土産にも人気の名物品や限定品もあり!のイメージ

目次

  1. 1新潟のおすすめお菓子をご紹介!
  2. 2新潟にはお土産にもおすすめのお菓子が勢揃い
  3. 3新潟県はどんな県?
  4. 4新潟のお土産として人気の名物お菓子5選
  5. 5新潟限定のおすすめお菓子3選
  6. 6新潟県民からも人気のお菓子3選
  7. 7新潟の人気お菓子をゲットしよう!

新潟のおすすめお菓子をご紹介!

日本で米どころといえば、断然!新潟県です。美味しいお米の代名詞でもある、コシヒカリの一大産地が新潟県です。さらに、日本海もあり、越後山脈の大自然もあります。そして、新潟県には大手から中小までお菓子を作っている会社がたくさんあります。そんな新潟には美味しいお菓子がたくさんあります。

新潟にはお土産にもおすすめのお菓子が勢揃い

やはり、新潟県にはお米やもち米を使ったお土産がたくさんあります。新潟の定番お土産の笹団子や柿の種などは人気のお菓子でお土産にする人がたくさんいます。

しかし、そんな定番のお土産以外にも人気になっているお菓子がたくさんあります。特に、新潟県でしか購入することができない名品もあります。また、新潟県民に長く愛されている銘菓もあります。そんな、隠れ銘菓まで含めて、おすすめの新潟県土産になる銘菓を紹介します。

新潟県はどんな県?

米どころと言われる新潟は、南北に長く大きな県で、佐渡ヶ島もあります。名物も多く、まずお米のコシヒカリがあります。また、佐渡ヶ島、佐渡金山、越後湯沢温泉やスキー場など観光県でもあり、8月に開かれる「長岡花火」も有名です。毎年100万人を超える人々が訪れる県です。

新潟は相撲で決着

新潟県は川中島の決戦で有名な戦国武将・上杉謙信の出身地です。ところで新潟県になった経緯ですが、明治時代の初期に、当時の越後には「新潟県」「柏崎県」「相川(あいかわ)県=佐渡」の3県がありました。

時代の流れで、統合の話が進行しており、どこに統合するかで意見がまとまらず、酒席ゆえ酔いも手伝ってか、相撲で決着することになりました。

畳の上で新潟、柏崎、両県の役人が相撲を取りました。結果、新潟側が勝利し、明治9年(1876年)に、柏崎が新潟県に併合され新潟県が誕生したそうです。

新潟のお土産として人気の名物お菓子5選

新潟の名物といえば、やはりお米です。新潟のお土産にはそんな新潟の美味しいお米を使ったお菓子がたくさんあります。いっぽうで、それだけでなく、新しい新潟のお菓子も誕生しています。最近はSNSの普及で、人気のお菓子はすぐに全国に広がります。ここでは定番の新潟土産から比較的新しい新潟のお土産まで紹介します。

浪花屋製菓「元祖柿の種」

新潟のお菓子といえば、「柿の種」は避けて通れません。その柿の種の元祖が浪花屋です。浪花屋の柿の種は約90年の歴史があります。新潟の米菓のスタートが柿の種と言えます。新潟のお菓子のお土産では、外れにならない名物になっています。それゆえ、長い間新潟の銘菓として愛されています。

今や柿の種は日本のお菓子

新潟県産の美味しいもち米を100%使用した柿の種は、お菓子としてだけでなく、お酒やビールのおつまみにもぴったりです。ピリッとした心地よい辛さがたまりません。一口食べたらやみつきになり、止まりません。

元祖柿の種の「浪花屋製菓株式会社」は、大正12年(1923年)創業の老舗菓子店です。柿の種の製造、開発、改良に日夜研究を重ね、最良の原料確保に苦心し、今日、日本全国で人気の柿の種の基盤を確立されています。

住所 新潟県長岡市摂田屋町2680番地
電話番号 0258ー23ー2201

菜菓亭「河川蒸気」

「河川蒸気(かせんじょうき)」は、粒あずきに特製和風クリームを加えて、さらに、黒糖入りの蒸しカステラで包んだ、蒸しどら焼きです。子供さんからドラえもんまで大好きなお菓子です。

蒸したことで、どら焼きの皮がフワフワになっています。小倉あんは甘さが控えめで、調和がとれ上品な美味しさになっています。お茶でも、コーヒーでも、紅茶にも合うお菓子です。新潟名物で年間約71万個も販売している新潟名物のお菓子です。

「河川蒸気」の菜菓亭(さいかてい)は、会社名が「株式会社いえい」で、昭和57年(1982年)6月1日の創業です。「河川蒸気」の名前は、昭和初期まで信濃川や阿賀野川を航行していた蒸気船に由来しています。

住所 新潟県新潟市北区葛塚3249
電話番号 025-387-3536

ガトウ専科「白銀サンタ」

人気の新潟名物が、SNS映えする「白銀サンタ」です。いかにも雪国、新潟にマッチしたネーミングになっています。ただし、一年中販売されています。姿や形が雪だるまにも見えるカワイイ外見で、パケージモかわいく、女性に大人気です。

新潟県産の米粉を使用し、白いサクサク生地で、甘酸っぱいフランボワーズのソースを包んでいます。「白銀サンタ」のガトウ専科本店は長岡市にあり、新潟県内に15店舗のお店を展開している洋菓子店で、ケーキなども人気のお店です。

住所 新潟県長岡市大手通2-4-1
電話番号 0258-33-2637

瑞花「うす揚」

「うす揚」は、ポテトチップにも見える、薄い生地を高温の油でカラッと揚げた、ライト感覚のおせんべいです。人気の、えび味・柚子こしょう味・チーズ味・青のり風味の4種類の味があります。美味しいお米の風味が最大に生かせる素材を使用しています。シンプルなだけに飽きのこない味付けで、食べ始めると止まりません。

一番の人気がえび味で、海老とお米のコラボで香りも味も抜群に合わさったおせんべいになっています。薄いピンク色の生地が可愛らしく、SNS映えするお土産です。

「うす揚」は、新潟県の長岡に本店を構える、あられやおかきの専門店、「瑞花(ずいか)」が製造しています。こだわりの製造方法を守り、工場で菓子職人が、「うす揚」1枚、1枚を手で揚げ、味付けし、袋詰めまでも手作業で行っています。

住所 新潟県長岡市東坂之上町1-6-11
電話番号 0258-37-0811

ル・ポワロン・ビス「おむすびころり」

ル・ポワロン・ビスの「おむすびころり」は、フランスと日本の新潟が合体したことで誕生しお菓子です。新潟県を代表するお米のコシヒカリ、その米粉を使ったクッキー菓子です。

フランス菓子のシェフがコシヒカリを美味しい新潟特産の銘菓に仕上げています。チョコむすび、梅しそ、しょうがバニラ、ごま塩、焼きむすびの5種ですが、どれも気になる美味しさです。

おむすびを思わせる三角形の見た目が可愛らしく、SNS映えするお菓子になっています。フランスのテイストが入っていることで、クッキーとおかきのハーフのような食感と味に出来上がっています。おすすめは5個入りで、5種類の「おむすびころり」が1枚ずつ入っています。

地元新潟のお菓子屋さん

「ルポワロンビズ」は、昭和13年(1938年)に和菓子店として創業開始しています。現在の3代目店主が洋菓子を中心に製造販売して、今日の隆盛につながっています。修業先のフランス菓子と地元のお土産品を製造販売しています。地産池消を心がけた新潟のお菓子屋さんです。

住所 新潟県新潟市南区白根1245-1
電話番号 025-372-2674

新潟限定のおすすめお菓子3選

かなりコアなお菓子ファンには、新潟限定のお菓子は、まさしく、喉から手が出るほど興味がある逸品です。特に、日本で最上位の米どころ・新潟の限定品は見逃せません。

今回は、新潟で人気が高い限定アイテム3種類について紹介します。意外な限定品もあります。新潟のお土産におすすめです。

亀田製菓「サラダホープ」

亀田製菓の新潟銘菓「サラダホープ」は、新潟県ではよく知られた米菓スナックで、新潟県限定で発売されている人気のお菓子です。一口サイズのあっさりとした味わいの新潟県限定で、もち米が100%原材になっているあられお菓子です。新潟県民から長い間、圧倒的に支持されています。

新潟県内ではどこでも購入可能

「サラダホープ」の種類は、塩味のスタンダードタイプに、うま塩味、海老しお味、チーズ味、わさび味の4種の風味がひとつになったミックスタイプがあります。

「サラダホープ」は、ほぼ新潟県内限定ですが、新潟県内であれば、おおよそほとんどのスーパーやコンビニなど普通の店舗で購入することが可能です。大きな駅の売店でも購入ができます。

米菓メーカーで日本国内最大手の「亀田製菓」は新潟県に本社があります。売上高は年間1000億円、国内シェアは約29%を占めています。大企業です。常に新製品がリリースされています。

住所 新潟県新潟市江南区亀田工業団地3-1-1
電話番号 025-382-8821

米納津屋「雲がくれ」

次の新潟県限定の銘菓は、米納津屋(よのうづや)の「雲がくれ」です。卵白のベースに寒天と氷砂糖を加えた白色みぞれが、まさしく雲に見立てられています。そして、黄味あんが風流な月をあしらっています。さわやかな甘味が味わえ、上品な趣のあるお菓子になっています。

真っ白な見た目に、一口食べると表面のカリカリ感の次にフワフワと口解けする皮の口当たりの良さが感じられます。中の黄身のあんが美味しくて、本当に、雲に隠れていたお月さまの感じです。

雲がくれは新潟限定ですが、美味しさは全国区です。ぜひ、新潟のお土産にしましょう。こちらも新潟限定のおすすめの逸品です。

住所 新潟県燕市吉田上町2-16
電話番号 0256-93-2144

大阪屋「万代太鼓」

新潟県を代表する郷土芸能の万代太鼓をイメージした、新潟のロングラン銘菓が、大阪屋の「万代太鼓(ばんだいだいこ)」です。和風のバームクーヘンのようで、まろやかな甘さのクリームを年輪状に焼き上げたお菓子です。

「万代太鼓」には、いちご味もあります。甘酸っぱいイチゴの美味しさが女性に喜ばれています。パッケージの箱は、新潟祭りの花火があしらわれていて、新潟のお土産としておすすめになります。

住所 新潟県新潟市江南区大渕1631番地8
電話番号 0120-211-435

新潟県民からも人気のお菓子3選

昔から米どころとして知られている新潟です。新潟県民の間では美味しいお米を食べ続けているので、特に、米菓については厳しい判断が下されているようです。そんな新潟県民から愛され、支持されているおすすめのお菓子があります。そんなお菓子の代表、3点の紹介です。

タカチホ「南蛮えび煎餅」

おせんべいは日本の味ですが、タカチホ「南蛮えび煎餅」は、その味が世界の食のスペシャリストに認められています。国際味覚審査機構の食品コンクールで優秀味覚賞を受賞しています。

日本海で水揚げされる「北国赤海老」が、このおせんべいの20%の割合で使用されています。食感はカリっとしたエビの味わいで、癖になる美味しさです。個包装されていて、多くの人に配るためのお土産に向いています。

住所 長野県長野市大豆島5888
電話番号 026-221-6677

あやめ「ぽっぽ焼き」

「ぽっぽ焼き」は、新潟のソウルフードと言われ、また、新潟のB級グルメの頂点ともいわれています。その歴史は明治末期のころから、新潟県の新発田市で、焼きねり菓子として発祥したと言われています。今でも新潟各地のイベント会場では露店の必須アイテムになっています。

あやめの「ぽっぽ焼き」は、美味しさのこだわりがあり、昔ながらのオリジナルな製法にこだわり、砂糖にはさっぱりとした甘みの黒糖を100%使用しています。

さらに、持ち帰って温め直してもおいしいように、焼きたての味になるように、温め直してもおいしく食べるように製造されています。

住所 新潟県新潟市西区寺尾朝日通15-34
電話番号 025-201-9893

長命堂飴舗「飴もなか」

「餡もなか」は、長命堂飴舗(ちょうめいどうあんぽ)の名物最中です。大正元年(1912年)創業の長命堂飴舗の初代が約2年の歳月を費やしてできた銘菓と言われています。もなかの中に水飴が入っている珍しいもなかです。長く新潟県民に愛され続けている和菓子です。

あっさりとした水飴と香ばしい最中皮が見事にコラボした菓子です。もなかの中に入っている水飴はしつこくなく、水あめながらあっさりとしています。香ばしいもなかの皮との相性が抜群です。

箱ずめのものもあって、数もあり、個別包装ですから配り目的のお土産には最適になります。新潟のお土産として喜ばれるおすすめの銘菓です。

住所 新潟県長岡市殿町2-1-2
電話番号 025-835-1211

Thumb新潟のお土産人気21選!お菓子やキャラクターグッズなどおすすめ品紹介!
新潟県のお土産は、気候風土を生かした伝統的なものから、洋菓子や雑貨などおしゃれで現代的な感覚...
Thumb新潟県観光スポットおすすめ31選!人気の名所やグルメ情報あり!
新潟県は山や海、川すべての自然の景観が楽しめるパーフェクト観光スポットとして人気があります。...

新潟の人気お菓子をゲットしよう!

新潟のお土産にできるおすすめのお菓子11点を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。新潟名物のお菓子から、新潟限定の名品もあります。何れも新潟のお土産として自信をもっておすすめできる名品です。美味しい米どころ、新潟の美味しい活かしをゲットしましょう!

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

新着一覧

最近公開されたまとめ